cgデザイナーは年収1000万!?フリーランスは稼げるの?

CGデザイナー 年収1000万

コンピュータグラフィックスを用いて、美麗なイラスト・映像を制作するCGデザイナー。

ゲーム・アニメ・CM・映画など様々な業界で大活躍しているCGデザイナーは、目指している方も多い人気の職業です。

そこで気になるのがCGデザイナーの収入面ですが、CGデザイナーの年収は一般的な職業よりも高いのでしょうか

そこで今回Ludusでは、CGデザイナーの収入面について以下の内容を紹介していきます。

  • CGデザイナーとして年収1000万円稼ぐことは可能なのか?
  • 年収1000万円のCGデザイナーを目指している方におすすめの転職エージェントサイト
  • CGデザイナーの企業規模別・平均年収一覧
  • CGデザイナーの年代別・平均年収一覧
  • フリーランスのCGデザイナーの平均年収について

また記事の最後では、年収1000万円のCGデザイナーまでの道についても詳しくご紹介しています。

まつたろー
まつたろー
最後まで読むことを推奨します。

CGデザイナーで年収1000万円を稼ぐ事は可能?

CGデザイナーで年収1000万円稼ぐことは、実際のところ可能なのでしょうか?

残念ながら収入が頭打ちとなってしまう企業勤めの場合には、年収1000万円稼ぐことはほぼ不可能です👀

大手企業に努めているCGデザイナーの方でも年収は700〜800万円程度となっており、企業勤め一本で年収1000万円を達成することは非常に難しいですね。

しかし、収入が個人の営業能力によって大きく変化するフリーランスのCGデザイナーには、年収1000万円以上稼ぐ方も実際に存在しています。

このため現在企業勤めのCGデザイナーとして働いており、年収1000万円を目指しているという方は、フリーランスとして活動を始めた方が将来性があるといえます✨

年収1000万円を達成したいと考えている方は、まずはフリーランスとしての独立を検討していきましょう。

年収1000万のCGデザイナーになるなら転職もオススメ

CGデザイナーは企業ごとによっても得られる収入が大きく変動する職種となっており、収入を上げるには待遇の良い企業への転職もおすすめです。ここからは転職時におすすめの転職エージェントサイトをご紹介していきます❗️

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターマイナビクリエイターは、IT・Web・ゲーム業界の案件数では業界トップクラスを誇っている大手転職エージェントサイトです。

IT・Web・ゲーム業界に特化したサイトとなっており、CGデザイナー向けの求人についても非常に豊富で、CGデザイナーの求人を探している方におすすめです。

また転職までの手続き時には、実際に業界での実務経験のある経験豊富なキャリアアドバイザーが丁寧にサポートをおこなってくれるため、転職に慣れていない方でもスムーズに転職活動を始めることができます✨

CGデザイナーを目指している方、別企業への転職を考えている方は、マイナビクリエイター利用を検討していきましょう。

下記記事ではマイナビクリエイターについて、評判・口コミなど詳しく紹介されています👀

興味のある方は、こちらもぜひ一度チェックしてみてくださいね。

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

G-JOBエージェント

G-JOBエージェントは、ゲーム業界の求人数No.1を誇る、ゲーム業界に特化した転職エージェントサイトです✨

ほかの転職エージェントサイトでは取り扱っていないようなゲーム企業からの求人も取り扱っており、ゲーム業界のCGデザイナーに関する求人を探している方におすすめのサイトとなっています。

またサポートをおこなうキャリアコンサルタントは、実際にゲーム業界で実務を経験した方のみが在籍しており、業界の実態をよく知った上でのアドバイスを受けることができます。

ゲーム業界のCGデザイナーとして活動していきたいと考えている方は、G-JOBエージェントの利用も検討していきましょう。

CGデザイナーへの転職に興味のある方はぜひ、下記の記事もあわせてご覧ください!

CGデザイナーに転職するには
CGデザイナーに転職するには?未経験の求人の探し方も紹介!「CGデザイナーに転職するにはどうすればいいの?」「未経験からでも転職できるの?」 CGデザイナーへの転職を希望する人の中には、こ...

CGデザイナーで年収1000万円を稼げるようになるには?

ここからはCGデザイナーとして年収1000万円を目指し、収入を上げていくための方法についてご紹介していきます❗️

ここではCGデザイナーとして年収を上げるための方法について、いくつかご紹介していきます❗️

スキルを身に付ける

CGデザイナーはスキル・実績が重視される環境となっており、スキルアップしていくことでも年収の上昇を見込むことができます✨

特にフリーランスのCGデザイナーとして働いている方は、スキルを上げていくことで、他のフリーランサーとの差別化を図ることができ、案件獲得に繋がっていきます

年収を上げていきたい場合は、書籍・Youtube上の動画等を駆使して、資格取得等を目指し、CGデザイナーとしての技量を高めていきましょう。

キャリアアップを目指す

CGデザイナーは経験を積んでいくことで、その後CGプロデューサー・CGディレクターといった管理職へとキャリアアップを目指すことができます

CGプロデューサー・CGディレクターは、その業務内容の責任の重さから、一般のCGデザイナーよりも給与水準が高く年収アップを見込むことが可能です✨

年収を上げていきたいと考えている方は、こうしたCGプロデューサー・CGディレクターへのキャリアアップも目指していきましょう。

大企業に転職する

CGデザイナーは企業規模によっても、給与水準が大きく異なります。

そのため自身が勤めている企業の給与水準が平均よりも下回っている場合、より待遇の良い企業への転職も、年収を上げるのに効果的です✨

やはり中小企業よりも大手企業の方が給与水準が良いことが多く、転職を考えている方は、なるべく大手企業への転職がおすすめです。

すでに別企業に勤めた経験がある方の場合、即戦力になるということで、未経験の方よりも優遇される場合があります。

転職エージェントサイトなどを活用して、条件の良いCGデザイナーの求人を探していきましょう。

ゲーム業界の大手企業について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーム業界の大手企業について紹介
ゲーム業界の大手企業8社を紹介|売上高や就職についても解説!近年では、新型コロナウィルスが流行ってしまったことで、自粛ムードが続いていますよね。 そういった影響もあり、2021年では、自宅で...

CGデザイナーの平均年収

CGデザイナーの平均年収は400万円以上・500万円未満の割合が多いようです👀

2019年の日本の平均年収が432万円となっていることを考えると、基本的にはCGデザイナーの平均年収は一般的な水準となっています。

ただしCGデザイナーの給与水準は、企業ごとによって違いが大きく、企業によっては一般よりも年収が低い場合もあります。

CGデザイナーを目指している方は、こちらの点に注意しておきましょう。

ここからはCGデザイナーの平均年収について、企業規模別・年代別に簡単にご紹介していきます❗️

企業別平均年収

ここでは企業規模別CGデザイナーの平均年収についてご紹介していきます❗️

小規模企業

企業規模 平均年収
10〜99人 420万円

引用:求人ボックス 給料ナビ

雇用人数10〜99人の小規模企業では、平均年収420万円程度となっています👀

こちら男性では平均年収470万円、女性では368万円となっており、男女差もある点に注意していきましょう。

日本の一般的な平均年収が430万円程度となっていることを考えると、小規模企業においての平均年収は一般よりも少し低めですね。

中規模企業

企業規模 平均年収
100〜999人 403万円

引用:求人ボックス 給料ナビ

雇用人数100〜999人の中規模企業では、平均年収403万円程度となっています👀

こちら小規模企業よりも低い水準となっており、注意して確認していきましょう

男性では平均年収451万円、女性では平均年収365万円となっています。

大規模企業

企業規模 平均年収
1000人以上 554万円

引用:求人ボックス 給料ナビ

雇用人数1000人以上の大規模企業では、平均年収554万円程度となっています👀

大手企業を筆頭に大規模な企業においては、日本の一般的な平均年収よりもかなり高い給与水準を誇っています。

現在CGデザイナーを目指している方は、こうした企業規模ごとの平均年収の違いについて、しっかり確認しておきましょう。

こちら男性では平均年収653万円、女性では平均年収428万円となっています。

年代別平均年収

ここでは年代別CGデザイナーの平均年収についてご紹介していきます❗️

20代前半

年代 平均年収
20代前半 281万円

引用:転職会議

20代前半のCGデザイナー・平均年収は、281万円程度となっています👀

令和元年に発表された民間給与実態統計調査では、20代前半の平均年収は264万円となっており、CGデザイナーの平均年収は20代前半では少し高い水準です。

20代後半

年代 平均年収
20代後半 353万円

引用:転職会議

20代後半のCGデザイナー・平均年収は、353万円程度となっています👀

令和元年における民間給与実態統計調査によると、20代後半の平均年収は369万円となっており、こちらを見るとCGデザイナーの平均年収は20代後半では少し低い水準です。

30代

年代 平均年収
30代 418万円

引用:転職会議

30代のCGデザイナー・平均年収は、418万円程度となっています👀

民間給与実態統計調査の30代平均年収は、30代前半で410万円、30代後半で448万円となっており、比較してみると一般よりも少し低い水準ですね。

40代以上

年代 平均年収
40代以上 504万円

引用:転職会議

40代以上のCGデザイナー・平均年収は、504万円程度となっています👀

こちらも民間給与実態統計調査を確認してみると、40代前半の平均年収は476万円、40代後半で平均年収499万円となっており、一般よりも少し高い水準です。

年代ごとの平均年収を確認し、CGデザイナーの一般的な給与水準をチェックしておきましょう。

フリーランス

フリーランスのCGデザイナーとして働いている場合、平均年収は個人個人によって大きく異なります。

あまり多く案件を獲得することができず、量をこなすことが出来ない場合には、年収200万円未満のアルバイト程度の収入しか得られない方も👀

一方企業からの案件を多く獲得し、多くの案件をこなすことができる方の中には、年収1000万円以上の高額な収入を得る方も存在します。

フリーランスは個人のスキル・実績によって収入が大きく変動するため、こうした点に注意していきましょう。

年収1000万円のCGデザイナーへの第一歩は?

ここからは年収1000万円のCGデザイナーへの道について、一つ一つご紹介していきます❗️

大学へ通う

CGデザイナーになるには、CGデザイナーに必要なスキルを身につける必要があります。

そのためまずはCGデザイナーに関する教育をおこなっている大学を探し、入学を検討していきましょう✨

大学にはCGデザイナーを目指している方にぴったりの、デザインに関する専門教育をおこなっている学校も多く存在しています。

こうした大学に入学し、CGデザイナーに必要な専門知識・技術を身につけていきましょう。

専門学校や専門のスクールに通う

CGデザイナーに関する専門知識は、大学だけでなく、専門学校・専門スクールでも学ぶことができます。

一部の専門学校・専門スクールでは、大学同様にCGデザイナーに必要なデザインに関する専門知識の教育をおこなっている学校もあり、こうした専門学校・専門スクールに通うことでもCGデザイナーに必要な知識・技術を身につけることが可能です。

専門学校・専門スクールは、大学と違い、卒業後に大卒の資格を得ることが出来ないため、学歴が重視されやすい大手企業への就職を考えている場合は注意しましょう👀

独学で学ぶ

現在はCGデザイナー向けの書籍や、現役CGデザイナーの方が解説するYoutube上の解説動画なども多く展開されており、CGデザイナーの専門技術を独学しやすい環境が整っています✨

こうした書籍・動画等を活用し、独学でCGデザイナーに必要な知識・スキルを身につけ、デザイナー企業に就職することでもCGデザイナーとしてのキャリアを始めていくことが可能です。

アルバイトから入る

CGデザイナーに必要な知識・スキルを身につけるには、実際にアルバイトとして企業で実務を経験することも効果的です。

一部の企業では人員としてアルバイトを募集しているところもあり、こうした企業でアルバイトとして実際に働くことでも、CGデザイナーに必要なスキルを身につけていくことが可能となっています。

まったく未経験という場合には、アルバイトとして入ることが難しい為、大学・専門学校・独学等である程度CGデザイナーとしてのスキルを身につけた後、アルバイトを始めるのがおすすめです✨

CGデザイナーは年収1000万円稼げるのかについてのまとめ

今回Ludusでは、CGデザイナーは年収1000万円稼げるのかという疑問の答えを中心として、CGデザイナーという職業について以下の内容をご紹介してきました!

  • フリーランスのCGデザイナーなら年収1000万円稼ぐことも可能
  • 年収1000万円のCGデザイナーを目指している方は転職エージェントサイトの利用もおすすめ
  • CGデザイナーの平均年収は基本的には一般的な水準
  • CGデザイナーとして年収を上げていくならスキルアップ・キャリアアップ・転職がおすすめ
  • CGデザイナーの平均年収は大規模企業で554万円
  • CGデザイナーの40代以上・平均年収は504万円
  • 年収1000万円のCGデザイナーを目指すならまずは大学・専門学校・独学・アルバイトで専門知識を身につける

企業勤めで年収1000万円を超すCGデザイナーの方は、基本的に居ません。

そのためCGデザイナーとして年収1000万円を目指していきたいと考えている方は、フリーランスとしての独立を検討していきましょう。

フリーランスの場合には、収入が安定しにくい難点があるものの、頭打ちの収入ではないため、自身の営業能力・頑張り次第では収入を大きく向上させていくことができます✨

今回ご紹介した内容が皆さまの参考になっていれば幸いです。

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!