ゲームプログラマーにオススメな資格は?就職に有利に働く14つを紹介!

ゲームプログラマーにオススメの資格を紹介!

ゲームが好きでゲームプログラマーになりたいけど、何をしたらいいのかわからない😭
ゲームプログラマーになるのに有利な資格とかあるの?
ゲームプログラマーに必要なスキルは何?

そんな方のために今回Ludusでは、「ゲームプログラマーに必要な資格とは?就職に有利な資格とオススメの勉強方法を紹介!」というテーマで以下の内容を紹介していきます。

  • ゲームプログラマーとは?
  • ゲームプログラマーになるのに有利な資格
  • ゲームプログラマーに必要なスキル

ゲームプログラマー関連の資格を14種紹介します❗️

花音
花音
最後まで読んでよね!

ゲームプログラマーとは?

ゲームプログラマーとは、設計書に沿ってゲームが実際に動くようにプログラミングをする職業です。

ゲームプログラマーの就職・転職に有利に働く資格はいくつかあります。
では、次の見出しから有利になる資格を詳しく紹介していきます。

ゲームプログラマーになるのにおすすめの資格

こちらでは、ゲームプログラマーになるのに有利に働く資格を「非常に有利な資格」と「有利な資格」に分けて紹介していきます。

ゲームプログラマーの就職・転職に非常に有利な資格

では、ゲームプログラマーの就職・転職に非常に有利な資格を紹介していきます。

TOEIC©

TOEICは、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が運営するTOEIC Programの一つです。
TOEICにはいくつか種類がありますが、よく話に出てくるTOEICは「TOEIC Listening & Reading Test」のことを指すことが多いです。

英語のリスニング力とリーディング力が試されます。
英語を日常的に使わない仕事でTOEICスコアを履歴書に書く場合、600点以上が目安と言われています。

プログラマーにとって、英語は切っても切れない関係です。
プログラミング言語は英単語を使って書いていきますし、プログラミング関連のマイナーな知識や最新の知識は、インターネットや書籍を探しても日本語に翻訳されていないものが多く、英語のままで読まざるを得ないからです👀

また企業によっては、海外の方とのやり取りが必要になることもあるでしょう。
その場合は特に、TOEICが就職や転職に有利に働くでしょう✨

Unity認定資格

ゲームプログラマーの仕事でも使用されることの多いゲームエンジン「Unity」
Unity認定資は、そんなUnityのスキルを証明できる資格です。

開発経験が重視されているゲームプログラマーの求人が多い中、開発経験がなく、応募に尻込みしてしまう方も多くいるのではないでしょうか😭
この資格があれば、開発経験がなくてもUnityは使えるということが伝わるのでオススメです✨

CGエンジニア検定

CGエンジニア検定とは、公益財団法人画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)が主催するCG-ARTS検定の一つです。

CGエンジニア検定は、CG-ARTS検定の中でもCG分野の開発・設計を行うエンジニア・プログラマー向けの資格で、想定職種にはゲームプログラマーも入っており、CG分野のゲームプログラマーに役立つ資格と言えるでしょう。

ベーシックとエキスパートの2段階にレベルが分かれており、ベーシックは基本的な知識、エキスパートは専門知識と応用能力が試されます。

学習することにより3DCGの知識も得られるのでオススメです✨

基本情報技術者試験

基本情報技術者試験は、高度IT人材になるための基本的な「知識・技能」や、実践的な「活用能力」が求められている試験です。

経済産業省が認定している国家試験「情報処理技術者試験」の一つです。
情報処理技術者試験は、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることが認定されます。
情報システムの技術者から利用者まで、IT関連の仕事をする方に向けた試験です。

知名度の高い試験なので、就職や転職に有利に働くでしょう✨

応用情報技術者試験

応用情報技術者試験も、「情報処理技術者試験」の一つです。

基本情報技術者試験が基本的な「知識・技能」が求められていたのに対し、応用情報技術者試験は応用的な「知識・技能」が求められています。

基本情報技術者試験のワンランク上の試験で、合格率が20%程度しかないほど難易度が高いです。
IT業界で働いている方の中でも、応用情報技術者試験までは取っていない方が多くいますので、転職では有利に働くことが期待できるでしょう✨

C言語プログラミング能力検定試験

C言語プログラミング能力検定試験とは、サーティファイ情報処理能力認定委員会が実施しているC言語の知識を測る試験です。

3級から1級まで3段階にレベル分けされており、2、3級は基礎知識、1級は業務レベルのスキルが試されます。

また、2、3級は基本情報技術者試験午後問題の出題形式についても意識して作成されているので、基本情報技術者試験の学習にもなります✨

Oracle認定Java資格

Oracle認定Java資格とは、Oracle社が提供しているJavaのスキルを証明するためのベンダー資格です。
Java未経験者向けのBronze、Java初心者向けのSilver、Java中上級者向けのGoldの3段階にレベル分けされています。

ベンダー資格なので、海外でも通用する資格でオススメです✨

Java™プログラミング能力認定試験

Javaプログラミング能力認定試験とは、サーティファイ情報処理能力認定委員会が実施しているJavaの知識を測る試験です。

C言語プログラミング能力検定試験と同様に、3級から1級までのレベルがあり、2、3級は基礎知識、1級は業務レベルのスキルが試されます。

特にプログラミング未経験者の方は「何をどう学習したらいいかわからない」と途方に暮れている方もいると思います😭
そのような方は、このような試験勉強をしてみるのも良いかもしれません。

ゲームプログラマーの就職・転職に有利な資格

では、ゲームプログラマーの就職・転職に有利な資格を紹介していきます。

ITパスポート試験

ITパスポート試験は、前述した基本情報技術者試験や応用情報技術者試験と同じく経済産業省が認定している国家試験「情報処理技術者試験」の一つです。
略称は「iパス」。

業種問わずにITを利活用する方向けの資格で、ITに関する基礎知識を証明できます。

Photoshop®︎クリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験とは、サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が実施するPhotoshopの活用能力を測る試験です。

難易度によりスタンダードとエキスパートに分けられ、レベルに応じた試験が受けられます。

コンテンツを作り上げる実技試験があり、より実践的な技術が証明できます✨

画像処理検定

画像処理エンジニア検定とは、前述したCGエンジニア検定と同様、CG-ARTS協会が主催するCG-ARTS検定の一つです。

画像処理エンジニア検定は、画像処理分野の開発・設計についての知識を測定する検定です。

基礎知識を測るベーシックと専門知識・応用力が試されるエキスパートがあります。

CGクリエイター検定

CGクリエイター検定とは、CG-ARTS検定の一つで、CGデザイナーやCGアニメーターなどCGを制作する方向けの検定です。

CGクリエイター検定はベーシックとエキスパートがあり、ベーシックでは「2DCG・3DCG・デザインの理解」と「CGの静止画制作の知識の利用」、エキスパートでは「3DCG・映像制作の理解」と「3DCG映像制作の知識の応用」の能力が試されます👀

マルチメディア検定

マルチメディア検定とは、CG-ARTS検定の一つで、マルチメディアやICTに関する知識が測定されます。

試験では、マルチメディアの基礎知識、マルチメディアの制作知識、コンピューターやネットワークの知識、マルチメディアの社会への応用など幅広い知識が試されます。

ベーシックとエキスパートの2種類の検定があります。

Illustrator®︎クリエイター能力認定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験とは、サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が実施するIllustratorの活用能力を測る試験です。

Illustratorを使い、仕様に沿ったコンテンツの制作能力が認定されます。
実技試験により、実践的な技術を証明できます✨

難易度によりスタンダードとエキスパート2種類の検定があります。

ゲームが好きでゲームプログラマーになりたいけど、何をしたらいいのかわからない😭
ゲームプログラマーになるのに有利な資格とかあるの?
ゲームプログラマーに必要なスキルは何?

そんな方のために今回Ludusでは、「ゲームプログラマーに必要な資格とは?就職に有利な資格とオススメの勉強方法を紹介!」というテーマで以下の内容を紹介していきます。
<div class=”simple-box1″>
<ul>
<li>ゲームプログラマーとは?</li>
<li>ゲームプログラマーになるのに有利な資格</li>
<li>ゲームプログラマーに必要なスキル</li>
</ul>
</div>
ゲームプログラマー関連の資格を14種紹介します❗️

花音
花音
最後まで読んでよね!

<h2>ゲームプログラマーとは</h2>
ゲームプログラマーとは、<span class=”marker”><b>設計書に沿ってゲームが実際に動くようにプログラミングをする職業<b></b></b></span>です。

ゲームプログラマーの就職・転職に有利に働く資格はいくつかあります。
では、次の見出しから有利になる資格を詳しく紹介していきます。
<h2>ゲームプログラマーになるのにおすすめの資格</h2>
こちらでは、ゲームプログラマーになるのに有利に働く資格を「非常に有利な資格」と「有利な資格」に分けて紹介していきます。
<h3>ゲームプログラマーの就職・転職に非常に有利な資格</h3>
では、ゲームプログラマーの就職・転職に非常に有利な資格を紹介していきます。
<h4>TOEIC©</h4>
<span style=”color: F531CA;”><b>TOEIC</b></span>は、一般財団法人国際ビジネスコミュニケーション協会(IIBC)が運営するTOEIC Programの一つです。
TOEICにはいくつか種類がありますが、よく話に出てくるTOEICは「TOEIC Listening &amp; Reading Test」のことを指すことが多いです。

英語の<span class=”marker”><b>リスニング力とリーディング力<b></b></b></span>が試されます。
英語を日常的に使わない仕事でTOEICスコアを履歴書に書く場合、<span class=”marker”><b>600点以上が目安<b></b></b></span>と言われています。

プログラマーにとって、英語は切っても切れない関係です。
プログラミング言語は英単語を使って書いていきますし、プログラミング関連のマイナーな知識や最新の知識は、インターネットや書籍を探しても日本語に翻訳されていないものが多く、英語のままで読まざるを得ないからです👀

また企業によっては、海外の方とのやり取りが必要になることもあるでしょう。
その場合は特に、TOEICが就職や転職に有利に働くでしょう✨
<h4>Unity認定資格</h4>
ゲームプログラマーの仕事でも使用されることの多い<span class=”marker”><b>ゲームエンジン「Unity」<b></b></b></span>。
<b></b><span style=”color: F531CA;”><b><span style=”color: F531CA;”><b>Unity認定資</b></span>格</b></span>は、そんなUnityのスキルを証明できる資格です。

開発経験が重視されているゲームプログラマーの求人が多い中、開発経験がなく、応募に尻込みしてしまう方も多くいるのではないでしょうか😭
この資格があれば、開発経験がなくてもUnityは使えるということが伝わるのでオススメです✨
<h4>CGエンジニア検定</h4>
<span style=”color: F531CA;”><b>CGエンジニア検定</b></span>とは、公益財団法人画像情報教育振興協会(CG-ARTS協会)が主催するCG-ARTS検定の一つです。

CGエンジニア検定は、CG-ARTS検定の中でも<span class=”marker”><b>CG分野の開発・設計を行うエンジニア・プログラマー向けの資格<b></b></b></span>で、想定職種にはゲームプログラマーも入っており、CG分野のゲームプログラマーに役立つ資格と言えるでしょう。

ベーシックとエキスパートの2段階にレベルが分かれており、ベーシックは基本的な知識、エキスパートは専門知識と応用能力が試されます。

学習することにより3DCGの知識も得られるのでオススメです✨
<h4>基本情報技術者試験</h4>
<span style=”color: F531CA;”><b>基本情報技術者試験</b></span>は、高度IT人材になるための基本的な「知識・技能」や、実践的な「活用能力」が求められている試験です。

<span class=”marker”><b>経済産業省が認定している国家試験「情報処理技術者試験」の一つ<b></b></b></span>です。
情報処理技術者試験は、情報処理技術者としての「知識・技能」が一定以上の水準であることが認定されます。
情報システムの技術者から利用者まで、IT関連の仕事をする方に向けた試験です。

知名度の高い試験なので、就職や転職に有利に働くでしょう✨
<h4>応用情報技術者試験</h4>
<span style=”color: F531CA;”><b>応用情報技術者試験</b></span>も、「情報処理技術者試験」の一つです。

基本情報技術者試験が基本的な「知識・技能」が求められていたのに対し、応用情報技術者試験は応用的な「知識・技能」が求められています。

<span class=”marker”><b>基本情報技術者試験のワンランク上の試験<b></b></b></span>で、合格率が20%程度しかないほど難易度が高いです。
IT業界で働いている方の中でも、応用情報技術者試験までは取っていない方が多くいますので、転職では有利に働くことが期待できるでしょう✨
<h4>C言語プログラミング能力検定試験</h4>
<span style=”color: F531CA;”><b>C言語プログラミング能力検定試験</b></span>とは、サーティファイ情報処理能力認定委員会が実施している<span class=”marker”><b>C言語の知識を測る試験<b></b></b></span>です。

3級から1級まで3段階にレベル分けされており、2、3級は基礎知識、1級は業務レベルのスキルが試されます。

また、2、3級は基本情報技術者試験午後問題の出題形式についても意識して作成されているので、基本情報技術者試験の学習にもなります✨
<h4>Oracle認定Java資格</h4>
<span style=”color: F531CA;”><b>Oracle認定Java資格</b></span>とは、Oracle社が提供している<span class=”marker”><b>Javaのスキルを証明するためのベンダー資格<b></b></b></span>です。
Java未経験者向けのBronze、Java初心者向けのSilver、Java中上級者向けのGoldの3段階にレベル分けされています。

ベンダー資格なので、海外でも通用する資格でオススメです✨
<h4>Java™プログラミング能力認定試験</h4>
<span style=”color: F531CA;”><b>Javaプログラミング能力認定試験</b></span>とは、サーティファイ情報処理能力認定委員会が実施している<span class=”marker”><b>Javaの知識を測る試験<b></b></b></span>です。

C言語プログラミング能力検定試験と同様に、3級から1級までのレベルがあり、2、3級は基礎知識、1級は業務レベルのスキルが試されます。

特にプログラミング未経験者の方は「何をどう学習したらいいかわからない」と途方に暮れている方もいると思います😭
そのような方は、このような試験勉強をしてみるのも良いかもしれません。
<h3>ゲームプログラマーの就職・転職に有利な資格</h3>
では、ゲームプログラマーの就職・転職に有利な資格を紹介していきます。
<h4>ITパスポート試験</h4>
<span style=”color: F531CA;”><b>ITパスポート試験</b></span>は、前述した基本情報技術者試験や応用情報技術者試験と同じく経済産業省が認定している国家試験「情報処理技術者試験」の一つです。
略称は「iパス」。

業種問わずに<span class=”marker”><b>ITを利活用する方向けの資格<b></b></b></span>で、ITに関する基礎知識を証明できます。
<h4>Photoshop®︎クリエイター能力認定試験</h4>
<span style=”color: F531CA;”><b>Photoshopクリエイター能力認定試験</b></span>とは、サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が実施する<span class=”marker”><b>Photoshopの活用能力を測る試験<b></b></b></span>です。

難易度によりスタンダードとエキスパートに分けられ、レベルに応じた試験が受けられます。

コンテンツを作り上げる実技試験があり、より実践的な技術が証明できます✨
<h4>画像処理検定</h4>
<span style=”color: F531CA;”><b>画像処理エンジニア検定</b></span>とは、前述したCGエンジニア検定と同様、CG-ARTS協会が主催するCG-ARTS検定の一つです。

画像処理エンジニア検定は、<span class=”marker”><b>画像処理分野の開発・設計についての知識を測定する検定<b></b></b></span>です。

基礎知識を測るベーシックと専門知識・応用力が試されるエキスパートがあります。
<h4>CGクリエイター検定</h4>
<span style=”color: F531CA;”><b>CGクリエイター検定</b></span>とは、CG-ARTS検定の一つで、CGデザイナーやCGアニメーターなど<span class=”marker”><b>CGを制作する方向けの検定<b></b></b></span>です。

CGクリエイター検定はベーシックとエキスパートがあり、ベーシックでは「2DCG・3DCG・デザインの理解」と「CGの静止画制作の知識の利用」、エキスパートでは「3DCG・映像制作の理解」と「3DCG映像制作の知識の応用」の能力が試されます👀
<h4>マルチメディア検定</h4>
<span style=”color: F531CA;”><b>マルチメディア検定</b></span>とは、CG-ARTS検定の一つで、<span class=”marker”><b>マルチメディアやICTに関する知識が測定<b></b></b></span>されます。

試験では、マルチメディアの基礎知識、マルチメディアの制作知識、コンピューターやネットワークの知識、マルチメディアの社会への応用など幅広い知識が試されます。

ベーシックとエキスパートの2種類の検定があります。
<h4>Illustrator®︎クリエイター能力認定試験</h4>
<span style=”color: F531CA;”><b>Illustratorクリエイター能力認定試験</b></span>とは、サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が実施する<span class=”marker”><b>Illustratorの活用能力を測る試験<b></b></b></span>です。

Illustratorを使い、仕様に沿ったコンテンツの制作能力が認定されます。
実技試験により、実践的な技術を証明できます✨

難易度によりスタンダードとエキスパート2種類の検定があります。
<h2>ゲームプログラマーに必要なスキル</h2>
こちらでは、ゲームプログラマーに必要な6つのスキルを紹介します。
<div class=”simple-box1″>
<ul>
<li>プログラミングスキル</li>
<li>ゲームエンジンについての知識</li>
<li>コミュニケーション力</li>
<li>ゲーム作りが好きであること</li>
<li>数学や物理に詳しいこと</li>
<li>体力・忍耐力</li>
</ul>
</div>
<h3>プログラミングスキル</h3>
ゲームプログラマーにとって、プログラミングスキルは欠かせません。
プログラミングができなければプログラマーになるのは難しいでしょう😭

ゲームプログラマーがよく使用するプログラミング言語には、<span class=”marker”><b>C++、C#、Java、JavaScript、Swiftなど<b></b></b></span>があります。

同じ会社にずっと勤めていても、プロジェクトにより使用言語が異なることもありますので、その都度学習が必要でしょう。
<h3>ゲームエンジンについての知識</h3>
ゲームプログラマーは、ゲームエンジンについての知識が必要とされることがあります。

ゲームエンジンは、<span class=”marker”><b>ゲーム開発をより簡単にするためのツール<b></b></b></span>です。
ゲームに頻繁に使用される処理などがまとめられていて、それを利用することにより開発時間の短縮が期待できます。

ゲーム開発によく使用されるゲームエンジンには、UnityやUnreal Engineがあります。
<h3>コミュニケーション力</h3>
ゲームプログラマーは、<span class=”marker”><b>基本的にチームでゲーム開発<b></b></b></span>をします。
そのため、コミュニケーション力が必要になります。

もしコミュニケーションが足りずにクライアントやチームメンバーとの認識がずれていると、「せっかく作り上げたものが作るべきものと全然違った」なんてことになりかねません😭

コミュニケーション力が心配な方は、そうならないためにも、コミュニケーション力を磨いておきましょう。
<h3>ゲーム作りが好きであること</h3>
ゲーム作りが好きな方は、ゲームプログラマーに向いているかもしれません😍

「もっとこうした方が面白い」「こんなところはバグが出そうだから気を付けないと」など、<span class=”marker”><b>ゲーム作りが好きだからこそ気が付けること<b></b></b></span>があるはずです。

ゲーム開発はユーザーを楽しませるゲーム作りが求められますので、こういった気づきが役に立つでしょう。

また、ゲームプログラマーは大変なお仕事です。
忙しい時期にモチベーションが下がっていくこともあるかと思います。
ゲーム作りが好きであることは、そんな中でも<span class=”marker”><b>頑張ろうと思えるエネルギー源<b></b></b></span>になるでしょう✨
<h3>数学や物理に詳しいこと</h3>
ゲームにはたくさんの数学や物理の知識が使われていますが、近年ではゲームエンジンやライブラリなどの技術が発達し、難しい数学の公式や物理演算などを意識しなくてもよい機会が増えました。

そうは言っても、プロジェクトによっては、<span class=”marker”><b>独自機能の実装や、ゲームエンジンそのものの開発、ゲームエンジンを使わないゲーム開発などがあり、必要になる場面も珍しくありません<b></b></b></span>。

そういう場合に数学や物理をしっかり学んでいないと躓いてしまうことになるでしょう。

難しい分野であるからこそ、数学や物理に詳しくなってチームから重宝される存在になりましょう✨
<h3>体力・忍耐力</h3>
ゲームプログラマーは大変なお仕事です。

ゲーム開発は予期せぬバグや急な仕様変更など納期ギリギリになる可能性を多く秘めています。
納期に間に合わせるために、<span class=”marker”><b>長時間の残業<b></b></b></span>や<span class=”marker”><b>休日出勤<b></b></b></span>も十分あり得ます。

ゲームプログラマーは、この忙しさに耐えるための体力・忍耐力が必要です。
<h2>ゲームプログラマーに就職・転職するなら専門学校</h2>
<a href=”https://h.accesstrade.net/sp/cc?rk=0100ons900lhd4″ rel=”nofollow”><img class=”alignnone” src=”https://h.accesstrade.net/sp/rr?rk=0100ons900lhd4″ alt=”代々木アニメーション学院” width=”1200″ height=”628″ border=”0″ /></a>
これまで、ゲームプログラマーになるための資格やスキルを紹介してきましたが、独学でやるのはきついと感じる方もいると思います。

そのような場合、専門学校に通うことがオススメです。

専門学校に通うことで、サポートを受けながら、ゲームプログラマーに必要な資格やスキルを学ぶことができるでしょう。

ゲームプログラマーになるための専門学校は、<span style=”color: F531CA;”><b>代々木アニメーション学院</b></span><b><b></b></b>がオススメです。

代々木アニメーション学院は1978年設立の歴史ある専門学校です。
これまでに12万人を超える卒業生を送り出した実績があります。

ゲームプログラマーを目指すなら、<span class=”marker”><b>ゲーム学部ゲームプログラミング科<b></b></b></span>です。

代々木アニメーション学院はUnity認定トレーニングパートナー契約を結んでいます。
そのため、ゲーム開発でよく使用されるUnityの学習ができ、<span class=”marker”><b>Unity認定資格<b></b></b></span>の取得を目指すカリキュラムも用意されています。

また、3DCG技術やモーションキャプチャーなども学ぶことができ、VRに対応したカリキュラムもあります。

授業については、業界で活躍する講師による授業が受けられるので、より実務を意識した内容が期待できます。

これらカリキュラムにより、ゲームプログラマーになるために必要な資格やスキルが期待できるのではないでしょうか。

4年制大学と比較すると、ゲームプログラミング科は2年制ですので、2年間早く就職活動することができます。
また専門学校ですので、より仕事の即戦力となるような実務的な能力が期待できます✨

ゲームプログラマーを目指していて独学では厳しいと感じている方は、ぜひ代々木アニメーション学院をチェックしてみてください👀


<h2>ゲームプログラマーの転職はマイナビクリエイター</h2>
ゲームプログラマーの転職には、<span style=”color: F531CA;”><b>マイナビクリエイター</b></span>がオススメです。

マイナビクリエイターは、Web・IT・ゲーム業界に特化した転職支援サービスで、専任の<span class=”marker”><b>キャリアアドバイザーからサポート<b></b></b></span>を受けながら転職活動ができます。

Web・IT・ゲームに分野を絞っているからこその高い専門性があり、その分野に合わせた適切なサポートが期待できます。

ゲームプログラマーの転職において、ポートフォリオ作成は非常に重要なものですが、マイナビクリエイターには、<span class=”marker”><b>MATCHBOX<b></b></b></span>というポートフォリオを簡単に作成できるサービスが用意されているので安心です。

ぜひ、登録の検討をしてみてください!

また、Ludusでは、マイナビクリエイターについて詳しく紹介した記事をいくつか投稿していますので、ぜひそちらもご覧ください👀

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...
<h2>ゲームプログラマーに必要な資格のまとめ</h2>
今回Ludusでは、「ゲームプログラマーに必要な資格とは?就職に有利な資格とオススメの勉強方法を紹介!」というテーマについて、下記の内容を紹介してきました。
<div class=”simple-box1″>
<ul>
<li>ゲームプログラマーになるのに有利な資格14種</li>
<li>ゲームプログラマーに必要なスキル6つ</li>
<li>ゲームプログラマーに就職・転職するなら代々木アニメーション学院</li>
</ul>
</div>
ゲームプログラマー関連の資格を見てみると、たくさんの資格があることがわかりますね。

資格を勉強するとゲームプログラマーに必要な知識も得られますので、ぜひ受験してみてください。

もし独学が大変なら、代々木アニメーション学院がオススメです。

この記事が、あなたの就職・転職のお役に立てると幸いです。

花音
花音
最後まで読んでくれて、ありがとう。

資格以外にゲームプログラマーへの転職のノウハウに興味がある方は、下記の記事もあわせてご覧ください!

ゲームプログラマー転職
ゲームプログラマーに転職するには?年収や仕事内容も解説!「ゲームプログラマーに転職するにはどうすればいいの?」「未経験者からゲームプログラマーになれるの?」 ゲームプログラマーに転職した...

ゲームプログラマーに必要なスキル

こちらでは、ゲームプログラマーに必要な6つのスキルを紹介します。

  • プログラミングスキル
  • ゲームエンジンについての知識
  • コミュニケーション力
  • ゲーム作りが好きであること
  • 数学や物理に詳しいこと
  • 体力・忍耐力

プログラミングスキル

ゲームプログラマーにとって、プログラミングスキルは欠かせません。
プログラミングができなければプログラマーになるのは難しいでしょう😭

ゲームプログラマーがよく使用するプログラミング言語には、C++、C#、Java、JavaScript、Swiftなどがあります。

同じ会社にずっと勤めていても、プロジェクトにより使用言語が異なることもありますので、その都度学習が必要でしょう。

ゲームエンジンについての知識

ゲームプログラマーは、ゲームエンジンについての知識が必要とされることがあります。

ゲームエンジンは、ゲーム開発をより簡単にするためのツールです。
ゲームに頻繁に使用される処理などがまとめられていて、それを利用することにより開発時間の短縮が期待できます。

ゲーム開発によく使用されるゲームエンジンには、UnityやUnreal Engineがあります。

コミュニケーション力

ゲームプログラマーは、基本的にチームでゲーム開発をします。
そのため、コミュニケーション力が必要になります。

もしコミュニケーションが足りずにクライアントやチームメンバーとの認識がずれていると、「せっかく作り上げたものが作るべきものと全然違った」なんてことになりかねません😭

コミュニケーション力が心配な方は、そうならないためにも、コミュニケーション力を磨いておきましょう。

ゲーム作りが好きであること

ゲーム作りが好きな方は、ゲームプログラマーに向いているかもしれません😍

「もっとこうした方が面白い」「こんなところはバグが出そうだから気を付けないと」など、ゲーム作りが好きだからこそ気が付けることがあるはずです。

ゲーム開発はユーザーを楽しませるゲーム作りが求められますので、こういった気づきが役に立つでしょう。

また、ゲームプログラマーは大変なお仕事です。
忙しい時期にモチベーションが下がっていくこともあるかと思います。
ゲーム作りが好きであることは、そんな中でも頑張ろうと思えるエネルギー源になるでしょう✨

数学や物理に詳しいこと

ゲームにはたくさんの数学や物理の知識が使われていますが、近年ではゲームエンジンやライブラリなどの技術が発達し、難しい数学の公式や物理演算などを意識しなくてもよい機会が増えました。

そうは言っても、プロジェクトによっては、独自機能の実装や、ゲームエンジンそのものの開発、ゲームエンジンを使わないゲーム開発などがあり、必要になる場面も珍しくありません

そういう場合に数学や物理をしっかり学んでいないと躓いてしまうことになるでしょう。

難しい分野であるからこそ、数学や物理に詳しくなってチームから重宝される存在になりましょう✨

体力・忍耐力

ゲームプログラマーは大変なお仕事です。

ゲーム開発は予期せぬバグや急な仕様変更など納期ギリギリになる可能性を多く秘めています。
納期に間に合わせるために、長時間の残業休日出勤も十分あり得ます。

ゲームプログラマーは、この忙しさに耐えるための体力・忍耐力が必要です。

ゲームプログラマーに就職・転職するなら専門学校

代々木アニメーション学院
これまで、ゲームプログラマーになるための資格やスキルを紹介してきましたが、独学でやるのはきついと感じる方もいると思います。

そのような場合、専門学校に通うことがオススメです。

専門学校に通うことで、サポートを受けながら、ゲームプログラマーに必要な資格やスキルを学ぶことができるでしょう。

ゲームプログラマーになるための専門学校は、代々木アニメーション学院がオススメです。

代々木アニメーション学院は1978年設立の歴史ある専門学校です。
これまでに12万人を超える卒業生を送り出した実績があります。

ゲームプログラマーを目指すなら、ゲーム学部ゲームプログラミング科です。

代々木アニメーション学院はUnity認定トレーニングパートナー契約を結んでいます。
そのため、ゲーム開発でよく使用されるUnityの学習ができ、Unity認定資格の取得を目指すカリキュラムも用意されています。

また、3DCG技術やモーションキャプチャーなども学ぶことができ、VRに対応したカリキュラムもあります。

授業については、業界で活躍する講師による授業が受けられるので、より実務を意識した内容が期待できます。

これらカリキュラムにより、ゲームプログラマーになるために必要な資格やスキルが期待できるのではないでしょうか。

4年制大学と比較すると、ゲームプログラミング科は2年制ですので、2年間早く就職活動することができます。
また専門学校ですので、より仕事の即戦力となるような実務的な能力が期待できます✨

ゲームプログラマーを目指していて独学では厳しいと感じている方は、ぜひ代々木アニメーション学院をチェックしてみてください👀

ゲームプログラマーの転職ならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

ゲームプログラマーの転職には、マイナビクリエイターがオススメです。

マイナビクリエイターは、Web・IT・ゲーム業界に特化した転職支援サービスで、専任のキャリアアドバイザーからサポートを受けながら転職活動ができます。

Web・IT・ゲームに分野を絞っているからこその高い専門性があり、その分野に合わせた適切なサポートが期待できます。

ゲームプログラマーの転職において、ポートフォリオ作成は非常に重要なものですが、マイナビクリエイターには、MATCHBOXというポートフォリオを簡単に作成できるサービスが用意されているので安心です。

ぜひ、登録の検討をしてみてください!

また、Ludusでは、マイナビクリエイターについて詳しく紹介した記事をいくつか投稿していますので、ぜひそちらもご覧ください👀

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

ゲームプログラマーに必要な資格のまとめ

今回Ludusでは、「ゲームプログラマーに必要な資格とは?就職に有利な資格とオススメの勉強方法を紹介!」というテーマについて、下記の内容を紹介してきました。

  • ゲームプログラマーになるのに有利な資格14種
  • ゲームプログラマーに必要なスキル6つ
  • ゲームプログラマーに就職・転職するなら代々木アニメーション学院

ゲームプログラマー関連の資格を見てみると、たくさんの資格があることがわかりますね。

資格を勉強するとゲームプログラマーに必要な知識も得られますので、ぜひ受験してみてください。

もし独学が大変なら、代々木アニメーション学院がオススメです。

この記事が、あなたの就職・転職のお役に立てると幸いです。

花音
花音
最後まで読んでくれて、ありがとう。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!