ゲームプログラマーはきつい?残業や年収など実態について紹介!

ゲームプログラマー きつい

プログラマーの仕事はきつい、つらいなど不安になるようなネガティブなイメージを持っている方が多くいらっしゃいます。

就職や転職を考えていても、実際、その企業に務めてみないとわからないことも多くあり、不安を抱え、なかなか踏み出せない方もいると思います。

「ゲームプログラマーなら大好きなゲームが作れるし、きついと感じないのでは?」
そう考える方もいるでしょう。

そんな方々に、こちらの記事が少しでも参考になれば幸いです。

今回Ludusでは、「ゲームプログラマーはきつい?」というテーマについて以下の内容を紹介していきます。

  • ゲームプログラマーがきついと言われる理由
  • ゲームプログラマーの仕事の種類
  • ゲームプログラマーの年収
  • ゲームプログラマーを目指すために

ゲームプログラマーのどんなところがきついのかを中心に話していきます。

さくら
さくら
ぜひ、最後まで読んでみてください!

ゲームプログラマーがきついといわれる理由とは??

ゲームプログラマーがきついと言われている理由がわからなければ、ゲームプログラマーに就職や転職して良いものなのか判断がつかないと思います。

そのため、こちらではゲームプログラマーがきついと言われる理由を4つ紹介していきます。

  • 仕事のプレッシャーがきつい
  • 残業が多いのできつい
  • 常に学び続けなければならないのがきつい
  • コミュニケーション力がいるのできつい
さくら
さくら
自分なら許容できるかを考えながら読んでみてください!

仕事のプレッシャーがきつい

どんな仕事でもそうですが、仕事は納期に間に合わせなければなりません。
ゲームプログラマーは、その中でも特に、納期に追われてプレッシャーに悩まされることが多い職業の一つと言えるでしょう😭

無謀なスケジュールのプロジェクト、急な仕様変更、予期せぬバグの多さなど、ゲーム開発には納期までギリギリになってしまう要素がたくさんあります。

ゲームというものはリリース日やアップデート日がユーザーに広く告知されていることが多くあります。

納期の遅れはユーザーの信頼にも関わることですので、簡単にはスケジュールを変更できません。
そのため、リリース直前は、なんとしても納期に間に合わせるため、夜遅くまで帰れないことも珍しくありません。

そんな忙しい中で、もしあなたが重大なミスをしてしまったら。
自分だけでなくチームの残業も増えてしまったり、最悪、ゲームの完成が遅れてしまったりするかもしれません。

そのようなことを考えると、プレッシャーがきついと感じるのではないでしょうか。

しかし、そのプレッシャーの先にはゲームの完成が待っています。
大変な思いをして、大勢の人を楽しませるゲームを完成させられたその達成感は素晴らしいものでしょう✨
やりがいを感じられる仕事であることは間違いありません。

残業が多いのできつい

「ゲームプログラマーは残業が多くて大変そう」と心配している方は、多くいらっしゃるのではないでしょうか。
ゲームプログラマーの残業時間は会社やプロジェクトによりますが、やはり業界全体で見ると多い傾向にありそうです😭

上の見出しで書いたように、納期がギリギリになって残業するということがよくあります。

あまりの忙しさに、家に帰らずにそのまま作業を続け、会社で少しの仮眠をとり、翌日も働く、なんて方もいます。
休日出勤をすることも珍しいことではありません。

次の見出しで詳しく話しますが、残業の他にも勉強をする時間を割かなくてはならないという大変さもあります。

会社やプロジェクトにもよりますが、忙しい時期は本当に忙しいことがある職種です。

一見、デスクワークで体力なんていらなそうに見えますが、このきつい忙しさに耐えられるだけの体力が必要です❗️
体力に自信のない方は、あらかじめ残業の少ないゲーム会社を調べておいたほうが良さそうです。

常に学び続けなければならないのがきつい

ゲームプログラマーは新しい技術を常に学んでいかなければなりません。
5年後も10年後も、ゲームプログラマーとして働いていくのであれば、勉強はこの先ずっと付きまといます。

IT業界は技術の移り変わりが早い業界です。
したがって、技術を学び続けなければ、そういったIT業界の時代の流れに取り残されてしまいます。

そもそも、今あるたくさんの技術を覚えていくのも精一杯の中、容赦なく新しい技術が生まれてくるのです。

きついですよね。
しかし、その努力が実を結ぶのを実感しやすいのもゲームプログラマーの良いところかもしれません✨

コミュニケーション力がいるのできつい

ゲームプログラマーといえば、PCの前でカタカタとひたすらひとりでプログラミングをし続けるイメージを持った方もいるのではないでしょうか。
そんな方には意外かもしれませんが、ゲームプログラマーにはコミュニケーション力が必要です。

ゲームプログラマーは基本的にチームでゲーム開発にあたります
チームで一つのゲームを作るからこそ、チーム内の認識のズレが思わぬ大きなタイムロスになりかねません。

チーム内での正確な情報共有が重要になってきます。
そのためにも、相手に理解しやすく伝える力や相手の言っていることを正確に理解する力が必要です。

ゲーム開発には、たくさんの話し合いが必要です。
コミュニケーションが苦手という方は、この点がきつく感じるかもしれません。
それでもゲームプログラマーになりたいという方は、コミュニケーション力を磨いておくと良いでしょう❗️

ゲームプログラマーの仕事の種類

ゲームプログラマーの仕事の種類は、開発するゲームの種類で分けると、家庭用ゲーム機で遊ぶことのできる「コンシューマーゲーム」の開発と、ソーシャルゲームのような「スマホアプリゲーム」などの開発があります🎮

両者の開発には、多くの違いがあります。

コンシューマーゲーム スマホアプリゲーム
開発規模 大規模 小規模
コミュニケーション 比較的少ない 比較的多い
ゲームのクオリティ 比較的高い 比較的低い
求人数 比較的少ない 比較的多い

「高いクオリティの大規模なゲームが作りたい」という方はコンシューマーゲームの開発、「みんなが気軽に楽しめるゲームを作りたい」「求人が多いほうがいい」という方はスマホアプリゲームの開発がオススメです❗️

ゲームプログラマーの年収

一般労働者のソフトウェア作成者の平均年収は概算511万9,000円です。

1,000人以上の企業では平均年収601万円、100から999人の企業では平均年収512万9,200円、10から99人の企業では平均年収435万8,800円です。

大企業の方が年収が高い傾向にあります。

こちらの平均年収は、厚生労働省が行う賃金に関する調査「令和2年賃金構造基本統計調査」を元に計算しました。

ゲームプログラマーを目指すには?

では、ゲームプログラマーを目指すには何を学ぶべきでしょうか。

プログラミング言語、データベース、ゲームエンジン、フレームワーク、開発ツールなどが考えられます。

プログラミング言語は、C++、C#、Java、JavaScript、Swiftあたりがよく使われます。
ゲームエンジンは、Unity、Unreal Engineがメジャーです。
開発ツールは、バージョン管理システムのGitなどが使えると良いでしょう。

資格はあまり重要視されないようですが、それでも何か取っておきたいのであれば、基本情報技術者やUnity認定資格がオススメです。

また、ゲームプログラマーの転職に興味がある方は下記の記事もあわせてご覧ください!

ゲームプログラマー転職
ゲームプログラマーに転職するには?年収や仕事内容も解説!「ゲームプログラマーに転職するにはどうすればいいの?」「未経験者からゲームプログラマーになれるの?」 ゲームプログラマーに転職した...

プログラマーに転職するならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

ゲームプログラマーになるには、マイナビクリエイターに登録するのがオススメです✨

マイナビクリエイターは、WEB・IT・ゲーム業界に特化した転職支援サービスです。

WEB・IT・ゲーム業界に特化しているからこそ、専門的な知識を持ったキャリアアドバイザーからより適切なサポートを受けられます。

転職に重要なポートフォリオを簡単に作成できるサービス「MATCHBOX」もあります。

Ludusでは、マイナビクリエイターについての評判や口コミを徹底的に調査した記事も投稿しています。

さくら
さくら
評判や口コミを調査したこちらの記事もあわせて読んでみてください👀
マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...
マイナビクリエイター口コミ
マイナビクリエイターの口コミを100個SNSからランダムに集めてみたマイナビクリエイターを使用しようかと迷ってる皆さんへ 今回Ludusはマイナビクリエイターの口コミをSNSからランダムに100個集...

ゲームプログラマーとしてコミュニケーション能力を高める方法

ゲームプログラマーにはコミュニケーション能力が必要です。
コミュニケーション能力が必要と言われると、「人当たりがよく外交的な明るい性格にならなきゃ!」と考える方もいらっしゃると思います。

しかし、そうではありません。

ゲームプログラマーにとって重要なコミュニケーション能力は、情報共有や意思疎通がうまくできることです。
チームで一つのものを完成させるためには、欠かせない能力です。

情報共有や意思疎通がうまくいかないと、チーム内に認識のズレが生まれ、後で大きな手直しが必要になってくるかもしれません😭

そうならないためにも、まずは、理解力を養いましょう

相手が話していることの結論は何か?その理由は何か?頭の中で相手の話を分類して構造化しながら理解していきます。

実際に相手が話していることをすればどうなるのか?問題点はないか?なども想像します。

自分が伝えるときも、一度頭の中で結論や理由などを整理しましょう。
その後に、相手にどんな順番で伝えれば良いのか考えます。
基本的には、結論を話の最初に持ってくるのが良いようです。

このようにして理解力を高めることで、正確な情報共有や意思疎通ができ、チーム内の認識のズレを減らすことができるでしょう✨

ゲームプログラマーに必要なコミュニケーション能力を高めるために、まずは、このようなことを意識してみてはいかがでしょうか。

ゲームプログラマーはきついのかについてのまとめ

今回Ludusでは、「ゲームプログラマーはきつい?」というテーマについて、下記の内容を紹介してきました。

  • ゲームプログラマーは納期に追われるプレッシャーがある
  • ゲームプログラマーはプロジェクトにもよるが忙しい時期がある
  • ゲームプログラマーは新しい技術を常に学んでいかなければならない
  • ゲームプログラマーはコミュニケーション力が必要
  • コンシューマーゲームとスマホアプリゲームの開発には多くの違いがある
  • ソフトウェア作成者の平均年収は概算511万9,000円

ゲームプログラマーには、たくさんのきついことがあります。
しかし、多くの人を喜ばせることのできる仕事でもあります。

その達成感は、仕事のきつさにも勝るものかもしれません。
やりがいも感じられるでしょう。

ゲームプログラマーの仕事にはきついことも多くあると覚悟を持って、後悔しないように就職や転職を決めてください。
少しでもこちらの記事が参考になれば幸いです。

さくら
さくら
最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!