ゲームデザイナーへの転職方法を徹底解説!未経験・経験者ともに紹介!

「ゲームを作ってみたい!」ゲーム制作に関わる仕事を目指している方にとってゲームデザイナーは憧れの職種です。

ゲームデザイナーはゲームといってもゲーム全てを一人で行う訳ではなく、様々な仕事を分担して行うことが多いです。

eスポではゲームデザイナーの仕事内容や必要なスキル、転職におすすめのエージェントについてご紹介します。

  • 経験者・知識のある人のゲームデザイナーへの転職について
  • ゲームデザイナーへの転職にオススメな転職エージェント3選
  • 未経験からのゲームデザイナーへの転職について
  • ゲームデザイナーの勉強にオススメの専門学校
  • ゲームデザイナーの転職に有利な資格やスキルについて
  • ゲームデザイナーの仕事内容について
  • ゲームデザイナーの年収について
  • ゲームデザイナーの職場環境について

ゲームデザイナーの年収や月収、未経験者からゲームデザイナーになれるのか?なども解説していきます。

そら
そら
最後まで読んでくれたら嬉しいな~

経験者・知識のある人がゲームデザイナーに転職する方法について

ゲーム制作の重要な役割を担うゲームデザイナーへ転職を考えている方も多いでしょう。
他の業種からの転職は可能なのかが不安になり一歩踏み出せないという不安もあります。

ゲームデザイナーへ転職するためにはどうしたらいいのかを解説します。

ゲームデザイナーへ転職するためには知識や現場経験が必要です。
ゲーム制作には知識が必要になるため、ゲーム業界で働いている人やゲームデザイナーとして勉強をしている人なら転職も可能です。

ゲームデザイナーに必要な知識や経験、スキルがある方なら転職は難しくはありません。

ゲームデザイナーとして役立つ過去の経験や強みを見つける

過去にゲームデザイナーとして働いていた方や、似たような業種だった方は過去の経験や自分の強みをアピールすることで転職に有利になります

ゲームデザイナーとして経験が浅くても必要なスキルが高く活躍できる見込みがある方も転職では有利になります。

転職先を前もってリサーチすることで転職先の企業が求めるスキルをチェックしておくと更に有利になります。

特にマーケティングスキルや企画力、マネジメントスキルが高い方はゲームデザイナーとして強みになりますよ❗️

ゲームデザイナーへの転職に強いエージェントに登録する

ある程度の経験や知識があれば転職は可能です。
ですが、自分だけが頑張っても転職には不安がつきものです。

より良い企業への転職を望むのならゲームデザイナーへの転職に強いエージェントに登録しましょう。

ゲーム業界に強いエージェントに登録することで能力や条件などを考慮して自分にあった会社を紹介してくれます。

ゲームデザイナーへの転職に強いエージェントでは求人数も多く、ゲーム業界に詳しいアドバイザーが居ることもあり不安や悩みなども相談にのってもらえ様々なサポートも受けることができます。

ゲームデザイナー志望におすすめの転職サイト3選

ゲームデザイナーとして転職しキャリアアップを目指す方も多く、中には未経験から目指す方もいます。

転職を考えている方はゲーム業界に強い転職サイトを選ぶと転職も成功しやすいです。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

ゲームデザイナーの転職ならマイナビクリエイターがおすすめです。
マイナビクリエイターはweb、IT、ゲーム業界に特化した求人を取り扱っています。

クリエイター関連の職種に特化した求人の紹介やゲーム業界出身のアドバイザーが転職についてサポートや対応をしてくれます。

転職の際に自分のスキルや実績を採用担当者に上手く伝えるためにもポートフォリオは大切ですが、マイナビクリエイターではポートフォリオの作成支援も行っているので初めての転職や未経験の方でも安心です。

特に口コミではアドバイザーのサポートについてアドバイス性が高いと評判です。

レバテッククリエイター

レバテッククリエイターはクリエイティブ職に特化し、正社員はもちろん、派遣やフリーランス向けの案件も取り扱っています。

出社日数が少ない、高収入など様々な条件の案件があります。
求人数は東京が圧倒的に多く、他の地域ではとても少ないです。

都内であれば自分の転職条件にあった案件が見つかる可能性が高いです。

「レバテッククリエイター」についてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

レバテッククリエイター
レバテッククリエイターは未経験でも可能?口コミを紹介!副業・在宅も!「これからWeb・ゲーム業界でフリーランスを目指そうと思っている方」「フリーランスとして活躍中だけど仕事が途切れがちで困っている方」と考...

doda クリエイター

dodaクリエイターは業界の中でも大手の転職サイトでITやweb、ゲーム業界の求人だけじゃなく幅広い案件を扱っています。

都内の案件だけじゃなく地方の求人も取り扱っています。
非公開の求人や希望者には転職のプロが転職活動のサポートも行っています。
履歴書の添削や面接対策もあるので転職に自信がない方にも安心です。

未経験者からゲームデザイナーを目指す方法は?

未経験者からゲームデザイナーを目指す方も多く、全く関係のない業種からの転職を希望する人もいます。

未経験者からの転職は絶対に無理という訳ではありませんが、難しいです。
経験、知識、スキルが必要になる職種なので転職先を探すのは大変です。

未経験者でも経験や知識がない以上の強みがないと転職先を探すのも大変です。

まずは、専門学校やアルバイトなどで知識や実績を積んでから転職先を探した方が良さそうです。

アルバイトや派遣社員で入社する

ゲームデザイナーは、あると有利になる資格やスキルがあります。
未経験でも資格があると有利になることもあります。

まずは、アルバイトや派遣社員で実績を積み、資格取得を目指すという方法もあります。

ゲームデザイナーに関係するアルバイトなどを行い、前職ではどのようなことを行い、どんなスキルがあるかを明確にすることで転職に有利になります。

専門の学校で学び実力をつける

あると有利に働く資格取得は簡単ではありません。
専門的な知識を必要とするものもあり、独学では難しい場合もあります

資格取得を目指すのなら専門学校で学び実力をつけるのが近道です。
未経験者でゲームデザイナーになりたいと思ったら知識や経験が必要になります。

専門学校に通うことで必要な知識や技術を学ぶことができます。

ゲームデザイナーの勉強にオススメな専門学校

代々木アニメーション学院

ゲームデザイナーになるためには専門的な知識があった方が就職や転職に有利になります。
必要になる知識は一つではなく、プログラミング技術やデザイン技術、コミュニケーション能力や企画をゲーム制作に落とし込む理解力なども必要です。

専門学校へ行きゲームデザイナーを目指す方も多く、ゲーム制作の必要なことを学ぶのなら代々木アニメーション学院がおすすめです。

全てを独学で学ぶのは難しく普通の大学ならコミュニケーション能力や理解力を学ぶことは可能ですがゲームデザイナーとしての専門知識や技術を学ぶのは難しいです。

代々木アニメーション学院はゲーム総合学科がありゲーム制作に関するノウハウや技術、必要となるコミュニケーション能力なども学ぶことができます。

実践で活躍できるように基礎学習やCGの基礎、チームでのゲーム制作など就職や転職の強みになるような実績も積むことができます。

代々木アニメーション学院は業界で活躍するプロの講師による授業を受けることもでき、プロになるために必要な技術を基礎からしっかりと学ぶことができます

独学や大学を選ぶよりも専門学校なら効率よくゲームデザイナーについて学ぶことができ、卒業後の就職のサポートもしっかりしています❗️

そら
そら
ゲームデザイナーになるためには知識や技術が必要、専門学校が近道だね!

ゲームデザイナーの転職に有利な資格はある?

面白いゲームを作る、円滑にゲーム制作を行うために必要なスキルの他にもあると役立つ、有利になる資格もあります。

ゲームデザイナーは実力主義の世界なので実績を上げたい方は有利になる資格を取得しましょう。

情報処理技術者試験

情報処理技術者試験は経済産業省が認定する国家資格です。
取得することで情報処理技術者として知識や技術が一定以上のあると認められているという証になります。

ゲームデザイナーやプログラマーなら全部で13分野ある試験の中で基本情報技術者試験、応用情報技術者試験がおすすめです。

CGクリエイター検定、CGエンジニア検定

CG-ARTS協会が主催し認定している検定です。
どちらの検定もベーシック、エキスパートがあります。

CGクリエイター検定は2次元コンピュータグラフィックスの基礎や3次元コンピュータグラフィックスの制作の手法など、CGエンジニア検定はソフトウエア開発、カスタマイズ、システム開発を行う知識があることの証明になります。

色彩検定(R)

created by Rinker
¥2,420
(2022/06/24 19:06:00時点 Amazon調べ-詳細)

色彩検定協会が認定する資格です。
1級~3級があり色に関する知識や技能を活用できる能力があることを証明する資格です。

色を効果的にゲーム制作に活用できることを証明できるので、ゲームデザイナーにおすすめの資格です。

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験

Photoshop(R)クリエイター能力認定試験にはスタンダード、エキスパートがあります。
Webデザインやサイト制作、画像編集に使用するPhotoshopの操作スキルがあることの証明になる検定試験です。

ゲームデザイナーにもPhotoshopの操作が必要になることもあるのであると有利になります。

Illustrator(R)クリエイター能力認定試験

Illustrator(R)クリエイター能力認定試験はスタンダード、エキスパートの2種類があります。
Illustratorはグラフィックツールで認定試験を取得することでIllustrator知識だけじゃなく、操作スキルがある証明にもなります。

像の編集を行う業種やデザイナーなど持っていると有利になる資格です。

ゲームデザイナーの転職にオススメなスキル

ゲームデザイナーには基本のデザインの知識はもちろん、CGやPhotoshop、illustratorなどソフトウエアの操作も必要になります。

また、より良いゲームを作るためにも必要なスキルがあります。

そら
そら
ゲームデザイナーに必要なスキルや資格を紹介していくよ~

発想力や創造力

ゲームの世界観はトレンドなどを取り入れることも多いです。

流行っているものや注目されているものは何かなどを敏感にキャッチし、ゲームの世界観にあったキャラクターや設定に変えてきます。

誰も思いつかないように発想力や創造力がないと新しいものは生み出せません。

英語力

英語力があるとゲーム業界だけじゃなく様々な業種で役に立ちます。
ゲーム業界の中には海外との仕事を中心に行っている会社もあります

海外を中心に仕事を行っている会社では英語力を必須や重視していることも多いです。
英語のスキルがなくても就職や転職は可能ですが、英語力があると有利になり、国内だけじゃなく海外でも活躍できます。

コミュニケーション能力

ゲーム制作は一人で行う訳じゃなく、チームで分担して行います。
コミュニケーション能力がないと連携が取れずに作業がスムーズに行えません。

また、企画通りに円滑に仕事を進めるためにもコミュニケーション能力は大切です。

ゲームデザイナーの仕事内容は?

ゲームデザイナーとはゲームの企画や構成を行う業種です。
ゲームディレクターと企画を考えプロジェクトを進める業務なども行います。

世界観やキャラクターの演出や設定にも関わる仕事でゲームプランナーとも呼ぶことがあります。

ゲームデザイナーはゲームの企画やプロジェクトの進行、ゲーム内で使われる様々なデザインを行います。

中にはゲームの世界観や設定、全体的なゲームのバランス調整なども行います。

キャラクターデザイン

ゲームデザイナーはゲームの世界観に合わせてキャラクターのデザインを行います。

人物や動物、モンスターやロボットなど幅広いジャンルだけじゃなく、服装など様々なものを作り出します❗️

モーションデザイン

キャラクターなどの動きに特化したデザインをモーションデザインといいます。
ゲームのキャラクターに動きをつけることでキャラクターの感情や性格を表現します。

ゲームをより面白くするためにはとても重要な作業です。

背景デザイン

ゲームの世界観やストーリに沿って背景などのデザインを行うのが背景デザインです。
背景だけじゃなく、アイテムなどもデザインします。

ユーザーがゲームに興味を持ってもらえるような高いクオリティが求められます。

エフェクトデザイン

エフェクトデザインとはゲームを盛り上げる演出や視覚をデザインする仕事です。
炎や雷、水や光、爆発などエフェクトによってゲームのプレイヤーに爽快感を与えます。

エフェクトデザインは視覚的にゲームで起こっていることを伝える重要なデザインです。

会社や個人によっては幅広い業務を行う可能性も!

ゲームデザイナーの仕事はゲームの基本設計です。
会社によっては幅広い業務を行う可能性もあります。

  • 企画
  • ゲーム進行のフローチャート
  • 画面設計
  • 操作設計
  • デザイン仕様書の作成
  • サウンドの指示

企画が通り、具体的な仕様書が完成したらプログラマーやグラフィックデザイナー、サウンドクリエイターに制作を依頼する業務もゲームデザイナーが行うこともあります。

ゲーム制作の規模などによってもゲームデザイナーの役割は大きく変わります❗️

また、ゲームデザイナーとしてゲームに登場する様々なデザインやゲーム内の設定なども一人で行う訳ではなく、担当に分かれて行うことが多いです。

ゲームデザイナーの年収・月収は?

ゲームデザイナーの年収や月収は経験やスキルによって大きく変わります。
それでも相場は一般的な会社員と同じくらいで350万円から500万円、実績を上げているゲームデザイナーは700万円を超えることもあります。

年功序列ではなく。実力主義の世界なのでゲームデザイナーとして経験がない場合は年収や月収は低くなります。

「ゲームデザイナーの年収」についてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームデザイナーの年収について紹介!
ゲームデザイナーの年収はいくら?初任給・ボーナス・給与UPのコツも紹介!「ゲームデザイナーとして働きたいけど、平均年収っていくらぐらいだろう?」 「年収って上げられるんだろうか?』 ゲームデザイナーを...

ゲームデザイナーの職場は働きやすい環境?

ゲーム制作に関わる仕事は納期が多く、残業も多いイメージが強いです。
ゲーム業界では女性の活躍も高まっていて働きやすい環境が整っています。

ゲーム業界は成長を続けていて労働環境が見直されています

産休、育休制度など女性が働きやすい環境というだけじゃなく、フレックスタイム、在宅勤務制度を取り入れる企業も多く無理なく働ける環境が整っています。

過酷というイメージが強いですが、思ったよりもゲームデザイナーは働きやすい環境です

ゲームデザイナー転職についてまとめ

eスポではゲームデザイナーの仕事内容や必要なスキル、転職におすすめのエージェントについてご紹介しました。

  • ゲームデザイナーに転職するためには知識と実績、経験が必要
  • ゲームデザイナーの転職におすすめなのはゲーム業界に特化したマイナビクリエイター
  • 未経験者からゲームデザイナーにはなれるが難しい
  • 必要なスキルは発想力や創造力、英語力、コミュニケーション能力
  • ゲームデザイナーには専門的な知識や技術が必要なので専門学校がおすすめ!
  • ゲームデザイナーとはゲームの企画や構成、デザインなど幅広く行う業種
  • 年収は350万円から500万円
  • ゲームデザイナーは男女共に働きやすい環境

ゲームデザイナーには必須の資格はありませんが、あると有利になる資格はあります。
知識や経験、実績が必要な職種なので未経験者の転職は難しいです。
未経験者の場合には専門知識や経験を積むために専門学校をおすすめします!

ゲーム業界は残業が多く、つらいというイメージもありますが、働きやすい環境が整っていて実力や実績があれば年収も高くなります。

ゲームデザイナーを目指している人は知識、経験、実績を積むと転職やキャリアアップにも有利になります!

そら
そら
最後まで読んでくれてありがとう~