CGデザイナーになるには?3つの方法・オススメの専門学校も紹介!

cgデザイナーになるには?

様々な場面で目にするCG映像、それを作っているのがCGデザイナーです。
CGデザイナーとは、コンピュータグラフィック(CG)を使って2Dまたは3Dの映像やイラストのデザインをする職業です。

CGは産業用の図面やゲーム、アニメや映画など今や多岐にわたってかかせない技術となっています。

今回Ludusでは、CGデザイナーになるにはどんな方法があるのかについて以下の内容を紹介していきます。

  • CGデザイナーになるにはどうすればいいか
  • おすすめの専門学校の紹介
  • CGデザイナーの仕事内容について
  • CGデザイナーの業界用語の紹介

この記事を読めば、CGデザイナーになる方法や身につけるべきスキルなどを知ることが出来ますよ。

さくら
さくら
ぜひ最後まで読んでね!

CGデザイナーになるにはどんな道のりがある?

一体CGデザイナーになるためにはどのような道のりがあるのでしょうか。
ここではCGデザイナーになるための3つの方法を紹介していきます。

専門学校のCGデザイナー育成コースなどで学ぶ

まずは、専門学校へ通う方法です。

専門学校では、CGデザイナー育成コースなどでCGデザイナーについての基礎から学ぶことが出来るため、1からしっかり学びたいという方には最も向いている方法と言えるでしょう。

専門学校ではCGデザイナー業界で実際に現役で働いている講師に教わることもできるので、生の声も聴くことができるはずです。

卒業するころには高い技術の腕も手に入れることができるでしょう。

また、卒業後も就職への手厚いサポートを受けられる学校がほとんどです。
専門学校もたくさんあるので、自分に向いている専門学校を選びましょう。

芸術系の大学、コンピューター関連の大学で学ぶ

次に、芸術系の大学やコンピューター関連の大学へ通う方法です。
芸術系の大学やコンピューター関連の大学でもCGデザイナーの技術を学ぶことが出来ます

しかし、CGデザイナーの専門学校で学ぶのと比べるとやはり大学だと専門性は少し欠けるのではないかと思います。

まだ将来の夢が確定しておらず、「CGデザイナーも選択肢の1つ」というような方は幅広い知識を学ぶことができる大学へ通うことは向いていると思います。

対して、「絶対にCGデザイナーになるんだ」という方は、大学へ通うよりは専門学校へ通ったほうが実にCGデザイナーについての知識がたくさん身につくでしょう。

アニメ・映像制作会社やデザイン事務所に就職する

最後に、アニメ・映像制作会社やデザイン事務所へ就職する方法です。
これは実際に働きながら覚えるといった方法になります。

実際にやってみないとわからないという方には向いているかもしれませんが、専門学校や大学と違って基礎知識のないまま仕事をすることになりますので失敗は許されません

また、基礎知識がないとついていくのに大変かもしれません

きちんと技術を身につけてから仕事をしたいというのであれば、やはり専門学校か大学で学んでから就職するのがいいのかなと思います。

下記の記事では「CGデザイナーに転職する方法」について詳しく解説しています。
ぜひ、こちらの記事もあわせてご覧ください!

CGデザイナーに転職するには
CGデザイナーに転職するには?未経験の求人の探し方も紹介!「CGデザイナーに転職するにはどうすればいいの?」「未経験からでも転職できるの?」 CGデザイナーへの転職を希望する人の中には、こ...

CGデザイナーになるためにオススメの専門学校!

前述したとおり、CGデザイナーになるためには専門学校へ通うのが1番おすすめです。

ここではCGデザイナーになるためのおすすめの専門学校を、3校にしぼって紹介していきます。

アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院には、ゲーム・アニメ3DCG学科があります。
ゲーム・アニメ3DCG学科では、CG業界の最前線で活躍している講師に最新の知識と技術を教わることができます。

2年間、基礎と復習を繰り返しCGデザイナーの基礎知識をしっかりと身につけることができ、知識0の初心者の状態で入学しても、1年生で2回のゲーム開発と2年生で2回のアニメ制作の実習をこなせるまでに成長することができます。

近年、業界はどんどん進化していきますがそれに徹底的に対応した現場実践主義を掲げていて、プロとしてながく活躍出来るような技術を身につけられます。

定期的に開催されている体験入学では実際にCGを使ってキャラクターを作ってみたり動かしたりを体験することもできます。

また、2020年度卒業生のうちCG業界への就職率は94%にものぼります。

アミューズメントメディア総合学院では、無料にて資料を配布しています。
興味のある方はぜひ、資料請求をしてみてください!

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院には、ゲーム総合科があります。
ゲーム総合科では、CG業界で働くプロ講師によりCGを扱うために必要な基礎知識と技術を学ぶことができます。

1年生では総合を、2年生はCGについての専門分野を学ぶことができ、在学中に実際に独自のノウハウを活かしたゲーム制作の実践を行います。

入学には「YOANI奨学制度」「教育ローン」「新聞奨学生制度」の3つの学費サポート制度も受けることが出来ます。

確かな実績を積みあげて就職活動にのぞむことができ、卒業後もしっかりと就職までのサポートを受けることが出来ます。

代々木アニメーション学院も無料にて資料を配布しています。
ぜひ、資料請求をしてみてください!

総合学園ヒューマンアカデミー マンガ・イラストカレッジ

総合学園ヒューマンアカデミーマンガ・イラストカレッジのには、アニメーション・映像制作専攻学科があります。

アニメーション・映像制作専攻学科では、最先端の3DCGアニメーション制作を学ぶことが出来ます。

総合学園ヒューマンアカデミーでは年に2~3回、CG業界の現場で働くクリエイターの方から特別セミナーを行っていて、CGクリエイターの生の声を聴くことが出来ます。
また、オープンキャンパスや説明会では体験授業を受けることもできます。

下記の記事では「CGデザインを勉強できる大学」について詳しく解説しています。
ぜひ、こちらの記事もあわせてご覧ください!

CGデザイナー 大学
cgデザイナーを目指せる大学!国公立・私立共に紹介!ゲームやアニメの制作に関わった仕事がやりたいという人は現代社会において大勢います。 そのなかにはCGデザイナーとして活躍していきた...

CGデザイナーの仕事内容とは?

CGデザイナーにはどんな仕事内容があるのか以下にまとめてみました。

  • アニメや映画などの映像制作
  • ゲームの制作
  • 車や建築物の設計
  • テレビや雑誌などの広告制作
  • VR(仮想現実)やAR(拡張現実)の制作

などがあげられます。

CGデザイナーとは現実では不可能な表現をCG技術で作成し立体感を出すことです。

平面で描かれたデッサン画をもとにそれを立体化したり、立体的なキャラクターを作ったり、キャラクターのモーションやエフェクトを作ったり様々です。

CGデザインの主な工程は以下のようになります。

  • モデリング(人物やアイテムや背景を立体的にする)
  • リギング(CGモデルに関節の動きの点を作る)
  • テクスチャリング(モデリングしたものに色をつける)
  • ライティング(光を当ててリアルさを出す)
  • レンダリング(作ったものがどう映るのかコンピュータで計算する)

ゲームや映画など多くの人が制作にたずさわっている場合はこのそれぞれの工程の作業を分担して行うこともあります。

CGデザイナーになるにはどんなスキルが必要?

ここでは、CGデザイナーになるために必要なスキルを4つ紹介します。
ぜひ参考にしてみてください。

デッサン力

デッサン力は最も重要なスキルといえます。
なぜなら、CGデザイナーとは2D(平面)から3D(立体)へ起こしたり、リアルな質感を表現することから、イラストを描く時よりも高いデッサン力が必要になってくるからです。

発想力

発想力も大事なスキルになります。

CGというのは、現実では出来ないこと・存在しないものを作り出す作業なので実際に目で見て確認することが出来ない場合が多いです。

なので、発想力がないとイメージを作り出すことが難しいです。

使用ツールの知識、技術力

CGを制作するためのツールの知識と技術力も必要不可欠になります。
ツールの知識や技術を身につけるためには、実際にツールを使って慣れるのが1番の近道でしょう。

中でもCinema4Dというツールは初心者の方でも扱いやすくなっているのでおすすめです。

コミュニケーション能力

コミュニケーション能力も大切なスキルといえるでしょう。

CGデザイナーというとPCに向かって1人黙々と作業するというイメージを持つかもしれませんが、実際はそうではありません。

CGデザイナーの仕事は、チームを組んでそれぞれが役割分担をして作業するので、コミュニケーション能力はとても大事なスキルになります。

下記の記事では「独学でCGデザイナーを目座右方法」について詳しく解説しています。
ぜひ、こちらの記事もあわせてご覧ください!

CGデザイナーに独学でなる方法
独学でCGデザイナーは目指せる?勉強法や3DCGソフトも紹介!今や映画業界、アニメ業界、ゲーム業界と映像やCGグラフィックを使う分野では欠かせないのがCGデザイナーの存在です。 現実では不可能...

CGデザイナーにはどんな人が向いている?

  • デザインをするのが好きな人
  • 発想力のある人
  • 根気強い人

以上のような人がCGデザイナーに向いていると言えます。

CGデザイナーとは名前の通りCGをデザインするのが仕事で、実際の仕事内容は実に地道で根気のいる作業の繰り返しになります。

なので、発想力が豊かでデザインをするのが好きで、根気がないとなかなか続けるのが難しい可能性があります

CGデザイナーの需要と将来性

現代において、CGデザイナーの需要や将来性はどうでしょうか。

需要

CGはアニメや映画・ゲームなど数多くの作品に駆使されていて、今やなくてはならない技法となっています。

特に近年は、VRやARが色々な場面で活用されるようになってきているので、そういった面でもCGデザイナーの需要はこれからますます高くなっていくと思われます。

将来性

CGデザイナーの将来性は明るいと言えるでしょう。

なぜなら、前述したようにこれからより一層VRやARを使ったコンテンツが普及していくことが予想されるからです。

それに伴い、CGデザイナーを目指す人も増えていくでしょう。

絵が下手でもCGデザイナーになれるの?

「絵を描くのが下手だとCGデザイナーになれないの?」と思っている方も少なくないと思います。

実際に絵を描くのが下手だとCGデザイナーにはなれないのでしょうか。

結論から言いますと、絵を描くのが下手でも絵を描くことが好きならば、CGデザイナーになることは不可能ではないと言えるでしょう。

なぜならば、CGデザイナーとは基本的にはPCを使って作業するためです。

ただしその分、ツールの使い方はもちろん、デッサンなどの知識や観察力はしっかりと身につけておくべきだといえます。

また、絵を描くのが下手でも地道に練習を続けて少しでもレベルアップしていけるように頑張っていくべきだといえます。

CGデザイナーになるには業界用語の勉強もオススメ

CGデザイナーになると様々な業界用語を使用することになるため、業界用語の勉強もしていくことをおすすめします。

ここでは3つの業界用語を紹介します。

不気味の谷

不気味の谷とは、例えば人型ロボットの見た目などが人間に近づくとそれに対して親近感が湧きますが、逆に人間に似すぎてくると今度は不気味さや嫌悪感を感じるようになる現象をさします。

このように、親近度を表すグラフにV字の谷が現れることから不気味の谷と言われています。

シェーディング

シェーディングとは、CGをよりリアルに表現するために、明暗や色のコントラストをコンピューターで計算し立体感を出すことを言います。

単純に影を付けて立体感を出す付影処理とは異なります。

ハイポリゴン・ローポリゴン

まず、ポリゴンとは直訳すると「多角形」という意味になります。
CGでいうポリゴンは3点以上の点を繋いでできた多角形データです。

ポリゴンが大きいと1つの面も大きく、細かくなればなるほど滑らかな描画が可能になります。

ハイポリゴンとローポリゴンとは簡単にいえば、ポリゴン数が多いか少ないかということになります。

ハイポリゴンはリアルタイムではない映像や静止画に使われることが多く、ローポリゴンはゲームのようにリアルタイムで処理する媒体や、遠くに大勢の人が小さく映っている場合などに使われることが多いです。

CGデザイナーになるにはどうすればいいかのまとめ

今回LudusではCGデザイナーになるためにはどうすればいいのかについて以下の内容を紹介しました。

  • CGデザイナーになるためには「専門学校へ通う」「芸術系大学へ通う」「映像制作会社やデザイン事務所へ就職」の3つの道のりがある
  • おすすめの専門学校は「アミューズメントメディア総合学院」「代々木アニメーション学院」「総合学園ヒューマンアカデミーマンガ・イラストカレッジ」の3校
  • CGデザイナーの主な仕事内容は「ゲームやアニメなどの映像制作」「車や建築物などの設計」「VRやARの制作」など
  • CGデザイナーの平均年収は373万円
  • CGデザイナーになるために必要なスキルは「デッサン力」「発想力」「使用ツールの知識、技術力」「コミュニケーション能力」の4つ
  • CGデザイナーに向いているのは「デッサンをするのが好きな人」「発想力のある人」「根気強い人」
  • CGデザイナーのこれからの需要と将来性はどちらも高いといえる
  • 絵を描くことが下手でもそれを補えるほどの豊富な知識と発想力があればCGデザイナーになることは不可能ではないといえる
  • CGデザイナーの業界には「不気味の谷」「シェーディング」「ハイポリゴン・ローポリゴン」などの業界用語がある

CGデザイナーになるには、専門学校で基礎からしっかりと学び知識を身につけたうえで映像制作会社やデザイン事務所へ就職することをおすすめします。

専門学校へ行ったからといって誰もが簡単にCGデザイナーになれるわけではありません。
専門学校でしっかりと勉強して知識や技術を身につけ、まずは映像制作会社やデザイン事務所へ就職することを目標に頑張っていきましょう。

さくら
さくら
最後まで読んでくれてありがとう!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!