プロゲーマーの定義って?ストリーマー・ゲーム実況者との違いについて

プロゲーマーの定義について

e-sportsという名前が世間に広まってプロゲーマーという名前を聞く方も多くなってきたかと思います。

しかし実際プロゲーマーを目指すという目標を掲げた時に何をもってプロゲーマーと名乗るのかというのはあまり周知されていません。

今回Ludusでは知っておきたいプロゲーマーの定義として以下の内容を書いていきます。

  • プロゲーマーの定義
  • プロゲーマーのなり方
  • ゲームでお金を稼ぐ方法
  • e-sportsで食べるには専門学校へ
まつたろー
まつたろー
是非参考にしていただけると幸いです。

プロゲーマーの定義

「プロゲーマー」とはゲームをすることで生計を立てられる人のことを言います。

生計の立て方は人それぞれで、競技シーンで活躍する競技プロ選手、ゲームを実況した動画をアップするゲーム実況者、ゲームプレイを配信するストリーマーと呼ばれる方たちがいます。

プロ選手は賞金の出る大会に出場したり、マウスやモニターなどの機器のスポンサーをつけて広報しながら競技シーンで活動しています。

ゲーム実況者はyoutubeなどにゲーム実況の動画を上げている方のことを言います。
最近では生配信で最新のゲームをしたりして視聴者を獲得する方も多くいます。

ストリーマーはe-sportsのライブ配信などを動画にしたり、生配信をしたりして生計を立てている方のことを言います。

ゲーム実況者はいろんなゲームの動画を上げることが主体ですが、ストリーマーはe-sportsというカテゴリで動画や生配信をしている方のことを指します。

Crazy Raccoonに加入したkinakoさんは他の方に比べて競技シーンなどに出たことはありませんが、プロゲーミングチームにストリーマー部門として加入しました。

CRに加入している方の多くは様々なゲームの競技シーンを経験しており、その中でストリーマーとして加入したということで発表当時注目されました。

競技シーンに出たことがないのでプロではないという方も多くいるかと思います。

誰としゃべっていても楽しそう、普通の方以上にゲームが上手く魅せるプレイが出来るということから、常に面白い配信をしているのでストリーマーとしては十分プロだと言えます

そのため、生配信を多くしており広告等で生計を立てているkinakoさんはプロゲーマーに分類されるでしょう。

プロゲーマーのなり方とは?

世間一般的には「プロ」を名乗る以上、様々な資格などを取らなければならないように思えますが、プロゲーマーになるのに資格などは必要ありません

プロゲーマーになるためには、一般参加可能な大会などで目に見える成果を上げ、プロゲーミングチームの目に止まるというのが最短になります。

最近ではTwitchやYouTubeでの配信や動画をきっかけにプロチームに所属する方もいます。

ゲームプレイが上手いか、ゲームをしている姿で人を楽しませられるかのどちらかは必ず必要のようです。

「プロゲーマーの資格」についてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

プロゲーマーに必要な資格
プロゲーマーに資格・ライセンスが必要?取得方法やJeSUを解説「eスポーツのプロゲーマーになるには資格やライセンスがいるのだろうか?」「どうやったら取得できるのだろうか?」 プロゲーマーになり...

ゲームでお金を稼ぐ方法

では実際稼ぐとしてどのような方法がありどの方法が人気なのかを書いていきます。

ゲームの大会の賞金で稼ぐ

プロゲーマーと聞くと多くの方が思い描くのがゲームの大会で優勝するだと思います。

e-sportsの大会はいたるところで開催されています。
おそらく調べてみるととても多くの大会が出てくるでしょう。

最近勢いのあるゲームとして世界的に有名な、フォートナイトやリーグオブレジェンドは優勝賞金が200~300万ドル(日本円で2億~3億円)と大変夢のある金額になっています。

上の二つはあくまで世界的な大会のことですが、日本国内でもこういった大会は開かれています。

有名なゲームとしてモンストやシャドウバースなどがあります。

モンストはチーム出場で賞金1億円、シャドウバースは国内最高金額で1億1000万円と少し世界大会には見劣りしますが、それでも十分に規模が大きい金額になります。

ストリーマーとしてゲーム配信をして稼ぐ

プロゲーマーの方で一番の収入源がこれという方がとても多いです。

というのも大会で優勝できれば確かに賞金がもらえますが、優勝者がいるということは優勝できなかった方が多くいるというということです。

そういう方が生計を立てるのに使用する手段が、ゲーム配信などで多くの方に見てもらい、スーパーチャットや配信の広告料でお金をもらう方法です。

とてもうまいプレイは視聴者を魅了します。

それだけでなく、「また見たい」と思わせるのが上手なプロは、切り抜き動画などを作り、初見の方がとっつきやすいように配慮をしています。

また配信者の方のキャラクターに惹かれる方も多くいます。

Apex Legendsの有名ストリーマーの「ShivFPS」はストリーミング中とんでもない暴言を言いながらゲームをします。

しかし、その様子が逆に視聴者に受け、またプレイがとても上手いことや暴言の中にある優しさが受け多くの視聴者を魅了しています。

ゲームのコーチをして稼ぐ

これはプロゲーマーの稼ぎ方の中でも特に難しい稼ぎ方です。

まず、SNSやアプリなどでコーチングをしてほしい人、お金を払ってでもゲームが上手くなりたいという方を探します。

コーチをする上で一番難しい点は、相手よりうまくないといけないという点です。
中には社会人でありながらプロ並みに上手い方はいます。

そのため、コーチをする際は教えるゲームのランクが最上位付近である必要があります。

プロチームに所属して給料をもらう

単純にプロチームに所属したら正社員と同じ扱いになるため、給料が発生します。

中には給料を払わないチームもありますが、大体のチーム所属選手は給料をもらっています。

給与額はそのチームの知名度や大きさにもよりますが、給料の度合いは完全にチームの大きさに依存するので、一概に給料が多いとは言えません。

「プロゲーミングチーム」についてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

日本・海外のプロゲーミングチームを紹介!
【2022年】日本・海外のプロゲーミングチーム10選!所属する方法も紹介!eスポーツにおいて何より重要で、手に汗握る攻防で会場を沸かせる存在のプロゲーマーチーム。 神プレイを連発し、大会の強豪たちと格闘、...

ゲームに関する職業に就職するなら専門学校!

代々木アニメーション学院今まではプロゲーマーの定義や紹介してきました。

実際になろうとしたときに一番オススメの方法が、代々木アニメーション学院に通うことです。

代々木アニメーション学院は、声優やyoutuberの育成を目指すエンタメ科やアニメ、ゲームプログラミングを学べるクリエイター学科など、様々な人材を育て社会に出た時即戦力として働ける人を輩出している専門学校です。

e-sports科では実際にプロとして活躍している方を講師として招き、プロの現場でしか知りえないような知識を講義で扱っています

プロとしての考え方や普段の活動や働き方、実際にどのようにお金を稼ぐかなど現場を知っている方から直々に教えてもらえる機会は早々ありません。

また、プロとして生きていくうえで必要な配信等の知識、人に見てもらう方法などのストリーマー技術も学ぶことができるので、様々な場面で役立つ術を教えてもらえます。

様々な分野で高水準の教育を学べるだけでなく、実際に活躍しているプロの方に学べる代々木アニメーション学院は、プロゲーマを目指すうえでとても未来のある専門学校です。

プロゲーマーの定義についてのまとめ

今回Ludusではプロゲーマーの定義を紹介してきました。

  • プロゲーマーとはゲームで生計を立てられる人のことです。
  • プロゲーマーに資格はありません。
  • ゲームでお金を稼ぐ方法の一番人気はストリーマーになることです。
  • 専門学校に通えばプロゲーマーになる勉強が出来ます。

昔と違い、プロゲーマーというワードは世間一般の方にも知れ渡っています。
実際のプロの大会でも若い方が優勝し、とてつもない金額を貰っている方もいます。

プロとしてゲームをする以上、つらいことも多くあるかもしれませんが、それでも夢がある職業であることに変わりはありません。

ゲームをしてお金をもらうというのは、ゲームが好きな多くの方にとって一度は考えたことがある夢のような仕事です。

自分は普通の人よりゲームが格段に上手い、配信で多くの方を笑顔にできるという方はぜひプロゲーマーを目指してみてはいかがでしょうか。

まつたろー
まつたろー
最後までご愛読いただきありがとうございました。