ゲーム実況にオススメのウェブカメラ11選!選び方も解説【2022】

ゲーム実況にオススメのWEBカメラ

最近人気のゲーム実況動画ですが、動画配信サイトでゲーム配信をするうえで、なくてはならないものと言えばWebカメラですよね。

しかし、Webカメラと一言で言っても色々な種類のWebカメラが販売されていてどのWebカメラを購入すればいいかわかりませんよね。

今回Ludusではゲーム実況に使うWebカメラついて、以下の内容を紹介していきます。

  • ゲーム実況におすすめのWebカメラ
  • Webカメラの選び方について
  • ゲーム配信の方法について

この記事を読めばゲーム実況に向いているWebカメラや配信方法について知ることができますよ。

さくら
さくら
ぜひ最後まで読んでいってね!

ゲーム実況におすすめのウェブカメラ11選

ゲーム実況を配信するときに使うのにおすすめのWebカメラを11個に厳選して紹介します。
購入にあたって価格や仕様などを参考にしてみてください。

ロジクール C922n

解像度 1,080p
フレームレート 30fps(720p時は60fps)

本格的なストリーマー用に設計されたモデルで高速フレームレートを実現し遅延や歪みのないライブブロードキャスティングが可能となっています。

解像度を720pに下げるとフレームレートが60fpsで使うことができ、滑らかな映像を配信することができます。

ロジクール C980GR

解像度 1,080p
フレームレート 60fps

ライブストリーミングやコンテンツ作成に向けた上位機種のWebカメラです。

オートフォーカスがリアルタイムでレンズを調節するためカメラに近づいたり離れたりしたときに常に被写体にフォーカスが合います。

エレコム UCAM-C310FBBK

解像度 720p
フレームレート 30fps

シンプルな機能で手軽に使える小型Webカメラになります。
USBポートに挿すだけで面倒なドライバーのインストールはありません。

撮影画角が対角54度で背景が映りすぎないため、Web会議などにもおすすめです。

サンワサプライ CMS-V48BKN

created by Rinker
サンワサプライ
¥22,200
(2022/12/03 20:01:43時点 Amazon調べ-詳細)

解像度 1,080p
フレームレート 30fps

80°広角レンズを採用しマイクとスピーカーを内蔵したWeb会議などにも最適なWebカメラです。

面倒なドライバーのインストールは不要でUSBケーブル1本で接続することができます。
カメラ本体の裏側にはUSB2.0ハブが2ポート搭載されています。

バッファロー BSW508M

解像度 1,080p
フレームレート 30fps

水平視野角約120度の広角レンズを採用したWebカメラです。

プライバシーシャッターという開閉自在なシャッターがついておりハッキングによる盗撮や消し忘れになどによる画像の流出を防ぎプライバシーを保護します。

AVerMedia LIVE STREAMER CAM 513

created by Rinker
AVERMEDIA
¥22,227
(2022/12/03 20:01:44時点 Amazon調べ-詳細)

解像度 2160p
フレームレート 30fps(1,080p時は60fps)

4K UltraHDの映像を30fpsで撮影することが可能なWebカメラです。

超広角対角94°の画角で部屋全体を一度に映すことが可能です。
また、プライバシーシャッターがついていてプライバシーを保護することができます。

Cisco ウェブカメラ Webex Desk Camera

解像度 4K
フレームレート 30fps(1,080p時は60fps)

4K UltraHDの高画質なWebカメラです。

暗い部屋や逆光でも明るさを自動調整してくれます。
また、デジタル10倍ズーム搭載で見せたい部分をズームして見せることができます。

Razer Kiyo Pro

解像度 1080p
フレームレート 60fps(480p時30fps)

2.9μmのピクセルサイズを採用したWebカメラです。
どのような照明の元でもキレイな映像品質を保証されています。

また、口径の大きな広角レンズには、狭角・中間・広角と3つの画角オプションが選べます。

Razer Kiyo X

解像度 1080p
フレームレート 30fps(720p時は60fps)

高精細映像かつ滑らかな映像を映し出すWebカメラです。
設定のカスタマイズが簡単に行えます。

取り付けははディスプレイ上部に設置で、マウンタを外せば別売りの三脚に取り付けることも可能です。

Anker PowerConf C300

解像度 1,080p
フレームレート 最大60fps

HDRに対応したWebカメラで、逆光や暗い部屋でも細部まで鮮明に映すことができます。

超高速オートフォーカス機能がついていてAI機能により約0.35秒で自動的に被写体にピントを合わせます。

ロジクール BRIO

created by Rinker
Logicool(ロジクール)
¥24,990
(2022/12/03 20:01:48時点 Amazon調べ-詳細)

解像度 4K
フレームレート 30fps(1,080p時60fps)

Web会議用に作られたビジネスWebカメラです。

4K超高解像度で5倍デジタルズームが可能です。

また、背景の交換ができ自由にどこからでもWeb会議なども行えます。
BRIOはフレーム内のものを何でもキャプチャすることができます。

ゲーム実況で使うウェブカメラの選び方は?

ゲーム実況配信で使うにはどんなWebカメラを選べばいいのかわかりませんよね。

ここではゲーム実況配信に向いているWebカメラの選ぶ基準を紹介します。

価格

Webカメラの価格はお手頃な低価格のものから高価なものまでたくさん販売されていますが、やはり低価格なWebカメラだと基本的な機能しか備わっていないものが多いです。

そうすると、満足のいくゲーム実況が出来ない可能性があります。

基本的にゲーム実況に使うWebカメラを購入する基準はフレームレートと解像度で選ぶことになります。

ゲーム実況に向いているフレームレートと解像度のWebカメラの価格は最低でも5,000円以上のものを選ぶといいでしょう。

フレームレート

フレームレートとは、1秒間の動画に何枚の画像が使われているかを表す単位のことです。
frames per secondを略してfpsと表記します。

フレームレートには1fps、3fps、24fps、25fps、30fps、50fps、60fps、120fpsがあり、数値が高いほど滑らかになります。

例えば30fpsは1秒間に30フレーム(30コマ)で記録されるということになります。
ちなみに、日本のテレビ番組は30fpsで放送されています。

では、ゲーム実況で使うにはどのくらいのフレームレートが必要かというと30fpsあれば充分だと言えます。

前述したとおり日本のテレビ番組が30fpsなので、違和感なく見れるからです。
しかし、高品質な映像にしたい場合は60fps以上が望ましいでしょう。

解像度

解像度とは、簡単に言うと画像の密度のことです。
どれくらい細部まで描きだされているかの表示になります。

基本的には解像度の数値が高いほどくっきりとして鮮やかになります。

ゲーム実況をするさいは基本的に720pか1080pの解像度で配信します。

たいていのWebカメラは720pや1080pの解像度対応ですが、解像度によって対応フレームレートが異なることがあるので注意してください。

ウェブカメラを使用してゲーム実況しながら顔を映す方法

よくゲーム実況している人の顔が画面の隅に小窓になって映っていることがありますよね。
ここではゲーム実況しながら自分の顔を画面に映す方法を説明します。

PCにウェブカメラを接続する

まずはPCにWebカメラを接続します。

接続方法はWebカメラによって違いますが基本的にはUSBを挿しこむだけで接続されるものがほとんどです。

配信ソフトを用意する

ここでは配信ソフトOBS Studio(通称OBS)を使用します。

  1. ソース欄の「+」をクリックし「映像キャプチャデバイス」をクリックします。
  2. ソースを作成/選択と表示されたら好きな名前を付けて「OK」をクリックします。
  3. プロパティが表示されたらデバイス欄をクリックし使用しているWebカメラを選択します。
  4. 解像度/FPSタイプを「カスタム」FPSを「出力FPSにあわせる」解像度は使用しているWebカメの解像度に合わせて設定します。
  5. 「OK」をクリックするとOBSの画面にWebカメラの映像が映ります。

ゲーム実況者を目指すなら専門学校!

代々木アニメーション学院

ゲーム実況者を本気で目指しているなら、ネットや本で知識を得るだけよりも専門学校で学ぶほうが着実に知識を得ることが出来ます。
おすすめの専門学校は代々木アニメーション学院です。

なぜ代々木アニメーション学院をおすすめするかというと、代々木アニメーション学院には「eスポーツ実況科」という学科があるからです。
「eスポーツ実況科」ではプロの実況者を目指す人へ向けて実況者育成のためのカリキュラムが用意されているからです。

ここでは大学へ通うよりもより専門的な知識を学ぶことができます。

実況者の基礎知識から学ぶことが出来るので知識が何もないという状態からでもしっかりと理解し身につけることができます。

なので、代々木アニメーション学院で学ぶことがゲーム実況者への近道と言えるでしょう。

他にも、代々木アニメーション学院では完全担任制による指導制度や卒業後の手厚いサポートが受けられます。

「代々木アニメーション学院」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

代々木アニメーション学院
代々木アニメーション学院とは?学費・学科や評判についても徹底解説!今回、Ludusでは代々木アニメーション学院について、下記の内容について紹介していきます! 代々木アニメーション学院とは?...

ゲーム実況のウェブカメラについてのまとめ

今回Ludusではゲーム実況に使うWebカメラについて下記の内容を紹介しました。

  • ゲーム実況におすすめのWebカメラの紹介
  • ゲーム実況に使うWebカメラの選び方について
  • 自分の顔を映しながらゲーム実況をする方法

ゲーム実況してみたいけどどんなWebカメラを使えばいいか分からない、どうやって配信したらいいかわからないという方もこの記事を読んでどんなWebカメラを選べばいいか、どうやって配信すればいいかがわかったと思います。

これからゲーム実況者を目指す方はぜひ今回の記事を参考にWebカメラの購入をしていただけたらと思います。

さくら
さくら
最後まで読んでくれてありがとう!