アニメーターの仕事内容とは?種類・キツイ理由・やりがいも紹介!

アニメーターの仕事内容を紹介

アニメーターに憧れている人は多いかと思います。

アニメが好きな中学生や高校生は、自分もアニメ関係の仕事に就きたいと考えているのではないでしょうか。

今回Ludusでは、アニメーターの仕事の内容について以下の内容を中心にご紹介します。

  • アニメータの職業の種類による仕事内容の違い
  • アニメーターが取り組む仕事の流れ
  • アニメーターが仕事するうえで必要なスキルや資格
  • アニメーターの仕事のやりがいときつい部分

アニメーターとして実際に仕事する時の内容や1日の流れ、求められるスキルなどについて詳しく解説していきます。

さくら
さくら
ぜひ最後まで読んでいってください!

アニメーターの職業の種類と仕事内容

アニメーターと一口に言っても、細かく種類が分かれています。

それぞれの仕事内容について説明します❗️

原画マン

原画マンとはその名の通りアニメの原画(作画)を担当する職業です。

監督やプロデューサー、ディレクターと言った立場の人からアニメの内容に関する部分の説明を受け、資料などを見ながらキャラクターや服装、建物、風景、背景、小物など様々なものを作り出します。

アニメのストーリーや世界観に合った魅力的なキャラクターを生み出し、アニメの根幹となる部分を作り上げる重要な役割を担っています。

原画マンが原画を完成させなければその後の仕事の進行が進まないので、納期やスケジュールを確認しながら仕事に取り組むことが重要です。

動画マン

動画マンは、原画マンが作成した原画を基にアニメを動画にするべく原画と原画の間を成す部分を作成する職業です。

大まかな流れに沿って、動画として成り立つために細かな部分を描いていきます。

アニメの資料と原画を受け取り、まずは作画通りにキャラクターや服装、背景が描けるようにトレースすることから動画マンの仕事は始まります。

原画と原画の間のことを中割りと呼び、中割りを適切に作成し終わったらいわゆるパラパラ漫画のような要領で不自然な部分がないか確認してください。

動きが滑らかでなければまた描き足し、動画として成立するまで中割りを作成します

作画監督

全ての作画のチェックを行い、統一感を出すために必要であれば修正してアニメとしてのクオリティをあげるのが作画監督の仕事です。

テレビアニメ1秒を滑らかに描くための作画は平均24枚と言われているため、30分枠のアニメでも膨大な作画が必要になります。

また、作画1枚1枚を見比べてキャラクターの顔や服装に違和感がないかも確認しなければいけません。

そして動画が完成したらまたチェック・確認・修正を入れます

全てのアニメーターを統括するような役割を果たすため、かなり重要かつ根気のいる仕事だと言えます。

アニメーターの仕事の流れ

アニメーターは絵を描くだけが仕事ではありません。

どのように仕事が進んでいくのか紹介します。

動画の作成のための資料を受け取る

まずは脚本や絵コンテ、作画資料など、アニメを作るための資料を受け取ります。

よく目を通してアニメの内容やコンセプト、ストーリー、世界観についてきちんと把握しておきましょう。

ここで本筋と認識がずれてしまっては、面白いアニメにならないどころかそもそも案が却下されてアニメづくりが始まりません。

何度も熟読し、必要であれば質問して認識をすり合わせておくことをおすすめします。

そしてこの資料に従って、実際にキャラクターを動かすための原画を作成しますが、全ての原画を描くのではなく大筋となる部分に関して作ります。

受け取った原画を基に動画を作成する

原画が完成したら動画マンに渡して、原画と原画の中割り作成に取り掛かります。

原画だけでは動きがないアニメになってしまい、見ている方もつまらなくなってしまうでしょう。

細かい部分まで絵を描き上げ、それを繋げて動画を完成させます。

不自然な部分が無いように細部までしっかり作ってください。

仕上げ担当者に作成した動画を渡す

動画が完成したら、仕上げ担当者に作成した動画を渡します。

担当者が動画をチェックした際に修正が入る場合もあるので、該当箇所に関しては修正を行います。

アニメとして不自然な動きがないか、ここで最終チェックをするので仕上げ担当者は厳しい目で動画を見ることが予想されます。

半端な仕上がりにならないよう、ここでしっかり完成度を上げるために力を尽くしましょう

「アニメーターに転職したい」と考えている方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

アニメーターに転職するには
アニメーターに転職するには?未経験・30代からでもなる方法を紹介「アニメーターに転職するにはどんな能力が必要なのか」「未経験からでもアニメーターになれるのか」 一度はアニメーターへの道を諦めたも...

アニメーターの仕事の1日の流れ

アニメーターの仕事の1日の流れは以下の通りです。

9:00 出勤
午前中 原画の作製
12:00 昼休み
午後 原画完成
14:00 動画作成開始
17:00 動画作成終了・チェック
18:00 修正完了・必要に応じて他者の仕事をカバーするなど

1日に全体で作業しなければならない量や、ここまで進めたいというスケジュールは決まっています。

そのため、自分が担当している仕事だけ終われば帰れるという訳ではありません

さくら
さくら
大変な仕事なんですね…!

アニメーターの仕事のやりがいやきつい点

アニメーターの仕事に関して、やりがいを感じる部分やきつい点・大変なところについて触れていきます。

やりがいや楽しいところ

アニメーターのやりがいは、やはりアニメ制作に携われることです。

特に自分が原画を担当したアニメがアニメーション作品として放送されたのを見た時は、何物にも代えがたい喜びや感動が感じられるでしょう。

同じアニメを作る仲間と協力し、切磋琢磨しながら作品を作ることに楽しさを見出すというアニメーターも多いです。

きつい点や大変なところ

納期やスケジュールに沿って仕事を進めるため、作業が遅れたり納期が短くなったりすれば休みなく長時間働くこともあるかと思います。

ただでさえ精密な原画を作成するには体力・精神力が削られていくので、かなりきつい作業になることが予想されます。

また、アルバイトや1つの仕事当たりの金額を決められている場合は、作業量と報酬が見合わないように感じることも。

労働環境がまだ良いとは言い切れない部分があります😭

アニメーターが仕事をする上で求められるスキル

アニメーターが仕事をする上で求められるスキルは4つあります❗️

アニメーター以外の仕事でも役に立つ英語力や文章力など以外に求められるスキルをまとめました。

コミュニケーション能力

アニメーターは、アニメの脚本や設定などの細かい部分に関する説明を受け、それを基に原画を作成します。

そのため、相手の意図を汲み取る高いコミュニケーション能力が必要です。

仕事を円滑に進めるために他のアニメーターや職種の人とコミュニケーションをとる機会も多いため、自分の考えを相手に分かりやすく伝える能力も求められます。

日頃から他者ときちんとコミュニケーションをとっておきましょう。

忍耐力

アニメーターは納期が決まっていることが多く、スケジュールに遅れが生じたらそれを取り戻すために仕事に励まなければいけません。

また、クライアントの意向やアニメの公開に合わせて無理のある工程を汲まれてしまうことも考えられます。

アニメーターはきつい部分がある仕事なので、そんな過酷な状況にも負けずに仕事に取り組む忍耐力が重要です。

絵を描く速度

アニメーターにとって絵を描く速度は重要な要素です。

アニメーションは1秒につき数十枚の原画が必要になります。

そのため、どんなにきれいな絵を描けたとしても、1枚に長い時間をかけていてはいつまで経ってもアニメーションが完成しません。

指示された内容を受けて、的確に素早く絵を描き上げてください

日常的に絵を描く速度を上げる練習に励むことをおすすめします。

画力

アニメーターとして描く絵は人だけに限らず、建物や背景、小物など細かい部分も求められます。

物の見え方や立体の捉え方などを勉強し、それを適切に描き上げる画力が必要です。

アニメの絵はもちろん、実物の絵も描けるように練習することで画力は確実に向上します。

日頃からデッサンに取り組んで画力を磨きましょう

「アニメーターの原画マン」についてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

アニメーター・原画マンの収入は?
アニメーター・原画マンの収入・給料は?仕事内容も紹介!アニメは、沢山の工程を色々な担当で分けて制作されていることはご存知の方も多いと思います。 中でも「原画マン」は、アニメ制作の中心になる...

アニメーターの仕事に適正がある人の特徴

アニメーターの仕事に適性がある人の特徴は以下の5つです

アニメが好き

第一にアニメが好きなことがあげられます。

アニメに関する仕事がしたい、アニメを実際に制作してみたいという気持ち・意欲は何よりも重要です。

日頃からアニメが好きでたくさんのアニメに触れているほど、どんなアニメが良いかも分かるのでアニメに対する愛情を持って仕事に取り組んでください。

絵をかくのが好き

アニメーターは絵を描くことが本業です。

何枚も何枚も原画や中割りを描き続けるよう求められることもあるかと思います。

絵を描くことが好きでなければ、続けていくのは難しいと言えます。

向上心がある

常に新しい情報や流行をキャッチし、向上心をもって仕事に取り組む人が向いています。

アニメ業界は常に移り変わっていくので、それについていくことが大切です。

また、自分の現状に甘んじることなく常に上を目指す人でなければ、アニメーターとして成功できない可能性があります。

意欲的に仕事に関わってください。

アドバイスを素直に受け止められる

アニメーターとして仕事を進めていれば、「もっとこうするべき」「この部分はこのようにしてほしい」「ここの描き方が良くない」などのアドバイスや意見をもらうことがあります。

そんな時、「自分は頑張っているのに」「ここはこのままが良い」と意固地にならず、素直にアドバイスを受け止めて柔軟に対応することで、皆で力を合わせて良い作品を完成させることができるでしょう。

アニメーターの高みを目指すのであれば人の意見に素直に耳を傾けることが重要です

仕事に責任感のある人

アニメーターは1枚1枚の絵を合わせて映像を作り上げます。

そのため、1人くらい手を抜いても良いのではないかなどと思わず、自分に振り分けられた仕事は確実にこなしてください

さくら
さくら
頑張って仕事しましょう!

アニメーターの仕事に役立つ資格について

アニメーターの仕事に就き、スムーズに作業をすすめるために必要な資格を紹介します。

色彩検定2・3級

色彩検定は色に関する知識を問う検定です。

アニメーターは原画を描く時や動画を作る際に、効果的な色を組み合わせることでよりアニメーションを魅力的にすることが求められます。

配色や色の関係を学んでおきましょう。

アニメーション実技試験

アニメーション実技試験は課題から指示を読み取り、CGアニメーションを作る実践力を測る試験です。

CGアニメーターの業務に即した内容が出題されるため、この試験に合格することでCGアニメーターとして一定の技術を有することの証明になります。

CGクリエイター検定1~3級

デザインや2DCGの基礎、3DCGを制作する技術に関する検定です。

アニメーターとして必要な知識・技術に関する内容が幅広く出題されます。

知的財産権などについても学べます。

画像処理エンジニア検定

デジタル画像に関するハードウェアやソフトウェアを扱う知識や技術を測る検定です。

製版開発の知識はもちろん、実際に画像を制作する・適切に処理する能力を有しているかどうかを問われます。

画像処理能力はアニメーターにとって重要なスキルなので、身に着けておくと良いでしょう。

デジタル作画がアニメーターの仕事で使われるようになり変わったこと

デジタル作画がアニメの世界に持ち込まれることで、アニメーターの仕事が減ってしまうのではないかと考える人もいるでしょう。

しかし、実際には作業効率の向上に繋がり、長時間勤務や早朝・深夜帯の作業など、無理な労働を防ぐことに繋がっています。

デジタル作画によってより表現の幅が広がるので、結果的に作品としての可能性も広がっていくでしょう。

そして、より確かな画力やデジタル作画を使いこなす技術がアニメーターに求められます。

アニメーターという仕事の現状と将来性

アニメーターという職業の現在の地位と、今後についての展望を解説していきます。

アニメーターの現状

アニメーターは現状どのような扱いを受けているのでしょうか。

雇用形態と勤務時間

アニメーターは正社員の数がとても少ない職業です。

契約社員としての枠も少なく、多くのアニメーターはフリーランスやアルバイトとして働いているのが現状です。

また、思いがけない残業が多く勤務時間も一般的なサラリーマンに比べると長い傾向があります。

自分の作業が終わらなければその分時間が押してしまいますし、自分の仕事が終わったとしてもチーム全体の仕事が完成しなければ帰ることができません。

アニメの公開スケジュールによっては、早朝出勤や深夜帯の残業も有り得ます。

平均的な年収

アニメーターの平均年収は約250万円です。

日本の平均年収は400~450万円と言われているので、それに比べるとかなり低くなっています。

上記の通り社員として働いている人が少ないことがアニメーターの年収が低い理由だと考えられます。

ちなみに新卒だと年収100万円台という人も多く、生活苦を感じている若手アニメーターが多いという厳しい世界です。

その分、アニメーターとして成功し大手アニメ制作会社に就職できれば年収500万円以上という人もいます。

実績重視の世界であるため、新卒未経験の人にとっては厳しいスタートになるでしょう。

主な就職先

アニメーターの就職先はアニメ制作会社が一般的です。

また、アニメーターが活動する場はテレビアニメーションだけでなく映画アニメーションやネット動画、DVD作品制作会社などがあります

個人でアニメを制作しているスタジオやアニメ関連会社などに就職するという手段もあります。

フリーランスとして仕事をする場合は、自分からアニメ制作会社や現場、各種クライドソーシングサイトなどを利用して仕事をとります。

アニメーターの将来性

現在、日本のアニメは国内だけでなく世界的に高い評価を受けています。

そのため、アニメ現場が無くなることは現状考えにくいと言えます。

アニメーターの地位は決して高くないものの、需要が高まれば現場でのアニメーターの扱いも変わってくるでしょう。

実際、社員としてアニメーターを募集する企業や早朝・深夜帯に作業することを禁止した企業が増えてきています。

そして、デジタル作画が進むことでアニメーターの仕事が減る可能性を危惧しているかもしれませんが、現場ではまだまだアナログ作画の需要があります。

少しずつ労働環境が改善され、働きやすくなる可能性は十分考えられます。

デジタル作画のソフトを使いこなすことで、時代の流れになったアニメーターを目指してください。

未経験からアニメーターの仕事につくにはどうしたらよい?

高校生のうちからアニメーターを目指したいと考えていたり、一旦別の職業に就職したもののアニメータの仕事に就きたいと思ったりした場合、どのような方法があるか説明します。

転職の場合

アニメーターに転職する場合、全く未経験の状態では採用が難しいでしょう。

アニメ業界は実力主義ですし、未経験であればこれからの伸びしろが期待できる若い人が採用される傾向があります。

アニメーター未経験かつ絵を描く能力などもないのであれば、厳しい現実が待っている可能性が高いです。

絵を描く勉強をしたり、実際に絵を描いたりしてアニメーターの勉強に取り組みます。

それから転職サイトや求人サイトを利用してアニメーターの仕事を探しましょう。

マイナビクリエイターなどアニメ業界に特化した転職サイトを利用してください。

新卒の場合

新卒でアニメーターになるには、実際にアニメ制作会社に就職します。

高校生の場合は就職活動を行う時からアニメ業界を狙って就活に取り組みましょう。

新卒でアニメーターを目指すのであれば、始めからアニメーターの学校に通うことをおすすめします

例えば、代々木アニメーション学院にはアニメ学部アニメーター科といってアニメーターを目指すコースがあります。

在籍中にアニメーターに関する知識・技術を身に着けられるため、最も効率がいい方法です。

アニメ学部は初年度学費合計が159万7,000円と決して安くはありませんが、学費をサポートしてくれる制度もあります。

独学の場合

独学でアニメーターを目指す方法もあります。

決して楽な道ではありませんが、頑張り次第では不可能ではありません。

  • 絵を描く練習をする
  • イラスト制作ソフトを使いこなせるようになる
  • 就職活動用のポートフォリオを制作する
  • 就職活動をする

上記の4つをしっかりと行っていきましょう。

アニメーターの仕事に就くなら総合学院ヒューマンアカデミーマンガ・イラストカレッジ!

アニメーターの仕事に就きたいと考えているんであれば、総合学院ヒューマンアカデミーマンガ・イラストカレッジに通うことをおすすめします😍

アニメーション・映像制作専攻というクラスがあり、アニメーターを目指すための勉強ができるのです。

実際に3DCGソフトを使いこなす技術や自然な動きのつけ方、チームで作品を作るなど、実際にアニメーターとして働いた時と同じ作業を在学中に行います。

学生のうちから現場の仕事を経験できるので、就職後はアニメーターとして即戦力になれると言えるでしょう。

カリキュラムに沿って勉強をすすめれば必要なスキルがしっかり身に着きます。

実際にプロのアニメーターとして数々の功績を遺した豪華講師陣の授業も魅力の1つです。

体験授業も行っているので、実際にどのような授業が行われているのか知りたいと思われた方は、ぜひ資料請求をしてみてください!

さくら
さくら
夢を掴むために頑張りましょう!

アニメーターのキャリアプランについて

アニメーターはキャリア構築するためにどのような手順を踏めばいいのでしょうか。

まずは動画マンとしてひたすら原画作成に取り組み、一人前と認められれば今度は原画マンとしての仕事が回ってきます。

原画担当者として数多くの仕事に関わることで更に地位が向上し、能力が認められれば作画監督としての道も見えてくるでしょう。

アニメ業界は実力主義の厳しい世界です。

そのため、キャリアアップを狙うならコツコツと仕事に取り組み、実績を積むことが1番の近道だと言えます

また、アニメという業界にこだわらないのであればwebデザイナーやゲーム業界へ転職するという道もあります。

近年、アプリゲームの開発が主流になっているためゲーム業界におけるデザイナーの需要が高まってきています。

アニメーターとしてキャリアを積んでいれば、優遇される可能性も。

自分のやりたいことやできることを把握し、どのような道に進むのか決めてください。

アニメーターの仕事で使われる専門用語の意味の解説

アニメーターとして仕事をしていると、数々の専門用語が当たり前のように使われています。

それぞれの意味について解説します。

リテイク

アニメーターがリテイクという言葉を使う時には、演出や作画面、配色、撮影などにおいてミスがある部分を撮り直すという意味を持ちます。

また、放送されたアニメをDVDやブルーレイディスクとして発売する際に、放送時のミスを治す時にもリテイクという言葉が使われます。

カット袋

アニメ業界において、カットとは映像を小分けにした時の最小単位を指す言葉です。

カット袋とは原画や動画の素材を入れる厚手の袋のことで、カットごとに分けることで後から確認・伝達しやすくなります。

そのため、カットの素材はまとめてカット袋に入れておきます。

アニメーターの仕事についてのまとめ

今回Ludusでは、アニメーターの仕事について以下の内容を中心にご紹介しました。

  • アニメーターの仕事は原画マン、動画マン、作画監督という種類に分けられる
  • アニメーターの仕事は動画作成の資料を受け取ってから動画を完成させるまで細かい仕事をこなさなければならない
  • アニメーターとして多くの仕事をこなしてキャリアを形成する
  • 数多くのスキルや資格が求められる仕事できつい面も多いが、やりがいのある仕事である

アニメーターは決して楽な仕事ではありません。

作業量が多く稼働時間も長いため、きつい面が見える職業でもあります。

それでも、アニメに対する熱い情熱を持ち、良いアニメを作ろうという向上心があれば未経験でも一流のアニメーターを目指せるでしょう。

この記事がアニメーターになるという夢を叶えるための手助けになればと思います。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

さくら
さくら
また遊びに来てください!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!