牛沢の年齢や結婚相手は?龍が如く動画やラジオの内容を紹介!

牛沢

牛沢さんYouTubeのチャンネル登録者数120万人以上を誇る、大人気ゲーム実況者です。

今回Ludusでは、牛沢さんについて以下の内容を紹介します。

  • 牛沢さんのプロフィール
  • 牛沢さんのプライベート
  • 牛沢さんの個人ゲーム実況
  • 牛沢さんがコラボしているゲーム実況者
  • 牛沢さんが参加しているゲーム実況グループ
  • 牛沢さんがコラボしている商品
さくら
さくら
ぜひ最後までご覧ください👀

牛沢さんのプロフィール

名前 牛沢(うしざわ)
生年月日・誕生日 1987年11月15日
年齢 33歳(2021年9月現在)
出身地 宮城県(東京育ち)
身長 167cm
Twitter(ツイッター) 牛沢(@ushizawa)
Instagram(インスタグラム) 牛沢
YouTube(ユーチューブ) 牛沢
ニコニコ 牛沢の牛沢まみれ

牛沢さんは2009年より動画投稿活動を始めた、「うっしー」の愛称で親しまれているゲーム実況者です。
当初はニコニコへの投稿をしていましたが、現在はYouTubeでの活動がメインです。ニコニコでも定期的に、チャンネル放送を行っています。

YouTubeのチャンネル登録者数は、2021年9月現在でなんと120万人以上!日本国内のゲーム実況者としては、最上位クラスの人気ゲーム実況者です。
推定年収は1,000万以上とも言われているほど。

牛沢さんは「人に顔見せる事って生きていく上で当たり前」として、ニコニコ時代のゲーム実況者の顔出しが主流ではなかった頃から、マスクなしの素顔を公開済みです。
また、「ニコニコ超会議」や「LEVEL○」など、様々なイベントへの参加も積極的に行っています。

声優の五十嵐裕美さんと共演していたこともありました!

また、過去にはニコニコ動画にて、粉雪などの歌ってみた動画などを投稿していました。

さくら
さくら
10年以上にわたり、人気ゲーム実況者として活動していますね!

牛沢さんのプライベート

メガネと低音のイケメンボイスがトレードマークの牛沢さん。
かつては夜勤明けに実況動画を撮る生活をしていたようですが、牛沢さんのプライベートはどの程度明かされているのでしょうか。

ここでは牛沢さんの家族やペットなど、プライベートについてご紹介します。

牛沢さんの好きなものは?

プレイ実況でもわかるとおり、ゲームが好きな牛沢さん。
漫画やお酒(特にビール)も好きで、生放送中に飲酒することも珍しくないようです。

また横浜DeNAベイスターズの大ファンであり、Twitterなどでもたびたび野球に関する発言が見られます。
しかし牛沢さん自身は学生時代剣道部に所属していたため、野球のプレイ経験はほぼないのだとか。

他にも、じゃがりこよりポテロング派であることや、ドラクエ5の結婚相手はフローラよりビアンカ派であることなども公言しています。

実況動画内で本名を暴露してしまった牛沢さん

元々顔出しをしている牛沢さんですが、過去に実況動画内で本名を公開してしまう事故(?)が発生。

『ときメモ4』のプレイ実況の際、本名を登録しているセーブデータでプレイしてしまい、牛沢さんの本名は、「佐々木」であることが判明しました。

さすがに下の名前は隠されていましたが、「佐々木」という苗字は珍しくないからか、苗字バレに関してはあまり気にしていないようです。

2017年5月25日に結婚

2017年5月25日、自身のチャンネル生放送内で、結婚したことを発表しました。入籍は発表の半年以上前に済んでいたそうです。
結婚式も既に済ませていたとのこと。

本来は発表する予定がなかったとのことですが、投稿した動画に結婚指輪が映り視聴者が噂し始めたため、急遽発表することとなりました。

奥さんに関する噂はあるものの、確かな情報は出ていません。
牛沢さん曰く「ゲーム実況に理解がある」とのことです。ゲーム実況者にとっては理想的な奥さんと言えますね。

視聴者の間では、同じゲーム実況者であるくりゅうさんが、牛沢さんの嫁なのではと噂されたことも。

結婚発表以前から、牛沢さんとくりゅうさんは同棲しているのではないかと言われていました。

  • 2人がそっくりな食器や家具を使っていた
  • くりゅうさんが風邪をひいている際、牛沢さんの生放送内で誰かが咳き込む声がした
  • 牛沢さんが生放送中、帰宅した誰かに「おかえり」と発言した

などの理由から、2人の同棲説が流れたようです。

しかし、牛沢さんは結婚相手について詳細を明かしておらず、くりゅうさんに至っては結婚報告さえしていません。

中学生のころに、両親が離婚したという牛沢さん。
だからこそ、家族を大切にしたい思いは人一倍強いのかもしれません。

噂や憶測には流されず、今後も牛沢さんの活躍を応援していきたいですね。

デグーのこむぎくん

牛沢さんの初代ペットである、デグーのこむぎくんです。
こむぎくんとの日常動画は牛沢さんのチャンネルに度々投稿されており、イベント「LEVEL4」ではグッズも販売されるなど、ファンにはお馴染みのペットになっています。

約5年間にわたり牛沢さんや視聴者を癒してくれたこむぎくんですが、残念ながら2018年12月にお亡くなりになりました。
こむぎくんの訃報は2019年1月にニコニコのチャンネル内で伝えられ、牛沢さんのTwitterや動画のコメントには、ファンから多くの悲しみのコメントが寄せられています。

チンチラのひなたくん

牛沢さんは2021年9月現在、チンチラのひなたくんを飼っています。

イベント「LEVEL5」では、ひなたくんをキャラクター化した「ひなたポーチ」をグッズとして発売しました。いかに溺愛しているかが分かりますね。

牛沢さんのYouTubeチャンネルでも、まだ本数は少ないですが動画が投稿されています。

牛沢さんのゲーム実況

『ときメモGS2』でゲーム実況デビューした牛沢さん。
以降、牛沢さんはアクションゲームやシミュレーションゲームなど、様々なジャンルのゲームを実況しています。

牛沢さんは気になったことを試しながら、楽しんでゲームをするプレイスタイルです。
キャラクターにおかしな名前をつけたり、明らかにアウトな選択肢を選んでみたりと、笑いポイント盛り沢山の雰囲気の動画になっています。

ゲーム実況を始めた当初は、いわゆる「ゆっくり実況」も投稿していました。

ニコニコ大百科によると、ゆっくり実況に関しては、2011年の『A Crow In Hell2』実況を最後に、事実上引退。
現在は、牛沢さん本人による実況スタイルにしぼって活動しています。

本章ではそんな牛沢さんが個人で投稿しているゲーム実況動画をご紹介します。

ゆっくりと2人?実況

牛沢さんはニコニコ時代にゆっくり実況も投稿しています。

こちらの動画は牛沢さんとゆっくりが、一緒に『バーガーバーガー2』で遊ぶというコンセプトの企画です。

『バーガーバーガー2』とは、ハンバーガーショップを経営するシミュレーションゲームの2作目です。牛沢さんはチートを使いつつ、本作を攻略していきます。

  • 肉声だけ
  • ゆっくりボイスだけ

というゲーム実況はたくさんありますが、両方が混在するゲーム実況は異色です。牛沢さんの発想力の高さがうかがえますね。

牛沢さんとゆっくりが会話をする、収録風景を想像すると少しシュールな動画をお楽しみください。

絶体絶命な島からの脱出

牛沢さんの代表作とも言える『絶体絶命都市』。

『絶体絶命都市』は架空の都市「首都島」を舞台に、災害により崩壊する「首都島」からの脱出を目指すゲームです。喉の渇きを癒しつつ、瓦礫や地盤の崩れなどの即死トラップを回避して、攻略をしていきます。

この動画内で牛沢さんが主人公に付けた名前は「イキイキ乳酸菌」。牛沢さんはこの実況をきっかけに、シリーズ全作にわたりゲーム実況動画を投稿していますが、いずれも非常に独特なネーミングです。

操作性がシビアで高所から簡単に落下するキャラクターと共に、無事に「首都島」を脱出できるのでしょうか?

幕末の日本を駆け抜ける

暴力団員の桐生一馬を中心に、抗争や陰謀などを描いたアクションゲームの「龍が如くシリーズ」。『龍が如く 維新!』は、幕末を舞台としたスピンオフ作品です。主人公は桐生一馬から坂本龍馬に変わり、幕末に活躍した新撰組の物語を中心として、変革してゆく日本を駆け抜けます。

牛沢さんはこれまで多くの「龍が如くシリーズ」作品を実況してきました。

2011年にニコニコ動画で『龍が如く3』のプレイ実況動画を公開し、翌年には『龍が如く4』をプレイ。

以降、YouTubeにて『龍が如く極』『龍が如く0』『龍が如く極2』『龍が如く5 夢、叶えし者』と実況動画を公開しています。
本作は2021年9月現在、牛沢さんのシリーズ実況の最新作です。

時にはふざけ、時には真剣に突き進んだ先には、どのような展開が待ち受けているのでしょうか?

癖のあるチームメイトで優勝を目指す!

牛沢さんは『テニスの王子様(テニプリ)』のゲームをいくつかプレイしています。こちらの動画は『テニスの王子様 最強チームを結成せよ!』のゲーム実況です。

『テニスの王子様 最強チームを結成せよ!』とは、50名以上のキャラクターから5名を選んでチームを組み、大会での優勝を目指すゲームです。

牛沢さんは主人公の越前リョーマを中心に、一癖も二癖もあるメンバーと共に優勝を目指します。クリア後は阿久津仁を中心に再プレイをするなど、本作では何度もゲーム実況を行なっています。

またゲーム実況者仲間であるtowacoさんにも本作や原作を教え、お互いが育てたチームで対戦も行いました。

この他にも牛沢さんは、『テニスの王子様 ドキドキサバイバル』という女性向け恋愛ゲームまでプレイ。とんでもない展開だらけの恋愛ゲームは、牛沢さんの目にどのように写るのでしょうか?こちらも合わせてぜひご覧ください。

鬼瓦の生涯に注目!

牛沢さんの動画の中でも、『The SIMS(シムズ)4』は人気の高いゲーム実況のひとつです。

『The SIMS4』は、シムと呼ばれる住民たちをの生活を見守るゲームです。時にはプレイヤーが手助けをしたり、重要な選択をしたりしつつ、シムの生涯を見届けます。

牛沢さんが作ったキャラクターに付けた名前は、「鬼瓦・ザ・クレイジー」。正気ではない性格で犯罪者を目指す鬼瓦ですが、人との出会いや趣味を通して、多くの才能に恵まれていきます。

最初は楽しく見られるものの、最期の日が近くにつれて、切ない気持ちにさせられます。鬼瓦の愉快な生涯を見守りたい人は、ぜひ最後までご覧ください。

鬼瓦編の終了後も、DLCを利用した続編も投稿しています。
時には狭い家での生活、時にはペットとの生活など、様々な形のシムたちの生活を見届けましょう。

他にも牛沢さんは、自分の行動次第で正義にも悪にもなれる『侍道』や、スキー場のリフトや橋を作る『When Ski Lifts Go Wrong』など、自由度の高いゲームを多くプレイしています。

牛沢さんの自由なゲームプレイに、思わず笑ってしまうものばかりですので、そちらもぜひチェックしてみてください。

カイロソフト公認!ゲーム会社を経営

ガラケー時代から長く愛されている、カイロソフトのシミュレーションゲーム。
『ゲーム発展国++』は、ゲーム会社を経営しヒット作を生み出すゲームです。

牛沢さんの『ゲーム発展国++』実況は、なんとカイロソフトの公認!
Twitterでのリプライやプレゼントの送付など、牛沢さんとカイロソフトの間では様々なやりとりが行われています。

果たして牛沢さんの経営するゲーム会社「ほかほか弁当」は、ヒット作を連発する人気メーカーになれるのでしょうか?

同じように、牛沢さんの実況が制作者に認定され、グッズ化もされた作品として『ヘビの命』というゲームがあります。

こちらはニコニコにて、MIDORIKAWAさんという方が制作・配布しているゲームです。

かねてからMIDORIKAWAさんの大ファンだったという牛沢さん。
『ヘビの命』以外にも、『ヘビ貿易』や『ミミズ病院』など、MIDORIKAWAさんが制作したゲームをすべてプレイ実況しています。

ゲームの内容も斬新な上、牛沢さんおなじみのトークや悪ふざけもあり、こちらも面白い動画となっていますので、ぜひご覧ください。

単発のプレイ実況動画にも注目

牛沢さんは、単発のプレイ実況動画も数多く公開しています。

こちらはかなり自由度の高い料理ゲーム、『Cooking Simulator』。
ハンバーガー作りに挑戦する牛沢さんですが、思い通りにいかず悪戦苦闘します。

果たして牛沢さんは無事にハンバーガーを完成させられるのでしょうか。
牛沢さんによるフリーダムクッキングの模様を、ぜひ最後までご覧ください👀

これ以外にも、ネズミの生活を体験できる『Rat Simulator』や、ひたすら木を眺め続ける『Tree Simulator』など、ユニークなゲームの実況動画がたくさんあります。
単発動画なので、短時間で牛沢さんの魅力が楽しめるのも魅力です

牛沢さんがコラボしているゲーム実況者

牛沢さんはゲーム実況者仲間とのコラボも積極的に行っています。

本章では牛沢さんがコラボしているゲーム実況者から、以下の3人を紹介します。

  • P-Pさん
  • レトルトさん
  • towacoさん

P-Pさん

P-Pさんは縛りプレイで人気のゲーム実況者です。ニコニコ時代から足でプレイする「足マリオ」や、画面の半分を隠してプレイする「闇マリオ」など、物理的な縛りをもうけたゲーム実況を行っています。

こちらの動画は牛沢さんとP-Pさんが『カービィボウル』で勝負する動画です。実は本動画を投稿する7年前にも、2人は『カービィボウル』の対戦動画を投稿しています。

『カービィボウル』がそれなりに上手い2人の、時には煽り合い、時には真面目にプレイする姿をご覧ください。

P-Pさんのプロフィールを紹介している記事はこちら!

ゲーム実況者P-Pさんとは?人気実況動画シリーズや休止と復活の経緯を解説します!
P-Pのプロフィール!キヨと仲良し?プロセカや足マリオ実況も紹介!P-Pさんは、アクションゲームを中心にゲーム実況しているゲーム実況者さんです。 今回Ludusでは、下記の内容について紹介していき...

レトルトさん

レトルトさんは「こんちゃーす!」の挨拶でおなじみのゲーム実況者です。レトルトさんのYouTubeチャンネルの登録者は、2021年9月現在でなんと213万人!牛沢さんとは「日本トップ4」としても共に活動しています。

こちらの動画では、『いっしょにチョキっとスニッパーズ』のゲーム実況を行っています。攻略には協力が欠かせない本作ですが、悪ふざけをしがちな2人は、果たして無事クリアできるのでしょうか?

最初は頭を使っても、最終的には力技でクリアをする2人の様子をぜひご覧ください。

towacoさん

towacoさんは低音ボイスが人気のゲーム実況者です。牛沢さんとtowacoさんはニコニコ時代から、度々コラボ実況を投稿しています。

ご紹介する動画はtowacoさんの動画ですが、『The Escapists2』を一緒に攻略していくという内容です。牛沢さんはすでに個人実況でプレイ済みのため、初心者のtowacoさんに攻略方法を指南します。

仲間を殴ったり看守に追われたり、初心者とのプレイならではのドタバタがありますが、無事刑務所からの脱獄は達成できるのでしょうか?

towacoさんのプロフィールを紹介している記事はこちら!

人気ゲーム実況者towacoさんとは?実況しているゲームや新番組についてご紹介!
towacoのプロフィール!いろんなゲームの人気動画などtowacoさんはニコニコ動画で活動を始め、現在はYouTubeへの動画投稿中心に活動する人気ゲーム実況者です。 今回Ludusで...

牛沢さんが所属する「日本トップ4」とは

「日本トップ4」は、

  • 牛沢さん
  • キヨさん
  • ガッチマンさん
  • レトルトさん

以上4人によるゲーム実況グループです。
四人実況とも呼ばれています。

4人はニコニコ時代からイベントで共演する機会が多々ありました。
YouTubeに活動を移してからも、コラボ動画やイベント「LEVEL○」への出演など、様々な形で共演を続けています。

また、メンバーは全員登録者数100万人越えの大手実況者です。
まさに「日本トップ4」の名にふさわしい4人ですね。

動画によっては「最終兵器俺達」のフジさんなど、他の実況者が加わることもあります。

「日本トップ4」が誕生!

「日本トップ4」というグループ名のきっかけとなった、『Friday the 13th:The Game』の動画です。

『Friday the 13th:The Game』は、海外のホラー映画『13日の金曜日』を原作としています。1人が殺人鬼のジェイソンになり襲い、残りのプレイヤーがキャンプ場の指導員となって生き残ることを目指す、最大8人プレイができる非対称大戦ゲームです。

4人はオンライン対戦で、世界中のプレイヤーと生存を目指して遊びます。

この動画のタイトルをきっかけに4人は「日本トップ4」と名乗り始めました。以降は、他のゲームにおいても「日本トップ4」という名称を度々用いています。

燃える油に水をかけた結果……

『Embr』は「Uber Firefighter」となったプレイヤーが、人命救助を行うゲームです。火災現場で消火をしつつ人命救助をするという一見真面目な内容ですが、実は火事場泥棒もできてしまいます。

悪ノリが大好きな4人は、救助活動もそこそこに、火災現場から金目の物を奪い換金してお金を稼ぎます。そんな中、燃える油に水をかけたがために大惨事へ発展し……。

消火活動中に巻き起こる負の連鎖には、爆笑必至です!

4人は他にも、『マリオカート』『桃鉄』『ボンバーマン』など、さまざまなゲームを一緒にプレイしていますので、仲のいい4人が見たい方はぜひチェックしてみてくださいね👀

人気Youtuberが考えるバズるタイトルとは?

「日本トップ4」は、アナログゲームを投稿することもあります。

こちら動画はフジさんを加えた5名による、『動画アップしてみたwww』というアナログゲームのプレイ動画です。このゲームではランダムに配られた手札を使い、バズる動画タイトルを考えます。

5人はいずれも登録者数100万人越えの大人気実況者。そんな5人が付ける動画タイトルは、どれだけ再生数を稼げるのでしょうか?

10年選手によるぶっちゃけトーク

こちらもフジさんを加えた5人による動画です。

長年にわたって動画投稿を続ける大人気ゲーム実況者の5人が、

  • 10年後も動画を投稿している?
  • 視聴者のコメントや反応はけっこう気にする?

など、動画投稿に関する話題を本音で語ります。

普段のゲーム実況ではふざけあってばかりのメンバーが、真面目に考えていることを語っています。人気ゲーム実況者の裏側を知りたい人は必見です。

男4人でハウステンボスへ

レトルトさんの発案で「日本トップ4」の4人が向かった先はハウステンボス。花の冠を頭に乗せ、エアホイールやバンジージャンプを楽しみます。

パート1のみYouTubeに、残りはニコニコの「ゲーム実況天国」というチャンネル内に投稿されています。パート2以降は有料会員登録が必要ですが、普段のゲーム実況では見られない姿は必見です。

4人で福岡を観光する動画もあり、こちらもパート1は誰でも視聴可能ですので、ぜひチェックしてみてください👀

公式切り抜きチャンネルも開設

「日本トップ4」による4人実況の切り抜き動画が、視聴者によって多数作成されていることもあり、2021年4月には公式の切り抜きチャンネルが開設されました。

これまで公開された動画の名場面など、見どころ満載の切り抜き動画が公開されています。
気になった方は、ぜひこちらのチャンネルもチェックしてみてください👀

牛沢さんが所属する「チーム湯豆腐」とは

「チーム湯豆腐」は、

  • ゆ:湯毛さん
  • と:towacoさん
  • う:牛沢さん
  • ふ:フルコンさん

以上の4名によるゲーム実況グループです。
上記の通り、チーム名はメンバーの頭文字になっています。

グループ結成のきっかけは、フルコンさんが『モンスターハンターポータブル3』をプレイするために、幼なじみの湯毛さんとゲーム実況者仲間である牛沢さんを誘い、さらに牛沢さんが知り合いのtowacoさんを誘ったことです。

これをきっかけに意気投合をした4人が、「チーム湯豆腐」を結成しました。

「チーム湯豆腐」名義の動画は、基本的に「野郎どもの〇〇」というタイトルで投稿されています。

読み合いが重要!テキサスポーカー

『世界のアソビ大全51』は、ボードゲームを中心とした51種類のゲームが遊べるゲームです。1人プレイはもちろんのこと、オンラインやローカルで友達とプレイもできます。

「チーム湯豆腐」は活動の場をYouTubeに移して以降、なかなか4名による動画を出していませんでした。こちらの動画は久しぶりに投稿された「チーム湯豆腐」の動画で、4人で「テキサスポーカー」で遊んでいます。

この他にも各メンバーが「ルドー」や「ブラックジャック」などの動画を投稿していますので、合わせてぜひご覧ください。

ノープランの下呂旅行

 

「チーム湯豆腐」全員による旅動画です。

真っ赤なレンタカーに乗って、向かった先は岐阜県の下呂。
ほとんどノープランな旅では、パーキングエリア巡りをしたり、いつも通りゲームをしたりと、とても自由な様子がうかがえます。

牛沢さんはいたってマイペースに下呂の旅を楽しみます。

  • 車内で歌う湯毛さん
  • 神経質で眠れないtowacoさん
  • 疲れ果てて爆睡する牛沢さん
  • お父さん感あふれるフルコンさん

など、普段のゲーム実況では見られない、各メンバーの個性豊かな姿は必見です!

懐かしさ満点!バトルえんぴつ

 

えんぴつを転がし、出た技で戦う「バトルえんぴつ」。小学生の頃にクラスメイトと遊んだことのある人もいるのではないでしょうか?

そんな「バトルえんぴつ」で、大の大人たちが真剣勝負をします。

「バトルえんぴつ」は湯毛さんとフルコンさんが、オークションサイトや四国旅行で集めたもの。初期に販売されていた「バトルえんぴつ」の量は圧巻です。

子供の頃に遊んだことのある人には懐かしさ満点の動画を、童心に帰ったつもりでご覧ください。

牛沢さんが所属する「あなろぐ部」とは

「あなろぐ部」は、ゲーム実況者のスナザメさんが主催する、アナログゲーム実況シリーズです。

固定のメンバーはいませんが、牛沢さんは多くの「あなろぐ部」の動画に出演しています。参加作品は15回作品で、主催のスナザメさんを除くと、原田さん、たけぉさんに次ぐ3位です。

ゲーム画面を用いたゲーム実況とは違う、紙やペン、カードなどを用いたゲームをお楽しみください。

快勝からのまさかの失態!

人狼ゲームを、1ターンで出来るシンプルなルールにアレンジした『ワンナイト人狼』。参加メンバーは以下の通りです。

  • 牛沢さん
  • スナザメさん
  • キヨさん
  • フジさん
  • 内藤さん

牛沢さんは初戦でさっそく「人狼」のカードを引きます。占い師不在の有利な状況で見事な勝利をおさめた牛沢さんでしたが、2戦目ではまさかの失態!牛沢さんが落ち込むその理由とは?

ゲーム実況者の語彙力勝負!

 

与えられた条件の中でしりとりを行う『ワードバスケット』。参加メンバーは以下の通りです。

  • 牛沢さん
  • スナザメさん
  • 原田さん
  • フルコンさん
  • 湯毛さん
  • たけぉさん
  • テラゾーさん

『ワードバスケット』で最も重要なのは語彙力です。日頃からしゃべりを武器にしているゲーム実況者たちですが、文字数や使える文字に縛りがあることで大苦戦します。手も足も出ない牛沢さんがついに捻り出した、渾身のワードは必見です!

ゲーム実況者の絵心はいかに!

 

『エセ芸術家ニューヨークへ行く』はお題に関する絵を書いて、お題を知らない人物が誰だかを当てるゲームです。参加メンバーは以下の通りです。

  • 牛沢さん
  • スナザメさん
  • フルコンさん
  • 内藤さん
  • 原田さん
  • たけぉさん

最後に誰がお題を知らないか当てるため、お題を知っている人は、お題を知らない人に話からないように描く必要があります。

お題「桃太郎」に対して、一番手の牛沢さんはいきなり犬を描き始めますが、果たして最後までお題がバレずに勧められるのでしょうか?

牛沢さんがコラボしている商品

牛沢さんは2020年5月に、「KANGOL REWARD」とのコラボ商品を販売しています。

「KANGOL(カンゴール)」のシンボルであるカンガルーと、牛沢さんの牛がデザインされている、シンプルなTシャツとパーカーです。完全受注生産であり、残念ながら既に受注期間は終了しています。

牛沢さんは日頃から「KANGOL」ブランドを愛用しているため、今回のコラボに至りました。

商品については、動画内で紹介しています。
自分でデザインした服を「ダサい」「人気ないだろうな」と酷評していますが、実際には注文が殺到し発送が遅れるほどの売れ行きとなりました。

さくら
さくら
この他にも、イベントでは様々なオリジナルグッズを販売しています。

牛沢さんのアイコンのイラストは誰が描いたもの?

牛沢さんのTwitterや、YouTubeチャンネルのアイコンイラストはご存じでしょうか。
デフォルメされた牛沢さんが、とてもかわいいイラストです。

このイラストの作者はいったい誰なのでしょうか?

調べてみたところ、雑誌『りぼん』などで活躍している作家・桃川ゆきのさんが描いたファンアートということが判明しました。

桃川さんが牛沢さんの大ファンということもあり、2019年に発売されたりぼん4月号に、牛沢さんを紹介する記事が掲載されたそうです。
牛沢さんにとっても桃川さんにとっても、記念となったイラストだったんですね

エイプリルフール企画がまさかの結果に

牛沢さんのこちらのツイートは、何のことだかわからないという方も多いかもしれません。
実はこれは、牛沢さんの2019年のエイプリルフール企画です。

2019年4月1日、牛沢さんはツイッターのアカウント名を「テニスの王子様 主要キャラクター初登場シーンbot」に変更。
アイコンもテニプリのキャラクターに変えていたため、多くのフォロワーが「謎のbot」だと勘違いしてしまい、フォローを解除する事態になってしまいました。

牛沢さんは、「フォロー外す前にIDを見ろ」と慌ててツイート。
日ごろから遊び心あふれる牛沢さんは、エイプリルフール企画も全力なのでした。

牛沢さんが使用している編集ソフトは?

YouTuberの方の編集環境は、やはり気になりますよね。

牛沢さんは、

  • 録画→アマレコTV
  • マイク音声→Audacity
  • 編集やエンコード→aviUtl

を使用しているとのこと。

ただしこちらのツイートは2013年のもので、かなり古い情報です。

2019年時点でも同じものを使用しているという情報もありましたが、2021年現在、牛沢さんのチャンネル登録数は当時より倍増しているので、編集環境も変わっているかも知れません。

イベントやラジオにも出演する牛沢さん

ニコニコやYouTube内にとどまらず、牛沢さんは様々なイベントにも出演歴があります。

ニコニコ超会議

幕張メッセで開催される、大規模な参加型複合イベントのニコニコ超会議ですが、牛沢さんもこちらに出演していました。

2019年4月に開催されたニコニコ超会議2019では、同じゲーム実況者のもこうさんと初対談。
2人が知り合った経緯や、お互いの作業環境など、貴重なトークが聞けたようです。

ゲーム実況イベント『LEVEL.5-FINAL-』

『LEVEL.5-FINAL-』とは、ゲーム実況者のキヨさんとレトルトさん主催による、ゲーム実況イベントです。

こちらのイベントは、2016年に『LEVEL.1』からスタートしました。
主催の2人と親交の深い牛沢さんも、毎回ゲストとして出演しています。

最後となる『LEVEL.5-FINAL-』は、なんと3万7千人を動員!
さいたまスーパーアリーナが満席になるという、かなり大がかりなゲーム実況イベントとなりました。

ゲーム実況イベントということで、イベント内では主催者チームと、牛沢さんたちゲストチームが、「マリオメーカー2」で対戦する企画も。

またイベント限定グッズとして、牛沢さんのアクキーや、ペットのひなたくんポーチなども販売されました。

ラジオにも出演

牛沢さんは、ロックバンド『ポルカドットスティングレイ』のボーカル、雫さんがナビゲーターを務めるラジオ番組にも出演。
雫さんは、牛沢さんの動画を欠かさずチェックしているほど大ファンなのだとか。

尚、牛沢さんは2020年にも同番組にゲスト出演しているので、今後も2人のトークが聞ける機会があるかもしれませんね。

実は涙もろい牛沢さん

ゲーム内でもあえてふざけた選択肢を選んでみたり、ユニークな名前をつけたりと、遊び心あふれるプレイ実況が多い牛沢さん。
しかし、かなり涙もろい一面もあり、実況中に泣く場面もたびたび見られます。

ここでは、牛沢さんが涙したゲームを紹介します。

NieR Replicant

まずはこちら、『NieR Replicant ver.1.22(ニーアレプリカント)』。
スクエアエニックスから発売されている、アクションRPGです。

ニーアシリーズは他にもプレイしている牛沢さんですが、動画内でも「今までやったゲームの中で一番涙を流した作品」と発言しています。

この作品のキャッチコピーは「一人のために、全てを滅ぼす」なのですが、美しくも深く、いろいろなことを考えさせられるストーリーになっています。

音楽も好評なゲームですので、気になった方は、牛沢さんの動画で『NieR Replicant』の世界に浸ってみてください。

Ghost of Tsushima

こちらもタイトルを知っている方は多いのではないでしょうか。
良作と名高いアクションアドベンチャーゲーム、『Ghost of Tsushima(ゴーストオブツシマ)』です。

タイトルやサムネ画像からもわかる通り、対馬を舞台に戦いを繰り広げる侍たちのゲームなのですが、開発元のSucker Punch Productionsはアメリカの会社というのが驚きです。

史実を基にして作り上げられたストーリーもかなり奥深く、選択肢による分岐展開もあり、牛沢さん自身も「心に刺さる作品」と評価しています。

グラフィックもとても綺麗で見ごたえがあるので、時代物や和物が好きな方はぜひご覧ください。

牛沢さんの名言&名作

選択肢やネーミングなどを、ノリや思いつきで決めていくスタイルが面白い牛沢さん。
そのプレイスタイルとトーク力で、これまでに様々な名言や名作を生み出してきました。

ここではその一部を紹介します。

「俺傘さすけど、相沢はささないの?」

こちらは、「絶対絶命都市part5」のプレイ実況動画です。

どしゃぶりの雨の中、傘を持っている主人公(牛沢さん)と、傘がなくずぶ濡れになっている女性キャラ。
その女性キャラ(相沢)に放った牛沢さんの名言がこちら。

「俺傘さすけど、相沢はささないの?」

女性キャラへの容赦ない発言に、視聴者からは「ゲス沢」と呼ばれたものの、いまだに牛沢さんの名言として人気のフレーズとなっています。

ちなみにこれ以降、牛沢さんは「俺は○○するけど、××はしないの?」というフレーズを他の実況でもたびたび使用しているのだとか。

「来てますねぇ!」

トップ4の公式切り抜きチャンネルでも取り上げられている牛沢さんの名言、「来てますねぇ!」。

ジェイソンなど、敵に襲われている際に牛沢さんがよく口にしていたもので、トップ4のメンバーも気に入って次々モノマネするほどに。

牛沢さんはこれまで『クロックタワー』や『青鬼』などのホラーゲームもプレイしていますが、逃げきると強気になるものの、襲われると途端に敬語になったり、腰が低くなるクセがあるようです。

子どもには見せられない絵本を作ってしまう牛沢さん

こちらは、『どこでもいっしょ 私なえほん』という、自分だけの絵本を作るゲームです。

好きな言葉を挿入していき、『どこでもいっしょ』シリーズのトロたちを主人公にした、オリジナル絵本を作ることができるというもの。

ネーミングセンスもユニークで、選択肢も自由に選ぶことが多い牛沢さんですが、その結果、絵本というよりも週刊誌のような内容の名(迷)作ができてしまいます。

牛沢さんは、自分の描いたモンスターがそのまま動き出す『ラクガキ王国』というゲームもプレイ実況していますが、そこでも名作の数々を生み出していますので、気になった方はそちらもぜひご覧ください。

『あつ森』でも名言を生み出す牛沢さん

任天堂より発売されている『あつまれ どうぶつの森』もプレイしている牛沢さん。

『あつ森』では、住民の口ぐせを決めたり、自分の好みを住民に教えたりすることができるのですが、ここでも牛沢節は健在です。

なんと、好きな飲み物は「ガソリン」だと住民に教えています。

このような発想がとっさに出てくるところは、さすが牛沢さんですね❗️

牛沢さんについてまとめ

牛沢さんは10年以上のキャリアを持ち、思ったことをそのままプレイに反映する、素直なスタイルが魅力的なゲーム実況者だということを、お分かりいただけたかと思います。

牛沢さんは個人のゲーム実況はもちろんのこと、「日本トップ4」を始めとしてコラボやイベントへの参加も積極的に行っていることから、今後も牛沢さんが日本のゲーム実況界を盛り上げていくことは間違いありません。

今回Ludusで紹介した牛沢さんの今後の活躍を見届けたい人は、ぜひYouTubeのチャンネル登録や、Twitterのフォローをお願いします。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。