ゲームデザイナーとは?仕事内容・年収・資格・将来性などを徹底解説!

ゲームデザイナーとは

ゲームをプレイしたことのある人は、「どうやったらこんな面白いゲームを作れるのだろう?」「ゲーム制作の仕事内容は?」といったことを一度は考えたことがあると思います。

企画からリリースまでゲーム制作に携わる職業がゲームデザイナーです🎮

今回Ludusでは以下の内容をメインにゲームデザイナーについて深堀していきます。

  • ゲームデザイナーとは?
  • ゲームデザイナーの仕事内容について
  • ゲームデザイナーに適性のある人の特徴は?
  • ゲームデザイナーになれる就職ルート
  • ゲームデザイナーの転職にはマイナビクリエイターもおすすめ!
  • ゲームデザイナーを目指せる専門学校の紹介!
  • ゲームデザイナーに必要な資格はある?
  • ゲームデザイナーの年収
  • ゲームデザイナーに将来性はある?

ゲームデザイナーになれる就職ルートや適性のある人の特徴なども解説していきます。

さくら
さくら
ゲームデザイナーを目指したい人とって、有益な情報を解説していくので、ぜひ最後まで読んでください💕

ゲームデザイナーとは?

ゲームデザイナーとは企画を立案し、プロジェクトを進行するプロフェッショナルの人たちのことを指します(ゲームプランナーとも呼ばれています)

ディレクターやプロデューサーの指示の元、ゲーム内に登場するシステム、ストーリー、操作設定、アニメーションを「どのようにするか?」企画を立案していきます。

見た目の情報を落とし込んでいくグラフィッカーと混同する人も多いのですが、ゲームデザイナーとは役割が全く違う職業です。
グラフィッカーはゲームデザイナーが作った原案の元、キャラクターや世界観の見た目の情報をデザインしていきます。

ゲームデザイナーは上流工程を担当し、グラフィッカーは直接デザインを加えていくと現場作業と考えるといいかもしれません。

初めの基本設計が失敗すれば全てが水の泡になります😭
そのため、ゲームデザイナーはゲーム制作において、重要な根幹を担っている職業と言えるでしょう。

ゲーム制作の直接的な評価もゲームデザイナーにかかっているため、責任がある大変な職業ですが、年収や将来性もよく、後に形が残るのでやりがいがあります😍

ゲームデザイナーの仕事内容は?

ゲームデザイナーはゲームを作るだけが仕事ではありません。
企画・立案からプレゼンテーション、仕様書の作成と細かく、責任のあるタスクが山のようにあります。

こちらでは、ゲームデザイナーの仕事内容を事細かに深堀していきます。

ゲームのアイデア・企画の立案

ゲームデザイナーはディレクターとともにまず、「どういうゲームを作ろうか?」というアイデアから企画書の立案・作成していきます。
いわゆる「どんなゲームが流行しているのか?」「市場規模は?」「市場のニーズは?」といったゲームのマーケティング部分です。

  • ゲームジャンル
  • ゲームの規模
  • ゲームのコンセプト
  • ゲームの概要
  • ゲームシステム
  • 面白さ
  • 売れる理由

ディレクターと綿密に計画し、誰が読んでも分かるような企画書に落とし込みます📖
たとえどれだけ面白いゲームだとしても、企業単位でゲーム制作をするので売れなければいけませんよね?

「売るためにはどのようなコンセプトで勝負するか?」「流行っているゲームシステムは?」といった企画立案で十分に設定を考える必要があります。

プレゼンテーション

企画書の作成が終わったら、企画を通すため、プレゼンテーションを社内で行います。

マーケティングで集めた売れる可能性のある情報とゲームの面白さを合わせて、社内の偉い人や現場のゲームクリエイター相手に説得する工程です。

企画書で作ったゲームが「面白い」「遊びたい」と思われる説得力が必要になります。

売れる要素、面白いポイントを論理的に説得していくといいでしょう。

プレゼンテーションで企画が通らなければ、今まで考えたゲームが「没」となるわけです😭

立派な企画書が作れても、人前で説得できるプレゼンを実行できなければ、ゲームデザイナーとしては務まりません。

仕様書の作成

プレゼンテーションで企画が通れば仕様書を作成する必要があります。
仕様書作成は現場のゲームクリエイター誰が見ても分かるようにシステムをフローチャート、図面、イラスト、文章で書き出していく作業です。

企画書はゴールがすぐさま分かる情報を記した資料です。
しかし、仕様書はゲームクリエイターが画面で作業できるために、ゴールまでの道筋が順序だてて分かるようになった資料と言えるでしょう📖

たとえば、「バトルの演出→エフェクトの発生」「スキル発動→戦闘モーション」といった細かい道を指し示す資料を視覚化していきます。
つまり、画面処理やゲームのデータといった細部が分かる資料ですね。

ここを失敗すると、何度も追加修正する必要が出てくるので、計画性の悪いゲーム制作となります。
そうすると、チームの指揮も落ちていくので、かなり重要な行程です。

仕様書は全体から俯瞰して見られるマインドマップもあればエクセルで書かれている場合もあります。

プロジェクトの進行

仕様書が作成したらいよいよプロジェクトが進行します。

サウンドクリエイター、プログラマー、イラストレーター、シナリオライターといった各部門のゲームクリエイターと連携してプロジェクトを進めていくのがゲームデザイナーの仕事です🎮
各パートが仕様書通りに制作できているのか、現場の状況を逐一把握して指示を出す必要があります。

また、各パートの進捗状況も管理・把握していきます。

仕様書に追加修正がある場合、しっかりと指示して納得してもらう必要があるので、説得する必要もあります。

プロジェクトの進行はゲームデザイナーにとって根気のいる大変な作業です。

デバッグ

ゲームデザイナーの最後の仕事はデバッグです🐞

デバッグは何度もボスが出現する無限ループやクリアしても次に進めないと言った致命的なバグから、データで使用する数値の調整や表現の細かい誤りを見つけリストアップしていきます。

それをプランナーのミスか、プログラマーのミスか、プログラマーのミスかしっかりと特定しバグを調整していきます。

バグを発見しより質の高いゲームを目指すための作業ですね。

ゲームデザイナーに向いている人とは?

ゲームデザイナーに向いている人はゲームが好きが第一条件です。

RPG、パズル、格闘ゲームなどジャンルを問わず何度もプレイしていると、自然にあらゆる情報をインプットしていきます。
ゲームに対する熱い思いが引き金となり、重厚感のあるストーリー、革新的なゲームシステム、誰も思いつかないようなカッコイイ戦闘スキルなど、ふとしたきっかけでビッグアイデアに繋がるわけです。

また、ゲームデザイナーはゲームの企画からリリースといった開発の最初から最後まで携わる仕事です。
途中で投げ出されたりしたら、チームの信頼はがた落ちになりますし、会社にも大きな損害を被ることになるでしょう😭

そのため、ゲーデザイナーには大きな責任がのしかかります。
「このチームでやりきるぞ」という強い信念・責任感がゲームデザイナーに求められます。

責任感の重い仕事ですが、それだけにゲーム制作を完成させ自分の作品がリリースされた時は達成感と大きな感動を得られ、やりがいを感じる人が多い職業です😍

ゲームデザイナーになるには?

ゲームデザイナーなるにはどのような就職ルートがあるのでしょうか?
こちらではゲームデザイナーになれるルートは五つ紹介していきます。

  • 新卒採用
  • 他業種からの転職
  • アルバイトからの就職
  • 独学・未経験
  • 専門学校入学

上記からの五つのルートがあり、それぞれ難易度も全く異なります。

ゲームクリエイターを目指している人はチェックしてみてください👀

ゲームデザイナーになれるルート①:新卒採用

ゲームデザイナーになるには学歴が一切必要ありません。
しかし、ゲームデザイナーになるのに一番分かりやすいルートが新卒採用です。

ゲームデザイナーを目指す人が多い中で、学力を客観的に測れる指標が「新卒」です。
新卒採用枠を設けているゲーム会社も多いので、やはり新卒採用は一番の武器と言えるでしょう。

また、ゲームデザイナーになるには企画力以外にも、収益と予算を上手く使う必要があるため、論理的思考能力や最低限の数学的知見が必要になってきます📚
これら二つのスキルは、中学・高校・大学でも勉強する項目ですので、採用担当者から見て学歴が一番の履歴書になるのです。

ゲームデザイナーになれるルート②:他業種からの転職

ゲームデザイナーになる方法は新卒採用枠以外には他業種からの転職というルートもあります。

たとえば、「銀行員からゲームデザイナー」「エンジニアからゲームデザイナー」といったパターンです🎮
つまりは中途採用です。

中途採用の場合、企業の人材が足りておらず、困っている時に採用するパターンが多いでしょう。

中途採用は特別な技能を持っている人や趣味でゲーム製作をしている実績がある人枠ですね。
他業種からの転職は難易度も高く、未経験者にはかなり狭き門と言わざるを得ません😭

フリーランスとして実績を付け企業に直接自分のスキルを売り込む方法、人脈を使う方法、転職エージェントを利用するかの三択があります。

ゲームデザイナーへの転職を目指しているという方は、下記の記事もあわせてご覧ください!

ゲームデザイナーの転職法について紹介
ゲームデザイナーへの転職方法を徹底解説!未経験・経験者ともに紹介!「ゲームを作ってみたい!」ゲーム制作に関わる仕事を目指している方にとってゲームデザイナーは憧れの職種です。 ゲームデザイナーはゲー...

ゲームデザイナーになれるルート③:アルバイトから正社員

ゲームデザイナーになれるルートで珍しく、コスパの良い方法がアルバイトから正社員というパターンです。
デバッカーやカスタマーサービスなど、ハードルの低いアルバイトとして入り、その後開発陣営から実力が認められ正社員になるパターンもあります。

ゲーム好きからすれば成り上がれる夢のパターンですね😍

アルバイトから正社員になるパターンは、

  • 会社のゲームを何度もプレイしてきた経験
  • 最低でも3年はアルバイトとして下積みで働く必要がある
  • アルバイト中にスキルを身に付けていく
  • アルバイトリーダーとして昇給する
  • プロジェクトのチームと良好な人間関係を築く
  • 開発陣に自分の働きぶりがいかに凄いのか、存在をさりげなく知ってもらう
  • 積極的に発言して改善に努めていく

上記のように様々な条件をクリアしていかなくては、アルバイトから正社員にはなれません。

しかし、給料を貰いながらスキルを習得できるので非常にコスパの良いゲームデザイナーの就職パターンと言えるでしょう。

ただ、成り上がりのパターンだけに、「人材が足りていない」「長期間クビにされない」といったゲーム会社のタイミングと運も重要です。

ゲームデザイナーになれるルート④:独学・未経験

専門学校、大学にも通わず独学・未経験から勉強してゲームデザイナーになれるルートもあります。
ただし、難易度はかなり高く、中途採用より茨の道と言えるでしょう😭

独学からゲームデザイナーになるには、デザイン、プログラミング、イラスト、CG制作など、スキルを一つ以上覚える必要があります。
これらのスキルは一朝一夕で身に付くものではありません。

働きながら勉強すると仮定した場合、早い人で三ヶ月、遅い人なら4年でようやく形になるぐらいです。

そこからポートフォリオを作り実績を付け、名前を売り、ようやくゲーム会社に就職できたとします。
そして、ゲームクリエイターとして現場の仕事をし、慣れてきたところでゲームデザイナーへの道が薄っすらと見えてくると言えるでしょう。

そのため、独学・未経験からゲームデザイナーになるには勉強に費やす時間、教材費、努力、覚悟が必要です。

独学が難しい場合は専門学校に行くのも一つの選択肢になるでしょう。

ゲームデザイナーになれるルート⑤:専門学校入学

ゲームデザイナーは企画からリリースまで携わる職業ですが、プログラミング、デザイン、デバッグといった仕事を請け負う何でも屋という側面があります。
そのため、未経験からゲームデザイナーになるには、かなりのスキルが必要です。

プログラミング、デザイン、デバッグ、全てやってやるぞという気構えがなければ務まりません❗️

そこで、専門学校入学がゲームプランナーになる最短ルートと言えます🏫
ゲームデザイナーを学ぶ専門の学科へ入学すれば、経験豊富な講師陣からスキルをインプットでき、最先端の設備を使用してアウトプットしながらノウハウを習得できます

有名な専門学校ともなると、人脈が豊富で企業と提携し、独自の就職活動をしていることもあります。

また、チーム単位で開発する専門学校もあるので、在学中に実績が付けられることもあるでしょう。
実績も作れるので専門学校は就職率が比較的に高いのが特徴です。

今回Ludusでも、ゲームデザイナーになれる専門学校を紹介していきます。

ゲームデザイナーへの転職ならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

異業種からゲームデザイナーというのは狭き門と言えるでしょう。
そこで利用できるのがマイナビクリエイターではないでしょうか?

異業種からゲームデザイナーに転職するためにはマイナビクリエイターに登録するのがおすすめです。
なぜなら、マイナビクリエイターはITやWeb業界以外にもゲーム業界に強い転職エージェントです。

登録してからのサポート対応も最高クラス❗️

マイナビクリエイターに登録すると実績のある知識豊富なキャリアアドバイザーが付きます。
転職について分らないことなども親身になって相談に乗ってくれるだけでなく、面接練習にも付き合ってくれるので、安心して転職活動ができるでしょう。

ヒアリングした情報からどの企業が最も適正なのか判断し、最適な企業を斡旋してくれるのも大きな特徴です。
公開されていない非公開求人情報も…。

そんな、マイナビクリエイターの公開求人数は転職業界一を誇ります。
公開求人数はWeb・IT・ゲーム業界、全て含めるとなんと、質の良い企業が3,700件以上。

その中には、グラブルのCygames、ストリートファイターのCAPCON、音ゲーのKONAMIといった名だたる大手企業もあります。

ゲームクリエイターにとっては夢の企業ばかりですね。

Ludusでは口コミや評判・サービス・メリットデメリットなどマイナビクリエイターのことついて詳しい記事も公開しているので、気になる方はチェックしてみてください👇

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

ゲームデザイナーの勉強をしたいなら専門学校がオススメ

未経験からゲームデザイナーの勉強をしたい方は専門学校の入学もおすすめです。

こちらでは、20以上も学科のある代々木アニメーション学院と1ヶ月でゲーム制作ができるアミューズメントメディア総合学園の2校を紹介していきます。

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院

ゲームデザイナーになるためには代々木アニメーション学院に入学するのもおすすめです。
代アニには20以上もの学科があり、「夢を、現実に」、目的にあったスキルを習得できます。

声優を目指したいなら声優タレント科に、イラストレーターを目指したいならイラスト科やアニメータ科などがあります🖋
では、ゲームデザイナーになりたい場合、どういった学科があるでしょうか?

ゲームデザイナーになるためのスキル習得ができるは「ゲーム総合学科」です。
ゲーム総合学科にはゲームデザイナーになるためのカリキュラムが全て詰まっています。

たとえば、現場のゲームクリエイターに必要なスキル、

  • ゲームを徹底的に研究する市場調査
  • Unityをメインにしたゲーム開発の基礎
  • ゲームオブジェクトのCG制作の基礎
  • チーム単位での制作演習

「クリエイター」「プランナー」「ビジネス」など様々な視点からスキルを学べるでしょう。
いずれもゲームデザイナーになるには、必要なスキルばかりですので、理にかなったカリキュラムとなっているのが特徴です。

ゲーム総合学科では、就職のカウンセリングもゲーム総合学科のカリキュラムに入っています。

43年間で培ってきた教える技術、500枠以上もの業界コネクションがあり、卒業後も就職をサポートしてくれるので安心ですね。

Ludusでは代アニの評判・口コミについて詳しい記事も公開しているので、気になる方はチェックしてみてください👇

代々木アニメーション学院
代々木アニメーション学院とは?学費・学科や評判についても徹底解説!今回、Ludusでは代々木アニメーション学院について、下記の内容について紹介していきます! 代々木アニメーション学院とは?...

アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院も、ゲームデザイナーを目指せる学科がある専門学校です🏫
「夢を、夢で終わらせない」という教育理念のもとに活動しています。

8学科と数は多くありませんがアニメ・ゲーム・イラスト・ノベルズに強みがあるのが特徴です。
ゲームデザイナーになるためのスキル習得ができる学科には「ゲームクリエイター学科」があります。

ゲームクリエイター学科には、

  • アイデアを具現化するための論理・分析スキル
  • 自分の意見を誰にでも分かるように伝える伝達スキル
  • チームをまとめられる管理スキル
  • 人前でも意見を言えるコミュニケーションスキル

などのスキルを習得できるでしょう。

アミューズメント総合学院の特色は入学してから1ヵ月で本格的なゲーム制作を共同で行います。

つまり、全て終了することでゲームデザイナー以外にも、ディレクターやプロデューサーといった管理する職業の実績を付けられると共に、最前線で活躍できるということです。

1から必要なスキル身に付けられるので、転職はもちろん、独学・未経験の方もゲームデザイナーを目指せるでしょう。

また、企画・立案を通すためのプレゼンテーション能力を学生や講師前相手に実践形式で行います。

実績を残したい、より実践に近い授業を望んでいる人はアミューズメント総合学院の「ゲームクリエイター科」の入学がおすすめです!

Ludusではアミューズメント総合学院の評判・口コミについても詳しい記事を公開しているのでチェックしてみてください👇

アミューズメントメディア総合学院
アミューズメントメディア総合学院の評判・学費・入試制度は?プロゲーマー専門学校紹介アミューズメントメディア総合学院とは 近年ゲームやアニメに関する仕事も増え、これらの仕事に関わりたいと思う方も増えているのではないでし...

ゲームデザイナーに必要な資格はある?

ゲームデザイナーにとって資格は必要ありません❗️
しかし、ゲームデザイナーなるには、持っておくと便利な資格はいくつかあります。

以下にゲームデザイナーが持っていると便利な資格を紹介していきます。

資格名 概要
基本情報技術者試験 ITを利活用でき、ソフトウェア・ハードウェアの知識を向上させることを目的とした国家資格。ITの知識がつくことでゲーム制作を円滑に進行できるようになる。
C言語、Java TMプログラミング能力検定 世界標準のC言語かJava言語のプログラミングの能力を図る検定。業務としてのプログラミングのスキルを学ぶ資格なので、ゲーム制作を進行するうえで役に立つ。
Photohshop、Illustratorクリエイター検定 世界標準のデザイン制作ソフト「Photoshop」と「Illustrator」の実践スキルを図る検定。デザイン制作の業務全般で使用するソフトのため、資格を持っていることで損はない。
Microsoft Official Specialist 通称MOS試験。マイクロソフトのExcel・Word・Power Pointの技術力を図る試験。ゲームデザイナーは、企画書、仕様書、プレゼンテーションで文書作成は必須。MOSのスキルがあると迷わず作成できるようになる。
プロジェクトマネジメントアソシエイト資格 プロジェクト進行に必須の現場業務の基礎知識や技術を体系的に習得できる資格。マネジメントスキルの向上を目的とした資格とも言える。マネジメント業務のキャリアパスを描いている人は持っていて損はない。

ゲームデザイナーに求められるスキルは?

ゲームデザイナーに求められるスキルにはコミュニケーション能力・マネジメントスキル・論理的思考能力のスキルがあると便利です。

たとえば、企画・立案がよくても、人前で「面白い」「売れる」を上手に伝達できなければいけません😭

ただ発言するだけではいけません。
大勢の人の前で企画したゲームを納得し、理解してもらうことも必要です。

ディレクター・プロデューサーと交渉、各パートへのダメ出しなどは、コミュニケーション能力・マネジメントスキルの真骨頂と言えます。

また、筋道を立てて考える論理的思考能力のスキルも必要です。
この論理的思考能力はゲームデザイナーに最も求められるスキルと言えるでしょう。

なぜなら、ゲームデザイナーに必須なスキル、プログラミング、デザイン、プレゼンテーション、文書作成といったスキルは論理的思考能力がないと形にできません。

ゲーム制作には「様々な、なぜ?」と考え、「筋道を立て結論を導き出す」ことが大事です。

ゲームデザイナーの仕事は「なぜ?」を突き詰める、論理的思考の塊と言える作業ばかりからです。

ゲームデザイナーの年収・給与はどれぐらい?

ゲームデザイナーの年収は5社から算出すると平均340~700万円でした💰
初任給は30万~60万円です。
大体25万円前後が多く、多い所で45万円がありました。

ゲーム会社は年功序列よりも実力主義の強い業界です。
企画したゲームが大ヒットすれば、インセンティブが付くパターンがあるのも特徴ですね。
そのため、年収や初任給に振れ幅が多いのだと推測できます。

ゲームデザイナーからディレクター・プロデューサーといった管理職にキャリアパスすると更なる年収アップが見込めるでしょう。

しかも、福利厚生が充実しているゲーム会社が多いのも特徴ですね。
中にはリラクゼーション、フィットネスジムの施設が利用可能という太っ腹なゲーム企業も😍

サラリーマンの平均年収が462万円ですので、ゲームデザイナーの年収は高い水準と言えるのではないでしょうか?

ゲームデザイナーに将来性はある?

ゲームデザイナーは将来性の塊と言える職業です。

2021年はコロナによる巣ごもり需要の増加で、任天堂Switchやどうぶつの森、PS5が爆発的に売れ、今では品切れ状態が続いています😭
その影響からかゲーム業界の市場規模は20兆円を突破したという報告もあります。

オリンピックでも日本のゲーム文化をアピールするパフォーマンスもありました。

マクロな視点から見てもゲームデザイナーの将来性は問題ありません。
今後はVRやARなどが主流になり、ゲーム業界は更なる進化を遂げることでしょう。

ゲーム会社の現場もゲームデザイナーは安泰です😍
「ゲームデザイナー→ディレクター→プロデューサー」新人の育成・管理職とキャリアパスしていきます。

ゲームデザイナーは中間管理職の立場と言えます。
将来性が良いどころか、ゲームデザイナーという職業は、むしろ出世コースです。

ゲームデザイナーについてのまとめ

今回Ludusではゲームデザイナーについて紹介してきました。

ゲームデザイナーは、

  • ゲーム制作の開発からリリースまで携わる職業である
  • 現場のゲームクリエイターをまとめる仕事である
  • ゲームデザイナーには向いている人がいる
  • ゲームデザイナーの転職にはマイナビクリエイターがおすすめ
  • ゲームデザイナーのスキルを習得するには専門学校の入学も選択肢の一つ
  • 資格は必要ないが持っていて役に立つ資格が多い
  • ゲームデザイナーにはマネジメントスキル、論理的思考能力、コミュニケーションスキルが必要
  • ゲームデザイナーの年収は高い水準を保っている
  • 将来性は抜群

ゲームデザイナーになるにはゲームが好きということが第一条件です。
しかし、ゲームが好きということだけではゲームデザイナーは目指せません。

ゲームを制作できるスキル、論理的思考能力、コミュニケーション能力といった幅広い知識が必要です。
これらのスキルは独学・大学・専門学校の三つの方法で習得できます。

ゲームデザイナーをこれから目指そうと考えている人は、今回紹介した専門学校や転職サービスを利用も検討してみてください。

さくら
さくら
最後まで読んでいただき、ありがとうございます💕

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!