浜田賢二の出演作品・プロフィール!黒子のバスケの声優?裏名義も!

浜田賢二

浜田賢二さんは、マウスプロモーション所属の男性声優です。
代表作としては『黒子のバスケ』木吉鉄平、『機動戦士ガンダム00』パトリック・コーラサワーなどが挙げられます。

今回Ludusでは浜田賢二さんについて、以下の内容を紹介いたします。

  • 浜田賢二さんのプロフィール
  • 浜田賢二さんが出演する代表作品
  • 浜田賢二さんのその他の出演作品
  • 浜田賢二さんの経歴
  • 浜田賢二さんのプライベートについて

この記事を読めば、声優・浜田賢二さんの出演している作品や、ご本人についての情報が詳しく分かります。

また、ブログの紹介や裏名の確認などもしておりますので、そちらもお楽しみください👀

まつたろー
まつたろー
ぜひ、最後までご覧ください。

浜田賢二さんのプロフィール

名前 浜田賢二(はまだ けんじ)
本名 濱田賢二
性別 男性
血液型 O型
身長 177cm
体重 75kg
生年月日 1972年4月12日
出身地 福岡県
所属事務所 マウスプロモーション
ブログ LOOP! (lovesick.jp)

浜田賢二さんは、1998年頃から本格的に活動を開始された男性声優です。

主役から脇役まで非常に幅広い役柄を演じていますが、渋くて落ち着いた大人のキャラクターがとりわけ印象に残ります

デビュー当時から、アニメ・ゲームに加えて映画やドラマの吹き替えにも多数出演しており、さらにはBL(ボーイズラブ)CDの業界でも有名な浜田賢二さん。
男女問わず広い世代に人気のある声優さんです

所属事務所はマウスプロモーション(旧:江崎プロダクション)。
同じ事務所には大塚明夫さん、大川透さん、伊藤健太郎さんなどが所属しています。

浜田賢二さんの代表的な出演作品

ここからは浜田賢二さんの代表作を4つご紹介します。
いずれもメインで出演のある作品です。

機動戦士ガンダム00「パトリック・コーラサワー」

出演作品 機動戦士ガンダム00
演じた役 パトリック・コーラサワー
放送年 2007~2009年

浜田賢二さんの代表作1つ目は『機動戦士ガンダム00』です。

浜田賢二さんはこの作品でパトリック・コーラサワー役を演じています。

『機動戦士ガンダム00』は2007年から50話にわたって放送されたガンダムシリーズ。
西暦2307年以降の地球を舞台にした紛争・内戦の様子が描かれました。

用語としては「トランザムシステム」などが登場した作品であり、主人公である刹那・F・セイエイのセリフ「俺がガンダムだ」が名言(迷言)として今も残っています。

浜田賢二さんが演じたパトリック・コーラサワーは、作中で「三大国家群」と呼ばれる覇権を争う集団のうち、AEUに属するフランス出身のエース。

浜田さんの演じる役にしては珍しくマイペースで自信過剰、人の話を聞かず調子に乗っては何度も撃墜されるというキャラクターですが、何故か無傷で戻ってくることが多く「不死身」の異名がついています

ネタキャラとしても非常に有名なので、アニメ未視聴でも知っている方は多いのではないでしょうか

ef – a tale of melodies.「久瀬修一」

出演作品 ef – a tale of melodies.
演じた役 久瀬修一
放送年 2008年

浜田賢二さんの代表作2つ目は、アニメ『ef – a tale of melodies.』。

浜田賢二さんは前作『ef – a tale of memories.』から引き続き久瀬修一(くぜしゅういち)役を演じ、この作品では物語の主役を務めました。

登場キャラクター同士の人間ドラマを描いた『ef』シリーズは、元々PCのノベルゲームを原作としており、それとほぼ並行してアニメも制作された作品です。

原作ゲームのOPアニメーションには新海誠さんが携わっており、当時にしては異常とも言えるクオリティの高さで話題になりましたが、アニメ版もそれに負けないレベルの演出がOPなどにいくつも見られました

浜田賢二さんが演じた久瀬修一は、プロのヴァイオリニスト。
持病の悪化を理由に一時は全てを捨ててしまおうと決意しますが、ヒロインとのやり取りの中で気持ちに変化が訪れていきます。

普段はひょうひょうとした軽い雰囲気ですが、仮面の下に隠したむき出しの感情を見せてくる終盤のシーンはまさに鳥肌モノでした

花咲くいろは「四十万縁」

created by Rinker
ポニーキャニオン
¥16,780
(2022/11/26 03:41:49時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 花咲くいろは
演じた役 四十万縁
放送年 2011年

浜田賢二さんの代表作3つ目は『花咲くいろは』です。

浜田賢二さんはこの作品で四十万縁(しじま えにし)役を演じています。

『花咲くいろは』は2011年に放送されたオリジナルアニメ。
旅館で働く個性豊かな従業員の日常や、経営に苦しむ旅館の立て直しを描いた作品です。

放送後には「文化庁メディア芸術祭アニメーション部門」で審査委員会推薦作品に選ばれるなど、対外的に評価された作品でもあります🏆

浜田賢二さんが演じた四十万縁は、主人公である松前緒花の叔父(母親の弟)にあたるキャラクターで、旅館の番頭を務めます。

性格はとても温厚ですが優柔不断で、姉や母親には頭が上がらない苦労人。
熱意が空回りして失敗するシーンも多かったですが、自分の立場や考えを少しずつ整理しながら成長していき、徐々に本来の実力を発揮しはじめます。

『花咲くいろは』の舞台になった石川県金沢市ではアニメとのタイアップも盛んにおこなわれ、作中で描かれた「ぼんぼり祭り」を2011年より毎年秋に開催。
ここ数年は、台風やコロナの影響等で思うような実施が出来ていませんが、地元でもおなじみの行事として定着しつつあります。

黒子のバスケ「木吉鉄平」

created by Rinker
¥15,855
(2022/11/26 03:41:50時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 黒子のバスケ
演じた役 木吉鉄平
放送年 2012~2015年

浜田賢二さんの代表作4つ目は『黒子のバスケ』。

浜田賢二さんはこの作品で木吉鉄平(きよしてっぺい)役を演じています。

黒子のバスケの原作は、2009年より少年ジャンプで連載が開始されたバスケットボールマンガで、全30巻にて完結。
2012年よりアニメ化もされ、1期~3期の各25話に加えて劇場版の制作などがおこなわれました。

黒子のバスケでは「キセキの世代」と呼ばれ突出した才能を持つ5人のキャラクターと「幻の6人目(シックスマン)」と言われる主人公、黒子テツヤが中心となり物語が展開。
一方、浜田賢二さんの演じた木吉鉄平は、キセキの世代に次ぐ実力を持つとされる「無冠の五将」と称されるプレイヤーの1人で、主人公と同じバスケ部のセンターに所属します。

天然なキャラクターでチームのムードメーカーでもある木吉ですが、勉強の成績が非常に良いという一面もあり、思考の冴え渡る司令塔としてのプレイに活かされています

アニメではキャラソンなども大ヒットを記録しているので、普段はあまり歌うことが無い浜田賢二さんの歌声を聴きたい方は、チェックしてみてはいかがでしょうか👀

浜田賢二さんのその他出演作品一覧

上で紹介しきれなかった出演作は、こちらで記載していきます。

※モブなどの出演は省き、メインキャラや有名作品を中心に載せています。

アニメ(TV・劇場・OVA)

放送年 出演作品 演じた役
2021年 精霊幻想記 アルフレッド=エマール
2021年 オッドタクシー ドブ
2020年 異種族レビュアーズ ブルーズ
2019年 映画コラショの海底わくわく大冒険! いけのカンがえる
2019年 オッドタクシー ドブ
2019年 コップクラフト ジャック・ロス
2019年 進撃の巨人 トム・クサヴァー
2018年 アンゴルモア 元寇合戦記 男衾三郎
2018年 バジリスク 〜桜花忍法帖〜 皮膚坊
2018年 博多豚骨ラーメンズ 重松
2017年 弱虫ペダル シリーズ 大濠
2016年 ジョジョの奇妙な冒険 ダイヤモンドは砕けない 片桐安十郎
2015年 アキの奏で 吉岡道夫
2015年 ワールドトリガー 東春秋
2014年 魔法科高校の劣等生 辰巳鋼太郎
2014年 SHIROBAKO 山田昌志
2014年 白銀の意思 アルジェヴォルン ロレンツ・ジュリアーノ
2013年 遊☆戯☆王ZEXAL II エリファス
2013年 波打際のむろみさん 川端くん
2013年 神さまのいない日曜日 レックス
2012年 ヨルムンガンド PERFECT ORDER エコー(エッカート)
2012年 トータル・イクリプス ヴァレリオ・ジアコーザ
2012年 機動戦士ガンダムAGE アンディ・ドレイムス
2011年 魔乳秘剣帖 魔乳胸幸
2011年 ちはやふる 綾瀬健二
2011年 神様のメモ帳 草壁昌也
2010年 バクマン。 川口たろう(真城信弘)
2010年 聖痕のクェイサー 汪震
2010年 学園黙示録 HIGHSCHOOL OF THE DEAD 松戸
2010年 おおきく振りかぶって 〜夏の大会編〜 仲沢呂佳
2009年 BLEACH(斬魄刀異聞篇) 氷輪丸
2009年 バスカッシュ! ジェームス・ローン
2009年 鋼の錬金術師 FULLMETAL ALCHEMIST ヴァトー・ファルマン
2009年 07-GHOST ヒュウガ
2009年 地獄少女シリーズ 芦谷利三郎(壮年)、小暮和臣
2009年 CANAAN 御法川実
2009年 ONE PIECE キラー / イナズマなど
2008年 二十面相の娘 明智
2007年 武装錬金 根来忍
2006年 ゴーストハント 滝川法生
2005年 Paradise Kiss 小泉譲二
2004年 マリア様がみてる 福沢祐一郎
2004年 天上天下 竜崎勤
2003年 ガングレイヴ ハリー・マクドゥエル(青年時代)
2002年 デュエル・マスターズ 切札勝利
2001年 ジーンシャフト マリオ・ムジカノーバ

『ONE PIECE』『鋼の錬金術師』『ジョジョの奇妙な冒険』『進撃の巨人』といった少年マンガ原作の有名作品にも多数出演

声を聞いたことが無いという人は、なかなか居ないでしょう。

ゲーム作品

放送年 出演作品 演じた役
2019年 ファイアーエムブレム 風花雪月 ハンネマン=フォン=エッサー
2018年 真・三國無双8 荀攸
2016年 チェインクロニクル ダスク
2015年 ファイアーエムブレムif アサマ、ナハト
2015年 刀剣乱舞 御手杵
2014年 グランブルーファンタジー ヘイゼン
2013年 スーパーロボット大戦シリーズ パトリック・マネキン
2013年 裏語 薄桜鬼 山縣有朋
2013年 Dead Island: Riptide ジョン・モーガン
2013年 サモンナイト5 アトシュ
2013年 圧倒的遊戯 ムゲンソウルズZ バートラム
2012年 Borderlands 2 クリーグ
2012年 ファイアーエムブレム 覚醒 グレゴ、レンハ
2011年 無双OROCHI 2 素戔嗚
2011年 キャサリン トッド・ボズマン
2010年 トトリのアトリエ グイード・ヘルモルト
2010年 東京鬼祓師 鴉乃杜學園奇譚 雉明零
2010年 スーパーストリートファイターIV ディージェイ
2009年 スターオーシャン4 -THE LAST HOPE- クロウ・F・アルメディオ、ライアス・ウォーレン、ガブリエ・セレスタ
2009年 機動戦士ガンダム戦記 アイロス・バーデ
2008年 テイルズ オブ シンフォニア -ラタトスクの騎士- リヒター・アーベント
2008年 ティアーズ・トゥ・ティアラ 花冠の大地 ガイウス
2008年 CHAOS;HEAD 波多野一成
2008年 あさき、ゆめみし 安綱
2007年 翡翠の雫 緋色の欠片2 天野亮司
2007年 スターオーシャン1 First Departure ロニキス・J・ケニー
2006年 PROJECT SYLPHEED マーグラス・メイスン
2006年 ひめひび -Princess Days- 速水尚仁
2005年 テイルズ オブ レジェンディア スヴェン
2004年 遙かなる時空の中で3 平知盛
2004年 九龍妖魔學園紀 皆守甲太郎
2002年 BITTERSWEET FOOLS パレルモ
2001年 鬼武者 みのおやじ
『テイルズ オブ』シリーズや『スターオーシャン』シリーズ、『ファイアーエムブレム』シリーズなどの家庭用作品に加え、『グランブルーファンタジー』『刀剣乱舞』といったソシャゲにおいても操作キャラとして参戦しています

吹き替え(映画・ドラマ)

放送年 出演作品 演じた役
2019年 ヘチ 王座への道 タルムン(パク・フン)
2018年 オーヴァーロード ルイス・フォード伍長(ワイアット・ラッセル)
2018年 インスティンクト -異常犯罪捜査- ジュリアン・カズンズ(ナヴィーン・アンドリュース)
2016年 女刑事マーチェラ ジェイソン・バックランド(ニコラス・ピノック)
2016年 デッドプール フランシス / エイジャックス(エド・スクライン)
2016年 ソムニア -悪夢の少年- マーク(トーマス・ジェーン)
2015年 セルフレス/覚醒した記憶 若いダミアン / マーク(ライアン・レイノルズ)
2014年 リターンド・ソルジャー 正義執行人 サーシャ(ビクター・ウェブスター)
2013年 サスペクト 哀しき容疑者 チ・ドンチョル(コン・ユ)
2012年 40歳からの家族ケーカク ピート(ポール・ラッド)
2012年 ギャングバスターズ ブリック・ウーディ(クレイン・クロフォード)
2011年 リミットレス エディ・モーラ(ブラッドリー・クーパー)
2011年 THE GREY 凍える太陽 ディアス(フランク・グリロ)
2009年 ブラザーズ・ブルーム ブルーム(エイドリアン・ブロディ)
2004年 LAX トニー・マグリア(ポール・ライデン)
2002年 ルール3 ブレット・バンパース(マイケル・ウェストン)
2002年 ブラック・キャデラック スコット(シェーン・ジョンソン)
2002年 ドラムライン デヴォン(ニック・キャノン)
2001年 スタートレック:エンタープライズ トラヴィス・メイウェザー(アンソニー・モンゴメリー)
2001年 フラッシュバック アラン(ジョナサン・リース=マイヤーズ)

デビュー当時から吹き替え作品でも活躍しているので、ここで声を聞いている方も多いでしょう。

浜田賢二さんの経歴を紹介

ここでは、浜田賢二さんの経歴に関連する小ネタを2つ紹介します。

裏名義について

主にアダルトゲームに声をあてている安芸怜須 ケン(あきれす けん)という方がいるのですが、これは浜田賢二さんの裏名義だろうと言われています。

公式に同一人物と発表されているわけではないですが、『ef』の原作における久瀬修一役、『ティアーズ・トゥ・ティアラ』の原作におけるガイウス役などで安芸怜須ケンのクレジットがあることから、まず間違い無いと考えられます。

BLCDにも多数出演

女性人気に拍車をかけているのがBLCDの存在
浜田賢二さんは多数の作品に出演されています。

声の雰囲気もあって攻めを担当するキャラクターが多いようですが、あえて貴重な受けのキャラクターを探すファンもいるようです。

浜田賢二さんのプライベート

TwitterなどのSNSは開設しておらず、プライベートな情報がかなり少ない浜田賢二さんですが、ここで2つ情報を紹介します。

結婚について

浜田賢二さんは、結婚歴について一切公表をしておりません。

一時期のwikipediaには、声優の竹内順子さんと結婚していると書かれていた時期がありましたが、現在は記述が削除されています。

書かれていたソース・根拠もはっきりしないため、事実であった可能性は低いと思われます。

ブログについて

浜田賢二さんはブログを開設しています。
LOOP! (lovesick.jp)

出演作やイベントに関する内容がメインとなっており、プライベートな投稿は少ないですが、活動に興味のある方はチェックしてみてはいかがでしょうか👀

浜田賢二さんについてまとめ

今回Ludusでは、浜田賢二さんについて紹介していきました。

大人な男性を演じるときの渋い声が印象的ですが、ムードを一気に明るくするようなキャラクターも数多く務めている浜田賢二さん✨

次はどのような役を演じるのか楽しみにしつつ、今後も浜田賢二さんの応援を続けて参りましょう。

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただき、ありがとうございました。