ゲームクリエイターはきつい?残業や業務内容の実情を調査!

ゲームクリエイターきつい

2020年のベネッセの小学生がなりたい職業ランキングで、男子部門では、YouTuberを抑え、ゲームクリエイターが1位に選ばれました🏆

人気のゲームクリエイターですが、きつい仕事であると言われています。

実際きついのでしょうか?
きついとはどういったところなのでしょうか?

その実態を、ゲームメディアであるLudusより、以下の点をお伝えしていきます!

  • ゲームクリエイターの年収・勤務時間・社内環境から見るきつさ。
  • ゲームクリエイターはただただつらいだけなのか。
  • ゲームクリエイターになるなら心しておくこと。
  • ゲームクリエイターへの一歩として。

さっくりと読める内容になっていますので、ぜひ、最後までご覧ください🙇

ゲームクリエイターはきつい?

ゲームクリエイターはきついか、きつくないか、で言えばきついと言えるでしょう。
きついと言われる理由には、残業や給料などをあげられることが多い傾向にあります

では、ゲームクリエイターとはどういった点が実際きついのでしょうか。
例として上げられることの多い、『年収』、『勤務時間』、『社内環境』について簡単に解説します。

ゲームクリエイターの年収っていくら?

ゲームクリエイターの平均年収は、おおよそ300万から600万程度となっています。
クラスや年代によって変わり、20代であれば~400万円ほどで、プロデューサーのような管理職であれば600万円以上と、バラつきがあります

国税庁が公開している平均年収は467万円ですが、場合により下回ることも上回ることもあります。
平均に届かない場合があることを考えると、給料面でつらいと感じることもあるでしょう。

ゲームクリエイターの勤務時間は?

フレックスタイム制や、裁量労働制を採用して、コアタイムだけ定めて、時間的な自由度が高い会社もあります❗

勤務時間が決まっている場合は、大体9時半~10時に始業、18時~22時に終業といった8時間労働が多いです。

また、開発職は残業や徹夜が多い傾向にありますが、ゲームクリエイターも例外ではありません。
ゲーム制作の締切が迫っている場合などは特に、残業をして業務を進めます。

ゲームクリエイターの社内環境は?

制作機器と向き合い、日々を費やすことになるゲームクリエイターにとって、社内環境は重要です。

職場環境は会社によって異なりますが、宿泊を伴っての残業や、徹夜、休みがとりづらいなど過酷な環境の職場もあります😭
チームで動くので、プロジェクトによっては関わる人数が大数であり、中には合わない人なども出るでしょう。

納期間近の残業、休みが取りづらいといった点がきついと言えるでしょう。

ゲームクリエイターって本当にきついだけ?

「給料が平均より低い場合もある」、「定時に帰れず作業をしなければならない」、「コミュニケーションをとらなければならない」…これだけ聞くと、ゲームクリエイターはきついだけなのか、と思ってしまいますよね。

楽な仕事ではありませんが、つらいだけではありません。
ゲームクリエイターでしか得られない喜びもあります!

それは、時間と労力をかけて生み出したゲームが世に出て、たくさんの人に遊ばれることです。
完成させたという達成感は、苦労した分だけ強く感じられます。

すべて自分の理想どおりのゲーム作りができるわけではありませんが、面白さを追求していくことも、モノ作りが好きな人にとっては、代えられない喜びです😍

また、近年では、働き方改革が進んでいることもあり、徹夜して朝まで仕事ということも減少しています
残業をしても22時頃までで、残業をすると怒られるというところもあります。

福利厚生も整っており、すべてではないものの、ブラックの印象の強かったゲーム会社も、ホワイト化しつつあるのです。

給料も、良くも悪くも実力主義の世界なので、実力をつけてステップアップしていけば、年収1000万もあり得る世界です。

何より、チーム一丸となって完成させる達成感や喜びは、つらさに勝る大きなやりがいです❗

ゲームクリエイターを目指すための心構え

ゲームクリエイターを志すにあたってや、就職してからも、知っておきたい心構えがあります❗
それはユーザー意識、健康管理、チーム意識です。

『ユーザー意識』とは、消費者の目線を考えることです。
ユーザーにとって楽しいかどうかを考えなくてはなりません。

ゲーム作りと聞くと、作りたいゲームを作れると思われがちですが、商業作品ですのでビジネスを前提に制作する必要があります。
そのためには、ただ制作側の理想を追うばかりではなく、ユーザーの心にささるモノ作りができるように、ユーザーを意識し、ユーザーの目線を忘れないようにしましょう

『健康管理』とは、文字どおり自身の心身の健康を気づかうことです。
多忙な時期には残業による身体的に負担がかかり、ストレスもたまっていきます。

ストレスをためないように適度に発散し、出来得る限り食生活や規則正しい生活を日々心がけると良いでしょう。

『チーム意識』というのは、チームで行動する上で心得ておきたいものになります。
ゲーム制作はひとりで行うものではありません。
チームでの制作ですので、ほかのクリエイター職との連携を意識し、積極的にコミュニケーションをとるようにしましょう。

以上の心構えをもって、働いていくといいでしょう✨

その他、クリエイター職に必要なスキルや適性について気になるという方は、こちらの記事も合わせてご覧ください!

クリエイターの適正について
クリエイターの仕事に適性がある人とは?必要な能力なども紹介!クリエイター職に憧れを抱く方も多いです。 クリエイター職は幅広い職種があり自分だけでもの作りをする、全体をまとめるクリエイターの職...

フリーランスのクリエイターになるならレバテッククリエイター

レバテッククリエイターは、WEB・ゲーム業界に特化したフリーランスエージェントです。

レバテッククリエイターには様々な特徴があり、中でも特筆すべき点は業界最大級の案件を保有している点です!

数多くの案件からご自身に合う案件を探すことができ、高単価な案件も獲得できます。

また、テッククリエイターのエージェントに営業をすべて任せることができる点も大きなメリットです!

これからフリーランスを目指している方に向けて相談会を実施しているなど、手厚いサポートも受けることができます。

登録完了まで60秒ほどでできてしまうので、気になる方はぜひレバテッククリエイターの利用を検討してみてください!

ゲームクリエイターに就職するには専門学校

代々木アニメーション学院

ゲーム業界は実力の世界です。
応募の際に制作したゲームを添付して、ポジションに採用されたという例もあるほどです!

ゲームクリエイターになりたいなら、即戦力になれるほどの力を、就職前に持っておきたいところです。
即戦力になる力をつけて、ゲームクリエイターへの就職を目指すなら、専門学校がオススメです❗

専門学校といえば代々木アニメーション学院が有名です。
代々木アニメーション学院には、ゲームの学科があり、ゲームクリエイターに必要なものを学ぶことができます。

専門学校は大学と違い実習が多いのが特徴のひとつです。
実習を重ねることで、即戦力として、実務的な能力をつけられます。

代々木アニメーション学院も例にもれず、多くの実習があり、カリキュラム内で実際にゲーム制作を行います。
ゲーム制作はチームで行うので、現場で大切な、チームでの行動が学べるのは大変貴重です!

大学は幅広く学べますが、専門学校と比べると、どうしても学習が実用性に劣ります
さらに、代々木アニメーション学院は就職のサポート体制もしっかりしており、学んだことを活かすための手助けをしてもらえます✨

ゲームクリエイターという、定まった目標に早く就きたいならば、大学よりも専門学校が最適だと言えるでしょう。

ゲームクリエイターの仕事のきつさについてのまとめ

今回Ludusでは、ゲームクリエイターは実際きついのかをテーマにあつかい、紹介しました。
ここまでをまとめましょう。

  • 年収、勤務時間、社内環境によりつらいと感じることがある。
  • それでも、達成感や喜びがあり、きついだけではない!
  • ゲームクリエイターとして働くなら、健康管理、ユーザー意識、チーム意識を心がける。
  • ゲーム業界に就職するなら、専門学校で即戦力になれるだけの力を養うと良い。

クリエイティブな職業なので、つらい部分も実際にあるようです。
「ゲームクリエイターはきつい」という言葉を聞くと、身を引いてしまう人もいると思いますが、それでも、それ以上に楽しい部分があるのもゲームクリエイターです。

きついと言われがちなゲームクリエイター。
ですが、きついだけではないようなので、ゲームクリエイターになりたい人は、気後れせずに良い部分もしっかり考えて目指してくださいね✨

最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ゲームクリエイターへの転職に興味があるという方は、下記の記事もあわせてご覧ください!

ゲームクリエイターに転職するには
ゲームクリエイターに転職する方法は?未経験から目指す方法も!「ゲームクリエイターへ転職するにはどうすればいいの?」「ゲームクリエイターって実際どんな仕事内容なの?」 ゲームクリエイターに転職...

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!