ゲームエンジニアの平均年収は?低い?必要な資格・スキルも紹介!

ゲームエンジニア 年収

スマホの普及やeスポーツの活性化などもあり、ゲーム業界に関する職業は年々広がりつつあります。

その影響もあり、ゲーム制作を中心とするゲームエンジニアという職業も増えつつありますが、どんなスキルや資格が必要なのかなどに疑問を抱える方も多いでしょう。

そこで今回Ludusでは、ゲームエンジニアの仕事や必要な資格などについて解説していきます。

  • ゲームエンジニアの仕事内容とは
  • ゲームエンジニアの年収とは
  • ゲームエンジニアに必要な資格・スキルとは
  • ゲームエンジニアのキャリアパスとは
  • ゲームエンジニアの将来性とは

この記事を読むことで、これらの疑問をまとめて解決することができます。

終盤ではゲームエンジニアへの就職・転職におすすめのサービスも紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

さくら
さくら
ぜひ最後までご覧ください!

ゲームエンジニアとは何?プログラマーとの違い

ゲームエンジニアとは、PCゲームや家庭用ゲームなどのゲームの制作を行う職業のことを指します。

ゲーム制作がメインではありますが、他にもゲーム内容の打ち合わせや動作確認なども行わなければならないため、より広いスキルが求められます。

特に、スマホアプリのゲームや、オンラインでのプレイをメインとしたゲームの場合は、定期的にアップデートが行われるので、動作確認は重要な作業の1つです。

このように、ゲーム制作だけでなく、制作前・制作後にも様々な工程があるのがゲームエンジニアの特徴です。

チームを組んでいる場合は他のメンバーと意見を出し合ったり、こまめに連絡をとったりするので、コミュニケーション能力も求められます。

プログラマーとの違い

プラグラマー(ゲームプログラマー)とは、プログラミングを使ってゲームのシステムや演出などを作っていく職業です。

ゲームエンジニアとは違って、主にゲームのプログラムを作っていくのがメインとなっています。

主な仕事内容としては、プログラミングの観点から打ち合わせに参加したり、ゲームのプログラミングや運用などが挙げられます。

先ほど紹介したゲームエンジニアと重なる部分もありますが、プログラマーの場合はゲーム制作の比重がより大きいのが特徴です。

制作後の運用やメンテナンス等にも対応することもあるので、より正確で優れたプログラミングスキルが求められる職業となっています。

ゲームエンジニアにも種類がある

「ゲームエンジニア」はゲーム制作に携わっている職業の総称のようなものなので、実際にはいくつかの種類に分かれます。

  • ゲームプログラマー(システムや演出などの制作)
  • グラフィックプログラマー(背景やエフェクトなどの制作)
  • サウンドプログラマー(BGMや効果音の制作)
  • ネットワークプログラマー(ネットワーク環境の構築)

このように、ゲーム制作のどこを担当するかによって種類が分かれるため、求められるスキルや経験も異なります。

サウンドプログラマーの場合は、音楽に関する仕事内容が多いため、他のプログラマーとは少し変わった仕事内容となります。

ゲームエンジニアの年収はいくら?

ゲームエンジニア(プログラマー)の年収は以下のようになっています。

ゲームプログラマーの年収の平均は、460万円でした。(企業の年収や口コミ情報から算出)
平均年収範囲は440万円~480万円となっています。
引用元:平均年収.JP|ゲームプログラマーの年収

ゲームエンジニアの平均年収は460万円となっており、国内全体のIT業界の平均年収と比べてもそこまで差はありません。

また、求人サイトなどでは年収460万円以上の求人案件も多く掲載されているので、スキルや経験、勤務地次第ではさらに高い年収を目指すことも可能です。

「ゲームプログラマー 年収」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームプログラマーの年収は?
ゲームプログラマーの年収は?年齢や地域、企業別に詳しく解説!2020年の小学生がなりたい職業ランキング1位にゲームクリエイター/プログラマーがランクインして話題になりました👏 今回は話題にも...

ゲームエンジニアの年収を左右するものとは?

ゲームエンジニアという職業では、どんなスキル・資格を持っているかで年収の幅が大きく異なります。

例えば、TOEICや情報処理技術者試験などの資格を所有していると、所有していない人に比べて年収も上がりやすく、働ける場所の選択肢も広がります

国内だけでなく、海外でも働くことができるようになるので、アジアやヨーロッパ、アメリカなどの広い場所で活躍することが可能です。

実際に、国内とアメリカのゲームエンジニアの平均年収を比べてみると、アメリカのほうが給与が高い傾向にあるので、成果次第では年収アップに繋げられます。

いずれにせよ、ゲームエンジニアとして年収を高めていくには、専門的な資格やスキルが必要となるので、日々学んでいくことが重要です。

ゲームエンジニアに必要な資格やスキルはどんなもの?

ここからは、ゲームエンジニアとして働くうえで必要な資格やスキルについて解説していきます。

プログラミングやエンジンに関する資格を持っていれば、実際の現場で生かせるだけでなく、就職や転職の際に大きくアピールできるので、かなり価値があります。

以下の内容を参考に、資格やスキルを取得していきましょう。

資格

ゲームエンジニアに関する資格を、「必要な資格」と「持っていると良い資格」の2つに分けてそれぞれ解説していきます。

必要な資格

ゲームエンジニアとして働くうえで必要になる資格は、以下の3つになります。

  • CGエンジニア検定
  • 情報処理技術者試験
  • TOEIC

CGエンジニア検定では、ソフトウェアやシステム開発の知識が求められ、ゲーム以外の分野でも重要視されている資格の1つです。

情報処理技術者試験は、経済産業省が認定している国家試験であるため、プログラミング関連の職業においては必須の資格です。

また、開発ツールを使用するにあたって英語が読めないと学習は困難なので、TOEICでも高得点を目指しましょう。

持ってると良い資格

ゲームエンジニアとして持っていると良い資格は、以下の3つになります。

  • Unity認定試験
  • C言語プログラミング能力検定試験
  • Javaプログラミング能力認定試験

これらのツールや言語は必ず使うというわけではありませんが、持っているほうが仕事の幅が広がるのでおすすめです。

それぞれレベルや階級が分かれているので、自分のレベルに合わせて学習していきましょう。

スキル

ゲームエンジニアに関するスキルを、「必要なスキル」と「持っていると良いスキル」の2つに分けて解説していきます。

必要なスキル

ゲームエンジニアとして必要なスキルは、以下の2つになります。

  • コミュニケーション能力
  • プログラミングスキル

ゲームエンジニアに限らず、複数人でプロジェクトを進める職業にはコミュニケーション能力は必須です。

また、ゲームエンジニアはプログラミングをメインとする職業であるため、より高いプログラミングが必要とされます。

持ってると良いスキル

ゲームエンジニアとして持っていると良いスキルは、以下の2つです。

  • 数学に関する知識
  • ゲームエンジンに関する知識

必須ではありませんが、これらの知識があることで、より大きな成果を上げることができます。

就職や転職の際は、これらに関する実績や資格があると、採用率も高くなります。

ゲームエンジニアのキャリアパスについて

ゲームエンジニアになる、もしくはなった後のキャリアパスとして挙げられる職業は、以下の4つが挙げられます。

  • ゲームプランナー
  • ゲームディレクター
  • テクニカルサポート
  • リリースマネージャー

これらの職業では、ゲームの企画を考えたり、エンジニアなどのサポートをしたりするのが主な仕事であるため、ゲームエンジニアとしての経験が生かされます。

ゲームエンジニアの将来性はどうなっていく?

ゲームエンジニアとしての需要は高まりつつあるため、将来性も十分あるでしょう。

需要が高まりつつある理由としては、ゲームのクオリティの向上などが挙げられます。

年々ゲームそのもののクオリティが上がっているため、それにともなってより高いスキルや、より多くの人材が求められています。

また、スマホアプリでのゲームが普及したり、eスポーツが活性化していたりするので、ゲーム業界全体としての将来性もますます伸びていくでしょう、

未経験がゲームエンジニアになるには何をすべきか

ここからは、未経験からゲームエンジニアを目指す方に向けて、必要なものとやるべきことを紹介していきます。

ゼロから学ぶのは容易なことではありませんが、基礎から丁寧に学んでいけば未経験からゲームエンジニアになることは可能です。

必要なもの

未経験からゲームエンジニアを目指すにあたって、プログラミングスキルは必須です。

スマホゲームの開発であればJavaやSwift、家庭用ゲームの開発であればC++やC#などの言語を使いこなさなければなりません。

また、開発するゲームの媒体によっては、OS知識やハードウェアの知識も必要になってくるので、プログラミング学習と並行して学んでいきましょう。

ゲームエンジニアになるためにすべきこと

ゲームエンジニアとして働くためにはプログラミングスキルが重要視されるため、まずはプログラミングの学習から始めましょう。

書籍や動画で学ぶこともできますし、もっと本格的に学びたいという方はプログラミングスクールに通うという選択肢もあります。

どんなゲームの制作に携わりたいか、どの言語を優先的に覚えるかなどを明確にしたうえで、学習を進めていきましょう。

ゲームエンジニアとして年収を得たいなら

ゲームエンジニアとして働きたい方に向けて、おすすめのサービスをいくつか紹介します。

ゲームエンジニアとして就職したい方、就職後にさらに年収を上げたい方は、ぜひ参考にしてください。

ゲームエンジニアとして就職し、働きたい人は「総合学園 ヒューマンアカデミー」で学ぼう

ゲームエンジニアとして就職したい方は、総合学園ヒューマンアカデミーで学ぶのがおすすめです。

総合学園ヒューマンアカデミーには、ITカレッジやゲームカレッジというものがあり、プログラミングやゲーム制作について専門的に学ぶことができます。

ITカレッジでは、コードだけでなく、ロボットやAIなどについても学べるため、ゲーム業界への就職はもちろん、それ以外の業界への就職にも有利です。

また、ゲームカレッジではよりゲーム制作に特化して学ぶことができ、プログラマーとして必要な実践力が身に着きます。

このように総合学園ヒューマンアカデミーでは、ゲームエンジニアを仕事にするうえで必要な能力を学ぶことができるため、就職後も環境に適応しやすくなります。

業界最先端の技術を短期間で学べるので、ゲームエンジニアへの就職に興味がある方はこの機会に資料請求をしましょう。

ゲームエンジニアで年収をアップさせたいなら転職も検討してみよう

ゲームエンジニアとして年収を上げたいのであれば、転職するというのも1つの手段です。

「マイナビクリエイター」と「G-JOBエージェント」の両方の魅力を解説していきます。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターはゲームやweb業界に特化した転職エージェントで、ゲームエンジニアへの転職に向いています。

マイナビクリエイターの特徴は、Web・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーが専任で対応してくれるという点です。

そのため、転職の経験がない初めての方や、手続きや書類作成の時間があまり取れない方に多く利用されています。

保有求人数が業界トップクラスとなっているため、より自分にあった求人が見つかりやすいのも大きな特徴です。

より自分にあった企業・業界に転職することで、給与や労働環境などに関する不満を減らすことができるので、ぜひマイナビクリエイターを利用してみましょう。

G-JOBエージェント

G-JOBエージェントは、ゲーム業界特化の人材エージェントで、様々な条件に合わせて求人を探せるのが特徴的です。

ゲーム業界の知識や経験があるキャリアコンサルタントと面談が行えるため、より専門的な観点からアドバイスをいただけます。

また、正社員や派遣社員、業務委託といった雇用形態に合わせて求人案件を探せるため、より自分にあった働き方ができます。

それぞれのメリット・デメリットを踏まえたうえで提案してくれるので、長期的なキャリア形成を考えている方におすすめです。

業務形態や勤務地など、働き方にこだわって転職をしたい方は、ぜひG-JOBエージェントを利用してみましょう。

「G-JOBエージェント」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

G-JOBエージェントの評判について紹介!
【2022】G-JOBエージェントの評判は?未経験でも転職できる?「個人でゲーム制作をしていてゲーム会社に転職したくなった」「ゲーム会社で質の良い求人を紹介してくれる転職サイトはないか」と、ゲーム業界に...

「ゲーム業界 就職」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーム業界 就職
ゲーム業界の就職で知っておきたいこと!仕事内容・年収ランキングも!プログラマー・デザイナー・プランナーといった職業を目指しつつ、ゲーム業界に入りたいと考えている方は非常に多いはずです。 今回Lud...

ゲームエンジニアの年収についてのまとめ

今回Ludusでは、ゲームエンジニアの仕事内容や必要な資格などについて解説してきました。

  • ゲームエンジニアはゲーム制作以外にも、打ち合わせやデバッグを行う
  • CGエンジニア検定や情報処理技術者試験などの資格が必要
  • 未経験からゲームエンジニアを目指すには、プログラミングスキルが重要

これらの要点を押さえておくことで、ゲームエンジニアを目指す方法がより明確になり、就職・転職後も大きく活躍できます。

この記事の内容を参考に、就職活動や転職活動などにも生かしてみてください。

さくら
さくら
最後までご覧いただき、ありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!