ゲーム実況の録画方法!必要な機材・無料で使える録画ソフトも紹介!

ゲーム実況 録画

ゲーム実況を行うには、ライブ配信のほかに録画を投稿することもできます
今回Ludusでは、ゲーム実況の録画配信について以下の内容をお伝えします。

  • ゲーム実況を録画するフロー
  • ゲームの録画準備方法
  • ゲーム実況録画おすすめソフト
  • スマホ画面のゲーム実況録画に便利なアプリ
  • ゲーム実況の録画に必要なPCのストレージ容量
  • ゲーム実況を学ぶなら『総合学園ヒューマンアカデミー』
  • ゲーム実況の配信には21LIVEがおすすめ
さくら
さくら
最後までご覧いただけると嬉しいです

ゲーム実況を録画するフロー

ゲーム実況を録画する流れについて紹介します。

  1. 必要な機材を起動する
    • デスクトップキャプチャーソフト
    • 録音ソフト
    • 実況したいゲーム
  2. 録音ソフトで、マイクの録音を開始する
  3. デスクトップキャプチャーソフトで、録画を開始する
  4. ゲーム実況を開始する
  5. 実況が終わったら録音・録画を停止する
  6. 動画編集ソフトを立ち上げて、録画・録音し終わった動画ファイル・音声ファイルを読み込む
  7. 自分が思うように動画編集する
  8. 動画として出力する
  9. 動画を投稿する

これが、一般的な動画編集の流れとなっています。
ゲームを配信するには、まずキャプチャーボードが必須です。

キャプチャーボードは繋いだ機器の映像を録画・配信できる機器です。
例えば、ゲーム機 ↔ キャプチャーボード ↔ パソコン というように繋いで、パソコンにゲーム機の映像を保存するためのものです。

自分の声を動画に加える場合は、マイクを準備し、同時に録音します🎤
機材の準備が終わったら、ゲームをプレイします。

最後に録画しておいた映像と音声を自分の好みに編集します。
完成した動画をサイトに投稿すると完成です。

「キャプチャーボード」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

キャプチャーボード
2021|キャプチャーボード のおすすめ人気ランキング15選【選び方徹底比較】キャプチャーボードとは ゲームをよく遊ばれる方でも、キャプチャーボードという機器の名前を聞いたことがある方はあまりいらっしゃらないかも...

ゲーム実況の録画準備①PCに映すやり方

ゲームを録画する前に、ーム機の映像をPCに映す必要があります。
各ゲームごとにPCに映す方法が異なるので、それぞれのゲームごとに紹介します

Switch、DS、PS4の場合

switch、DS、PS4のゲームをPCに映すには、キャプチャーボードが必要です。
キャプチャーボードはゲーム機とPCの間につなぐもので、ゲーム機の映像をPCに録画するためのものです

このキャプチャーボードは、いろいろな種類があり、性能もさまざまです。
キャプチャーボードによっては対応していないゲーム機もあるので、準備するときには確認してから購入しましょう。

レトロゲーム機の場合

レトロゲームの場合も基本的には同じです。
ですが、レトロゲームを実機でプレイする場合、キャプチャボードは赤白黄色の『RCA端子』対応モデルを購入する必要があります

PCゲームの場合

PCゲームを録画するにはキャプチャーソフトが必要です
PCでプレイしているゲームの映像を録画するために、PC内に録画ソフトをダウンロードする必要があります。

こちらもいろんな種類があり、無料のものもあるので、お使いのPCに合ったものを選ぶようにしてください

スマホゲームの場合

スマホゲームの場合も、キャプチャーボードを使用して録画をすることができます。
しかしスマホゲームの場合、画面ミラーリングという方法で録画をすることが可能です。

画面ミラーリングは、無線のLANルーターのWi-Fiを利用するので、キャプチャーボードを準備する必要がありません。

キャプチャーボードを購入することがないため、費用を安くおさえることができるメリットがある一方で、キャプチャーボードに比べると画質が落ちたり、通信が不安定になることがあるというデメリットもあります😭

「ゲーム実況 pc」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーム実況にオススメのPCを紹介
ゲーム実況にオススメのPCは?スペック・選び方・配信方法も解説!ゲーム実況をする際に何かとPCが必要になってきます。 実況用のPCを選ぶ際にどういったものを選べばいいのか、機能を沢山つけると高く...

ゲーム実況の録画準備②自分の声を録音する方法

次に、実況をする自分の音声を録画する方法をお伝えします

マイクが必要

実況をするうえで必要不可欠なのがマイクです。
PS4の場合、シェア機能を使って実況をする場合は、コントローラーにマイク付きのイヤホンを装着することで実況を取ることができるので、特別な準備は不要です🎤

まとめ撮り

まとめ撮りは、ゲームの音声と自分の音声をまとめて録音する方法です🎤
この方法のメリットは、初心者でも簡単に行うことができるところです。

ゲームの実況と一緒に自分の声も録音されているので、実況を取り終わってすぐに投稿することができます。

デメリットはゲームの音量と自分の声の音量を個別に調節できないので、実況を始める前に、それそれの音量が問題ないか確認しておく必要があります。

音量のほか、生活音がマイクに入ってしまっていたり、一部音声を加工したいと思っても、編集ができないという点もデメリットですね。

別撮り

自分の音声とゲームの音声を別で録音する方法を別撮りと言います。
別撮りの最大のメリットは、多才な編集ができるところにあります。

ゲームの音声と自分の音声が別で録音しているので、それぞれに編集作業ができます。
どちらかの音量が小さいというときでも、録音した後から調節が可能ながけではなく、いろいろな加工もすることができます。

例えば、実況録音中に聞かれたくない生活音が入ってしまった場合でも、編集で切り取ることができます。

多くの実況者さんがこの方法をとっているかと思いますが、デメリットとしては、初心者には難しいという点です。

マイクの音声とゲームの画面の2つを同時に録画する操作が必要なことや、録音にどうしてもタイムラグができてしまうため、それを補うための技術も必要です。

しかし、別撮りの方が、編集の自由度が増すのでぜひ別撮りの方法を習得してみてください

ゲーム実況の録画におすすめソフト

ゲームの実況を録画するのにおすすめのソフトを紹介します

Bandicam

Bandicamは、WindowsのPCの画面とPCから聞こえてくる音を高品質でキャプチャーできる高性能動画キャプチャーソフトです。

パソコンの画面の録画だけではなく、ゲームの画面の録画、実況に必要なマイクの音声の録画も同時にとることができるのでお勧めです。

無料版は10分間しか録音ができませんが、無料版で操作性などを確認してから製品版の購入を検討してみるといいでしょう。
有料版は1PCで4,400円になります

推奨スペック
OS Windows 11、Windows 10、8、7、Vista(64ビットおよび32ビット対応)、XP(SP3)
CPU デュアルコア(Intel Pentium D, AMD Athlon 64 X2)以上
RAM 1GB以上
ハードディスクの空き容量 10GB以上
ディスプレイの解像度 1024×768 16bit以上

ロイロ ゲーム レコーダー(完全無料)

ロイロゲームレコーダー完全無料で録画をすることができるソフトです
ゲーム実況を始めるには、機材などである程度の出費がかかるので、無料で録画ができるというのはとても魅力的です。

このソフトは、操作が簡単なので初心者の人でも扱いやすいことや、ゲームの動作が遅くならないところがおすすめポイントです。

動作環境
OS : Windows7、Windows8 各32bit/64bit (Vista , XPには対応しておりません)
CPU : Core iシリーズ以降
メモリ : 2GB以上
HDD : 空き容量 5GB以上を推奨

ShadowPlay

ShadowPlayはゲームを自動的に最大20分録画でき、その負荷が5%程度とかなり小さいことが特徴です。

録画中のPCの負荷が少なくて済むことがメリットで、ゲーム中もサクサクプレイができます
さらにゲームをプレイするだけで自動で録画が開始されるので、とても簡単に録画を始めることができます。

もちろん手動での録画も可能なので好きなタイミングで録画をとることもできます。
さらにこちらのソフトも無料で利用することができます。

対応ビデオカード
GeForce GTX600シリーズ以降(2012年以降)。現時点ではGTX6xx、GTX7xx、GTX8xxM(ノートパソコン)、GTX9xx、GTX10xx、GTX20xxとなる。

OBS Studio

OBS Studioは無料ツールにも関わらず、様々な画づくりや音づくりができる点が魅力的ですが、さらにプラグインで機能拡張できるのも大きな特徴です

ゲーム実況でよくある顔出し配信などもすることができます。

プラグインは様々な種類があるので、自分の好みの動画ソフトをつくることができるのが魅力です。

対応OS Windows 8 以降
macOS 10.13 以降
Linux[5]
プラットフォーム IA-32、x86-64

「ゲーム実況 顔出し」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーム配信の顔出しについて
ゲーム実況は顔出しする方が伸びる?配信方法・OBSの操作方法も解説!最近では、顔出ししてゲーム実況をする人も増えてきています。 「自分も将来はゲーム実況者として有名になりたい!」とは思っても、顔出し...

スマホ画面のゲーム実況録画に便利なアプリ

スマホゲームを録画するときにおすすめのアプリを紹介します。

Mobizenスクリーンレコーダー

スマホの画面を撮影し、そのままアップロードまでできるスクリーンレコーダーです。
ゲームのBGMも顔も録画することができます

基本的には無料で利用することができますが、広告が非表示などの特典がつき、動画の編集がはかどる有料版も用意されています

AZ スクリーン レコーダー

AZ スクリーン レコーダーは、マイクからの音声録音、動画をSDカードへ保存、スクリーンタッチの表示、動画の画質設定、フレームレート、ビットレート、カウントダウン タイマー、スローモーション、タイムラプス、テキストおよびロゴの表示などの々な機能が、全て無料で使うことができます

縦向きだけではなく横向きの動画ももちろんきれいにとることができ、動画の分類も行うことができます。

Google Play ゲーム

Googleプレイゲームは、プレイしたアプリゲームの管理またはスコア実績などを自動で記録してくれるアプリです。ほとんどのAndroidスマホにプリインストールされています🎮

そのためAndroidのスマホを使っている人は、新たなアプリをインストールする必要がなく、動画を録画することができるのでおすすめです。
実績などの管理のほかにゲームの録画も可能です。

操作方法は、Googleプレイゲームを開き、ライブラリから録画したいゲームを選択します。すると画面右上にビデオカメラのマークがあるので、こちらをタップします。保存する画質を選択し「開始」をタップで録画が開始されます

操作もとても簡単なのでAndroidのスマホを使っている人はぜひ使ってみてください。

Lollipop Screen Recorder

Lollipop Screen Recorderはこれまで紹介してきたアプリと同様に、動画の録画が可能です。
さらに再生・共有・削除したいときは、それぞれのボタンからワンタップですぐに行えるので、オンラインストレージへの保存やYouTubeへの投稿も簡単です

【参考】ゲーム実況の録画に必要なPCのストレージ容量

動画を録画するためにはパソコン内に、これまで紹介したような録画アプリをダウンロードする必要がありますが、そのほかにも録画した映像を保存する容量も確保しておかなくてはいけません。

そのほか、プレイするゲーム自体をダウンロードする容量も必要です。
容量は多いほうがいいのはもちろんなのですが、当然ながら、容量が大きいほど値段も高くなってしまいます👀

目安として、20分の動画の容量は約2GBです。
動画の編集ソフトは約3~10GBです。

これに、プレイするゲームの容量と、録画をどれだけ保存しておくかということになります。
初めてゲーム実況をする人で迷ってしまったら1TBのものを準備しておくと安心です。

ゲーム実況を学ぶなら『総合学園ヒューマンアカデミー』

総合学園ヒューマンアカデミーでは、ゲーム実況に必要な知識を学ぶことができます。
実況をとるための基本的なことだけではなく、YouTuberとして活躍するためのノウハウをプロの講師から教わることができるので、実況初心者さんでも安心です👀

さらに、様々な企業や自治体からの課題提供をされているため、実践的な練習を在学中から体験することができるというところも魅力です。
興味がある方はぜひ資料請求をしてみてください。

ゲーム実況の配信には21LIVEがおすすめ

21LIVE 21LIVE

現在数多くのアプリやサイトで動画所配信が行われていますが、ゲームの実況を投稿するには21LIVEがおすすめです。

21LIVEはスマートフォン専用の動画配信アプリで、動画の投稿もスマホがあれば簡単にすることができます。
こうした手軽さから初期投資が必要なく、初心者のライバーさんでも稼ぎやすい仕組みになっています

登録も無料なので視るほうも配信をするほうも、気軽に行うことができるのが魅力ですね。
さらにまだまだ、新しいアプリなのでライバルも少なく、一気に人気者になれるチャンスがあります。

これから配信を始めようという方は、ぜひ一度チェックしてみて下さいね👀

ゲーム実況の録画方法のまとめ

今回Ludusではゲーム実況の録画方法について以下の内容をお伝えしました。

  • ゲームを実況するための一般的な流れ
  • ゲーム機別に必要な機材の紹介
  • 実況の音声の録画方法の種類とその違いについて
  • ゲーム実況におすすめの録画ソフト
  • ゲーム実況に必要なPCの容量
  • 動画配信のノウハウを学ぶなら総合学園ヒューマンアカデミーがおすすめ
  • 動画を配信するなら21LIVEがおすすめ

ゲーム実況は誰でも簡単に始めることができますが、その前に最低限知っておいたほうがいい知識もたくさんあります。

ライバルと差をつけるためにも、こうしたノウハウをしっかりと学んで、人気の実況者を目指して下さいね

さくら
さくら
最後までご覧いただきありがとうございました。