PS4でゲーム実況するには?やり方・必要な機材など紹介!

ゲーム実況 ps4

今盛り上がりを見せつつある配信者界隈のなかでも、根強い人気を獲得しているのがゲーム実況です。

今回Ludusでは、PS4でのゲーム実況について以下の内容を中心にご紹介します。

  • PS4でゲーム実況をする方法
  • ゲーム実況をするのに最低限必要な機材
  • PS4で動画を編集する方法
  • 収益化を許可しているゲーム制作会社

基本的な配信・録画方法だけでなく、自分の声と一緒にVCを載せてゲーム画面を録画する方法などについても解説します。

さくら
さくら
ぜひ、最後までご覧くださいね!

ps4のゲーム実況のやり方(パソコンあり)

まずはPS4でゲーム実況をする方法のうち、パソコンが家にある場合について紹介します。

配信の方法

まずはリアルタイムで行うライブ配信の始め方について紹介します。

ライブ配信用のソフトを用意する

配信を行うためには、配信ソフトというものを用意する必要があります。

配信ソフトとは、PC画面やゲーム音声、マイク音声などを配信サービスに載せるためのものです。

配信ソフトのなかでも最もよく使われているのがOBS Studioで、配信者が口にしているのを聞いたことがある方も多いのではないでしょうか?

他にもXSplitなど様々な種類の配信ソフトがありますが、まずはこのOBS Studioから始めてみるのがおすすめです😍

ps4とキャプチャーボードとpcを接続する

配信ソフトにゲームの画面を持っていくためには、PS4とPCを接続するキャプチャーボードが必須です。

キャプチャーボードを用意し、手順に従ってPS4とPCを接続しましょう✨

PS4に接続するためにも、キャプチャーボードは必ずHDMI端子が搭載されているものを選んでくださいね。

配信ソフトで各種設定をする

PS4とPCを無事キャプチャーボードで繋ぐことができれば、次に行うのが配信ソフトでの各種設定です。

配信ソフトでは一般的に画質や音質、音量の設定ができます。

視聴者に心地よく配信を見てもらうために、ある程度の画質と音質を確保しておくとよいでしょう😍

また、小さすぎず大きすぎない音量の調節も必要です!

配信ソフトでライブ配信を開始する

配信ソフトで各種設定が済ませられれば、いよいよあとはライブ配信を開始するだけとなります。

ライブ配信が開始したら、画面がきちんと映っているかをチェックしましょう。

また、音量がちょうどよいかどうか視聴者に確認するのも忘れてはいけません!

録画の方法

今やライブ配信が主流となりつつあるゲーム実況ですが、画面を録画して動画を投稿するという方法もあります。

こちらでは、ゲーム実況の動画を作るために画面を録画する方法について紹介します!

PS4とモニターをHDMIで接続してHDCPを無効にする

PS4には、ゲーム画面をむやみやたらにダビングさせないためにHDCPという機能が付いています。

HDCPとは、画面をPCにキャプチャしても映像を映らなくするためのコピーガードの一種です。

このHDCPを解除しなければ、画面をPCに移すことができません。

HDCPを解除するための手順は、PS4とモニターをHDMIで繋ぎ、PS4の設定から「HDCPを有効にする」のチェックを外す必要があります。

HDCPを解除しても著作権違反にはなりませんので安心してくださいね✨

ps4とキャプチャーボードとpcを接続する

HDCPが解除できれば、次はPS4とPCをキャプチャーボードで接続しましょう。

この作業はライブ配信を行うときと変わりありません!

キャプチャーソフトでゲーム画面を録画する

PS4のゲーム画面をPCに映すことができれば、後はキャプチャーソフト(録画ソフト)を利用してゲーム画面を録画するだけです。

キャプチャーソフトには有料のものから無料のものまでありますが、無料のものだと画質や音質が落ちてしまいます😭

ゲーム配信のために使うなら、必ず有料のものを使いましょう

「キャプチャーボード」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

キャプチャーボード
2021|キャプチャーボード のおすすめ人気ランキング15選【選び方徹底比較】キャプチャーボードとは ゲームをよく遊ばれる方でも、キャプチャーボードという機器の名前を聞いたことがある方はあまりいらっしゃらないかも...

「ゲーム実況 pc」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーム実況にオススメのPCを紹介
ゲーム実況にオススメのPCは?スペック・選び方・配信方法も解説!ゲーム実況をする際に何かとPCが必要になってきます。 実況用のPCを選ぶ際にどういったものを選べばいいのか、機能を沢山つけると高く...

ps4のゲーム実況のやり方(パソコンなし)

PS4でゲーム実況がしたい、でも家にパソコンが無い…という方もご安心ください!

PS4そのものにゲーム実況をするための機能がついているんです✨

ライブ配信と録画のやり方についてご紹介します。

配信の方法

PS4には「ブロードキャスト」というゲーム配信を行うための機能が付いています。

その機能を利用してゲーム配信を行う方法を紹介します!

PSNアカウントと配信サービスのアカウントを連携する

ブロードキャストを利用するためには、PSNアカウント(PlayStationのアカウント)と配信サービスのアカウントが必要です。

PS4のブロードキャストに利用できる配信サービスはYouTube・ニコニコ生放送・Twitchの3つです!

まずはこのなかからどの配信サービスを利用するか決めましょう😍

PSNアカウントと利用する配信サービスのアカウントの作成が完了したら、設定から2つのアカウントを連携してください。

これで準備は完了です!

SHAREボタンを押して「ゲームプレイをブロードキャストする」を選択する

上記の準備が終われば、後はSHAREボタンを押して「ゲームプレイをブロードキャストする」を選択するだけです。

PS4の独自の機能を使えば、これだけの手順でYouTubeやニコニコ生放送でゲーム配信ができてしまいますよ✨

録画の方法

次に、PS4の独自機能を使ってゲーム画面を録画する方法を紹介します!

初期設定を変更する

PS4の録画時間は、初期設定は最大15分となっています。

編集してカットや早送りをするなら、録画時間にしてはすこし短すぎますよね😭

この録画時間は最大60分間にまで変更が可能です。

ゲーム実況を録画するなら、初期設定から録画時間を変更しておくのを忘れないようにしておきましょう

シェアボタンからゲームを録画する

設定の変更が完了すれば、あとはゲーム配信を行うときとあまり変わりありません!

同じくSHAREボタンを押して、ゲーム録画をすれば完了です。

ps4のゲーム実況に最低限必要な機材

ここまでは、PS4でゲーム実況を行う方法についてご紹介してきました。

説明のなかでもいくつか名前が出てきたように、PS4でゲーム実況に行うには複数の機材が必要です。

そのなかでもPS4でゲーム実況を行うのに最低限必要なものについて紹介します!

ps4

当たり前のことですが、PS4でゲーム実況を行うのに最も欠かせないのがPS4本体です。

PS4は人気のゲーム機種のため入手が困難な時期もありましたが、PS5の発売に伴って比較的容易に入手できるようになりました✨

PS4さえ買ってしまえば、ブロードキャスト機能を利用してライブ配信をしたり録画をしたりすることが可能です。

購入するなら、値段はその分高くなりますがより容量の大きい種類を選択するのがおすすめですよ!

マイク

ゲーム実況は、配信や動画に自分の声を載せて視聴者にリアクションを楽しんでもらうのが基本です😍

自分の声を載せるためには、自分の声を拾ってくれるマイクが必要になります。

マイクが高性能であればあるほど、自分の声をより高音質で届けることができますよ。

置き型でもヘッドセットでも構いませんが、視聴者に快適に楽しんでもらえるようにある程度の性能を持つマイクを選びましょう!

イヤホン

マイクを使ってゲーム実況を行うなら、イヤホンもしくはヘッドホンも必須です。

イヤホン無しでマイクを利用すると、マイクがゲーム音まで拾ってしまいます😭

ゲーム音はすでに録画ソフトを通して配信や動画に載っているため、ゲーム音が二重になってしまうんですね。

そうならないためにも、ゲーム音を自分の耳にだけ伝えるイヤホンが必要です!

こちらはそれほど高性能でなくとも構いませんが、FPSなど音が重要になるゲームをメインに行うならば、ある程度の性能を持つイヤホンを購入しておくとよいでしょう

「ゲーム配信 イヤホン」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーム配信にオススメのイヤホンを紹介
【2022】ゲーム配信にオススメのゲーミングイヤホン|選び方も解説FPSやTPSをプレイする際に射撃音がどこから来ているかスピーカーではゲーム以外の音も混ざってしまうたためわかりにくいです。 その...

PS4で録画した動画を編集する方法

画面を録画して動画を投稿する場合、せっかくなら編集を加えてより見やすく楽しい動画にしたいですよね😍

淡々とした作業やグダグダになってしまった部分をカットしたり早送りしたりすることで、視聴者に高評価を受けやすくなりますよ!

PS4でゲーム実況を行うにあたって、ライブ配信よりも動画を録画することを選択した方に無料で利用できるおすすめの動画編集ソフトを紹介します。

無料動画編集ソフト「シェア・ファクトリー」をダウンロードする

Ludusがおすすめする無料動画編集ソフトは、シェア・ファクトリーです。

この動画編集ソフトは、PS4から無料でダウンロードができます

まさに、PS4でゲーム実況をする方に最適の動画編集ソフトということですね✨

この動画編集ソフトを利用するなら、まずはPS4からソフトのダウンロードを行いましょう!

シェアボタンからゲームを録画する

ソフトのダウンロードができれば、次は編集する動画を用意します!

ご紹介した通り、SHAREボタンを押してゲームを録画しましょう。

始めは短い時間で録画して、どんな編集ができるのか試してみるのがおすすめですよ。

「シェア・ファクトリー」で編集する

最後に、録画した動画を「シェア・ファクトリー」で編集します。

「シェア・ファクトリー」では、カットや合成、背景音楽の導入、字幕の挿入、倍速・スロー再生などの基本的な動画編集ができますよ。

普通にゲーム実況動画を編集する分には十分な機能ですね✨

編集が終われば、その動画を投稿して一連の作業は完了です!

収益化が許可されている企業の一覧

ライブ配信や動画の投稿を続けることで、収入を得られる収益化の申請ができるようになります。

他社で制作され販売されているゲームを利用して収益を得る…これだけ聞くと立派な著作権侵害のように思えますが、ゲーム実況における収益化を許可している企業も多いんです!

逆に、収益化や配信そのものを許可していない企業もありますので、ゲームの配信・録画が可能かどうかしっかりチェックしておきましょう✨

ガイドラインは個人向けと法人向けに分かれている場合がほとんどですが、この場合は個人を参考にしてご紹介します。

収益化が許可されている企業

まずは収益化を全面的に許可している企業について紹介します。

任天堂

ゲーム実況界隈で最も盛り上がっているゲーム開発会社といえば、任天堂を思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

実は任天堂は、いち早く全面的にゲーム配信及び収益化を許可した企業なんです。

ゲーム実況で任天堂のゲームを広めてもらうことで、売り上げ向上効果を狙ったんですね😍

なかでも『あつまれどうぶつの森』や『ポケットモンスター ソード・シールド』などのタイトルは、ゲーム実況者であれば1度は触れたことがある方も多いかと思います!

スクエアエニックス

スクウェア・エニックスも、収益化を許可している企業の1つです。

配信・動画投稿を行うには、「ⒸSquare Enix」という著作権表示が必要な点に注意してください。

全面的に収益化が許可されていても、こういった細かなルールが敷かれている場合もありますので、ガイドラインは隅々まで読んでおくことが重要です!

『ファイナルファンタジー』や『ドラゴンクエスト』を実況する際に参考にしましょう✨

セガ

『龍が如く』などで知られるセガでは、動画サイトの機能を利用した収益化が許可されています。

一方で、「タイトルごとに個別にガイドラインを制定していることもある」ことが明記されています!

自分がプレイするゲームに個別のガイドラインが用意されていないかどうか確認しておきましょう。

EPICGAMES

『フォートナイトバトルロイヤル』などで知られるEPICGAMESでは、投稿先の制限は設けられていません。

収益化についても広告収入なら許可されているため、YouTubeなどの広告機能で収益化を図ることが可能です。

UBISOFT

『アサシンクリード』などで知られるUBISOFTでは、EAと同じように投稿先の制限は設けられていません。

しかし、収益化はYouTubeに限られています

EA

『Apex Legends』などで知られるELECTRONIC ARTS(EA)では、動画共有サイトでの配信・動画投稿が許可されています。

収益化についてはYouTubeのみの許可となっていますので、Twitchなど他の配信サービスを利用した収益化は行わないようにしましょう。

制限付きで収益化が許可されている企業

ゲーム会社によっては、制限付きで収益化の許可を出している企業もあります。
必ずガイドラインを読むようにしましょう。

カプコン

『バイオハザード』などで有名なカプコンでは、キャプチャーボードを利用しないという制限付きで収益化が許可されています。

キャプチャーボードを利用しないとなれば、ゲーム本体の配信・録画機能を使う必要があります

アトラス

アトラスではソフト全体に適用されるガイドラインが用意されていません。

一方で、一部のソフトに対して個別に用意されているガイドラインが存在します。

例えば『ペルソナ』ではPS4のシェア機能を利用し条件を満たした場合のみ、収益化が許可されています😍

Cygames

Cygamesでは、投稿先の制限も設けられておらず、基本的に収益化も寛容なガイドラインを公開しています。

YouTubeやニコニコ動画などの収益機能を使っての収益化も可能です✨

Twitchの収益化に関してはゲームのBGMをオフにしておく必要があることに注意しましょう。

フロムソフトウェア

『アーマードコア』などで知られるフロム・ソフトウェアでも、ゲーム本体に搭載されているシェア機能を用いる場合のみ収益化が可能となっています。

ただし、Steamにおける配信・録画機能を利用することは明確に禁止されています!

投稿サイトの広告収益による収益化のみが許可されているため、YouTubeのスーパーチャットなどの投げ銭行為は許可されていません。

ps4のボイスチャットを入れて録画する方法

チームで協力してプレイするゲームの場合、VC(ボイスチャット)が重要になることもあります。

そんなVCを配信・録画に載せる方法について紹介します!

マイクを2本用意する

VCを録画に入れたい場合は、PS4に接続するマイクとPCに接続するマイクの合計2本のマイクが必要です。

PS4に接続したマイクは自分の声をVCに届ける役割を持ち、PCに接続したマイクは自分の声を録音する役割を持ちます。

ps4の設定を変更する

PS4にマイクを接続した後は、設定の変更を行います。

「設定」→「周辺機器」→「オーディオ機器」から「出力機能」を「テレビまたはAVアンプ」に変更してください。

PCからゲーム音とともにVC音声が聞こえてくれば設定は完了です😍

pcでゲーム画面を録画する

PCにマイクを接続して、キャプチャーソフトが「マイクの音を録音」するように設定できれば準備は完了です。

通常通りにPCでゲーム画面を録画し、2本のマイク音声がきっちり撮れていることを確認しましょう

ゲーム実況者を目指すなら代々木アニメーション学院!

代々木アニメーション学院

ゲーム実況者にも専門学校があることはご存知ですか?

声優やアニメーターの専門学校として有名な代々木アニメーション学院では、YouTuber科が設置されています。

YouTuber科では本格的な映像機器を使用した撮影や編集技術について学ぶことができます。

PC周辺機器に疎い方にはピッタリのコースですね😍

また、発声や話し方の工夫についても学ぶことができるため、声に自信が無い方でも安心です!

YouTuberやVTuberだけでなく、映像クリエイターや映像プロデューサーを目指すことも可能ですよ。

大学ではこういったエンタメに特化した学部は少なく、YouTuber科のように先鋭的な学科はありません😭

代々木アニメーション学院では常に最新の流行に合わせた学科が設置され、その道のプロを講師として呼ぶこともあります

今盛り上がりを見せているYouTuber界に飛び込むなら、代々木アニメーション学院で基礎を学んでおくのはいかがでしょうか?

配信者が所属する企業に所属するなら、代々木アニメーション学院でスキルを磨いていることもアピールの1つとなるでしょう✨

興味がある方は、まずは資料請求からしてみてくださいね!

ps4でのゲーム実況についてのまとめ

今回Ludusでは、PS4でのゲーム実況について以下の内容を中心にご紹介しました。

  • PS4の機能を利用して配信・録画・編集ができる
  • PS4でゲーム配信をするなら「PS4」「マイク」「イヤホン」が必須
  • 収益化には企業のガイドラインを熟読する必要がある
  • VCを動画に載せるなら必要なマイクは2本

ゲーム本体に配信・録画機能が付いているように、実況者になるハードルは現在かなり低くなっているといえるでしょう✨

少しでも興味がある方は、まずは機材を集めることから始めてみましょう!

さくら
さくら
最後までご覧いただき、ありがとうございました!