Switchでゲーム配信をする方法は?必要なもの・キャプボも紹介!

Switchを使ってゲーム配信をする方法

たくさんの人が所持していて、たくさんの面白いゲームが出ている任天堂Switchでの配信をしたいとは考えたことはありませんか?

Youtubeなどで楽しそうに配信している姿を見ると、憧れますよね。

しかし、自分で配信に必要なものを調べるというのは少し面倒くさい作業ではないでしょうか。

そこで今回Ludusでは、Switchでのゲーム配信について以下の内容をご紹介します。

  • Switchでのゲーム配信に必要な機材・パソコンのスペック
  • Switchをゲーム配信する手順
  • Switchのゲーム配信におすすめのアイテム

今回は大まかな配信手順をご紹介していきますので、Switch以外での配信でも役に立ちますよ。

ゲーム配信に興味がある方にとって有益な情報をまとめていますので、参考になれば幸いです。

まつたろー
まつたろー
ぜひ、最後までご覧ください。

Switchをゲーム配信するときに必要な機材

早速ゲーム配信に必要な機材を見ていきましょう。
大きく分けると以下の4つが必要となります。

  • パソコン
  • Switch本体
  • キャプチャーボード
  • 配信ソフト

それぞれ詳しく見ていきましょう。

パソコン

Switchでのプレイを配信サイトにアップロードしたり、編集したりするにはパソコンが必要となります。

Switchなどのゲーム機を使った配信であれば、ゲームの起動自体はSwitchが担うためパソコンのスペックはそれほど重要ではありません。

しかしながら今後パソコンでのゲーム配信の予定があるのであれば、ゲームタイトルに合わせたスペックが必要です。

パソコン自体はノートパソコン、デスクトップのどちらでも構いませんが、高スペックのものを選ぶ方が後々の編集作業などで困ることがないのでおすすめです。

どちらかで悩むのであれば、デスクトップパソコンの方が同じ値段のノートパソコンよりも高性能なことが多いので、基本的にはデスクトップパソコンをおすすめします。

推奨スペックはあらためて後程ご紹介しますが、CPUがCore i7以上、メモリが8GB以上のものであれば問題ないでしょう。

また、可能であれば独立したグラフィックボードを搭載しているパソコンを購入した方が配信も安定して行えるのでおすすめです。

ゲーム実況にオススメのPCを知りたいという方は、下記の記事もあわせてご覧ください!

ゲーム実況に必要なパソコンのスペック
ゲーム実況用パソコンの必要スペックは?安い時期やおすすめPC3選もホロライブ、兄者弟者さん、ヒカキンさんに憧れてゲーム実況者になりたいと思っている方も多いのではないでしょうか? しかし、「ゲーム実...

Nintendo Switch

携帯ゲーム機として、またテレビで大画面でも楽しむことができるのがSwitchの特徴です。
一人でも、友達とでも、見知らぬ他の人とでもゲームを楽しむことができます。

ゲームを配信したいのであればゲーム機本体は必須です。

ゲーム配信をする場合はHDMI接続が必須のため、TVモードを廃し値段を抑えたSwitch Liteでは配信できません。

誤って購入しないように注意してください。

2021年12月現在、最新の有機ELモデルは品薄状態となっていますが、前モデルは在庫があるので、有機ELやカラーにこだわりがなければ購入も検討しましょう。

キャプチャーボード

Switchとパソコンをつなげ、配信するために必要となるのがキャプチャーボードという機材です。
Switchのゲーム画面をキャプチャーし、パソコンに転送する役割を持ちます。

キャプチャーボードには簡単に使用できる外付けタイプとパソコンを分解して取り付ける内蔵タイプの2種類存在しています。

配信時のデータ転送速度などは内蔵タイプが優れていますが、初心者の方やノートパソコンを使用される方には難しいので、外付けタイプをおすすめします。

外付けタイプのキャプチャーボードであっても、パススルー機能を搭載しているものであれば、ゲームのプレイ画面と配信用の画面に分けることができ、遅延を気にせずに快適にプレイ可能です。

少し価格が高いものが多いですが、安いものだと機能が使いにくい、分かりにくいものであったり、画質が低いものが多いので、先行投資だと思って高いものを買うのがおすすめです。

ゲーム実況にオススメのキャプチャーボードについて知りたいという方は、下記の記事もあわせてご覧ください!

キャプチャーボード
2021|キャプチャーボード のおすすめ人気ランキング15選【選び方徹底比較】キャプチャーボードとは ゲームをよく遊ばれる方でも、キャプチャーボードという機器の名前を聞いたことがある方はあまりいらっしゃらないかも...

配信ソフト

配信ソフトには無料のものと有料のものがあります。
また配信サイトによっては対応していないものもあるので、事前に確認しましょう。

初心者におすすめなのは無料で使えるOpen Broadcaster Software(OBS)という配信ソフトです。
広告等もなく、YouTube、Twitch、Openrec.、ニコニコ動画など主要配信サイトで使いやすいように設計された配信ソフトです。

XSplit Broadcasterというソフトも無料で使用でき、こちらも無料かつシンプルで使いやすいですよ。

こちらのソフトはWindows・Macどちらであっても動作し、日本語にも対応しているので操作が分かりやすいことも特徴です。

特にTwitchでの配信に向いているソフトとなっていますが、YouTubeでも設定すれば配信が可能となっています。

まつたろー
まつたろー
初期投資としてある程度はかかりますね。

Switchのゲーム配信に必要なパソコンのスペック

実際に配信する際に必要となるパソコンのスペックをご紹介していきます。
ここでご紹介する内容はCPUとメモリについてです。

先ほどもお伝えしているように、必ずしも高スペックなパソコンが必要というわけではなく、ある程度のスペックさえあれば配信や編集作業を行えるので安心してください。

とはいえ、あまりに性能が低いパソコンだと編集や配信時に面倒だと感じることなどもあるので、最低限以上のスペックのものをご紹介しますね。

CPU

CPUとはパソコン内の作業を担っている重要なパーツです。

CPUの性能が悪いと配信ソフトの動きが悪くなってしまい、快適な配信ができません。

配信のことを考えると、CPUはIntel製のものであればCore i7以上は必要と考えた方がいいでしょう。
AMD製のRyzenシリーズは配信などにはあまり向かないので、基本はIntel製のものを選ぶと良いでしょう。

メモリ

メモリとはCPUに渡すデータを一時的に保存しておくもので、メモリ数が不足していると動作が非常に遅くなってしまいます。

メモリ数が低いと同時にできる作業が制限されてしまうので、ゲームをプレイしながら画面を確認するなどができなくなってしまいます。

一般的なパソコンだと4~16GBであることが多く、8GB以上だと安心して配信ができるでしょう。

もしすでにパソコンを持っていて、8GB以下であったとしても自分で増設することも可能です。
自分のパソコンに対応しているメモリを購入し、カバーを開けて入れ替えるだけでできるので、メモリのことは後から考えても良いかもしれません。

Switchでゲーム配信をする手順について

ここからは実際に配信を行っていくための手順を解説していきます。
解説するのは以下の内容です。

  • Switchの準備
  • キャプチャーボードの接続
  • パソコンの準備
  • OBSの設定

基本的なこととして、回線は無線よりも有線で接続しているほうが配信が安定しやすいです。

また、ゲーム機やパソコンの周囲に電波を遮るものがあったり、家電の影響を受けて通信環境が悪くなってしまう可能性もあるので、事前に環境を整えておくと快適に配信ができますよ。

Switchの準備

まずはSwitchをドックに装着し、TVモードにしておきます。
本体側で操作することはありません。

もしイヤフォンなどをSwitchに接続しているなら、外してパソコンに付け替えておきましょう。

キャプチャーボードを使ってSwitchとPCを接続

SwitchとキャプチャーボードをHDMIケーブルでつなぎ、パソコンのIN側のコネクターとキャプチャーボードをUSBケーブルで接続します。

また、キャプチャーボードとサブモニターをHDMIケーブルにつなぎ、配信画面を映すことで遅延対策も可能です。

パソコンの準備をする

パソコンを起動し、OBSを起動しておきます。
OBSでパソコン上にSwitchのゲーム画面を映すことができればOKです。

OBSであれば、「ソース」と書かれている場所の+ボタンをクリックし、「映像キャプチャデバイス」を選択し使用しているキャプチャーボードを選択します。

OBSの設定をする

配信ソフトをしようして、実際の配信画面を確認します。

その際にプロパティを確認し、解像度が1920×1080となっていることを確認しましょう。

また、マイクがしっかりつながっていて、音声認識が行われているかも確認しておきましょう。
マイクがつながっていれば、音声ミキサーのマイクという項目が反応しているはずです。

ついでにマイクの横にある歯車ボタンをクリックし、「フィルター」から「ノイズ抑制」を適応させておくと耳障りなノイズを減らせるのでおすすめです。

まつたろー
まつたろー
良い配信にするには設定は重要ですよ。

Switchのゲーム配信にオススメしたいアイテム

配信の際にはゲーム機とパソコンさえあれば配信可能ですが、さらに良い配信にしたいのであれば、いくつかアイテムをそろえるほうが良いでしょう。

実際にゲーム配信を開始するのであれば、おすすめのアイテムがありますので、もし何を使えば良いのかわからない、という状態であればぜひご覧ください。

マイク

配信を行うのであれば、やはり自分の音声も配信に載せたいですよね。
特に実況プレイなどを行いたいと考えている場合、しっかりと声を視聴者に届けなくてはいけません。

せっかく配信上に声が乗っても音質が悪いと視聴者に嫌がられてしまうので、ここはある程度良いものを買いましょう。

私がおすすめするマイクは、マランツが発売しているMPM1000Uというマイクです。

音質も良く、USBで接続が可能なのでPCやSwitchなど、様々な場面に対応できます。

他の格安マイクと比べ少し高く感じる値段かもしれませんが、値段以上の価値のあるマイクなので、ぜひ検討してみてください。

ゲーム実況にオススメのマイクは下記の記事で紹介しています!

PS5でゲーム実況する方法を紹介
PS5でのゲーム実況のやり方を解説!オススメのマイクも紹介!2021年現在、小学生の「なりたい職業アンケート」の中で「YouTuber/動画投稿者」が2位にランクインしていることをご存じですか?(...

マイクスタンド

マイクがあったとしても位置が悪いと周りの音を拾いすぎてしまったり、あなたの声が遠くなってしまったりして良い配信になりません。

そこで活躍してくれるのがロイセルのマイクスタンドです。

マイクスタンドを使用することで、マイクを自由に動かすことができるので、もっとも良い場所に配置することができます。

また、デスクから振動が伝わりにくくなるので、無駄な音がマイクに入らなくなるんですよ。

デスクやテーブルなどにクランプして固定するスタンドで、可動域も広く先ほどご紹介したマイクも使用可能となっています。

WEBカメラ

最近は顔出しで配信をする人も多くなってきています。

顔出し配信をするのであればWEBカメラが必要となります。
パソコンに内蔵されているカメラがあるのであればそれを使用しても良いですが、画質を求めるのであれば別途購入しましょう。

おすすめなのがロジクールのC922nというWEBカメラです。

ゲーミング用品を作ってきたロジクールが制作している配信者用のWEBカメラですので、初めての配信にはもってこいですよ!

ゲーム配信にオススメのWEBカメラは、下記の記事で紹介しています!

ゲーム実況にオススメのWEBカメラ
ゲーム実況にオススメのウェブカメラ11選!選び方も解説【2022】最近人気のゲーム実況動画ですが、動画配信サイトでゲーム配信をするうえで、なくてはならないものと言えばWebカメラですよね。 しかし...

ゲーミングヘッドホン

もしかすると配信者がヘッドホンでゲームをしている姿を見たことがあるかもしれません。
特に他のプレイヤーと対戦するようなゲームだと音は非常に重要な判断材料になるんです。

実用性だけでなく、見た目的にもなんとなく配信者っぽく感じる要因ではないでしょうか。

そこでおすすめするゲーミングヘッドホンは、Razer Krakenです。

ゲームをする際に使用するという前提で作られているため、長時間付けていても疲れにくいデザインとなっているものがほとんどです。

また、見た目も明るく、ゲーム用だなぁと想像できる見た目で気分も上がりますよ。

オススメのヘッドセットを知りたいという方は、下記の記事をご覧ください!

おすすめゲーミングヘッド5選を紹介!
2022|ゲーミングヘッドセットのおすすめ人気ランキング15選【選び方徹底比較】ゲーミングヘッドセットとは? ヘッドセットとは、ヘッドホンとマイクが一体化したデバイスです。 音声を聞きながら、ハンズフリーで会話も...

スマホでSwitchのゲーム配信ってできるの?

基本的には不可能だと考えるほうが良いでしょう。

もちろん、スマホを使って撮影したものを配信することは可能ですが、パソコンでの配信のようにゲーム機の画面をスマホに映すことはできません。

他にもスマホにも対応しているキャプチャーボードを利用して、録画したデータをスマホに送ることは可能ですが生配信は不可能です。

TwitchやYouTubeなどで配信を考えているのであれば、パソコンからの配信方法しかないと言えます。

Switchのゲーム配信についてのまとめ

今回、LudusではSwitchでゲーム配信を行うために以下の内容をご紹介してきました。

  • 配信のためには、Switch・パソコン・キャプチャーボードが必須!
  • Switch Liteは配信不可能なので注意が必要
  • パソコンのCPUはcore i7以上、メモリは8GB以上だと編集や配信が安定する
  • 配信を行うための作業は、OBSの設定や編集などのパソコンでの作業がメイン
  • 良いマイクやWEBカメラなどのアイテムがあればもっといい配信に!

面白いゲームがたくさん出てきていて、プレイ人口も増えているのが最近のゲームの特徴です。

さらに、YoutuberやVtuberなどの配信者が増えるにつれて、「自分でもやってみたい!」と参入している人口が増えてきています。

最初に少し手間はかかりますが、一度設定してしまえば後は簡単に配信ができるんです。

ここから興味を持ち、Switch以外のゲームを配信したり、実況プレイを投稿したりされる姿を心待ちにしています。

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただき、ありがとうございました。