ゲームエンジニアがきついと言われる理由は?仕事内容・将来性についても!

ゲームエンジニア きつい

ゲームエンジニアになりたいけど「きつい」「やめとけ」などと言われていることも多い職業なので、どうしようか迷っているという方も多いのではないでしょうか。

Ludusでは今回、ゲームエンジニアがきついと言われる理由について紹介します。
内容は以下の通りです。

  • ゲームエンジニアの仕事とは(前提知識)
  • ゲームエンジニアの仕事がきつい理由とは(本題)
  • 逆にゲームエンジニアになってよかったと思う瞬間は?
  • ゲームエンジニアはきつくても将来性はある?
  • ゲームエンジニアに向いている人の特徴 / 必要な資格など
  • ゲームエンジニアの就職先 / 年収について
  • ゲームエンジニアになる方法
  • ゲームエンジニアを目指すのにおすすめの転職エージェント・専門学校を紹介

実際のところどれほどきついのか、将来性はあるのかなど、ゲームエンジニアになることをためらっている方に役立つ情報をお届けしていきます。

まつたろー
まつたろー
ぜひ、最後まで目を通してみてください。

ゲームエンジニアの仕事とは

本題へと入る前に、まずはゲームエンジニアの仕事内容について簡単に記載します。

※この記事ではゲームエンジニア≒ゲームプログラマーとして扱います。
ゲームエンジニアの一部としてゲームプログラマーを紹介することもありますが、ここでは分かりやすくプログラマーの仕事をイメージしてください。

開発環境の整備

プログラミングを始めるためには、開発環境の整備をおこなう必要があります。

ゲームハードによっても扱いやすい言語は違いますし、利用するツールやデータベースなどの準備もしなければなりません。

プログラミングとは違うスキルが求められる作業なので、大規模な会社であれば専門の人員を雇うこともあります。

プログラミング

多くの人がイメージする一番ポピュラーな仕事がプログラミングだと思います。

プランナーが作成した仕様書に合わせてコーディングをおこない、テキスト・グラフィック・BGMなどを実装していく作業です。

言語を数多く習得していれば、それだけ仕事の幅も広がっていきます。

不具合や機能の改善

ゲーム制作は、残念ながら一度作って終わりにはなりません。
不具合の修正はもちろん、機能改善をし続けることが求められます。

最近のゲームは発売後にアップデートされることも当たり前なので、ソフトの発売やアプリのリリースはゴールではなく通過点の1つとなっています。

ゲームエンジニアの仕事がきつい理由とは

仕事内容がざっくりとイメージできたところで本題に入ります。

ゲームエンジニアがきついと言われる理由を6つ挙げていきます。

常に新しいことを学ばなければならない

ゲーム業界は技術の変化が激しいので、常に新しい言語などを学び続けていかないと、すぐに置いていかれてしまいます。

時には新しい言語を習得しなければならない状況もあるでしょうが、納期に追われてがっつりと働きながら、並行して勉強するのがつらいと感じる人も多いです。

学ぶことが好きな人や、現状に満足せず向上心を持って働く人でなければ厳しい業界と言えるでしょう。

残業が当たり前という風潮がある

エンジニアのつらさとして最初にイメージするのは残業の多さではないでしょうか。
実際、ゲーム業界やエンジニアという職業には「残業が当たり前」という風潮が今でもあります

特にゲームの開発が佳境に入ったり、想定外の不具合が発生したりすると長時間の残業が常態化してきて、家に帰ったら深夜という状況も珍しくありません。

会社が慢性的な人手不足を抱えていることも多いので、普段からある程度の残業は覚悟した方がいいでしょう。

納期のプレッシャーがある

ゲームの発売日・リリース日が決まってしまえば、そこからは納期に追われ続ける日々が始まります。
納期へのプレッシャーは日に日に増していき、精神的な負担がかかっていくでしょう。

また、発売・リリースを迎える前にも社内の納期は節目ごとにあるので、常に油断はできません。

納期に間に合わず延期をすれば会社の評判が悪くなりますし、責任感の強い人ほどプレッシャーに悩まされることが増えるでしょう。

発売後もトラブル対応しなければならない

残念ながら、ゲーム制作はソフトが発売した後も終わりません。

家庭用ゲームは、ひと昔前であればパッケージ版を発売して終了でしたが、最近は修正パッチを簡単に配布できるのでトラブルがあれば即時対応が原則です。

ソフトの発売日に修正パッチが配布されているという状況を見たことがある方もいるのではないでしょうか。

このように発売後の忙しい状況で次の開発が始まることもあり、2つのラインを同時進行で担当するケースもあります。

チームワークが必要なので人間関係のストレスを感じる

規模の大きなゲームを一人で作ることは不可能です。
個人個人に作業の分担はありますが、作業の過程で他のメンバーとのコミュニケーションが絶対に必要となります

チーム内での会話はもちろんですし、実装するグラフィックについてデザイナー班と相談するなど、プログラムを知らない人と会話するシーンもあるでしょう。

意思疎通が上手くできずに、人間関係のストレスを感じる部分も多いはずです。

思っていた以上に体力がいるから

ゲームエンジニアは基本的にPC作業なので、長時間同じ姿勢を維持することが多いです。

それを支えるためには集中力がもちろん必要ですが、それ以上に求められるのは体力や筋力だったりします。

精神的な厳しさはもちろんですが、体力的についていけなくなって辞める人も珍しくないので、普段から運動をする習慣をつけておいた方がいいでしょう。

ゲームエンジニアになってよかったと思う瞬間

記事のテーマとは逆の内容ですが、ゲームエンジニアになってよかったと思う瞬間についても集めてみました。

上で紹介した「きつい理由」とあわせて、どちらもチェックしてみてください。

つらい分やりがいがある

つらいことが多いということは、言い方を変えればやりがいを感じられる機会も多いということです。

もしあなたがゲーム作りの好きな方なら、やりがいの方が大きいと思えるかもしれません。

特にゲームがリリースされた瞬間は、これまでの苦労が報われて大きな達成感を味わえることでしょう。

成長を実感できる

ゲーム業界は、常に新しい知識・スキルを吸収していかないと生き残れない場所です。

この業界にいる限りは成長し続けないといけないので、ダラダラ過ごすという選択肢は無くなります。

長く経験を積めば積むほど、自然と成長を実感できるでしょう。

成果がわかりやすい

ゲーム業界には発売・リリースという分かりやすい節目があるので、自分のやったことが成果として目に見えやすいです。

開発中であっても、自分が作業した分だけ機能が実装されていくので達成感は得やすいですし、作業量をアピールしやすいといった良さがあります。

技術力をつけると待遇があがる

ゲーム業界は、スキルが高ければ高いほど仕事が増えていく実力主義の側面が大きいです。

早く正確なプログラムを組める、複数の言語を使いこなせるなどのスキルがあれば待遇はおのずと上がっていくでしょう。

技術力があれば、転職したりフリーになったりしても活躍できる可能性が高まるので、優秀な人には有利な状況になりやすい業界です。

ゲームエンジニアはきつくても将来性はある?

ゲームエンジニアは生き残るのが難しい職業ですが、最新技術を学び続ける姿勢があれば、将来性は確実にあります。

近年ではスマホゲームの広がり、AR・VRといった技術の発展などがあり、業界全体は成長し続けています。

また、企業は常に最新技術を身につけた技術者を求めているので、人手不足の企業が多くゲームエンジニアの需要は大きいです。

ゲームエンジニアを目指すのであれば、常に最新技術を身につけることを意識しましょう。

ゲームエンジニアに向いている人

この見出しでは、ゲームエンジニアに向いている人の特徴を紹介します。
元々向いている要素を持った人なら、エンジニアの辛さを感じにくいかもしれません。

論理的思考力ができる

ゲーム業界に限らずですが、エンジニア・プログラマーには論理的思考力が求められます。

ゲームの仕様を頭の中で整理しつつ、順序立てて実装していける力がある人は、どの言語を勉強する際も効率良く習得できるでしょう。

新しいことに取り組む向上心がある

入社したときのやり方をもとにして何十年も積み重ねるだけでは、時代の流れに間違いなく置いていかれるでしょう。

日々の仕事をこなしながらでも新しい知識・スキルを吸収していこうとする向上心があれば、厳しいゲーム業界でも生き残れるはずです。

コミュニケーション能力がある

おしゃべりである必要はありませんが、仕事の進捗をチームで共有したり、プログラムが分からない人にも噛み砕いて説明したりというコミュニケーション能力が求められます。

さらに、スケジュール調整や進捗管理ができればディレクターなどの管理職になれる可能性も高くなるはずです。

英語力がある

プログラムの用語は英語が元になっているので、英語力は鍛えておいた方が良いでしょう。

また、プログラムに関する最新技術の説明は英語で書かれていることが多く、それが日本語に翻訳されて徐々にノウハウが流れてくるという流れがよく見られます。

英語が読めれば、日本語に訳される前の最新技術をいち早く習得できるので、それだけで大きなアドバンテージとなります。

ゲームエンジニアの就職先は?

続いては、代表的なゲームエンジニアの就職先を3パターン紹介します。

どこを狙うかによっても必要なスキルが異なりますし、きついと感じる部分も少しずつ違ってきます。

スマホゲームのアプリ開発会社

最近は、アプリ開発をメインにするゲーム会社が一気に増えてきました。

設立したばかりの新しい会社で人手不足なところが多いので、比較的入社しやすい代わりに残業時間も増えやすいのが特徴です。

アプリ開発会社では、Javaなどの言語がメインになってきます。

オンラインゲームの制作会社

最近のゲームには何らかのオンライン要素がほぼあるので、オンラインゲームの制作あるいは運営をおこなう会社も多く出てきています。

サーバーは24時間稼働しており誰かが常に見張っている状態なので、不具合があった場合には徹夜で修正する可能性もあり、勤務時間が不規則になりやすいのが辛いポイントです。

家庭用ゲームのソフト制作会社

家庭用ゲームを手掛けるのは、誰でも名前を知っているような大手のゲーム会社が多いです。

目立った実績が無いと入るのは難しいですが、一度入ってしまえば待遇の安定している環境が期待できます

こちらはC++などの言語が主流となっており、スマホアプリ開発会社に比べれば変化が緩やかです。

ゲームエンジニアの平均年収は?

ゲームエンジニア(ゲームプログラマー)の平均年収は、Ludusが以前詳しく調査をしたタイミングでは440万円~500万円程度でした。

これは、サラリーマン全体の平均年収462万円と比べて、同じかやや高いぐらいの数値となっています。
引用:ゲームプログラマーの年収は?年齢や地域、企業別に詳しく解説!

上の記事には世代・性別・地域別などから見た詳細な金額も載せていますので、気になる方は参考にしてみてください。

「ゲームプログラマー 年収」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームプログラマーの年収は?
ゲームプログラマーの年収は?年齢や地域、企業別に詳しく解説!2020年の小学生がなりたい職業ランキング1位にゲームクリエイター/プログラマーがランクインして話題になりました👏 今回は話題にも...

ゲームエンジニアに必要な資格とは?

ゲームエンジニアに必須の資格はありませんが、持っておくと役立つ資格はあります。

まず、以下のような言語・ツールに関する資格を取っておくと使う場面が多いです。

  • C言語プログラミング能力認定試験
  • Oracle認定Java資格
  • Unity認定試験

次に、下のようなIT全般の資格や、英語に関する資格なども持っておいて損はないでしょう。

  • 情報処理技術者試験(基本情報 / 応用情報)
  • TOEIC

ゲームエンジニアになる方法

この見出しでは、ゲームエンジニアを目指すために考えられるルートを紹介します。
可能な限り、大学や専門学校の卒業を軸にすることをおすすめします。

大学や専門学校を卒業してゲームエンジニアになる

大学や専門学校を卒業して、新卒でゲームエンジニアになるのが最も基本的なルートです。

特に大手のゲームメーカーを狙うなら学歴も必要になるので、家庭用ゲームを作りたいのであればこのルートがおすすめです。

当然、学歴だけで入社するのは厳しいので、学校のカリキュラム以外にも自分で行動した実績は欲しいところです。

プログラミングスクールで勉強してゲームエンジニアになる

最近はオンライン上で受講できるプログラミングスクールも増えており、未経験OKというところも多いです。

実践的な内容まで学べる素晴らしいスクールもありますが、高額な割に内容が薄く、悪質なスクールもあるため、きちんと実績のあるところを選びましょう

プログラミングは独学だとつまずきやすい

独学でもある程度のスキルは身につきますが、それだけでエンジニアになるのは正直難しいです。

独学だとゴールが見えにくいですし、チームで制作物を作り上げた経験が無いと実践的なスキルになりづらいという面もあります。

本や動画などによる独学は、補助ツールとして使うのがおすすめです。

未経験からの転職は厳しい?

ゲーム業界での中途採用は即戦力を重視するので、未経験だと厳しい戦いになります。

未経験からのスタートであればまず資格を取り、個人制作でもいいので何か形になるプログラムを完成させることを目標にしましょう。

「ゲーム業界 未経験」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーム業界へ未経験から飛び込むことはできる?
未経験からゲーム業界への転職は無理⁉新卒・第二新卒のケースも紹介「ゲーム業界に入りたいけど、ゲームを作ったり業界で仕事をした経験は無い」という方は非常に多いはずです。 中には「この年から頑張って...

ゲームエンジニアに転職するならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

これからゲームエンジニアに転職したい、という方におすすめなのが転職エージェントサイトのマイナビクリエイターです。

マイナビクリエイターはゲーム・Web・IT業界を専門にしており、担当のキャリアアドバイザーはゲーム会社の情報に精通しているため、転職に役立つノウハウを一からしっかり説明してくれます。

求職活動に関する日程調整や企業への連絡などは担当者がほぼ代行してくれるので、今勤めている本業が忙しくても転職活動にかかる労力を削減することが可能です。

ゲーム業界の求人数もトップクラスなので、ゲームエンジニアを転職で目指すなら登録しておきたいエージェントサイトの1つです。

利用料金は一切かかりませんので、まずは気軽に登録するところから始めてみましょう。

ゲームエンジニアを目指すならアミューズメントメディア総合学院

あなたが学生であれば、専門学校に通って実践的なスキルを身につけるのも有効です。

専門学校で今回おすすめするのはアミューズメントメディア総合学院
ここはゲームのほか、アニメやマンガなどのエンタメ分野に強い専門学校としても有名で、ゲームエンジニアを目指す方にはゲームクリエイター学科をおすすめします

ゲームクリエイター学科では入学直後からゲーム制作がスタートして、2年間をかけて実践的な経験を積むことができます。
また、プログラマー以外のクリエイター職についても理解を深めることが可能です。

講師は全員が現役のゲームクリエイターという鉄壁の布陣なので、就職後に即役立つ知識・スキルを身につけられるでしょう。

2019年度卒業生における就職率は95%という高い数字なので、実績も十分です。

資料請求は無料なので、まずは公式サイトをチェックしてカリキュラムの詳細を確認してみてください。

「アミューズメントメディア総合学院」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

アミューズメントメディア総合学院
アミューズメントメディア総合学院の評判・学費・入試制度は?プロゲーマー専門学校紹介アミューズメントメディア総合学院とは 近年ゲームやアニメに関する仕事も増え、これらの仕事に関わりたいと思う方も増えているのではないでし...

ゲームエンジニアがきつい理由のまとめ

今回Ludusでは、ゲームエンジニアがきついと言われる理由について紹介してきました。
この記事のポイントを改めておさらいします。

  • ゲームエンジニアの仕事にはプログラミングのほか、開発環境の整備や不具合修正などがある
  • ゲームエンジニアの仕事がきついと言われるのは、「常に新しいことを学ばなければならない」「残業が当たり前という風潮がある」「納期のプレッシャーがある」「発売後もトラブル対応がある」「人間関係のストレスも多い」「体力勝負の面もある」などの理由がある
  • 逆にゲームエンジニアの良い面として「やりがいがある」「成長を実感できる」「成果がわかりやすい」「技術力をつけると待遇があがる」などがある
  • ゲームエンジニアには将来性があり、収入も比較的安定している
  • ゲームエンジニアに向いているのは論理的思考力、向上心、コミュニケーション能力、英語力などを持った人
  • 就職先としてはスマホゲーム / オンラインゲーム / 家庭用ゲームメーカーなどがあり、分野ごとに求められるスキルも少しずつ違う
  • ゲームエンジニアを目指すのに必須の資格は無いが、言語やツールに関する資格を持っていると役立つ
  • ゲームエンジニアになるには大学・専門学校を卒業することが基本となり、スクールや独学も補助的に活用すると良い
  • 転職エージェントを使うならマイナビクリエイター、専門学校へ通うならアミューズメントメディア総合学院などがおすすめ

ゲームエンジニアには確かにきつい面もありますが、ゲーム業界はそれだけ成長を積み重ねられる場所でもあります。

ゲーム作りが好きだという方は、勇気を持って行動を起こしてみてはいかがでしょうか。

まつたろー
まつたろー
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!