ゲームプログラマーの就職・転職

ゲームプログラマーに転職するには?年収や仕事内容も解説!

「ゲームプログラマーに転職するにはどうすればいいの?」「未経験者からゲームプログラマーになれるの?」

ゲームプログラマーに転職したいと思っている方の中にはこのような疑問を抱く方もいるでしょう。

今回eスポではゲームプログラマーへの転職について以下の内容を紹介します。

  • ゲームプログラマーとは?
  • ゲームプログラマーのなり方
  • ゲームプログラマーに必要な資格やスキル
  • ゲームプログラマーに転職するコツ
  • 未経験者からゲームプログラマーに転職するには?

この記事を読めばゲームプログラマーに転職するために必要な知識やコツがわかりますよ。

さくら
さくら
ぜひ最後まで読んでいってくださいね!

ゲームプログラマーとは?

まずはゲームプログラマーとはどんな職業なのか解説していきます。

ゲームプログラマーはプログラミング言語を用いてゲームの開発を行う職業です。

ゲーム内でのキャラクターの動作や音楽が流れるタイミングなどゲームの仕様書に沿った正常な動作を実現させるのがゲームプログラマーの役目であり、プログラマーなしではゲーム制作は不可能といえるほど重要なポジションといえます。

ゲームプログラマーが担う役割

ゲームプログラマーが担う役割は2つあります。

1つはゲーム制作において他のクリエイターの作った楽曲やCGモデルなどゲーム内の様々な要素を仕様書通りに正しく動作させるという役割です。

そして2つ目の役割は、プログラミングしたシステムが正常に動作するかデバッグするといった品質管理です。

特にゲーム内で発生したバグなどの不具合はユーザーの信用問題にも大きく関わる問題なので、バグが発生したら休日であっても出勤するということも多々あります。

具体的な仕事内容

ゲームプログラマーの具体的な仕事内容について見ていきましょう。

環境構築

まずはプログラミングをするのに必要な開発環境を整えていきます。

開発するゲームによって使用するゲームエンジンやミドルウェアなどのツールが異なるため、開発するゲームにあったツールを用意します。

プログラミング

開発環境が整った後、プランナーが作った仕様書にそってプログラミングをします。

プログラマーそれぞれで分業で開発していくためコミュニケーション能力が重要になるのです。

動作チェックとデバッグ

一通りプログラミングが終わったら、バグや不具合がないかチェックやデバッグを行います。

デバッグを繰り返し行うことで完成に近づけるため、ゲームのクオリティを保つために大切な工程といえます。

リリース後の機能改善

動作テストやデバッグ後に再度プレイし不具合がないかチェックします。

ユーザー目線に立ってゲームをプレイすることで今まで気づけなかった不具合が見つかることもあります。

またゲームとしてリリースした後でユーザーからの要望や改善点があった場合には、昨日修正や追加機能を実装することもあります。

ゲームプログラマーの年収や平均年齢は?

ゲームプログラマーに転職したいと考えてる方の中には年収や平均年齢がどれくらいなのか気になる人もいるのではないでしょうか?

ここからはゲームプログラマーの平均年収平均年齢について紹介します。

平均年収は464万円(推定)

ゲームプログラマーの平均年収は2010年に財団法人デジタルコンテンツ協会が公表した「デジタルコンテンツ制作の先端技術応用に関する調査研究」によると464万円と言われています。

ゲームプログラマー以外のプログラマーの平均収入が414万円という点を見るに、ゲームプログラマーはプログラマーという職種の中でも収入が高いことがわかります。

また、現在はスマホの普及によってスマホゲームなどが普及し、ゲーム業界自体が成長傾向にあることから平均年収は上がっていると予想できるでしょう。

平均年齢は35歳ほど

ゲームプログラマーの平均年齢は35歳ほどと他の業種と比べても低いのです。

平均年齢がこれほどまでに低い理由としては、ゲームプログラマーは次のキャリアへのキャリアアップが早い傾向が要因と考えられます。

一説によるとゲームプログラマーの寿命は35歳までという話もありますが、実際には40代50代でゲームプログラマーとして活躍している人もいます。

しかし、転職してプログラマーになるという話になると30代までの方が多く見られます。

さくら
さくら
ほかの職業と比べてみても年齢が低いんですね!

ゲームプログラマーのなり方

ゲームプログラマーになるにはどうすればいいのでしょうか?

ここからはゲームプログラマーになる方法を2つ紹介していきます。

この項目を読めばゲームプログラマーになるにはどのようなステップを踏めばいいのかがわかりますよ。

独学で学ぶ

ゲームプログラマーのなり方の1つに独学で学ぶ方法があります。

独学で学ぶ方法のメリットとしては書籍やサイトでの学習が主になるため、あまりコストがかからないという点です。

最近ではドットインストールやschooなど無料でプログラミング言語を学習できるサイトもあり、動画などの解説付きで初心者もわかりすく解説してくれるためおすすめのサービスです。

サイトや書籍である程度基礎を固めたら、実際にプログラミングを書いてみるなど実践することが重要になります。

プログラムのソースを公開しているサイトなどもあるので、内容が理解できるまで真似して書いてみるのもいい練習になります。

このように独学で学ぶ方法は無料の学習サイトなどを使うことでコストを抑えられますが、学習を続ける強い意志が必要になります。

専門の学校で学ぶ

ゲームプログラマーのなり方の2つ目は専門の学校で学ぶ方法です。

専門学校で学ぶ方法はゲーム業界で実際に活躍しているプロの講師からゲームプログラマーに必要な知識や技術を直接学ぶことができるというメリットがあります。

プログラミングやゲーム制作が全くの未経験者であっても、基礎からしっかり教えてくれるため、ゲームプログラマーとして活躍する人材に成長できるでしょう。

また、専門学校では提携する企業とのインターンシップ枠や採用枠が用意されていたり、専門学校ならではのコネクションというメリットもあるのです。

専門学校に通うことで授業料や教材費など大幅なコストがかかりますが、その反面に講師による直接指導や様々な就職支援などのサポートを受けられます。

実際に社会人として働きながら夜間制の専門学校に通う人も増加傾向にあります。

さくら
さくら
現場で活躍するプロの講師から教えてもらえるのは心強いですね!

ゲームプログラミングを学ぶなら代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院

ゲームプログラミングを学ぶために専門学校に通うことを検討しているなら代々木アニメーション学院がおすすめです。

代々木アニメーション学院のゲームプログラミング科では、アクションゲームからパズルゲームなど様々なゲーム制作やUnityやUnreal Engineといった2大ゲームエンジンを習得でき、就職の幅を広げられるでしょう。

また、就職活動の際には講師による進路相談や代々木アニメーション学院の提携企業の採用枠が用意されており、プロの講師のアドバイスを受けながら就職を有利に進められる機会も得られます。

ゲームプログラマーの働き方

ゲームプログラマーの働き方について気になる残業時間休日について解説していきます。

ゲームプログラマーの労働環境に対する不安が解消できれば幸いです。

残業時間や休日は?

ゲームプログラマーの残業時間や休日の実態を見ていきましょう。

ゲームプログラマーの月間の残業時間は45.3時間です。

この残業時間は他の業界と比べてもかなり多いことがわかります。

しかし、基本的にゲームプログラマーが長時間労働になるのは、ゲームの納期が迫った繁忙期がほとんどでゲーム制作が終わり、次のゲームの企画や仕様書が完成するまでは穏やかに過ごせるのです。

実際にゲーム会社では土日祝を休みとしている会社が多く、ゲームプログラマーも土日祝しっかり休めます。

例外として、納期間際や緊急でゲームに不具合が生じた場合にはその対応に当たるため、休日出勤を余儀なくされることもあります。

さくら
さくら
バグ対応は休日返上で出勤することもあるなんて!!感謝しなきゃですね。

昇格はしやすい?

ゲームプログラマーは昇格しやすい職種なのでしょうか?

ゲームプログラマーは経験を積みや技術が認められるようになれば、プロジェクトの中心人物を任されたり、プログラマー内のリーダーポジションである「メインプログラマー」や「ディレクター」といった職種に昇格することも可能です。

リーダー的な立場になるとチームのスケジュール管理やフォローに入ったりとチームをまとめる役割を与えられるため、昇給も期待できるでしょう。

ゲームプログラマーの転職先

ゲームプログラマーの転職先はどのようなゲーム会社があるのでしょうか?

ゲーム会社によって異なるハードに対応したゲーム制作を行っているため、必要なプログラミング言語やスキルは変わってくるのです。

ここからはそんなゲームプログラマーの転職先のゲーム会社を大きく3つに分けて紹介します。

この項目を読めば自分が制作したいゲームに必要なスキルやそれぞれの違いがわかりますよ。

テレビを利用したゲームを扱う会社

ゲームプログラマーの転職先1つ目は、テレビを利用したゲームを扱う会社です。

テレビを利用したゲームにはPlayStation、Nintendo Switch 、Xboxなどがあり、これらはコンシューマーゲームと呼ばれます。

コンシューマーゲームを扱う代表的な会社といえば、任天堂やSonyなどがおなじみですよね。

コンシューマーゲームを開発する会社にはこのような大手ゲーム会社から下請けの企業まで多数あり、様々なタイトルが生まれています。

コンシューマーゲームの制作にははC、C++、C#などのC系のプログラミング言語が使われることが多いため、C言語の学習をするといいでしょう。

また、UnityやUnreal Engine、2DCG、3DCGに関する知識やスキルも求められます。

コンシューマーゲームを扱うゲーム会社は常に新しいハードが開発されていくため、将来性のある分野といえます。

さくら
さくら
新しいハードが出るたびに技術の進歩に驚かされますよね!

スマートフォンを利用したゲームを扱う会社

ゲームプログラマーの転職先2つ目は、スマートフォンを利用したゲームを扱う会社です。

iPhone、Androidでプレイできるスマホゲームは多数あり、スクウェア・エニックスや任天堂などの大手ゲーム会社からもスマホゲームがリリースされています。

スマホゲームはコンシューマーゲームと比べると開発スパンが短く、次々に新しいゲームが世に生み出されていることから、常にマンパワーが必要な分野です。

スマホゲーム制作にはObjective-CやJava、Kotlinといったプログラミング言語に加えてCocos2d-x、Unity、Luaなどのゲームエンジンや2D、3Dアニメーションにかんする知識やスキルも必要になります。

また、Apple DeveloperやGoogle Developersといったそれぞれのスマホに対応した開発アプリを利用することもあります。

さくら
さくら
最近のスマホゲームはコンシューマーゲームに負けないくらいグラフィックがきれいなゲームもありますよね!

インターネットを利用したゲームを扱う会社

ゲームプログラマーの転職先3つ目は、インターネットを利用したゲームを扱う会社です。

インターネットを利用したゲームとはオンラインゲームと呼ばれ、日本ではファイナルファンタジー14や艦隊これくしょんなどが開発されてきました。

しかし、日本のオンラインゲーム市場まだ小規模にとどまっているのが現状で、就職先としても採用数が少ない業界と言われています。

オンラインゲームの開発にはJava、PHP、Ruby、Pythonなどのプログラミング言語やWebサーバー、データベースに関する知識が必要になります。

コンシューマーゲームやスマホゲームとは必要なスキルが異なるため、オンラインゲームに携わりたいという方は注意しましょう。

このように日本のオンラインゲームは発展途上という段階にあるものの、今後成長が望める分野でもあるといえます。

ゲームプログラマーに必要な資格やスキル

ゲームプログラマーになるために必要な資格スキルはあるのでしょうか?

必要とされる力

まずはゲームプログラマーに必要とされる力にはどんなものがあるのか確認していきましょう。

ゲームプログラマーになるためには、プログラマーとしてのスキル以外にも重要視されている力がいくつもあります。

経験やスキル

ゲームプログラマーに必要とされる力1つ目は経験スキルです。

経験やスキルというのはプログラミングに関するものであれば、もちろん就職に有利になりますが、プログラミングやゲームの分野以外での経験やスキルをゲームプログラマーとして活かせるのかも大切になります。

実際に過去にはゲーム業界とは全く異なる分野からゲームプログラマーに転職した人もいるのです。

このように未経験であってもこれまでの経験やスキルをゲームプログラマーとして生かせるのか、そしてそれをアピールできる力が必要になります。

熱意

ゲームプログラマーに必要とされる力2つ目は熱意です。

ゲームプログラマーは長時間労働になることも多く、過酷な労働環境を生き抜くためにもゲームに対する熱意はかかせません。

そして、ゲームに対する熱意がなければ、より面白いゲームを生み出そうとする探求心も生まれてこないでしょう。

このようにゲームに対する熱意は欠かせない力といえます。

また、就職活動の際にどれだけゲームに対する熱意を持っているかを表現することでゲーム会社への就職につながることもあるのです。

論理的思考力

ゲームプログラマーに必要とされる力3つ目は論理的思考力です。

論理的思考とは筋道を立てて考える力のことを指しており、この論理的思考はプログラミングと通ずる部分があります。

プログラミングも同様に順序だてて物事を考え、構築していくため論理的思考が欠かせないのです。

また、論理的思考力を鍛えることで相手に自分の意図を伝えやすくなるというメリットもあります。

コミュニケーション能力

ゲームプログラマーに必要とされる力4つ目はコミュニケーション能力です。

ゲーム制作は基本的にチームで行うため、円滑にゲーム制作をするためにもコミュニケーション能力は欠かせない力といえます。

また、メインプログラマーなどプログラマー内でリーダー的な立場になれば、スケジュール管理や進捗状況の確認など、さらにコミュニケーション能力が大切になるでしょう。

必要な資格

ゲームプログラマーとして必要な力を紹介しましたが、必要な資格はあるのでしょうか?

実はゲームプログラマーになるために、必要な資格はないのです。

しかし、資格を取得していることで特定のスキルや能力を持っていることを証明できるため、就職活動の際にアピールすることができます。

それではここからはゲームプログラマーになるために持っておくとよいおすすめの資格を2つ紹介します。

情報処理技術者試験

ゲームプログラマーにおすすめの資格1つ目は情報処理技術者試験です。

情報処理技術者試験とは受験者の情報処理技術者としての技術や知識を図る試験であり、情報処理関連で唯一の国家試験でもあります。

基本情報技術者試験」ではプログラミング言語に関する問題が出題されるため、最近ではプログラマーの技術や知識を確かめる試験としても注目されています。

プログラミング言語の資格

ゲームプログラマーにおすすめの資格2つ目はプログラミング言語の資格です。

プログラミング言語の資格と言っても、制作するゲームによっても使用するプログラミング言語は異なるため、自分が将来活躍したい分野や企業に合わせたプログラミング言語の資格を取得するとよいでしょう。

ゲーム制作で使用されることの多いC言語Javaに関する試験を保有しておくことで、就職の間口を広げられますよ。

確実にゲームプログラマーに転職するコツ

ここまでゲームプログラマーになるために必要な資格やスキルについて紹介しましたが、確実にゲームプログラマーに転職するコツについても解説していきます。

さくら
さくら
本気でゲームプログラマーを目指す方は必見ですよ!

実力が客観的にわかるような形にしておく

確実にゲームプログラマーに転職するには実力が客観的にわかるような形にしておくとよいでしょう。

ゲーム業界ではこれまでの経験や作成した作品がまとめられたポートフォリオを求められることがありますが、プログラマーの場合にはどんな方法があるのか見ていきましょう。

GitHubにコードを公開する

実力を示すためにはGitHubにコードを公開する方法があります。

GitHubとはプログラミング開発のプラットフォームの1つで、これまで作成してきたソースコードを公開し共有することができます。

GitHubでは過去に作成したソースコードや参加したプロジェクトなどの情報を確認できるため、使用可能なプログラミング言語の確認やポートフォリオの作成も可能なのです。

ポートフォリオ作成の際には、GitHub PagesというGitHubが無料で提供しているサービスを使用すれば簡単に作れます。

またGitHubはゲームプログラマーの現場でも活用されているプラットフォームなので、GitHubが問題なく使用できるという証明にもなるでしょう。

このようにGitHubにコードを公開することで就職活動に必要な資料作りやスキルの証明にもなります。

さくら
さくら
ゲームプログラマーを目指す方はぜひ活用してほしいですね。

実際にゲームを作ってみる

実力を示す方法の2つ目として実際にゲームを作ってみるという方法もあります。

ゲーム業界への就職の際にはゲーム制作の経験があるというのはかなりの強みになります。

専門学校ではカリキュラムの一環として実際にチームを組んでゲーム制作を行う機会がありますが、独学の場合でもゲーム制作は可能なのです。

独学で個人でゲームを作る場合にはUnityを使ったゲーム制作をおすすめします。

Unityは使い勝手がよさから多くのゲーム会社が使っているゲームエンジンであり、個人利用ならば無料で使えるというメリットもあります。

ゲームを作った経験はゲームプログラマーへの就職・転職の際にゲーム制作に対する熱量があるというアピールにもつながるでしょう。

必要な勉強をしっかりしておく

ゲームプログラマーに転職するのであれば、必要なスキルや持っておくとよい資格取得のための勉強をしておくとよいでしょう。

仮に資格を取得できなかった場合でも、学習してきた知識はゲームプログラマーになった際には役に立ってくれるでしょう。

それではどんな勉強をすればよいのか見ていきましょう。

プログラミング言語

ゲームプログラマーに転職するのであれば、プログラミング言語を勉強することをおすすめします。

前の項目でも紹介したように制作に携わりたいゲームがコンシューマーゲームなのか、スマホゲームなのかや所属したい会社によってもゲーム開発で使用する言語が異なります。

折角あるプログラミング言語を学習したのに、転職先の企業ではあまり使われることのない言語だったということにならないためにも、どんな言語を使って開発されているのかなどをしっかリサーチしてから勉強しましょう。

英語の勉強

プログラミングの勉強だけをすればいいのかと言われるとそうでもないのです。

実はプログラマーは英語力が求められることもあります。

というのもプログラマーが使用するソフトはほとんどが海外製のもので、マニュアルや最新のアップデートによる変更点などの最新情報は英語で書かれていることが多く、最新情報をいち早く入手するためにも英語力が欠かせないのです。

また海外のプログラマーとやり取りする際にも英語でのコミュニケーションを求められるため英語の勉強をしておくと円滑にやり取りができます。

英語の勉強もプログラミング言語の学習と並行して行いましょう。

その他の資格

ゲームプログラマーにおすすめな資格の一例として情報処理技術者試験を紹介したかと思いますが、情報処理技術者試験の勉強をするのもおすすめです。

情報処理技術者試験は毎年上期と下期にそれぞれ2か月ほどの期間を設けて開催しているため、開催期間に合わせて勉強を進めておくとよいでしょう。

情報処理技術者試験の勉強方法はテキストに加えて、過去問集や受験する年の予想問題集などが多数出版されているため、これらを使って勉強していきましょう。

自分で学習を続けるモチベーションを保てるか不安だという人は通信講座などもあるため活用してみるのもいいですね。

キャリアサポートを受ける

ゲームプログラマーに確実になるコツとしてキャリアサポートを受けるという方法もあります。

キャリアサポートとは就職、転職支援のことでおすすめの求人を教えてくれたり、就職活動に必要な履歴書などの書類の添削など様々なサポートが受けられるサービスのことをいいます。

このキャリアサポートというと大学や専門学校などの学校で行われる支援制度というイメージを持つ人も多いかと思いますが、社会人も転職エージェントなどのサービスを利用すれば、就職や転職においての様々なサポートを受けられるのです。

キャリアサポートの中にはゲーム業界を専門としているサービスもあり、自分の希望や条件を伝えればそれにマッチした求人を教えてくれるため、自分にあった仕事を簡単に見つけられます。

未経験者からゲームプログラマーに転職する

実際未経験者からゲームプログラマーに転職するのは可能なのか気になる方も多いでしょう。

結論からいうと未経験者からゲームプログラマーになることは可能です。

しかし、ゲームプログラマーになるのは決して簡単ではなく、様々な能力や経験が必要になります。

未経験者からゲームプログラマーになりたいと考えている方は、希望する会社で必要なスキルやプログラミング言語を学習するなど具体的な行動を取る必要があるでしょう。

ゲームプログラマーに転職ならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

ゲームプログラマーに転職するならマイナビクリエイターに登録するのがおすすめです。

マイナビクリエイターとはゲーム・Webサービス専門の転職支援サービスです。

マイナビクリエイターではゲーム・Webサービスの転職のプロフェッショナルがキャリアアドバイザーとして利用者の転職をサポートしてくれます。

キャリアアドバイザーは利用者の希望する条件にマッチした求人を教えてくれるだけでなく、転職活動のスケジュール管理なども代行してくれるため就職活動のみに集中することができるでしょう。

そのほかにも添削やアドバイスを受けてクオリティの高いポートフォリオ作りができたりとゲーム業界への転職のプロフェッショナルならではのサポートを受けて就職を有利に進められます。

\ 所有時間は!60秒だけ! /

「マイナビクリエイター」に申し込む!

マイナビクリエイターについてもっと詳しく知りたい方は、マイナビクリエイターの評判や口コミを調査した記事をeスポで掲載しているのでチェックしてみてくださいね。

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

ゲームプログラマーへの転職まとめ

今回eスポでは「ゲームプログラマーに転職するには」というテーマについて下記の内容を紹介しました。

  • ゲームプログラマーになるには独学で学ぶ方法と専門学校に通う方法がある。
  • ゲームプログラマーと一口に言っても、コンシューマーゲーム、スマホゲーム、オンラインゲームなどを扱うゲーム会社があり、それぞれの会社によっても必要なスキルやプログラミング言語が異なる。
  • ゲームプログラマーになるのにはこれまでの経歴や実力をGitHubに公開したり、プログラミング言語や英語など必要な勉強を行う、就職支援サービスを使うことがコツ。

ゲームプログラマーへ転職するにはどんなゲームを作りたいのか、自分に必要なスキルはなんなのかを抑えて行動することで未経験者からゲームプログラマーになれるのです。

もちろん、簡単にゲームプログラマーになれるわけではありませんが、ゲームプログラマーになりたいと考えている方はこの記事を参考にしていただけますと幸いです。

さくら
さくら
最後までお読みいただきありがとうございました!