ゲームクリエイターになるには?必要資格から専門学校まで詳しく紹介!

ゲームクリエイターになるには

「ゲームクリエイターになるには専門学校に通うべきなの?」「ゲームクリエイターに必要な資格やスキルって何があるの?」

ゲームクリエイターを目指している方はこのように多くの疑問を抱えているかと思います。

今回Ludusではゲームクリエイターになるにはについて以下の内容を紹介します。

  • ゲームクリエイターの基本情報
  • ゲームクリエイターになる方法
  • ゲームクリエイターに必要な資格やスキル
  • ゲームクリエイターとしての就職先は2つある

この記事を読めばゲームクリエイターとしての進路やどんなスキル、資格を身に着けるべきなのかがわかるようになりますよ。

まつたろー
まつたろー
最後までご一読いただくことを推奨します。

ゲームクリエイターの基本情報

ゲームクリエイターになるにはどうすればいいのかと気になってこの記事を読んでいる方が多いかと思いますが、改めてゲームクリエイターとはどんな仕事なのかという基礎情報を簡単におさらいしていきましょう。

ゲームクリエイターの職種から年収や月収など収入に関する情報について見ていきます。

ゲームクリエイターの仕事

ゲームクリエイターとはその名前の通りにゲームソフト、スマホ向けアプリの制作や開発を行う職種のことを指しています。

ゲームクリエイターと聞くとゲームを動かすのに必要なプログラミングをするゲームプログラマーを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか?

しかし、それだけでなくゲーム音楽を作るサウンドクリエイター、映像を制作するグラフィックデザイナー、そして制作チームを統括するゲームプロデューサー、ゲームディレクターなど数多くの職種が存在するのです。

このようにゲームはそれぞれの役割を持ったクリエイターが協力することで作られています。

ゲームクリエイターの月収・年収

ゲームクリエイターは月収年収はどれくらいもらっているのか調べてみました。

ゲームクリエイターの平均年収は524万円で、この金額は日本の平均年収である433万円を大きく上回っていることがわかります。

平均月収は44万円ほどと日本の平均月収と比較してみても高いと言えますね。

ここで紹介した月収や年収はゲームクリエイター全体の平均金額ですので、職種や所属する会社の規模によっても同じゲームクリエイターでも収入に大きな差があります。

ゲームクリエイターの将来性

ゲームクリエイターという職業は一般的な企業と比べると高収入が期待できる業界ですが、将来性があるのかどうか気になる方もいるのではないでしょうか?

結論としてゲームクリエイターの仕事は将来性が高い業界だといえます。

将来性が高いと言える理由としては、ゲームが娯楽の1つとして私たちの生活に浸透しているためです。

今やゲームは据え置き型のものだけでなく、誰もがもっているスマホでも遊ぶことができ、日夜新たなゲームが生まれています。

このようにゲーム市場が成長していることに加えて、ゲームクリエイターの専門学校や大学などゲームクリエイターの学習環境が整っていることからも今後ゲーム業界が発展していくと予想できるのではないでしょうか。

まつたろー
まつたろー
ゲーム業界は将来安泰な業界といえそうですね。

ゲームクリエイターになる方法①:専門学校で学ぶ

ゲームクリエイターになる方法の1つとしてゲームクリエイターの専門学校で学ぶという選択肢があります。

ゲームクリエイターは職種的には学歴をあまり重視しない傾向にありますが、専門性の高い職種であるためゲームクリエイターの専門学校出身者が数多くいます。

ゲームクリエイターの専門学校に通うことでゲームのプログラミングなど個人では学習しにくい分野を学ぶことができ、ゲーム作りの基礎的な部分から実際に自分たちでゲームを開発するといった実践的な授業まで様々なカリキュラムを受けられるのです。

また、独学では学びづらい魅力的なゲーム作りに欠かせないノウハウや技術をゲーム業界で現役で活躍するプロの講師から直接学ぶことができるというメリットもあります。

そのほかにも就職活動において有名なゲーム会社にインターンシップに行くことができたり、就職相談などのサポートが受けられるのも専門学校の強みといえます。

このように未経験からゲームクリエイターを目指すのであれば、様々なサポートを受けられる専門学校で学習するという方法がおすすめです。

ゲームクリエイターになる方法②:独学で学ぶ

ゲームクリエイターになる方法2つ目は、独学で学ぶ方法です。

先ほどの項目では専門性の高い職種であるために専門学校で学ぶことがおすすめと紹介しましたが、実は独学でもゲームクリエイターとして不利になりにくい職種があります。

その職種がゲームデザイナーやイラストレーターといった職種です。

ただし独学でゲームクリエイターを目指す場合には専門学校などと違い学校のコネクションなどもないため、自分のスキルがどれだけあるのかが重要になります。

そのためPhotoshopやIllustratorといったプロの現場で使用されているソフトを使ったデザインやイラストの制作経験や自分の実力の指標となるポートフォリオを作成するようにしておきましょう。

実力やスキルが認められれば、独学であってもゲームクリエイターになることは可能なのです。

独学後のゲームクリエイターへの転職方法については、下記の記事もあわせてご覧ください!

ゲームクリエイターに転職するには
ゲームクリエイターに転職する方法は?未経験から目指す方法も!「ゲームクリエイターへ転職するにはどうすればいいの?」「ゲームクリエイターって実際どんな仕事内容なの?」 ゲームクリエイターに転職...

ゲームクリエイターになるなら専門学校がおすすめ!

ここまでゲームクリエイターになる方法として専門学校に通う方法と独学の2つの方法を紹介しました。

ゲームクリエイターになるには必須のスキルがないため、上記のどちらの方法でもゲームクリエイターになることは可能ですが、どちらかというと専門学校に通うことをおすすめします。

その理由としては専門学校ではゲームクリエイターになるのに特化した学校であるため、ゲームクリエイターとして必要な知識や技術を身に着けることができるからです。

ゲーム業界への就職は専門的な知識や技術をどれだけ持っているかがカギとなるため、専門学校に通うことで就職を有利に進められるでしょう。

まつたろー
まつたろー
ゲームクリエイターを目指すのであれば、専門学校に通うのが効率的といえそうですね。

専門の学校で学ぶメリット

専門の学校で学ぶメリットにはどのようなものがあるのでしょうか?

専門学校ではゲームクリエイターになるためにより専門的な知識が得られることはわかりましたが、他に専門学校に通うことのメリットが知りたいという方もいるでしょう。

ここからはゲームクリエイターになるために専門学校で学ぶことのメリットを5つ紹介していきます。

プロに基礎から学ぶことができる

専門学校で学ぶメリットの1つ目は、プロに基礎から学ぶことができることです。

ゲームクリエイターの専門学校の多くは、ゲームクリエイターとして活躍する人やその経験を持つ人を講師として迎えています。

そのため、業界のプロからゲームクリエイタ‐になるのに必要な知識や技術といった基礎の部分から、業界のルールやノウハウまで学べるという強みがあります。

基礎からしっかり学習できるため、全くの未経験者であっても業界で活躍するゲームクリエイターに成長できるのです。

より実践的な学習ができる

専門学校で学ぶメリット2つ目は、より実践的な学習ができるという点です。

専門学校で用意されているカリキュラムには、ゲーム作りの基礎となる部分から実際にゲームを企画して、制作するという本格的なものまであります。

このようにより実践的な学習をすることで、面白いゲームを作るために試行錯誤する力を身に着けたり、ゲーム作りに欠かせない制作チーム内でのコミュニケーション能力も鍛えられるのです。

ゲームの完成後にはチームで1つのゲームを完成させるという喜びを体験でき、ゲームクリエイターとしてのビジョンやモチベーションにつながります。

就職するまでのサポートがある

専門学校で学ぶメリット3つ目は、就職するまでのサポートがあることです。

専門学校では、講師が就職相談に乗ってくれたり就職支援する仕組みが整っています。

このような進路サポートは在学時だけでなく卒業後であっても受けられるため、希望の業界への就職を納得いくまで続けられるのです。

また、専門学校では企業と連携して、学校の専用枠が用意されていることもあり、希望するゲームクリエイター業界に就職しやすいというメリットもあります。

ポートフォリオが充実する

専門学校で学ぶメリット4つ目は、ポートフォリオが充実することです。

ゲームクリエイターの就職に欠かせないものの1つとして自分の作品集であるポートフォリオがありますが、専門学校ではポートフォリオ作りについて1年次から制作を始める学校もあります。

1年次から講師によるポートフォリオの添削や制作のポイントを聞くことができるため、充実した内容のポートフォリオ作りができるのです。

また、学校によっては企業の採用担当者が直接生徒の作品を見に来るというイベントを行っているところもあり、そういったイベントでは企業に対して自分を売り込んだり、アピールすることができます。

専門の学校で学ぶデメリット

専門学校に通うメリットについていくつか紹介しましたが、今度は反対に専門学校に通うことのデメリットについて見ていきましょう。

周囲と歩幅を合わせなくてはいけない

専門学校で学ぶデメリットの1つに、周囲と歩幅を合わせなくてはいけないという点があります。

専門学校では周囲と歩幅を合わせて授業が進んでいくため、自分のペースで学習できません。

特に入社するのが難しい会社への就職を志望する場合には、学校で行われる授業だけでは厳しい部分もあり、個人的に勉強する必要もあります。

また、クラスやチームを組んでゲーム制作をする際に、やる気のない学生がいる場合には足を引っ張られてしまい思うように制作が進められなくなってしまうということもあります。

このように専門学校に通うことで周囲とペースを合わせないといけないというデメリットもあるのです。

独学よりお金がかかる

専門学校に通うデメリット2つ目は、独学よりお金がかかることです。

ゲームクリエイターの専門学校の学費は2年生で200万円から240万円ほど、4年生の学校ともなれば400万円ほどになります。

上記の学費に加えて、授業で使用する教材やパソコン、ソフトなどを加えるとプラス数十万円近くのお金がかかってくるため、かなりのお金が必要だといえます。

まつたろー
まつたろー
決して安価な値段とはいえませんね。

他の仕事に就職しづらい

ゲームの専門学校に通うデメリット3つ目は、他の仕事に就職しづらいという点です。

ゲームの専門学校はゲームクリエイターになるための専門的な知識を学ぶことができる半面、他の分野への応用が効きづらいというデメリットがあります。

そのため、ゲームクリエイターを目指して専門学校に入学したものの、ゲーム会社に就職できなかった際に、専門学校で学んだスキルが活かすことができず他の分野への就職も厳しくなってしまうでしょう。

おすすめの学校の選び方

ゲームクリエイターの専門学校は今や東京や大阪だけでなく地方でも数多くみられるため、どの専門学校に通うべきか迷っている人も多いのではないでしょうか。

ここからはおすすめの専門学校の選び方について紹介していきます。

ここで紹介するポイントを抑えて、学校選びをすることでゲームクリエイターになる夢に一歩近づけるでしょう。

インターンシップで在学中にゲーム会社に勤めることができる

おすすめの学校の選び方1つ目は、インターンシップで在学中にゲーム会社に勤めることができるかどうかです。

専門学校では提携する会社とのインターンシップ制度を設けている学校もあり、インターンシップ制度を利用してゲーム会社に務めることで就職活動を有利に進められます。

また、会社によってはインターンシップに参加したかどうかが就職の選考に影響する場合もあるため、就職を希望する会社と提携を結んでいるかどうかで専門学校選びも大きく変わっていくでしょう。

このように専門学校を選ぶ際には、インターンシップ制度があるのか、そして提携を結んでいる会社がどこなのかに注目するようにしましょう。

まつたろー
まつたろー
専門学校を選ぶ際にはどこの会社のインターンシップがあるのか吟味する必要がありそうです。

自分の行きたい分野に強いのか

おすすめの学校の選び方2つ目は、自分の生きたい分野に強いかどうかです。

ゲームクリエイターの専門学校といっても、ゲームクリエイターのすべての職種に対応している学校もあれば、そうでない学校もあります。

折角ゲームクリエイターになるために専門学校に通ったのに、自分の進みたい分野の知識や技術が学べなかったということになりたくないですよね。

専門学校選びの際には自分のなりたい職種を目指せる専門学校なのかどうかを調べて、自分の行きたい分野に強い専門学校を選びましょう。

ゲーマ業界とのコネクションがあるか

おすすめの学校の選び方3つ目は、ゲーム業界とのコネクションがあるかどうかです。

専門学校のなかにはゲーム業界とのコネクションがあることで様々なメリットを受けられることがあります。

例えば、ゲーム会社との提携によってインターンシップ枠や採用枠があることです。

もし通っている専門学校が志望する会社と提携を結んでいれば、就職を有利に進められます。

また、ゲーム業界とのコネクションがあることで業界の最新情報やスキルを得られるというメリットの1つといえます。

クリエイターになるなら「代々木アニメーション学院」

代々木アニメーション学院

ここまでおすすめの専門学校の選び方を紹介しましたが、クリエイターになるなら「代々木アニメーション学院」がおすすめです。

代々木アニメーション学院のゲーム総合科、ゲームプログラミング科に通うことでゲームクリエイターを目指せます。

代々木アニメーション学院ではゲーム制作に必要な基礎知識から、Unity、Unreal Engineといったゲームエンジンの使い方を習得、チームでの本格的なゲーム制作など様々なカリキュラムを受けることでゲームクリエイターに必要な知識やスキルを身に着けられるでしょう。

さらに代々木アニメーションに通う全学科の協力のもと、全生徒をリソースにしたゲーム制作を行うことができ、企画から制作までのゲーム制作の流れを経験することで現場で活躍でいるクリエイターに成長できます。

就職活動の際には学校の講師による就職カウンセリングやポートフォリオ作りのアドバイスなど手厚いサポートのもと就職活動ができたり、学校と提携している企業の採用枠が年間で500枠近くあるため、就職を有利に進められるというメリットもあります。

ゲームクリエイターになるために必要な資格やスキル

ゲームクリエイターになるために必要な資格やスキルはあるのでしょうか?

専門的な職業ということもあり、資格が必要なのではないかと考える人もいるかと思いますが、実は必要な資格はありません。

しかし、就職の際にある資格やスキルを持っていることで就職を有利に進められることもあるのです。

あると便利な資格

それではゲームクリエイターの就職の際にあると便利な資格について紹介します。

ゲームクリエイターを目指している方は是非参考にしてみてくださいね。

情報処理技術者試験

あると便利な資格1つ目は情報処理技術者試験です。

この資格は情報処理関連では経済産業省に認められた唯一の国家試験であり、プログラマー向けの能力認定試験としても重要なものとされているため保有していることで、ゲーム会社への就職が有利になるでしょう。

プログラミング言語に関する資格

あると便利な資格2つ目はプログラミング言語に関する資格です。

ゲーム制作にはプログラミング言語の取得が不可欠ですので、自分が制作したいあるいは就職したい会社で役に立つプログラミング言語に関する資格を持っておくことをおすすめします。

ちなみにゲーム制作の世界ではC言語と呼ばれるプログラミング言語がよく使われています。

CGクリエイター検定

あると便利な資格3つ目はCGクリエイター検定です。

この資格はゲーム制作においてCGデザインを行うグラフィックデザイナーを目指す方におすすめの資格です。

試験では2次元CG、3次元CG制作から映像制作に関する基礎知識などが出題されます。

CGエンジニア検定

あると便利な資格4つ目はCGエンジニア検定です。

この資格はゲームクリエイターの中でもゲームプログラマーにおすすめです。

ゲーム、アニメ、VRやARなどの開発や設計技術の向上を目的としており、独学でも合格が狙える試験となっています。

グラフィックデザイナーを目指す人におすすめの資格

あると便利な資格5つ目はグラフィックデザイナーを目指す人におすすめの資格です。

グラフィックデザイナーを目指すのであれば、ども紹介したCGクリエイター検定に加えてPhotoshopやIllustratorに関する能力認定試験もおすすめです。

PhotoshopやIllustratorはプロの現場でも使用されるソフトですので、これらの資格を持っていることで就職時にPhotoshopやIllustratorの使い方や能力があることをアピールできます。

まつたろー
まつたろー
このように多数の資格があるとは衝撃です。

必要なスキル

必要なスキルについても見ていきましょう。

熱意と体力

必要なスキル1つ目は熱意と体力です。

ゲームクリエイターは決められた勤務時間を設けないフレックス制を採用している会社が多く、納期間際になれば徹夜での作業や休日出勤しなければいけないこともある職業です。

このように不規則な生活習慣でも働き続けられる体力や厳しい労働環境を乗り越えられるゲームに対する熱意がなければ続けるのは難しい仕事といえます。

高い表現力やセンス

必要なスキルの2つ目は高い表現力やセンスです。

特にゲームの映像やキャラクターのグラフィックを手がけるグラフィックデザイナーには、ゲームの世界に没入できるようなキャラクターや背景などの表現力のセンスがCG作りが要求されます。

そのため、CG制作ソフトの練習や知識を吸収し、センスを磨いておくことが大切です。

細かな所までこだわれる高い技術力

必要なスキル3つ目は細かな所までこだわれる高い技術力です。

ゲーム制作では細部までこだわって作ることで、ゲームのシナリオやキャラクターによりリアリティのあるものになり魅力的なゲームとなります

そのため、グラフィックデザイナーやキャラクターデザインだけでなく、ゲームのシナリオライターなども細かな設定までこだわって作れる技術力が必要なのです。

コミュニケーション能力

必要なスキル4つ目は、コミュニケーション能力です。

ゲーム制作は1人でするものではなく、基本的にチームで制作するため様々な人とのコミュニケーションは日常的なものとなっています。

チームの責任者という立場になっても制作チーム内のスケジュール調整や支持出しなどコミュニケーションを取る機会が多く、円滑に制作を進めるためにもコミュニケーション能力が必須といえます。

まつたろー
まつたろー
チームでの制作においてコミュニケーションは不可欠なのですね。

英語力

必要なスキル5つ目は英語力です。

ゲーム制作に使われるソフトなどの機材は外国製のものが多く、マニュアルなども
基本的に英語で表記されているため、英語の読解力なしでは理解できない
でしょう。

また、アップデートや最新の情報は海外のWebサイトに記載されているため、最新の情報を取得するためにも英語力は欠かせないものとなっています。

ゲームクリエイターとしての就職先は2つある

ゲームクリエイターとしての就職先は2つあるということをご存じでしょうか?

実はゲームクリエイターの就職先には、ゲームメーカーゲーム開発会社の2つがあり、それぞれの進路によって業務内容も変わってくるのです。

ゲームクリエイターになったのにやりたい仕事ができなかったということにならないためにも、ゲームメーカーとゲーム開発会社の2つの違いについて簡単に紹介していきます。

ゲームメーカー

ゲームメーカーとはゲームの企画、開発、販売を行う会社です。

任天堂やスクウェア・エニックスといった大手ゲーム会社はゲームの販売や宣伝だけでなく
自社で開発も行っていますが、大手企業のなかにはゲーム開発は開発会社に委託している会社もある
ため、希望する会社に入社してもゲーム開発に関われない場合もあります。

また、ゲームメーカーでは仕事が細かく分けられ、担当となった業務以外の仕事ができないことも多く、例えばゲームの背景の草やキャラクターの髪のモーションだけを担当するということもあるそうです。

ゲーム開発会社

ゲーム開発会社はその名の通り、メーカーから依頼されたゲームの開発のみを担当する会社です。

ゲーム販売や広告といった仕事を担当しないため、ゲームの開発に専念することができます。

ゲームメーカーに比べてゲーム開発業務を幅広く行えるため、キャラクターのモーションからモデリングなど様々な仕事にかかわることができるという魅力があります。

ゲームクリエイターのなかには、開発会社で技術や様々な業務を体験してから、メーカーを目指す人も多いようです。

「ゲームクリエイターなるには」のまとめ

今回Ludusではゲームクリエイターになるにはについて紹介しました。

ゲームクリエイターを目指すための進路として、専門学校と独学の2つの方法がありますがゲーム業界を目指すために特化した技術や知識を身に着けられる専門学校に通うのがおすすめと言えます。

ゲームクリエイターになりたい方はこの記事で解説した専門学校で学ぶ上でのメリットやデメリット、そして学校選びのポイントを抑えて専門学校を選んでみてくださいね。

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただき感謝します。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!