ゲームクリエイターの一日の流れは?仕事内容や平均年収も解説!

CGクリエイター 一日の流れ

様々な面白いゲームが世の中にはたくさんあります。
そして、ゲームクリエイターはゲームが生まれるにはとても欠かせない存在です。

では、そんなゲームクリエイターが一日どのような流れで仕事をしているのか気になりますよね。

今回Ludusではゲームクリエイターの仕事の一日の流れをご紹介します。

  • ゲームクリエイターの一日の流れ
  • ゲームクリエイターの仕事内容とは
  • ゲームクリエイターになるには大きく2通りの道がある
  • ゲームクリエイターに就職するのにおすすめの専門学校
  • ゲームクリエイターの平均年収
  • ゲームクリエイターになるためにおすすめの資格

その他にもゲームクリエイターになるためにおすすめの方法もご紹介します。

さくら
さくら
ぜひ最後までご覧ください

ゲームクリエイターの一日の流れ

ゲームクリエイターの1日は大きく午前と午後に分かれます。

午前は出社した後は当日の確認や、打ち合わせを行うことが多く、午後からは実際に制作活動やその制作活動途中でチームでのミーティングが行われることが多いです。

午前

一般的にゲームクリエイターの会社への出社は9時以降が多く、他の職種に比べると朝の開始時間は遅くなります。

9時30分~10時 出社

出社後は メールの確認、朝会、バグチケットの確認、チャットの確認や当日のスケジュール確認など連絡業務の確認をします。

連絡の確認後はロケがある際はロケの準備、企画会議があるときは会議の準備等、当日の準備を行います。

また、バグチケットの確認をして、その対応をすることもあります。

11時頃 打ち合わせ

11時頃にチーム内での共有を行うためプランナーと各クリエイターはその日一日のスケシュールの確認のための打ち合わせを行っています。

ゲームクリエイターはチームでゲーム制作を行うため、こういった打ち合わせは必要となりります。

仕様書に沿っているのか、また仕様書を更新しなければいけないのかそういった細かい部分についてチーム内で共有していきます。

午後

午後は実際にゲームを制作することが多く、その制作途中での進捗確認やチーム内での共有を行うために定期的にミーティングが行われることが多いです。

13時~18時 制作活動やミーティング

13時からゲームクリエイター自身の制作活動を行います。
制作活動はゲームクリエイターの中でも専門ごとに分かれ自身の作業をします。

開発職のゲームクリエイターは仕様書に沿って、それぞれのゲームの制作を行っていきます。

ゲームプランナー等の企画は発注した仕様書の出来ている部分があれば、各種パラメーターの調整や実装できている物について確認を行います。

そして、制作途中の段階でどうなっているか情報の共有のためチームごとにミーティングが定期的に行われます。

18時~21時 退社または残業

18時以降に特に何もなければそのまま退社することが多いです。

残業については納期に余裕があるときはそのまま会社を退社することが多いですが、納期前になると残業することも増えていきます

また、開発途中のゲームにバグが発生したりするとそれを取り除くための仕事が増え残業になることも多いです。

ゲームクリエイターの仕事内容は?

ゲームクリエイターといってもまず大きく開発部門と企画部門の2つの種類に分かれ、その中でもまた種類が分かれています。

開発としてのゲームクリエイターはシナリオライター、CGライター、デバッカー、サウンドクリエイター、プログラマーがあり、実際のゲーム制作を行っている部門になります。

企画としてのゲームクリエイターはゲームプランナー、プロデューサー、ディレクターがあり、ゲーム制作を進めるためにどういったゲームを制作するか仕様書を作成したり、プランを立てたりします。

企画としてのゲームクリエイターはそのゲーム制作プランや仕様書を作らなければいけないため、発としてのゲームクリエイターの知識もあることが前提になります。

それぞれに仕事内容が違いますが1つのゲームを作るチームとして仕事をしていきます。

ゲームクリエイターの種類について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームクリエイターの職種は?
ゲームクリエイターの職種9選!仕事内容やなる方法を解説近年ゲームはe-sports市場の活性化、VR/ARの普及、コロナの巣ごもり需要からもどんどん需要が高まってきています。 スマホ、...

ゲームクリエイターになるには?

ゲームクリエイターになるには、大きく2つの方法があります。

大学や専門学校または独学などでゲーム制作を学んでゲームクリエイターになる方法と、ゲーム会社に入社して仕事の中でゲーム制作を学びながら働く方法があります。

大学や専門学校または独学でプログラミング・デザインなどを勉強する

大学や専門学校でゲームクリエイターとして必要な知識を学んで就職するという方法があります。

ゲームクリエイターはそれぞれグラフィックやデザイン、システム構成の面など制作に関して専門的な知識を要求されることが多いです。

そのため、しっかりと専門知識がわかっているゲームクリエイターとして専門学校や大学で勉強することはどのようにゲーム制作を行うか学べ実際に働いた時にも役に立ちます。

最近は本やインターネット上でもゲーム制作についての情報も多くあり、独学で学ぶことや、また自身で自作ゲーム等を作りながらゲーム制作を学んでいくという方法もあります。

ゲームクリエイターを目指す上でオススメの大学について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームクリエイターの勉強ができる大学
ゲームクリエイターになれるオススメの大学を紹介!偏差値や学科も!ゲーム業界は十数年前から右肩上がりに拡大を続け、今後もさらなる成長が期待できるゲームクリエイターという職業。 自分オリジナルのゲー...

ゲーム会社に就職する

ゲーム会社に就職してから実務をこなしつつゲームクリエイターとして学んでいくという方法もあります。実際の現場にて、他の職員から学べる場面もあります。

未経験でも最初からゲームクリエイターとして入職するのではなく、デバッカーやそのほか簡単なデータ入力をアルバイトとして入職するという方法もあります。

ただし、専門性が特に高く求められる仕事の場合は未経験での入職はとても厳しいことが多いです。

ゲームクリエイターへの転職に興味がある方は、下記の記事もあわせてご覧ください!

ゲームクリエイターに転職するには
ゲームクリエイターに転職する方法は?未経験から目指す方法も!「ゲームクリエイターへ転職するにはどうすればいいの?」「ゲームクリエイターって実際どんな仕事内容なの?」 ゲームクリエイターに転職...

ゲームクリエイターに就職するなら専門学校!

代々木アニメーション学院ゲームクリエイターになるために専門学校を選ぶなら、技術と伝える力両方が身につく代々木アニメーション学院に入学することをおすすめします❗

なぜなら、代々木アニメーション学院は全国で10学院もありそのすべて同じ教育カリキュラムで行っています。

学校内でゲーム制作ができるほどの学科があるため、学部・学科を超えてチームを作り企画から素材制作を含めたゲーム制作の一通りが実際にできるのもこの学院ならではの強みです。

その中でもゲーム学科総合では、クリエイター、プランナー、ビジネスすべてを含んでおり、ゲームクリエイターとして総合的な観点から学べます。

また、その他にもコミュニケーション能力についての学びもあり、制作の部分で必要な技術だけでなくそれをしっかりと伝え、仕様をチーム内に共有する実際の現場を想定して学ぶことができます。

ゲームクリエイターを目指せる専門学校について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームクリエイター専門学校
ゲームクリエイターを目指せる専門学校29校を紹介!選び方も解説!今までは「ゲームばかりしてないで」と言われたことがある方も、これからの時代はゲームの勉強をすることが職にも繋がり人生の手助けになるかもし...

ゲームクリエイターの平均年収は?

平均年収は大体約300万~600万になります。

また、ゲームクリエイターの職種によっても異なり、基本的にプランナーやディレクターなど企画や上部に当たる職種は一般の開発のゲームクリエイターより年収は高くなります。

初任給は大体平均22万程度で、給与は一般の会社と同じように年数が経つにつれ昇給などをするほどさらに段々高くなります。

ゲームクリエイターの年収について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームクリエイターの年収
ゲームクリエイターの年収は?福利厚生や昇給についても紹介!「ゲームクリエイターの年収ってどれくらいあるの?」「年収や収入をあげるためにはどうすればいいの?」 今後ゲームクリエイターとして働...

ゲームクリエイターにおすすめの資格

ゲームクリエイターとして持っているとおすすめの資格をご紹介します。

ゲームクリエイターはゲーム制作に専門的な知識を必要とするものも多く、特にデザインやエンジニアとして知識があるかそのソフトを使いこなせるか見られることが多いです。

そのため資格を持っているとその知識があるとみなされ就職に有利になります。

どれも難易度がスタンダードとエキスパートの2つに分かれており、まずは自分が普段一番使っている分野の資格のスタンダードから受けてみるというのをおすすめします。

CGクリエイター検定

最近のゲームはCGを使うことが一般的なことも多く、CGの知識が必要になることが多いです。

CGクリエイター検定は毎年2回試験がおこなわれている民間資格で主にスタンダードとエキスパートに分かれています。

受験資格は特になく、だれでも受験できるため取得していて損はないです。

CGエンジニア検定

ゲームを作る際にCG分野の開発や設計に必要なのがCGエンジニアです。

CGを作成し、ゲーム上で動かすまでに様々な工程が必要になります。

CGクリエイター検定と同じくこちらもベーシックとエキスパートの2種類があり、CGを専門としていなくてもベーシックの知識があればゲーム制作もはかどります。

Photoshopクリエイター能力認定試験

グラフィックコンテンツを加工することができるPhotshopはゲームクリエイターでもよく使われるソフトです。

写真を加工、編集できるスキルの証明にもなります。

グラフィックのデザインを特に志望する方には取っておきたい資格です。

Illustratorクリエイター能力認定試験

Illustratorをどれだけ使えるかを問われる資格です。

Illustratorはデザインや印刷でのDTP業界で実質の標準のソフトとして扱われています。

ただ、使いこなせるだけでなく、いかにソフトを効率よく行えるかの証明にもなります。

ゲームクリエイターの資格について知りたい方や、ゲームクリエイターを目指すために独学で学びたいという方はこちらの記事もぜひ参考にしてください!

ゲームクリエイターに必要な資格について紹介!
ゲームクリエイターに資格は必要?仕事に活かせる資格・スキルを職種別に紹介!「将来ゲームクリエイターになりたいけどどういう仕事か分らない」「どういう資格が必要か分らない」と悩んでいる人も多いと思います。 一...
ゲームクリエイターにオススメの本
ゲームクリエイターを目指す人にオススメの本を30冊以上紹介!中々ゲーム制作のスキルが上がらないから分かりやすい本を探している人も多いのではないでしょうか? 今回Ludusでは体系的に学べる参...

ゲームクリエイターの一日の流れについてのまとめ

今回Ludusではゲームクリエイターの一日の流れについてご紹介しました。

  • ゲームクリエイターの一日の仕事ではは制作活動と同じぐらいチームでのミーテイングが重要である。
  • ゲームクリエイターになるためには、企画や開発の種類にとらわれすぎず、チームで共有できるようになるためにも、幅広い知識が必要になる。

実際の制作活動自体は1人で行いますが、チームでゲーム制作を行っているためそのためのミーティングや打ち合わせが1日の流れに含まれていることが多く、それほどチーム内でのコミュニケーションが必要なことがわかります。

このようにしてゲームクリエイターは日々仕事を行っています🎮
ゲームクリエイターになるには、様々な専門的な知識を学ぶ必要もあり大変ですが、チームで一丸となってゲームが完成した時の達成感は他ではなかなか味わえないです。

さくら
さくら
最後までご覧いただきありがとうございました

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!