独学でゲームデザイナーになれる?4つのオススメの方法を紹介!

独学でゲームデザイナーになろう

ゲームデザイナーとはゲームの基本的な設計をする仕事です。
幅広いゲームの知識が必要な仕事なため、やりがいがあります。

知識が必要なので独学ではゲームデザイナーになれないと思っている方も多いでしょう。

eスポではゲームデザイナーは下記の内容をご紹介します。

  • 独学でゲームデザイナーになるための勉強方法
  • 独学でゲームデザイナーの勉強をするメリット
  • ゲームデザイナーになるには?
  • ゲームクリエイターとの違いは?

ゲームデザイナーは独学が可能か、メリットやデメリット、勉強方法を解説致します。

そら
そら
最後まで読んでくれると嬉しいな!

ゲームデザイナーの勉強を独学でする方法

ゲームデザイナーは特別な資格がいらないため、未経験でもなることができます。
ですが、ゲームに関しての知識がないとゲームでデザイナーになることは難しいです。

あると役立つスキルも独学で習得可能です。

  • CGクリエイター検定
  • マルチメディア検定
  • Photoshopクリエイター能力認定試験
  • Illustratorクリエイター能力認定試験

ゲームデザイナーの勉強は専門学校へ行く以外でも独学でも可能です。
どの資格も専門学校やスクールじゃなければ取得できない訳ではないので独学で学ぶ際の目標にするといいかも知れません。

企業によって必要なスキルが違うので、独学でも必要なスキルや知識があれば専門学校を卒業している、経験があるなしも関係なくゲームデザイナーになることができます

また、ゲームデザイナーなどクリエイターにはコミュニケーション能力も必要で、プログラミングから学ぶのなら英語力があった方が有利とも言われています。

参考書籍を買って勉強する

独学でゲームデザイナーの勉強をする方法として参考書を買って勉強する方法があります。
参考書籍からゲームデザイナーに必要な知識、ゲーム開発に関しての流れを知ることが可能です。

ゲーム開発に必要なプログラミング言語がいくつかあるので、自分が作ってみたいゲームに合わせて専門書籍を選ぶといいでしょう❗️

あると役立つスキルに関しても、専門書籍や問題集があります。
ゲームの知識と一緒に独学で勉強しておくと転職や就職のさいにも有利に働きます。

セミナーに参加する

ゲーム会社が開催しているセミナーに参加することでもゲームデザイナーに必要な知識を独学で学ぶことができます。

セミナーでは実際のゲーム作りの流れや開発現場が見られるのでとても参考になります❗️
セミナーに参加することでゲームデザイナーに関する情報も得られるのでおすすめです。

アルバイトとして働きながら知識を付ける

独学で学ぶ方法としてアルバイトをしながら学ぶこともおすすめです。
ゲーム開発会社ではアルバイトの募集を行っている会社もあります。

現場で学ぶことができるので大変勉強になります。
また、ゲーム開発についての流れを実際に見ることができるので、独学で勉強したい方にはピッタリです。

実際にアルバイトとして作業するので実績にもなりますし、慣れてくればキャリアアップを目指すことも可能です。

ゲーム開発ツールを使用する

実際に自分でゲームを作ってみることは勉強になります。
独学で勉強をするのならゲーム開発ツールを使用してゲームを作ってみましょう。

ユニティ・テクノロジーが開発したゲームエンジン、Unityは2Dや3Dのゲーム開発ができるツールです。

様々な、プラットフォームでゲームの制作が可能でゲーム開発に使用する機能も充実しています。

独学でゲームデザイナーの勉強をする方やスキルを習得したい方に向いています。

ゲームデザイナーの勉強を独学でするメリットとデメリット

ゲームデザイナーは必須の資格があるわけではありません。
専門学校やスクールに通わなくても独学で勉強が可能です。

独学で勉強する方法にはメリットやデメリットがあります。
ゲームデザイナーの勉強を独学でするメリットとデメリットを解説します。

そら
そら
独学で学ぶならメリット・デメリットは理解しておきたいね!

メリット

ゲームデザイナーの勉強を独学で行うということは決して楽ではありません。
ですが、独学で勉強することで得られるメリットがあります。

自分のペースで進められる

独学でゲームデザイナーの勉強をするメリットは自分のペースで勉強を行えることです。
スクールや専門学校に比べると効率は悪くなりますが、自分で学習のペースが決められるので無理なく進められます。

無理をすると挫折に繋がります。
ですが、ダラダラ勉強を行っていても先に進むことはできないので、最終的なスケジュールを立てて行いましょう。

スクールに通う費用がかからない

ゲームデザイナーなどゲーム関連の職種はお金がかかります。
スクールに通うとなると経済的な負担もありますが、独学はその負担が少ないです。

独学で最低限必要なものを用意すれば独学は可能です。
まずは、ゲーム作りから学びたいのならPCとインターネット環境、開発環境が必要です。

開発環境やツツールは無料で使用できるものもありますし、専門書籍を揃えるのも中古のものや図書館などで借りたものを使用すると費用はもっと抑えられます。

お金をかけなくても独学ならゲームデザイナーの勉強が可能なので年齢に関係なく学べます。

デメリット

ゲームデザイナーを独学で学ぶことにはメリットもありますが、デメリットもあります。
独学で勉強する時にはデメリットも理解しておきましょう。

実績を作りにくい

独学で学ぶと実績を作りにくいです。
転職や就職のさいに未経験と実績があるとないとでは差があります。

いくら独学で学んで知識が豊富でも実績がないだけで転職候補が絞られてしまいます。
独学で学びつつ、ゲーム会社でアルバイトをすると実績作りにもなり、直に現場を見ることで勉強にもなります。

モチベーションを維持するのが難しい

独学での勉強はモチベーションを維持するのが難しいです。
ゲームデザイナーの知識を習得することは難しく知らない言葉も沢山出てきます。

学習に躓いた時や、飽きが来てしまった時に分からない部分を教えてくれる人や励ましてくれる人が居ないとモチベーションが下がります。

ゲーム系の独学をサポートするサイトなどもあり、同じく独学で学んでいる方が沢山います。
モチベーションが下がらないように情報交換などを行うと挫折しにくいです。

独学では自分のペースで学習ができ、『資格取得』、『合格』することを目標にすることでモチベーション維持に繋がります。

専門的な知識やスキルが習得しにくい

ゲームデザイナーとして、どこまでの範囲を学ぶかにもよりますが、ゲーム制作から独学で行うとなると専門的な知識の習得が難しいです。

また、あると便利なスキルに関しても専門的な部分は専門書籍を読んだだけでは理解できず習得できません。

独学で勉強する場合には教えてくれる講師的な存在がいないため、調べても分からない場合には分からないままが多いです。

分からないまま放っておくと結局はモチベーション維持が難しくなり挫折に繋がってしまいます。

学歴重視の会社は採用されにくい

ゲームデザイナーなどクリエイター系の職種は知識だけじゃなくセンスを重視する企業も多いです。

また、ゲームデザイナーに関することを学ぶことと、身につけることは別です。
学ぶことができても身につけることは独学では難しくなります。

知識やスキルだけあっても実践したことがない、面白いゲームを作るセンスや時代の流れを見る目がないと会社では採用されにくいです。

専門学校やスクールだと知識はもちろん、就職のサポートもありますが、独学では難しいです。

その場合には未経験可能な求人情報を多く取り扱っている転職支援サイトを利用することで就職や転職の幅が広がります。

ゲームデザイナーになるには?

ゲームデザイナーになるためには必須になる資格は必要ありません。
ですが、ゲームデザイナーといっても仕事内容の幅が広く企画やストーリー、背景やキャラクターなど様々です。

ゲームデザイナーになるためにはゲームの開発だけじゃなく、他の分野の知識も必要です。
また、スマホゲームやゲーム機などのゲーム開発やシステム構築に関わることもあります。

ゲームデザイナーになるためには、絵が上手いだけではなれないのでゲームに関しても知識も必要です。

専門学校やスクールに通う

ゲームデザイナーになるための知識やスキル取得ができる専門学校やスクールがあります。
ゲーム系の専門学校ではCGやプログラミングの知識を学ぶことができます。

まずは、専門学校やスクールで基礎的な知識を習得しゲームメーカーやゲーム制作の会社へ就職をする方が多いです。

大学へ行く

美術系大学では絵を学ぶことでデザインスキルの向上に繋がり、デッサンやイラスト、表現力を身につけることができます。

その後、ゲーム会社などへ就職をする方がいますが、ゲームの知識がないので就職して直ぐにゲームデザイナーへなれる方は少ないです。

独学で勉強する

ゲームデザイナーは独学で勉強し、あると便利な資格を取得することも可能です。
美術系の大学でイラストの表現やデッサンを学び、ゲームの基本的知識は独学で行う方もいます。

独学でも知識があればゲームデザイナーになることは可能です。

そら
そら
独学でもゲームデザイナーになることはできるんだね~

ゲームデザイナーへの転職に興味がある方は、下記の記事もあわせてご覧ください!

ゲームデザイナーの転職法について紹介
ゲームデザイナーへの転職方法を徹底解説!未経験・経験者ともに紹介!「ゲームを作ってみたい!」ゲーム制作に関わる仕事を目指している方にとってゲームデザイナーは憧れの職種です。 ゲームデザイナーはゲー...

ゲームデザイナーに転職するならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

ゲームデザイナーは特別な資格がなくてもなることができるので、就職や転職を考える方も多いです。

ゲームデザイナーに就職や転職をしたい時に転職支援サイトで探す方もいますが、沢山あり過ぎてどれを選べばいいのか迷います。

Webやゲーム業界やクリエイターの転職情報を探すのならマイナビクリエイターがおすすめです。
マイナビクリエイターはクリエイターのための転職支援サイトで、有名大手企業の情報や人気の企業の転職情報もあります。

ゲームクリエイターの転職が初めてでも大丈夫❗️
専任のアドバイザーがいるのでポートフォリオの作り方などサポートもばっちりです。

ゲーム業界の求人は未経験では面接すらしてもらえない事も多いです。
独学で勉強をしてゲーム業界で働きたい方がマイナビクリエイターなら未経験可の情報も多数公開しています。

登録すれば転職、就職に悩んだ時には専門のコーディネーターが相談にのってくれます。
相談できる場所があるので初めて利用する方にもおすすめです。

マイナビクリエイターを登録する前に色々知っておきたい方はLudusで評判や口コミなどを調査しています。

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

不安な方は登録前にチェックすると疑問解決に役立ちます!

ゲームクリエイターとゲームデザイナーの違い

ゲーム制作の仕事には様々な業種があります。
ゲームクリエイターとゲームデザイナーの違いは知っていますか?

ゲームクリエイターとはゲームの制作や開発に関わる仕事の総称です。

  • デザイナー
  • プロデューサー
  • ディレクター
  • プランナー
  • プログラマー
  • シナリオライター
  • サウンドクリエイター

ゲームは様々な役割の職種の人が分担して作ります。
ゲームデザイナーをはじめゲーム制作の携わる職種をまとめてゲームクリエイターと言います。

ゲームデザイナーの主な仕事内容は登場キャラクターやアイテム、背景などのデザインです。
ゲーム制作会社にもよりますが、ゲームのシナリオや動作システム構築を担うゲームデザイナーもいます。

ゲームデザイナーの独学についてのまとめ

今回、Ludusではゲームデザイナーは独学可能か?メリットやデメリット、勉強方法をご紹介しました。

専門学校やスクールで勉強すると効率よく学ぶことができますが、独学に比べると費用がかさみます。
独学でゲームデザイナーの勉強ができればメリットもあります。

  • ゲームクリエイターはゲームの制作や開発に関わる仕事の総称でゲームデザイナーは、その中の一つ
  • 独学の勉強方法は参考書で学ぶ、セミナーに参加する、アルバイト、ゲーム開発ツールの4つ
  • ゲームデザイナーになるには独学や専門学校、スクール、大学卒業することでなることができる

ゲームデザイナーは独学での勉強が可能です。
なるためには専門学校やスクールでCGやプログラミング知識を学ぶ、美術系の大学で絵の表現力などを学ぶ、独学で学びアルバイトで実績を積むことで転職の際も有利になり、スキルアップも可能になります。

そら
そら
最後まで読んでくれてありがとうか

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!