ゲームクリエイターのやりがいは?仕事内容や魅力を徹底調査!

ゲームクリエイターのやりがいは?

「ゲームクリエイターって面白いの?」「そもそもゲームクリエイターはどんな仕事をしているの?」「どういう人がゲームクリエイターとして成功するの?」

ゲームクリエイターという職業に興味を持っている人の中には、このような疑問を持っている人も多いと思います。

今回Ludusでは、ゲームクリエイターのやりがいについて以下の内容を紹介します。

  • ゲームクリエイターの仕事のやりがいについて
  • ゲームクリエイターの仕事内容
  • ゲームクリエイターとして成功するための極意
  • ゲームクリエイターに転職するなら

具体的な例をいくつか出しながら説明しますので、この記事を読めばゲームクリエイターの仕事がイメージしやすくなるはずです。

まつたろー
まつたろー
ぜひ、最後までご覧ください。

ゲームクリエイターの仕事のやりがいとは?

早速ですが、ゲームクリエイターの仕事のやりがいを3つ続けて紹介します。
内容に納得できた方は、ゲームクリエイターに向いているかもしれません。

思い描いたものを現実のものに変換できる

ゲームを作るというのは、イメージを現実に落とし込む作業です。
つまり今までに無かったもの、自分の頭の中にしか無いものを生み出すことも出来るのです。

頭の中で思い描いたゲームのシステム、キャラクター、世界観といった数々の要素を、人気ゲーム・人気キャラクターとして現実に生み出せるかもしれない、というワクワク感が楽しさとして、やりがいとして存在します。

しかも、そのゲームやキャラクターは生み出して終わりではありません。

ゲーム発売後には、リアルタイムでプレイしたユーザーの声や反応が届きます。
最初は自分の頭の中にしか無かったものを、最後は全世界にいるプレイヤーたちと共有することも出来るのです。

もちろん中にはネガティブな意見もあるでしょうが、それを改善点としてピックアップし、次回に向けて面白さをさらに突き詰めれば、一度生み出したものを成長させていくことも出来ます。

生み出す喜び、成長させていく喜びが、やりがいへとなっていくのです。

0から企画したものが世に広がる達成感と喜び!

「自分の頭の中にある」という状態は、他の人から見れば何もない=「0」と同じこと。
0から1を作り出し、作り出したものが世の中に広がっていくまでの過程にやりがいを感じる方も多いです。

まず重要なのは、生み出した「1」をゲーム作りのメンバーと共有すること。
ゲーム作りではプログラマー・デザイナーなど、多方面から人が集まり1つのチームを構成しますが、立場の違う人たちに自分のイメージを正しく伝えるのは容易ではありません。

それでも話し合いを続けることで、当初のアイデアよりさらに多くの発想がもたらされ、予想以上の作品に成長していくこともあります。

1つ1つ段階を経て、ゲームとしてまとまっていき、やがて完成し、パッケージとして店頭に並び、時にはCMなどの広告も目にする。

元は0だったものが徐々に周りの人間へ浸透していき、世の中へ広がっていく過程に喜びを感じ、やりがいとなっていきます。

日々の鍛練が功を奏する

普段からゲームをプレイされる方は分かると思いますが、ミスを全くしないでエンディングまで到達することは、まずありえないですよね。

ゲームをプレイするには試行錯誤が必須ですが、それはゲームを作る場合も同じです。
果てしない数の挑戦&失敗を繰り返すことでしょう。

相手にするのは何万、時には何百万という数のプレイヤー。
ゲームの腕前や考え方も千差万別であるプレイヤーを相手にし、ターゲットとする人たちを出来る限り多く満足させるため、針の穴を通す様な調整を繰り返します。

試行錯誤の回数はプレイヤーの比では無く、鍛錬という言葉を使っても良いほど地道な努力をし続ける必要もあるでしょう。
それでも、その地道な努力の先にプレイヤーの満足はあり、クリエイターのやりがいがあるのです。

ゲームクリエイターの仕事内容は?

「ゲームクリエイター」を直訳すると、ゲームを創り出す人となります。

ざっくりした言葉なので、使う人によって定義に若干の差が見られますが、多くは企画職(ディレクター・プロデューサー・プランナーなど)に就く人を指す言葉として用いられます。

この場合における「ゲームクリエイター」の仕事内容は、ゲーム制作全体の指揮を執ったり、0から1を生み出すための企画を練ったりすることですね。

他にも、シナリオライター・プログラマー・グラフィックデザイナーなどの職種も全て含めて「ゲームクリエイター」としている場合もあります。

ちなみにこの記事では、最初に紹介した「企画職」をイメージした記載内容となっていますのでご了承ください。

ゲームクリエイターに必要な極意!

この記事を読んでいるということは、ゲームクリエイターという職業に少なからず興味があるということだと思います。

そこで、この見出しではゲームクリエイターに必要な極意を3つ紹介。
普段の生活や、今後の勉強において参考に出来そうな内容をお伝えします。

  • ゲームを好きになって、その気持ちを発信する
  • 多くの人と1つのものを作る経験を積む
  • ゲームクリエイターになるためのスキルを身につける

お伝えしたいポイントは以上の3つです。
1つずつ見ていきましょう。

「ゲームを好きになって、その気持ちを発信する」
趣味を仕事にするなとは良く言いますが、ゲームクリエイターが相手にするのはゲームが好きなプレイヤーです。
プレイヤーとしての目線を持っていなければ、良いゲームを作るのは難しいでしょう。

プレイヤーとしてゲームを遊ぶ際も、好きだったポイントや改善点などの感想を常に持ち、言語化して人に伝えるための練習を欠かさないようにしましょう。

「多くの人と1つのものを作る経験を積む」
同人における個人制作ゲームが話題になることもありますが、多くの場合ゲーム作りはチームで役割を分担しておこなうもの。
可能な限り今の環境で、大人数によるモノづくり経験を積みましょう。

ゲームクリエイターとして、そういった経験は確実に役立ちます。

「ゲームクリエイターになるためのスキルを身につける」
クリエイターと言っても、ゲームの企画を出せば良いと言うものではありません。
他のメンバーの仕事を理解し、時にはアドバイスをおこなう必要が出てきます。

スキルとしてはプログラミング・デザイン・マーケティング・マネジメントなど数えればきりがないですが、自分に合ったスキルを磨き続けましょう。

以上3つの内容を意識し、経験を積むことで、ゲームクリエイターとして成功する道は確実に開けます。

ゲームクリエイターに転職するならマイナビクリエイター!

マイナビクリエイター

すでにゲームクリエイターへの転職を考えている方は、マイナビクリエイターを今すぐ覗いてみるのがおすすめ。

「必要なスキルがあるかどうか不安」「どのような企業があるか分からない」「自分に向いている企業はどこ?」このような疑問・不安があっても大丈夫です。

マイナビクリエイターはWeb・ゲーム関連職種専門の転職サイトであるため、専門的なノウハウを持ったスタッフ・システムが完備されています。

例えば履歴書1つを取っても、一般的な会社とゲーム会社ではアピールすべきポイントが違ってきますが、マイナビクリエイターではサポート体制も抜群。
専任のキャリアアドバイザーが付いてくれるため、アドバイスをもらうことも可能です。

また、マイナビという大手ならではの特長として、豊富な取引先を持っているというメリットもあります。
スクウェア・エニックス、カプコン、セガ、サイゲームスなどの大会社とも関係があり、説明会や面談等のイベントも開催されています。

業界・職種が決まっているのであれば、マイナビクリエイターを利用しない手はありません。

ゲームクリエイターの勉強なら専門学校!

代々木アニメーション学院

現在学生の方で進路をゲーム業界に絞っている方、ゲームクリエイターとして必要なスキルを1から学びたい方には専門学校をおすすめします。

普通の大学と比較すると、進路の選択肢が狭まるというリスクはありますが、その分専門的・実践的な内容に特化したカリキュラムが組まれています。

また、同じ夢を追いかける仲間と共に過ごすことで刺激をもらう機会も増え、モチベーションも高まるでしょう。

専門学校の中では、特に「代々木アニメーション学院」がおすすめ
ゲーム学部には「ゲーム総合科」「ゲームプログラミング科」という2つの学科があり、そのうち総合科ではゲームクリエイターを目指すのに特化したカリキュラムが用意されています。

授業は、業界で活躍している講師を招いておこなわれるため、会社での実務を視野に入れた内容が期待出来ますし、卒業後においては就職サポートもされています。

本気でゲームクリエイターを目指すなら、代々木アニメーション学院をチェックしてみてください。

ゲームクリエイターの仕事のやりがいについてのまとめ

今回Ludusではゲームクリエイターの仕事のやりがいについて紹介しました。

決して楽な仕事ではないですが、他の人が絶対に真似できない、自分だけの理想を形に出来る可能性を秘めているのがゲームクリエイターという仕事です。

興味の湧いた方や、「向いているかも?」と思った方は、さらに深堀りして調べてみてください。

まつたろー
まつたろー
ここまで読んでいただき、ありがとうございました。

ゲームクリエイターへの転職に興味があるという方は、下記の記事もあわせてご覧ください!

ゲームクリエイターに転職するには
ゲームクリエイターに転職する方法は?未経験から目指す方法も!「ゲームクリエイターへ転職するにはどうすればいいの?」「ゲームクリエイターって実際どんな仕事内容なの?」 ゲームクリエイターに転職...

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!