白石冬美の主演キャラ・プロフィール紹介!結婚は?プライベートは?

白石冬美

白石冬美さんは声優さんです。

アニメ・映画・ラジオなどで活躍し、多くのキャラクターを演じました。

主に男の子を演じることが多く、チャコちゃんと呼ばれ親しまれていました。

白石冬美さんは結婚されていたのでしょうか?
特徴ともいえる左目は?

今回Ludusでは、白石冬美さんが出演した作品を中心に、以下の内容についてご紹介します。

  • 白石冬美さんのプロフィール紹介
  • 白石冬美さんの主な出演作品
  • 白石冬美さんの他の作品
  • 白石冬美さんのラジオ番組
  • 白石冬美さんが声優になったきっかけ
  • 白石冬美さんの結婚
  • 白石冬美さんの左目
  • 白石冬美さんの追悼

ぜひ、最後まで読んでいただき、白石冬美さんのことを知ってもらえたら嬉しいです。

さくら
さくら
最後まで読んでね❗️

白石冬美さんのプロフィール

名前 白石 冬美(しらいし ふゆみ)
本名 白石 芙美子(しらい しふみこ)
愛称 チャコ/チャコちゃん
身長 156cm
洗礼名 マリア・セシリア
俳号 茶子
血液型 A型
生年月日 1936年10月14日
没年月日(享年) 2019年3月26日(82歳)
出身校 静岡雙葉学園
所属事務所 アクタープロ
東京俳優生活協同組合
河の会
青二プロダクション
賢プロダクション

白石冬美さんは、1936年4人姉妹の長女として北京市に生まれました。

医師の父を持ち、家族と一緒に中国より静岡県に引き上げ。

松竹歌劇団に入団しましたが、3ヶ月で退団し、東宝芸能学校演技科へ移籍。
在学中に東宝ミュージカルの舞台を経験。

卒業後、日劇ダンシングチームに入団。
チーム退団後もドラマや舞台に出演していたが、肝炎を患い、父のもとで半年間療養しました。

復帰後にCMの仕事を契機に1960年から声優としてデビュー。

TBSの深夜ラジオ番組パックインミュージックのパーソナリティとして、野沢那智さんとともに放送した番組はナッチャコパック

同番組最長の15年というロングランを記録しました。

白石冬美さんの声は少し高いメゾソプラノです。

少女役より少年役の方が多く、本人も少年役の方が楽しいと語っていました。
白石冬美さんが心に残る作品として挙げているのは怪物くんパタリロ

理由は「暴れられるから」

しばらく第一線で活動していましたが、肝付兼太さんに声優専門学校の講師に誘われ、後年は現場からは遠ざかっていました。

昔、声優という職業はなく、あくまでも俳優の仕事のひとつという考え方でしたので、声優としてだけではなく俳優としての指導も行っていました。

2015年、長年の声優としての貢献を評価され、第9回声優アワード功労賞を受賞

2019年3月28日、連絡が取れないかったため、親族が自宅を訪ねたところ意識不明で倒れていたのを発見しました。
その後、2日前の3月26日に虚血性心不全で亡くなっていたことが判明しました。

白石冬美さんの主な出演作品

白石冬美さんは、数多くの作品に出演しました。

代表的な数点を紹介します❗️

機動戦士ガンダム

created by Rinker
バンダイビジュアル
¥49,980
(2022/09/28 08:56:49時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 機動戦士ガンダム
演じた役 ミライ・ヤシマ(ミライ・ノア)
カツ・ハウィン
放送年 1979-1980年

機動戦士ガンダムは、アムロ・レイを主人公としたロボットアニメ

当時のロボットアニメの主人公は強いことが当たり前でしたが、アムロ・レイは決して強くはなく、むしろ情けない少年でした。

そんなアムロ少年がいろんな人と関わり、成長していくストーリーです。

初回放送時は視聴率が振るわなかったものの、再放送を重ねるたびに視聴率を伸ばした作品。

白石冬美さんは、この作品でミライ・ヤシマを演じていました。
アムロ・レイが乗っている宇宙戦艦ホワイトベースに同乗し、艦長代行などもこなす女性です。

ミライは性格が穏やかで、戦闘の中で少年たちの頼れるお母さん的な存在。

数少ない大人の女性の役でした。

そして、この作品にはカツ、レツ、キッカという子供たちが登場します。
キッカは女の子で、あとの2人は男の子。
白石冬美さんは、カツの声も担当していました。
当時、1人の声優さんが1つの作品で複数のキャラクターを演じるのは珍しくありませんでした。

パタリロ!

created by Rinker
フロンティア ワークス
¥22,000
(2022/09/28 08:56:49時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 パタリロ!
演じた役 パタリロ
放送年 1982年

パタリロ!は、魔夜峰央原作の漫画をアニメ化したものです。

常春の島国マリネラを舞台に、王国であるパタリロや、側近のタマネギ部隊、イギリスの諜報部員バンコランとその愛人マライヒと、個性豊かなキャラクターが起こす騒動を描いたギャグアニメです。

白石冬美さんは、この主人公パタリロを元気いっぱいに演じ、この作品を自身の代表作の一つとしてあげていました。

暴れられるからという理由のとおり、パタリロはとてもハチャメチャなキャラクターでした。

怪物くん

出演作品 怪物くん(モノクロ)
演じた役 怪物太郎(怪物くん)
放送年 1968-1969年

怪物くんは、藤子不二雄原作の漫画をアニメ化したものです。
当時はまだモノクロ作品でした。

白石冬美さんは、主人公の怪物くんを演じました。

人間界で怪物くんと呼ばれていましたが、実は怪物ランドの王子

ワガママで世間知らずの王子を心配した怪物大王が、修業のために人間界へと送り込んだのでした。

お共として一緒に人間界に送られたのが、ドラキュラオオカミ男フランケン

正体を知っているのは、人間界では隣に住んでいるヒロシだけ。

怪物くんは、ヒロシを巻き込みながら悪魔たちと戦い、修業を積みました。

白石冬美さんは、この作品の主題歌やイメージソングなども歌っています

怪物くんがリメイクされたときに、作者の藤子不二雄さんに自分にやらせてほしいと嘆願しましたが、結局野沢雅子さんに決まってしまい哀しみました。
その後、野沢雅子さんがお詫びに来た時に、野沢さんがやるならいい、と思ったそうです。

巨人の星

created by Rinker
¥5,480
(2022/09/28 08:56:51時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 巨人の星
演じた役 星明子/花形明子
放送年 1968-1971
1977-1978(第2作)
1979年(第3作)

巨人の星は、星飛雄馬が主人公の野球漫画。

白石冬美さんが演じたのは、父星一徹に特訓を受ける、幼い弟飛雄馬を陰ながら見守る、飛雄馬の姉明子

白石冬美さんは、1部、2部、3部、特別編、映画、劇場版とほとんどの明子を演じていました

星の子チョビン

created by Rinker
Tc エンタテインメント
¥12,000
(2022/09/28 08:56:51時点 Amazon調べ-詳細)

出演作品 星の子チョビン
演じた役 チョビン
放送年 1974年

星の子チョビンは、石ノ森章太郎原作の漫画をアニメ化したものです。

白石冬美さんが演じたチョビンは、妖精の星フェアリー・スターの王子

悪党ブルンガによって星を乗っ取られ、避難中に母とはぐれ、地球にたどり着きました。
地球の少女ルリの家に住み、母を見つけ、故郷の星の平和を取り戻そうと戦います。

白石冬美さんの他の作品

白石冬美さんの作品一覧です。
幅広いキャラクターを演じていたことがわかります

テレビアニメ

放送年 出演作品 演じた役
2014年 スペース☆ダンディ ヨーコ
2013年 まおゆう魔王勇者 夢魔鶫
2011年 日常 11話予告ナレーション
泥・鉄球
2008年 おじゃる丸 花実<初代>
2003年 高橋留美子劇場 シマちゃん
1991年 どろろんぱっ! 小野小町
1989年 藤子・F・不二雄アニメスペシャル SFアドベンチャーT・Pぽん ブヨヨン
1988年 シティーハンター2 ナリオ
1985年 機動戦士Zガンダム ミライ・ノア
1985年 オバケのQ太郎 ドロンパ
1984年 とんがり帽子のメモル グレイス
1983年 吾輩は犬である ドン松五郎の生活 お銀
1983年 イーグルサム グズラン
1982年 パタリロ!ぼくパタリロ! パタリロ・ど・マリネール8世
1982年 忍者ハットリくん ツバメ
1982年 Dr.スランプアラレちゃん アン子
1982年 あさりちゃん カケス
1981年 めちゃっこドタコン 団チョビ子
1981年 ハニーハニーの素敵な冒険 フローレル姫
1981年 カバ園長の動物園日記 マサル
1980年 ふた子のモンチッチ モンチッチくん
1980年 メーテルリンクの青い鳥 チルチルミチルの冒険旅行 チレット
1980年 伝説巨人イデオン イムホフ・カーシャ
1980年 釣りキチ三平 高山ユリ
1980年 あしたのジョー2 サチ
1979年 花の子ルンルン キャトー
1979年 ドラえもん 女性
1979年 機動戦士ガンダム ミライ・ヤシマ
カツ・ハウィン
1978年 無敵鋼人ダイターン3 戸田突太<トッポ>
1978年 ピンクレディー物語 栄光の天使たち お話
1978年 銀貨鐵道999 スルー
クロサリス
1977年 超合体魔術ロボ ギンガイザー ヨシオ
1977年 ジェッターマルス メルチ
1976年 ロボっ子ビートン ビートン
1976年 超電磁ロボ コン・バトラーV コスモバード
1976年 アラビアンナイト シンドバッドの冒険 九官鳥
シェーラ
1975年 イルカと少年 マリーナ
1975年 一休さん やんちゃ姫
1974年 星の子チョビン チョビン
1972年 海底少年マリン ガイド
1972年 おんぶおばけ カン
ナレーター
1971年 国松様のお通りだい サチ
1970年 動物村ものがたり ナレーション
1970年 昆虫物語 みなしごハッチ ミツバチのミツコ
1970年 あしたのジョー サチ
1969年 ひみつのアッコちゃん
1969年 ハクション大魔王 ケチオ
1969年 忍風カムイ外伝 子ども
1969年 紅三四郎 ジェーン
1969年 巨人の星対鉄腕アトム 星明子
1968年 佐武と市捕物控 お浪
1968年 サイボーグ007 001(イワン・ウィスキー)
ミッチィ
リタ
1968年 ゲゲゲの鬼太郎 雪ん子
1968年 巨人の星 星明子/花形明子
1968年 怪物くん 怪物太郎
1967年 リボンの騎士 へケート
1967年 ピュンピュン丸 謎の赤ん坊
1967年 パーマン パーマン5号
パー坊
1967年 かみなり坊やピッカリ・ビー レジ
1966年 リボンの騎士(パイロット版) サファイア
1966年 鉄腕アトム チータン
1966年 レインボー戦隊ロビン アンヌ
1966年 魔法使いサリー ポロン
カオル
1966年 おそ松くん トト子
松野カラ松(代役)
1965年 W3(ワンダースリー) ボッコ隊長
1964年 ビッグX ニーナ・ビルトン
1963年 鉄人28号 第11話までのナレーター

劇場アニメ

上映年 出演作品 演じた役
2005年 機動戦士Zガンダム A New Translation Ⅱ/Ⅲ ミライ・ノア
1999年 ドラえもんのび太の宇宙漂流記 リアン
1988年 機動戦士ガンダム 逆襲のシャア ミライ・ノア
1988年 機動戦士SDガンダム ミライ
1987年 オバケのQ太郎 進め!1/100大作戦 ドロンパ
1986年 オバケのQ太郎 とびだせ!バケバケ大作戦 ドロンパ
1985年 忍者ハットリくん+パーマン 忍者怪獣ジッポウVSミラクル卵 ツバメ
1984年 忍者ハットリくん+パーマン 超能力ウォーズ ツバメ
1983年 漫画イソップ物語 母アリ
1983年 パタリロ!スターダスト計画 パタリロ・ド・マリネール
1983年 忍者ハットリくん ニンニンふるさと大作戦の巻 ツバメ
1982年 浮浪雲 お花
1982年 伝説巨人イデオン 接触篇/発動篇 イムホフ・カーシャ
1982年 セロ弾きのゴーシュ ねこ
1981年 世界名作劇場 白鳥の湖 マルガリータ
1981年 機動戦士ガンダム ミライ・ヤシマ
1981年 あしたのジョー2 サチ
1980年 サイボーグ009 超銀河伝説 001/イワン・ウィスキー
1980年 あしたのジョー サチ
1970年 ちびっ子レミと名犬カピ ベアトリーチェ
1969年 巨人の星 星明子

OVA

放送年 出演作品 演じた役
1992年 ジャイアントロボ THE ANIMATION-地球が静止する日 サニー・ザ・マジシャン
1989年 機動戦士ガンダム ミライ
フォウ
1984年 BIRTH モンガー

ゲーム

放送年 出演作品 演じた役
2011年 リトルビックプラネット2 ビクトリア・ヴォン・バシースフィア
2000年 SDガンダム GGENERATION ミライ・ヤシマ/ミライ・ノア
2000年 スーパーロボット大戦 戸田突太
1997年 スーパーロボット大戦シリーズ イムホフ・カーシャ
1995年 機動戦士ガンダム ミライ・ヤシマ
カツ・ノウィン
1993年 SWITCH スラップ君
1993年 サイボーグ009 001/イワン・ウィスキー
ヘレナ
1992年 天蓋魔境Ⅱ卍MARU おミル
巻貝法師
1984年 機動戦士ガンダム PART-2 翔べ!ガンダム ミライ・ヤシマ

その他吹替

白石冬美さんのその他の吹き替えについても紹介しましょう。

映画

出演作品 演じた役
激突! ラジオのDJ

海外ドラマ

出演作品 演じた役
奥さまは魔女 スージー人形
すてきなサンディー サンディ・ダンカン
虹をつかむネコ フェリシア
マペット・ショー ワンダ

海外アニメ

出演作品 演じた役
チンチンの冒険 チンチン
ラムヂーちゃん ラムヂー

特撮

出演作品 演じた役
ウルトラマンレオ わんぱく怪獣タイショーの声
人形の声
スーパーロボット レッドバロン メカ少女あづさの声
チビラくん ドナールのボスの声
ハレハレの声
シヘラの声

ラジオ番組

白石冬美さんはラジオ番組も多く持っていましたので紹介します。

文化放送

  • いう気リンリン 那智チャコワイド
  • キンキンのサタデー歌謡ベストテン
  • 伊東四朗のあっぱれ土曜ワイド
  • 那智チャコ ハッピー フレンズ
  • 野沢那智のYou Got a Friends

TBSラジオ

  • いちご列車
  • 月刊 愛川欽也 キンキンのパックインミュージック
  • パックインミュージック

ニッポン放送

  • ナッチャコのおじゃまな関係

NHKラジオ

  • ラジオ深夜便 時代を創った声

白石冬美さんが声優になったきっかけ

白石冬美さんは声優を目指したわけではありませんでした。

声優はあくまでも俳優の仕事のなかの一つという認識でいましたが、ラジオCMの仕事をきっかけに声優の仕事をするようになりました。

最初の音声は見つけることができませんでしたが、声優デビュー10年後のCMです。

白石冬美さんの結婚

白石冬美さんの結婚・出産についてはwikiをはじめ、どこにもその記述がありませんでした。

プライベートなことはあまり公表されていないようでした❗️

情報がないからと結婚したことがないとは断言できませんが、お葬式の時の喪主が妹さんだったことからも、結婚したことはないのではないかというのが通説となっています。

白石冬美さんの左目

白石さんの左目は右目より少し小さいのですが、特に病気だったという記述は見つかりませんでした。

少し腫れぼったいような左目は、白石冬美さんのチャーミングな特徴。

笑顔が素敵な白石冬美さんでした。

白石冬美さんの追悼

白石冬美さんは82歳という年齢でその生涯を閉じました。

最後は一人で誰にも気づかれずに死亡していた白石冬美さん。

彼女の突然の訃報に、声優仲間やファンからその死を惜しむ追悼の言葉が寄せられました。

SNSで発信された一部を紹介します。

みんなに愛されていた白石冬美さんが偲ばれます。

まとめ

白石冬美さんはまだ声優という職業がなかった時から、声優として活躍していた女優さんです。

白石冬美さんの名前を知らなくても、その声を聞けばわかる人は多いのではないでしょうか。

男の子の声から大人の女性まで、幅広い演技で多くの人を楽しませてくれた白石冬美さん。

今回、Ludusが紹介しました白石冬美さん、その魅力が少しでも皆さんに伝わりましたら嬉しいです。

さくら
さくら
最後まで読んでくれてありがとう