ゲームプログラマーの勉強ができるオススメの大学は?国公立・私立・専門学校も!

ゲームプログラマーになるならこの大学がオススメ

プログラミング技術を駆使し、ゲームシステムを構築する「ゲームプログラマー」という職業。

特にゲームの面白さに直結し、一番重要とも言えるゲームシステムを一から自分で作ることができる、ゲーム好きなら一度は憧れる職業ですよね!

そんなゲームプログラマーですが、実際になろうと思うと、なにを勉強しどういった学校に行けばいいのでしょうか?

今回Ludusでは、ゲームプログラマーという職業について以下の内容を紹介していきます。

  • そもそもゲームプログラマーとは?
  • ゲームプログラマーを目指すなら大学がおすすめである理由
  • ゲームプログラマーを目指せる地域別おすすめ大学
  • ゲームプログラマーを目指せるおすすめ国公立大学
  • ゲームプログラマーを目指せる大学の学費情報
  • ゲームプログラマーとして就職する際に必要なもの
  • ゲームプログラマーを目指せる専門学校について

また記事の最後では、ゲームプログラマーを目指すことができる大学の学費、ゲームプログラマーとして就職する際に必要なスキル等についてもご紹介しています。

まつたろー
まつたろー
最後まで読むことを推奨します。

ゲームプログラマーとは?

まずは、そもそもゲームプログラマーがどんな仕事なのか、仕事内容や年収についてご紹介していきます❗️

仕事内容について

ゲームプログラマーはプログラミング言語を駆使し、ゲームのシステムを構築していく専門家です。

主な仕事内容は、企画職の制作した仕様書に従って、キャラクターの動作・音声の設定などプログラムを組み、ゲームシステムを制作していきます。

ゲームプログラマーは何よりもプログラミング言語の深い知識と理解が求められる職業となっています👀

ゲームが好きで、プログラミングスキルの高い人にぴったりの職業ですね。

ゲーム制作は基本的にチーム単位での仕事が多いため、ある程度コミュニケーション能力も求められる点に注意しましょう。

月収や年収について

ゲームプログラマーの平均年収は464.1万円程度となっており、2019年の日本の平均年収が「432万」であることを考えると、全体の平均よりも少し高めであることがわかります。

月収に換算すると約39万ということで、しっかりとした給与が期待できますね✨

待遇について

ゲームプログラマーはゲーム制作に必要不可欠な存在であり、プログラミング言語という専門的知識を必要とする困難な職種ということで、企業での待遇は良い傾向があります。

家庭用ゲーム産業は近年不振気味とされていますが、スマホなどのソーシャルゲーム業界は飛躍的な成長を続けており、ゲームプログラマーは今後も活躍の場が拡がると予想される職種となっています。

ゲームプログラマーの勉強ができる地域別おすすめ大学

ここからはゲームプログラマーを目指す方におすすめの大学を地域別にご紹介していきます❗️

関東

まずは関東にある、ゲームプログラマー向けの大学を確認していきましょう❗️

東京工芸大学

東京工芸大学はテクノロジーとアートの融合を目指し、創設当初から最先端分野の指導をおこなっている私立大学です。

東京工芸大学は、ゲームを学問として研究している「芸術学部・ゲーム学科」を抱えており、こちらではゲームプログラマー・CGデザイナー・サウンドクリエイターといったクリエイターの育成をおこなっています。

初年度から「企画」・「デザイン」・「プログラム」の3分野に別れて専門知識・技術を学び、2年次からはチームを組んでの本格的なゲームを制作。

ゲームプログラマーとして必須の知識・技術・経験を、在学中にしっかりと学習することができます✨

また専門の教授にはナムコで人気ゲームを開発した岩谷徹教授も在籍しており、第一線で活躍しているプロからの指導を受けることができる点も大きな魅力ですね。

東京工芸大学、芸術学部・ゲーム学科の偏差値は「42.5~45.0」となっています。

湘南工科大学

湘南工科大学は体験型授業を中心として、創造力・実践力の確かな技術者を育成している日本の私立大学です。

湘南工科大学はゲームプログラマーを目指すことができる学科として、「工学部・情報工学科」と「工学部・コンピュータ応用学科」を抱えています。

情報工学科では主に企画・開発をおこなうことできる情報エンジニアの育成をおこなっており、ソフトウェア・AI・VR・AR・ゲームなど様々な分野に応用することができる専門性の高いプログラミング技術を学ぶことができます。

湘南工科大学、工学部・情報工学科の偏差値は「42.5」となっています。

コンピュータ応用学科では、チームでのプロジェクト活動を通して、アプリ開発・CG制作・WEBに関わるトータルコンテンツ制作力を養っていくことが可能です。

学生と教員が一つになったチームを作り授業を行っていくスタイルとなっており、プログラミングの専門的知識に加えて、ゲームプログラマーには不可欠のチームでのコミュニケーションスキルも磨いていくことができます✨

湘南工科大学、工学部・コンピュータ応用学科の偏差値は「40.0」です。

日本工業大学

日本工業大学は実社会で必要となる知識・技術に加えて、エンジニアに必要な専門的知識・技術の教育をおこなっている日本の私立大学です。

卒業後ゲームプログラマーを目指すことができる「先進工学部・情報メディア工学科」を抱えており、こちらでは新しい価値を創造することができる次世代のエンジニアの育成をおこなっています👀

情報分野の学習がメインとなっており、システムエンジニア・ネットワーク技術者・プログラマーに必要な専門的知識・技術の学習が可能です。

日本工業大学、先進工学部・情報メディア工学科の偏差値は「40.0」となっています。

関西

つづいて関西のゲームプログラマー向けの大学を確認していきましょう❗️

大阪学院大学

大阪学院大学は7学部・8学科を擁する、幅広い分野の教育をおこなっている総合大学です。

大阪学院大学の情報学部・情報学科では、システムエンジニア・プログラマー・コンテンツクリエイターの育成をおこなっており、ゲームプログラマーを目指すことが可能となっています。

1年から2年前期にかけては全生徒でプログラミング・コンピュータシステム概論・情報システムについて学習。

その後2年前期以降は、5つの展開クラスタから、目指す職業ごとに主専攻・副専攻を選択、目指す分野に絞ってより専門的な知識を学んでいきます👀

大阪学院大学、情報学部・情報学科の偏差値は「42.5~47.5」となっています。

羽衣国際大学

羽衣国際大学は小規模の体制によって、学生一人ひとりに対してきめ細やかなサポートを実現している日本の私立大学です。

現代社会学部・放送メディア映像学科・情報システムコースでは、演習重視のプログラミング教育をおこなっており、実践的なプログラミングの知識・技術を磨くことができます

授業では専門的なプログラミング言語の知識だけでなく、あわせて経営感覚も学ぶことができ、卒業後は情報サービス関連・ITベンチャー・金融系も目指すことが可能です✨

羽衣国際大学、現代社会学部・放送メディア映像学科の偏差値は「35.0」となっています。

甲南大学

甲南大学は人文・自然・社会科学といった幅広い学問の教育をおこなっている、中規模の総合大学です。

知能情報学部・知能情報学科では、IT業界で活躍できる人材の育成をおこなっており、プロジェクト演習等を通して、情報技術を磨いていきます👀

早くからインターンシップなどを通して企業と関わりをもつ機会が設けられており、より実践的な経験を積むことが可能です。

甲南大学、知能情報学部・知能情報学科の偏差値は「50.0~52.5」となっています。

立命館大学

立命館大学は日本・世界各地から約36,000人の生徒が集まる、多文化協働のグローバルな私立大学です。

情報理工学部・情報理工学科では、最先端の情報通信技術ICTに関連する分野の教育をおこなっており、数学・情報理論・論理回路・プログラミングなど様々な専門知識を身につけることができます👀

システムアーキテクトコース・実世界情報コース・知能情報コースなど、分野ごとに分けられた7つの専門コースが用意されており、自身の学びたい分野に絞って高度な知識・技術を養っていきます。

立命館大学、情報理工学部・情報理工学科の偏差値は「52.5~55.0」です。

九州

最後に九州のゲームプログラマー向けの大学をご紹介していきます❗️

九州情報大学

九州情報大学は高度情報化社会に必要不可欠とされているIT技術の教育をおこなっている日本の私立大学です。

経営情報学部・情報ネットワーク学科では、Webコンテンツ制作・ネットワーク運用技術・ITシステム構築の知識・技術を学習し、プログラマーを始めとしてIT業界で活躍することができる人材を育成しています✨

基本情報技術者試験・ITストラテジスト試験・ネットワークスペシャリスト試験といった、様々な情報系資格の取得サポートもおこなっており、在学中に人材価値を高めていくことが可能です。

九州情報大学、経営情報学部・情報ネットワーク学科の偏差値「BF」となっています。

近畿大学

近畿大学は大阪・奈良・和歌山・広島・福岡の6つのキャンパスを保有する、日本最大規模の総合大学です。

2022年4月より新規に設置される予定の情報学部・情報学科は、情報サービス分野で活躍する情報技術者の育成を目的とし、数学・プログラミング・コンピュータなど情報学に関する様々な知識・技術を指導していきます。

講義・実習を通して実践的な技術を学んでいくことができ、ゲームプログラマーほか、IT業界・エンターテイメント系企業・官公庁など目指すことが可能です😍

近畿大学、情報学部・情報学科の偏差値は「50.0~52.5」となっています。

ゲームプログラマーの勉強ができる国公立大学

ここからはゲームプログラマーを目指す方におすすめの国公立大学をご紹介していきます❗️

近畿職業能力開発大学校

近畿職業能力開発大学校は、日本のものづくりを担う人材を育成している国公立大学です。

専門課程・ 電子情報技術科では、エレクトロニクス・マイクロコンピュータ・通信ネットワークを主柱として、ハードウェア技術・ソフトウェア技術の両方をバランスよく学んでいきます✨

プログラムの基礎からしっかりと学んでいくことができ、基礎力に優れた技術者を目指すことが可能です。

近畿職業能力開発大学校の偏差値についての情報は非公開となっています。

広島大学

広島大学は、国の指定するスーパーグローバル大学事業に取り組み、グローバルな人材の育成をおこなっている国公立大学です。

情報科学部・情報科学科では、情報学の分野において基礎力・応用力に富んだ人材の育成を目的とし、データサイエンス・インフォマティクスの知識・技術を指導しています👀

数学・情報工学・通信工学・経営工学など幅広い分野の知識を学習することができ、実践力に優れたゲームプログラマーを目指すことが可能です。

広島大学、情報科学部・情報科学科の偏差値は「55.0」となっています。

高知工科大学

高知工科大学は従来の日本の大学の慣習とは違った、独自の運営をおこなっている国公立大学です。

情報学群(学部)・コンピュータサイエンス専攻では、ハードウェア・ソフトウェアの両面から情報工学を学び、専門知識に富んだICT技術者となることを目指していきます✨

情報学群では専門的なプログラム言語の学習もおこなっており、実践的なプログラマー・ゲームプログラマーを目指していくことが可能となっています。

高知工科大学、情報学群(学部)・コンピュータサイエンス専攻の偏差値「42.5~47.5」です。

ゲームプログラマーになるために大学がおすすめな理由

ここではゲームプログラマーになるまでの具体的な方法、そしてゲームプログラマーになるには大学がおすすめである理由についてご紹介していきます❗️

ここではゲームプログラマーを目指すに当たり、大学がおすすめである理由についてご紹介していきます❗️

一般教養も学べる

ゲームプログラマーを目指す場合に話されるのが、大学か専門学校、どちらがより良いかという問題です。

専門学校と大学の違いとして大きな点が、大学では専門的な知識だけではなく、様々な一般教養についても同時に学習することができるという点です。

社会人として活躍していく上では、専門的な知識だけでなく、一般的な教養についてもある程度必要となることがあります。

大学ではそうした教養についても指導しているため、社会に出た後も幅広く活躍できる人材となることができます✨

こうした一般教養は、卒業後ゲームプログラマー以外の企業へ就職することになった場合にも活用することができるため、専門学校と違い柔軟に対応することができるという点で優れています。

大卒カードを手に入れられる

大学は専門学校と違い、卒業後「大卒(学士号)」の資格を取得することができます。

高卒や専門学校卒よりも、企業への就職先の幅が広がり、社会に出た後の選択肢が多くなります😍

大手企業に就職できる確率が上がる

大卒の資格を所持している場合、人材としての価値が高く見積もられ、大手ゲーム制作会社への就職も視野に入れることができます

また大卒の場合には、企業での初任給に違いが出ることもあり、全体として収入面も高額になりやすいメリットがありますね✨

ゲームプログラマーの勉強ができる大学の学費は?

ゲームプログラマーを目指すことができる大学の学費についても確認していきましょう。

ゲームプログラマーを目指すことができる大学の学費は、1年間で110〜150万円程度が多くなっています。

国公立大学は学費が比較的安く、私立大学は高めです👀

大学それぞれによっても細かく必要な学費は変わってくるため、目安として覚えておきましょう。

ゲームプログラマーになるには大学の偏差値は関係ある?

ゲーム制作会社への就職は、ほかの職種と比べて大学の偏差値よりもゲーム制作に対する思い入れ・熱意・向上心等が考慮されることが多いですね。

またプログラミング能力など、既にスキルを身につけており即戦力となる人材も必要とされています。

ゲーム制作会社のなかでも名前の知られている大手企業になると、応募する人材も豊富となるため、この場合には学歴も重視される傾向があるようです👀

大手ゲーム制作会社への就職を希望している方は、大学の偏差値にも注意して選んでいきましょう。

ゲームプログラマーになるなら専門学校もおすすめ!

代々木アニメーション学院 ゲームプログラマーを目指す方は、よりゲーム制作業界の実践的な経験を積むことができる「専門学校」もおすすめです。

代々木アニメーション学院は、アニメ・マンガ・イラスト・声優・ゲームといった様々なエンタメコンテンツの教育をおこなっている日本の教育機関です。

ゲーム学部ではゲームクリエイター・ゲームプログラマーを目指す生徒に向け、業界で実際に活躍している講師を招き、専門知識・技術の指導をおこなっています。

授業内容は「ゲーム研究」・「ゲーム開発基礎」・「CG基礎」・「チーム制作実習」など、専門学校ならではのゲーム制作に集中した内容となっており、企業就職後に活かせる実践的な知識・技術を学ぶことができます。

特に「チーム制作実習」では、企業で実際におこなわれているチーム単位でのゲーム制作を実習することができるため、独学では難しいチームでのゲーム制作経験を積んでいくことができますね✨

またゲーム制作企業との連携も強く、しっかりとした就職サポートを受けることができる点も魅力的です。

大学とあわせてこうした専門学校についても確認していきましょう。

ゲームプログラマーにオススメの大学のまとめ

今回Ludusでは、ゲームプログラマーを目指すことができる大学の紹介を中心として、ゲームプログラマーという職業について以下の内容をご紹介してきました!

  • ゲームプログラマーになる方法は独学・通信学校・大学・専門学校など様々
  • ゲームプログラマーになるには一般教養もあわせて学べる大学がおすすめ
  • ゲームプログラマーを目指せる大学は多種多様
  • ゲームプログラマーを目指せる大学の学費は年間110〜150万円程度が多い
  • ゲームプログラマーとして就職する場合は思い入れ・熱意・向上心が重要

ゲームプログラマーは数あるゲームクリエイターの職種の中でも、ゲーム制作の場に欠かすことのできない重要度の高い職種です。

そのため給与も比較的高めであることが多く、ゲーム業界自体が今後も成長を続けていくことが予想される点を見ると、この先も期待できる職種なのではないでしょうか。

ゲームプログラマーを目指している方は、ぜひ今回ご紹介した大学・国公立大学・専門学校を参考に、ご自身の進路を検討してみてくださいね❗️

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

また、ゲームプログラマーへの転職に興味がある方は下記の記事もあわせてご覧ください!

ゲームプログラマー転職
ゲームプログラマーに転職するには?年収や仕事内容も解説!「ゲームプログラマーに転職するにはどうすればいいの?」「未経験者からゲームプログラマーになれるの?」 ゲームプログラマーに転職した...

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!