サウンドクリエイターがつらいと言われる理由!向いている人はどんな人?

サウンドクリエイター つらい

サウンドクリエイターの仕事は、つらいとか難しいといわれることがあります。
サウンドクリエイターになりたいと考えている方は、具体的にどの部分がつらいのか気になるでしょう。

今回Ludusでは、サウンドクリエイターがつらいといわれることについて以下の内容を紹介します。

  • サウンドクリエイターとはどんな職業なのか
  • サウンドクリエイターの種類
  • サウンドクリエイターがつらいといわれる理由
  • サウンドクリエイターに必要なもの・スキルとは
  • サウンドクリエイターに向いている人
  • ゲーム業界の課題

最後には、サウンドクリエイターの経歴を活かした就職先の見つけ方についてもご紹介しています。

まつたろー
まつたろー
最後まで読むことを推奨いたします。

サウンドクリエイターとは?

サウンドクリエイターとは、ゲームやドラマ、映画などの効果音やBGM、テーマ曲を作成する仕事です。

サウンド制作は、現場のプロデューサーやクライアントと話し合って決めることが多くなっています。
またサウンドクリエイターが、音量のコントロール業務を担当することも少なくありません。

サウンドクリエイターの需要は高く、将来性も期待できる職業です。
ただしサウンドクリエイターは倍率が高く、新卒でも高いレベルが求められます。

新卒からサウンドクリエイターになるには、実績や人脈作りの経験を積まなければなりません。
サウンドクリエイターを目指す方は、育成する専門学校の利用がおすすめです。

「サウンドクリエイター になるには」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

サウンドクリエイターになるには?
サウンドクリエイターになるには?知識0の未経験からなる方法を解説!映画やゲーム、CMなど様々なコンテンツのBGM・SEを制作するサウンドクリエイター。 特にゲーム業界ではBGM・SEの印象・重要性...

サウンドクリエイターの種類

一口にサウンドクリエイターといっても、種類があります。
それぞれの違いを理解すれば、自分が目指すサウンドクリエイターになるための課題が見えてくるでしょう。

ゲームサウンドクリエイター

ゲームサウンドクリエイターは所謂ゲームクリエイターの一種で、ゲームの世界観にあった曲作りが仕事です。
主に以下の内容を取り扱います。

  • テーマ曲
  • 戦闘曲
  • キャラの足音

ゲームの世界にプレイヤーを引き入れる大切な仕事で、需要があります。
ゲームの世界観や物語を音で表現する力が必要です。

アニメサウンドクリエイター

アニメサウンドクリエイターは、アニメに関連する楽曲を担当します。
アニメのイメージに合わせてアニメサウンドクリエイターが作曲するだけでなく、すでにある楽曲を探し出してアニメに採用することも少なくありません。

声優とコミュニケーションを取って曲を制作することもあり、色々な人と関わり合いながら楽曲を制作していきます。
アニメサウンドクリエイターになればアニメの最後に名前が掲載されることもあり、やりがいも感じやすいでしょう。

作曲家

作曲家は、アニメやゲーム以外でも楽曲を作る仕事です。
サウンドクリエイターはエンタメ分野での活躍が大半ですが、作曲家はクラシックやポピュラー音楽も担当します。

エンタメ以外にも興味のある方は、作曲家へのステップアップも視野に入れて活動してみてください。

サウンドクリエイターは辛いと言われる理由

サウンドクリエイターの仕事は、つらいとかきついという声が聞かれます
サウンドクリエイターの厳しい労働環境をまとめてみました。

長時間労働になりがち

サウンドクリエイターの仕事は多忙で、長時間労働になることが少なくありません。
サウンドクリエイターはクライアントの要望で仕事するうえ、納得できる音楽が作成できるまで仕事をする必要があります。

例えばクライアントによっては、短期間の納品や無理難題を求められることも少なくありません。
複数の案件を抱えていて毎日が締め切りというサウンドクリエイターもいます。

ワークライフバランスの充実した仕事を希望する場合、サウンドクリエイターの仕事は辛いでしょう。

厳しい競争社会で疲れる

サウンドクリエイターで活躍するには、厳しい競争社会で勝ち抜く必要があります。
常に気を張っているので、疲れてしまうかもしれません。

近年ではプロだけでなく、DTMや音楽制作ソフトを使う副業サウンドクリエイターも増えてきました。
ライバルは今後も増える見込みで、仕事を求めてさらに厳しい競争が起こる可能性があります。

心や体が休まる時間がなく、つらいと感じるサウンドクリエイターも少なくありません。

せっかく作っても却下や修正される可能性がある

サウンドクリエイターの仕事は、クライアントの意向に左右されます
時間を掛けて制作した楽曲も、却下や修正されることも少なくありません。

自分の好きな音楽がクライアントに評価されるとは、限らないものです。
自分の仕事が否定されたように思い、つらく感じてしまうかもしれません。

機材にお金がかかる

サウンドクリエイターに必要な機材は、お金がかかります
サウンドクリエイターとして活躍する前に機材を揃えないといけないので、金銭的な負担に感じる方も少なくありません。

一般的には、以下のような機材を用意します。

  • DAW
  • オーディオインターフェース
  • ヘッドフォン
  • パソコン
  • MIDIキーボードなど

費用負担がネックで、サウンドクリエイターを断念する人も少なくありません。

報酬相場が低くなっている

サウンドクリエイターの報酬相場は、以前よりも低くなっています
今までと同じ仕事量では収入が減り、つらい思いをしているサウンドクリエイターも少なくありません。

低単価でも案件を受ける副業やフリーランスサウンドクリエイターの増加も、報酬相場の定価を招いています。
労働に見合った収入が得られないので、サウンドクリエイターを辞めてしまう人も少なくありません。

サウンドクリエイターに必要なもの・スキル

サウンドクリエイターになるためには、様々なスキルや能力が求められます。

必要なものは事前に用意しておくと、スムーズにサウンドクリエイターを目指せるでしょう。

コミュニケーション能力

サウンドクリエイターは、コミュニケーション能力が必要です。
サウンドクリエイターは、クライアントやプロデューサーと頻繁に打ち合わせをします。

コミュニケーション能力が不足していれば、関係者のイメージに合わない曲になるかもしれません。
今からサウンドクリエイターを目指す方は、コミュニケーション能力も磨くようにしてみてください。

創造力

創造力は、サウンドクリエイターに必要不可欠なスキルです。
楽曲制作には、0から新しい物を作る力が求められます。

創造力がないと、クライアントが求める楽曲作りが困難になるかもしれません。
創造力を鍛えて、選ばれるサウンドクリエイターを目指してみてください。

シンセサイザーなどの機材

シンセサイザーなどの機材は、サウンドクリエイターが用意します。
クオリティの高いサウンドを作るには、高品質のシンセサイザーを選ぶことがおすすめです。

先輩サウンドクリエイターが愛用している機材があれば、購入の参考にしてみてください。

サウンドクリエイターに向いている人

サウンドクリエイターに向いている人をご紹介していきます。

音楽が好きな人

音楽が好きな人は、サウンドクリエイターに向いているでしょう。
音楽好きなら、つらい仕事も耐えやすいものです。

音楽で生活したいと考えている方は、サウンドクリエイターを目指してみてください。

デジタルツールの使用が得意な人

サウンドクリエイターの仕事は、デジタルツールの使用が必要不可欠です。
サウンドクリエイターは、長時間パソコンを使用することも少なくありません。

デジタルツールの使用が得意であれば、作業効率を上げることもできるでしょう。
音楽制作に時間が掛かるという方は、デジタルツールの使い方を学び直したり、使い勝手のいいデジタルツールに変えたりすることをおすすめします。

向上心や探求心がある人

サウンドクリエイターは、常に新しいアイディアが必要です。
向上心や探求心のある方は、次々と新しい楽曲が思い浮かびやすいでしょう。

向上心や探求心を意識して持てば、サウンドクリエイターとしての成功も夢ではありません。

「ゲーム業界」のサウンドクリエイターは特に激務!

サウンドクリエイターの中でも、ゲーム業界に就職すると特に激務です。
ゲーム業界全体は成長していて、仕事量が増加しているサウンドクリエイターも少なくありません。

短い期間に大量の音楽を納品しないといけない案件を担当すれば、体力的にも精神的にもつらい状態になります。
ゲーム業界でサウンドクリエイターを目指す場合は、過酷な現場だと知っておくといいでしょう。

「ゲーム業界 仕事」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーム業界の仕事について解説!
ゲーム業界の仕事を徹底解説!30種の職種・平均年収・今後の展望など!皆さんはゲーム業界についてどれぐらい知っていますか? ゲーム業界と言っても、そのゲームに携わる多くの仕事が存在します。 そう...

サウンドクリエイターの経験を活かして転職するなら

マイナビクリエイター

サウンドクリエイターの経験を活かして転職したい場合は、マイナビクリエイターの利用がおすすめです。
マイナビクリエイターは、webやゲーム業界大手への転職に強い転職エージェントとして知られています。

専任キャリアアドバイザーからのサポートが手厚いので、転職活動が不安という方も心強い味方になってくれるでしょう。
またポートフォリオ作成のサポートが充実しているので、今までの経験を上手くまとめられないという方にもおすすめできます。

マイナビクリエイターは無料で利用可能です。
まずは無料登録をして、サービスを利用してみてください。

「ゲーム業界 大手」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーム業界の大手企業について紹介
ゲーム業界の大手企業8社を紹介|売上高や就職についても解説!近年では、新型コロナウィルスが流行ってしまったことで、自粛ムードが続いていますよね。 そういった影響もあり、2021年では、自宅で...

サウンドクリエイターはつらいという話に関するまとめ

今回Ludusでは、サウンドクリエイターはつらいのかについて以下の内容をご紹介してきました!

  • サウンドクリエイターはエンタメの音楽分野に関する仕事
  • サウンドクリエイターにはゲーム、アニメ、作曲家の3種類がある
  • サウンドクリエイターはつらい仕事といわれている
  • サウンドクリエイターにはコミュニケーション能力、創造力が求められる
  • サウンドクリエイターは向上心や探求心のある人が向いている
  • ゲーム業界は特に激務である
  • 転職する場合はマイナビクリエイターの利用がおすすめ

サウンドクリエイターはつらいという声が多い職業です。
特にゲーム関連の仕事をする場合は、つらく感じるかもしれません。

ただ音楽が好きなサウンドクリエイターは、天職だと感じることでしょう。
また自分が作った音楽がゲームやアニメで流れるのは嬉しいものです。

コミュニケーション能力、創造力を磨けば、仕事がやりやすくなるかもしれません。
もう少し良い条件の職場に転職したい場合は、マイナビクリエイターの利用がおすすめです。

今から目指す方は大変な現場であることを理解したうえで、サウンドクリエイターを目指してみてください。
つらい中にも、サウンドクリエイターのやりがいや楽しさが見つけられるでしょう。

まつたろー
まつたろー
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!