【2022】ゲーム配信にオススメのゲーミングイヤホン|選び方も解説

ゲーム配信にオススメのイヤホンを紹介

FPSやTPSをプレイする際に射撃音がどこから来ているかスピーカーではゲーム以外の音も混ざってしまうたためわかりにくいです。

そのため、最近ではゲームをプレイする環境を想定としたゲーミングヘッドホンやゲーミングイヤホンが作られていることも多く、沢山の種類があります。

ツイキャスやミラティブでゲーム配信する際にも、ゲーミングイヤホンがあればより配信がしやすくなります。

  • ゲーム配信におすすめのゲーミングイヤホン6選
  • ゲーミングイヤホンと普通のイヤホンの違いとは何か
  • ゲーミングイヤホンを選ぶ際に大事な3点とは
  • APEXやFPSなどのゲーム配信にオススメのゲーミングイヤホン
  • オススメの格安ゲーミングイヤホン
  • オススメの高級ゲーミングイヤホン
  • 普段使いにも使える優秀な万能なゲーミングイヤホン
  • 有名なゲーマーが使用しているゲーミングイヤホン
  • ゲーミングイヤホンのオススメのメーカー
  • ゲーミングヘッドセットとゲーミングイヤホンはどちらがいいのか

今回Ludusではゲーム配信イヤホンのオススメをお伝えします。

そら
そら
最後まで見ていってほしいな~

ゲーム配信におすすめのゲーミングイヤホン6選

実際にゲーム配信に特におすすめのゲーミングイヤホンを6つご紹介します。
ゲーミングイヤホンによって、こだわりポイントが違うため自分の環境に合わせたものにしたいです。

Hammerhead Duo Console RZ12-03030200-R3M1

有線or無線 有線
イヤホン型 カナル型
ヘッドホンジャック 3.5mmジャック
マイクの搭載

Razer社から販売されているこちらのゲーミングイヤホンの最大の特徴はドライバーにデュアルハイブリットという技術が用いられています。

他のゲーミングイヤホンはシングルドライバーが多く、その違いはシングルは重低音をそのまま出力しますが、デュアルドライバーは重低音を中音・高音に分離して出力されることによってより深みのある重低音になり音による没入感を高めることができます。

また、ケーブルには硬質のアルミ製のフレームを採用しており、毎日の使用に耐えられる頑丈なつくりになっています。

付属しているインラインマイクにはミュートスイッチが搭載されており、急に何かあった際にマイクのミュートのON/OFFもしやすいのがとても便利です。

このような様々な機能がついていて、お値段もお手頃価格なのがとても手に入りやすくゲーミングイヤホンに迷ったらまずは試してほしい一品です。

ゼンハイザー IE300

有線or無線 有線
イヤホン型 インイヤーカナル型
接続 3.5mmジャック
マイクの搭載 ×

こちらのイヤホンはセンバイザーが販売しており、その最大の特徴はイヤホンを付けた時の装着感です。

カナル型イヤホンのため高い遮音性もあり、イヤホン部分には柔軟性にすぐれたイヤーフック、イヤーピースのシリコンタイプとフォームタイプ)がそれぞれ3種類あることでより音に没頭できる装着感になっています。

また、装着する際にイヤーフックを使わず、イヤーピースのみでも使用が可能であり、自身の着け心地によってカスタマイズすることができます。

XROUND AERO XRD-XA01

有線or無線 有線
イヤホン型 インイヤー型
ヘッドフォンジャック 3.5mmジャック
マイクの搭載

エアロという名前のとおり、空気力学を用いた3Dチューニング技術を用いてるのが最大の特徴です。

ゲーミングヘッドセットとして、フィールド感覚や敵の方向などより明確に聞き分けられるような音質をしているだけでなく、音楽用イヤホンとしても十分な効果を発揮しています。

空気力学の力を利用し、空気経路を伸ばすことによって他のメーカーのイヤホンより高周波エネルギーを残し、それにより音の細部が残せて空間感がハッキリと聞こえます

また、イヤホン本体には高解析外磁性チタンメッキを使用しており、それらにより音質をより引き上げています。

ゲームだけでなく音楽も1つのイヤホンで楽しみたい方に特にオススメです❗

MSI Immerse GH10

created by Rinker
MSI
¥4,778
(2022/05/18 18:22:39時点 Amazon調べ-詳細)

有線or無線 有線
イヤホン型 ‎インナーイヤー型
ヘッドフォンジャック 3.5mmジャック
マイクの搭載

MSIから販売されている、こちらのゲーミングイヤホンの最大の特徴は取り外し可能なマイクとインラインマイクが両方ついていることです。

取り外し可能なマイクはインラインマイクの時よりクリアな音声通話ができるようになり、チームでの報告が聞き取りやすくなります。
逆に通話だけをしたい時はインラインマイクにする等通話なども使い分けることもできます。

イヤホンにはシリコンフックを使用しており、耳の奥に耳にしっかりと収まるように設計され、イヤーフックによりさらに耳にフィット感があり心地よい感覚になります。

ゲームでチーム内通話が必要になった際に後で買いなおす必要がなく、マイクとイヤホンを1つで済ませたい方に特にオススメです。

SHURE SE215

有線or無線 有線
イヤホン型 密閉型(カナル型イヤホン)
ヘッドホンジャック 3.5mmジャック
マイクの搭載 ×

こちらのイヤホンの最大の特徴は、厚みのある低音域を強化したダイナミックドライバーを搭載していることです。

その他にも高遮音性に優れており、最大90%騒音カットできるソフトで弾力性のあるイヤーパッドを採用しており電車内、路上、運動中でも音楽に集中できるほどです。

内臓マイクを搭載していないので音を聞くことに特に特化しており、またイヤホンの部分は着脱式になっており手軽に交換ができます。

Bose QuietComfort 20

有線or無線 有線
イヤホン型 インナーイヤー型
マイクの搭載

Boseノイズキャンセリングテクノロジーが音楽に没頭できる音を再現しています。

ノイズキャンセリング機能をオンにすると周りの雑音を気にせず音楽に没頭することができ、逆に周囲の音を聞きたい時にはノイズキャンセリングをオフにすることができます。

イヤーチップテクノロジーによりボーズ独自のチップは柔らかくぴったりとフィットします。その特徴的な円錐形のデザインで優しく耳を包みより遮音性を高めています。

APEXなどのFPSゲーム配信におすすめのゲーミングイヤホン

APEXなどのFPSゲーム配信するにもゲーミングイヤホンはおすすめです、FPSは長時間の配信になることも多くより疲れにくいゲーミングイヤホン等がおすすめになります。

SHURE SE215

SHURE SE215はゲーミングイヤホンの中では特に遮音性に優れ、配信中でも周囲の雑音に惑わされず集中してプレイすることができます。

とてもデザインが良くたくさんの方に愛用されているイヤホンです。

ただしイヤホンにマイクがついていないため、声も配信に乗せたい時には別途マイクを購入する必要がある点は注意です。

MSI Immerse GH10

created by Rinker
MSI
¥4,778
(2022/05/18 18:22:39時点 Amazon調べ-詳細)

MSI Immerse GH10はとても安価で入手ができるので、とりあえずゲーム配信を始めてみたいという方にオススメです。

またマイクも内蔵と着脱式のマイクがついているため、後は画面を録画する環境を整えればすぐに配信を開始することができます。

Bose QuietComfort 20

独自のイヤーチップとその形状によりゲーム配信時にイヤホンで耳が痛くなりにくいです。

また、内部にリチウムイオンが搭載されており、充電すれば最大16時間の再生ができ長時間のプレイ配信でも重宝します

プロゲーマーでも使っている方が多いイヤホンのため音質も安心して使用ができます。

ゼンハイザー IE300

高い遮音性により、敵がどこからくるのかわかりやすい没入感が得られ、さらに1つ1つの音がしっかりと聞こえとても立体感を味わうことができ上下の把握もしやすいです。

ただし、マイクはついていないため配信の際に自身の声も録音する際は別途マイクを購入する必要があります。

ゲーム配信におすすめの「格安」ゲーミングイヤホン

そうはいってもゲーミングイヤホンって普通のイヤホンと違って高くて手が出せないという方にも安心です。
格安のゲーミングイヤホンの中でのおすすめをご紹介します。

Kanestrio イヤホン

有線or無線 有線
イヤホン型 インイヤー
接続 3.5mmジャック
マイクの搭載

こちらのイヤホンは格安でありながら、カナル型のイヤホンであり遮音性が高いのが特徴です。

また多機能リモコンもついており、簡単にボリューム調整が行えるのも魅力的です。

お試しにゲーミングイヤホンを買ってみたいという方にオススメです。

HyperX Cloud Earbuds ゲーミングイヤホン HX-HSCEB

created by Rinker
ハイパーエックス(HyperX)
¥3,990
(2022/05/18 17:43:35時点 Amazon調べ-詳細)

有線or無線 有線タイプと無線タイプ両方あり
イヤホン型 インイヤー
接続 3.5mmジャック:bluetooth
マイクの搭載

HyperXから販売されているこちらのゲーミングイヤホンの特徴はインラインマイクが搭載されており、これ1つでゲーム内通話が行えマイク用に場所を取らないのも利点です。

また90度の屈曲プラグが付属しており、ケーブルが絡みにくくなっています。

シリコン製イヤーチップが3サイズ用意されており、個人に合ったサイズを選ぶことができます。

特に外出先でNintend swich🎮などを遊ぶ人にオススメのゲーミングイヤホンです。

AZLA AZEL

有線or無線 有線
イヤホン型 イヤホン
接続 3.5mmジャック(変換ケーブル付属)
マイクの搭載

こちらのイヤホンの最大の特徴としては、なんといっても一番の特徴としては付属するイヤーピースのサイズの種類が6種類もあります。

またサウンドとボイスを完全に分離させる構造になっており、自分の聞いている音が通話相手に聞こえにくくなっています。

ゲーム配信におすすめの高級高性能ゲーミングイヤホン

今使っているゲーミングイヤホンでは足りないと感じる時やもう1段階上の音質にこだわりたいという方には高級高性能ゲーミングイヤホンがおすすめです。

高性能の分、値段も高いものが多いですが、どれもそのお値段分の性能の高さが味わえます。
その中でもオススメの高級ゲーミングイヤホンをご紹介します。

SHURE イヤホン Special Edition SE215SPE-A

有線or無線 有線
イヤホン型 カナル型
マイクの搭載 ×

SE215をベースに特別仕様にしたイヤホンです。

SHUREの中ではダイナミックドライバーを採用しており、より深みのある低音を再現しています。

またケーブルの長さも116mと日常生活に使いやすい長さになっており、ケーブルに対する余分なわずわらしさも感じにくいです。

Razer Hammerhead ゲーミングイヤホン Mercury Edition RZ04-02090200-R3M1

有線or無線 有線
イヤホン型 インイヤーカナル型
マイクの搭載

Razerより販売されてるこちらのゲーミングイヤホンの最大の特徴は臨場感のあるオーディオを実現する10mmのダイナミックドライバーが搭載されています。

また、密閉もしっかりとされており低音が良く聞こえやすく、遮断性も高く周りの音が気にならないです。

丈夫なアルミボディとフラットケーブルにより、移動時の耐久性も万全です。

BOSE SoundSport wireless headphones

有線or無線 無線
マイクの搭載 ×

なんといってもそのデザインからイヤホンを付けていてもうごきやすい無線でのイヤホンになります。

また、どこかに置いてしまったりなくした時にも専用のアプリですぐに見つけることができます。

もちろん音質もばっちりで外出中にまるで有線でつないでいるかのようなダイナミックな音が聞けます。

普段遣いにも使える優秀な万能ゲーミングイヤホン

ここではゲームを聞くだけでなく日常の音楽を聴く際にも使える万能なゲーミングイヤホンについてご紹介します。

HAMOIARC ゲーム イヤホン W16B 65MS

有線or無線 無線
イヤホン型 カナル型イヤホン
マイクの搭載 ×

こちらのイヤホンは無線のゲーミングイヤホンでありながら、音楽モードとゲームモードに簡単に切り替えができるため、ゲーム以外に普段音楽を聴く際にもすぐに使えます。

また、イヤホン本体にタップボタンがついており再生や停止なども即座にできる便利なイヤホンです。

SENNHEISER 完全ワイヤレスイヤフォン MOMENTUM True Wireless 2 M3IETW2

有線or無線 無線
イヤホン型 インイヤー
マイクの搭載 ×

こちらのイヤホンはノイズキャンセリングがとてもすぐれており、ゲームの音はもちろん楽器や声なども質感そのままに再生することができます。

またバッテリーが最大28時間もつのも強みになります。

XIBERIA ワイヤレスイヤホン W3

無線での接続ですが、低遅延なのが最大の特徴です。

一度、ペアリングした携帯電話には充電ボックスから出す際には自動的にペアリングがされてとても便利です。

また左右のイヤホンそれぞれにマイクが搭載されており、どちらからも音を拾うため通話時のノイズが少ないのも特徴です。

有名なゲーマーが使用しているゲーミングイヤホン

ゲーマーには欠かせないゲーミングイヤホンですが、有名なゲーマーの方はどういったゲーミングイヤホンを使用しているのかきになりますよね。

ここでは、有名なゲーマーが使用しているゲーミングイヤホンをご紹介します。

HyperX Cloud Earbuds ゲーミングイヤホン HX-HSCEB

created by Rinker
ハイパーエックス(HyperX)
¥3,990
(2022/05/18 17:43:35時点 Amazon調べ-詳細)

HyperXといえばウメハラさんやDetoneter等多数のプロゲーマーのスポンサーです。

そのHyperXが出しているこちらのイヤホンは同じく多数のプロゲーマーが愛用しているHyperXのゲームヘッドセットと同じように心地よい装着感です。

梅原大吾さんについては、下記の記事で詳しく紹介しています!

梅原大吾選手について紹介!
梅原大吾の伝説を紹介!ギネスやプレイ動画・大会実績も紹介!Daigo Umehara(梅原大吾)選手は、日本2D格闘ゲーム界のカリスマとして知られており、日本初のプロ格闘ゲーマーでもあります。 ...

Bose QuietComfort 20 Acoustic ノイズキャンセリングイヤホン

Rasさんや元プロゲーマーのスパイギアさんやその他の多数のプロゲーマーに愛用されているイヤホンです。

ノイズキャンセリングによって没入感をしっかりと得られるだけでなく、モードの切り替えによってすぐ周囲の音を聞ける便利さ等が様々プロゲーマーを魅力にしています。

Ras選手については、下記の記事で詳しく紹介しています!

CRのRas選手とは?Apexでのマウス感度やキルレなど徹底解説します!
Ras選手のAPEX感度設定やキルレ・年齢・大会成績など紹介Ras選手は、プロゲーミングチームCrazy RaccoonのApexLegends部門に所属するプロゲーマーです。 今回Ludu...

ゲーム配信のゲーミングイヤホンと普通のイヤホンとの違いは?

ゲーム配信のためのゲーミングイヤホンと普通のイヤホンの違いはよりそのゲームの細かい音が聞こえやすいか、また周りの雑音とゲームの音との混じりにくさにあります。

一番の違いとしてゲーミングイヤホンはFPS等ゲームを想定されているため音の聴こえる方向や距離感がつかみやすいです。

ただ、ゲーミングイヤホンは音楽鑑賞用ではないため、音楽の重低音などを聞く際には普通のイヤホンの方が優れています。

その他にもゲーミングイヤホンは通話でのチームとコミュニケーションをとることが多い昨今をみてvc用のマイクもイヤホンについていることが多いです。

そのため通話中の会話も聞こえやすく、チームを組んでやるゲームには必須と言えます。

ゲーミングヘッドセットとゲーミングイヤホンはどちらが良いの?

ゲーミングヘッドセットとゲーミングイヤホンの大きな違いとしては、装着部分に耳がかぶさるか頭に着ける分の重さやそのコンパクト差があります。

ヘッドホンは長時間つけると、頭が疲れてしまったり首が痛くなってしまいます、また大きく持ち運ぶにはその分のスペースが必要になります。

そのため、家でも長時間ゲームをプレイすることが多い人や、外に出てゲームをプレイしたり、外出先でもゲームをプレイすることが多い人はにはゲーミングイヤホンがオススメです。

ゲーミングヘッドセットについては、下記の記事で詳しく紹介しています!

https://espo-game.jp/article/13327/

ゲーミングイヤホンの選び方は?

ゲーミングイヤホンを選ぶ際に特に注意したい点が以下の3つあります。

  • 接続は有線タイプのものか無線タイプのものか
  • イヤホンの形は密閉型のものか開放型のものか
  • 接続端子はハードに合ったものになっているか

それぞれについて、どれを選べばいいか紹介します。

有線タイプを選ぶ

イヤホンの接続タイプには有線と無線がありますが、ゲームの音を聞くためのゲーミングイヤホンでは音が耳に確実に届かなければなりません、そのため有線タイプのものがオススメです。

なぜなら、無線タイプのものは電波で音を飛ばしているため、周囲の電波状況によっては音が飛ぶことがありますが、有線のものはケーブルを伝って音を伝えているため電波状況にも作用されないということです。

その他にも無線のものは音の遅延が起こりやすいこともあり、一瞬の勝負が大事なFPSでは遅延は命取りです。

無線タイプのものと違ってケーブルがプレイ中に気になってしまうこともあるので長さは適度なものを選びましょう。

密閉型がおすすめ

イヤホンの形状としては開放型のイヤホンの形よりも密閉型カナル型のイヤホンをお勧めします。

開放型は、外の音も耳に入ってくることがあり、騒音が激しい場所では音に集中することができませんが、密閉型は外の音をシャットダウンしよりイヤホンから聞こえる音に集中ができます。

ただし、密閉型は耳にフィットさせるためより耳が疲れやすくなりやすいこともあるので注意が必要です。

使用するハードにあった接続方法のものを選ぶ

イヤホンを接続する際には3.5mmジャックやLightingコネクタなど様々な接続端子があります。

例えば家庭用ゲーム機にさして使おうとしたにもかかわらず、携帯電話にしか接続できないものを買ってしまってはまた変換用のコネクタが必要になります。

また、基本接続端子のハードに合わせた音になっているため、よりそのイヤホンの性能を出したいのであればメーカーが推奨しているハードの接続方法が良いです。

それぞれのイヤホンを使用したいハードに合わせた端子かどうか確認するのは大事になります。

ゲーミングイヤホンのおすすめメーカー

ゲーミングイヤホンを作っているメーカーも沢山あります、今回はその中でも特にゲーミングイヤホンを扱っているオススメのメーカーをご紹介します。

Kingston

1987年にjohn TuさんとDaivid Sunさんが表面実装メモリチップの深刻な不足に対応するという目的のために設立されたアメリカを本社とするメモリモジュール製造メーカーです。

kingstonはゲーミングブランドHypeXを展開している会社でもあります。
HyperXは世界中の20以上のゲーミングチームのスポンサーでもあり、とてもプロゲーマーにも密接に関与しています。

そのため、プロゲーマーに合った製品を心がけており、ゲーミングイヤホン以外にもほとんどのプロゲーマーに必要なゲーミングPCに合った付属品を販売しています。

メモリに付属したゲーミング機器や各ゲーム機本体それぞれに合わせた製品づくりが特長的です。

また、赤と黒を基調としたオシャレなデザインも魅力的です。

ROCCAT

2007年にeスポーツの元プロのRene Korteさんが設立したドイツを本社とするPC周辺機器をデザインし販売する会社です。

2019年にTurtle Beachの傘下に入り同社公式のPCゲーミング周辺機器ブランドになりました。
ゲーミングイヤホンとしてはAlumaやShvaを販売しています。

ドイツのハンブルクで自社設計されており、専門家やゲーマーが業界長年の経験を生かして製品を作っています。

製品として、とても軽く持ち運びやすいデザインでありながら機能がコンパクトにまとめられているのが特徴です。

Razer

1998年にMin-Liang TanさんとRobert Krakoffさんが設立したシンガポールを本所地とする電子機器の会社です。

ライフスタイルの質を高めるというスタンスで作られた製品は長時間パソコンの前に座っているプレイヤーに対してもゲーミング機器だけでなく、他のゲーミングスタイルに合わせたライフスタイル用品も取り扱っているのが特徴です。

ゲーム配信におすすめのゲーミングイヤホンについてのまとめ

今回Ludusではゲーム配信にオススメのゲーミングイヤホンについて紹介しました。

耳への装着感、価格、どの機器に使うか確認しながら自分にあったゲーム配信用にゲーミングイヤホンを使えば、FPS等のゲーム配信がよりやりやすくなります。

今までゲーミングヘッドホンだけで使っていた方はゲーミングイヤホンも1度試してみるのもいいですね。

最後までご覧いただきありがとうございました。