絵が描けない・絵が下手でもグラフィックデザイナーになれる?

グラフィックデザイナー 絵が下手

絵が上手くないとデザイン系の仕事はできない、と考えている方も多いでしょう。

しかし、グラフィックデザイナーはたとえ絵が下手だとしても就ける職業です。

Ludusでは今回、絵の下手なグラフィックデザイナーが活躍する方法について紹介します。
内容は以下の通りです。

  • 絵が下手でもグラフィックデザイナーになれる理由
  • 絵が下手なグラフィックデザイナーが活躍するには
  • グラフィックデザイナーに向いている人・向いていない人
  • グラフィックデザイナーの勉強がしたい人へ専門学校の紹介

絵を描くことが好きであれば、グラフィックデザイナーになれる可能性は十分あります。

絵が下手でも諦めずに、自分の長所をアピールしていきましょう。

まつたろー
まつたろー
最後でご覧になることを推奨します。

絵が下手でもグラフィックデザイナーになれる理由

冒頭では「絵が下手でもグラフィックデザイナーにはなれる」とお伝えしましたが、まずはその根拠を2つお伝えします。

絵を描くことだけが仕事ではないから

絵を描くことが上手いグラフィックデザイナーは大勢いますが、それは仕事をする上での必須条件ではなく、絵を描く以外の仕事もたくさんあります。

デザインの素材は自分で描いた絵だけはなく、写真や文字を組み合わせることも多いので、そもそも絵を描かずに仕事を完遂することも可能です。

グラフィックデザイナーの本質はクライアントのニーズを汲み取って応えることなので、絵を描くことが必要とならないケースも当然存在します。

クライアントによっては絵が描ける前提で仕事を頼んでくる場合もあるかもしれませんが、事前に得意分野や過去のデザインなどを伝えておくことで、ある程度の混乱は回避できるでしょう。

自分で絵を描く以外にも方法はある

「絵が下手でも」とはお伝えしましたが、絵を全く描かずに仕事をし続けることは流石に無理があります。
相手に自分の考えを伝えるため、最低限のイラストやデッサンが必要になることもあるでしょう。

ただ、そのような場合でもフリー素材などを組み合わせてやりくりすることはできます。
既存の素材を使いこなすスキルも、グラフィックデザイナーに求められる要素です。

また、イラストは本職のイラストレーターに頼むという手もあります。
イラストレーターとグラフィックデザイナーは根本的に違う職業なので、役割分担をしてしまっても問題はありません。

絵が下手なグラフィックデザイナーが活躍するには

絵が下手でもグラフィックデザイナーになりたいという方は、他のスキルを伸ばすことにも目を向けてみましょう。

絵を描かずに磨けるデザイナーのスキルは数多くありますので、この見出しではそれらを紹介していきます。

グラフィックデザイナーの仕事に活かせるスキルを身につける

デザイナーの実務では様々なスキルが役立ちます。

  • カメラの撮影技術
  • 色彩感覚
  • デザイン・グラフィック関連のアプリ操作

例えば、これらのスキルは絵の上手い下手に関係なく鍛えることが可能です。

特に実写の素材を活かしてデザインするような仕事の場合は、イラストに頼らずスキルを活かすことができるでしょう。

デザインセンスを磨く

物の配置・配色などの理論を学んだり、デザインのトレンドを調べたりすることは、絵が下手な人でも問題なくこなせます。

日頃から色々なデザインに触れる機会を作ることで、デザインセンスを磨きましょう。

自分の力でアウトプットできない部分は他の人の力を借りてもいいので、まずは作品を作るために必要なインプット能力を鍛えていくことが重要です。

少しでもうまくなりたければデッサンを勉強しよう

もちろん、グラフィックデザイナーでも絵を描けるに越したことはありません。

絵が描けないグラフィックデザイナーになりたくないのであれば、まずはデッサンの勉強をしましょう。

最初は何を描いているか、人に最低限伝わるレベルで大丈夫です。
文字を添えてもいいので、少しずつ描ける対象を増やしていきましょう。

何度も描いているうちに画力だけではなく観察力も磨かれていき、レイアウトや空間認識力も付いてくるようになります。

絵が下手でもいい。グラフィックデザイナーに向いている人・向いていない人

続いては、絵の上手い下手以外の要素で、グラフィックデザイナーへの向き・不向きについて考えいきます。

グラフィックデザイナーに向いている人

グラフィックデザイナーに向いていると考えられるのは、以下のような人です。

  • 自由な発想力を持っている
  • 抽象的なイメージを具現化できる
  • クライアントのニーズを引き出すコミュニケーション力がある
  • 意見や主張を論理的に説明できる

デザインの仕事をする上では、抽象的なイメージから徐々に具体的な作品に近づいていきます。

発想は自由に持ちつつも、クライアントにはそれを論理的に説明できる人が向いているでしょう。

グラフィックデザイナーに向いていない人

逆に、グラフィックデザイナーに向いていないのは以下のような人です。

  • 一度決めたことは変えたくない
  • 自分の中でのこだわりが強すぎる
  • 人と関わる仕事をしたくない
  • 長時間労働が絶えられない

※これらは、会社でクライアントと一緒に仕事をする前提で書いているので、フリーランスとして活動できるのであれば当てはまらない部分もあります。

意外かもしれませんが、グラフィックデザイナーはクライアントとのコミュニケーションが多いです。

相手の要望に合わせて柔軟に対応することが求められますし、締め切り間際に案件が重なった場合には、座りっぱなしで長時間拘束されることもあります。

絵が下手でもグラフィックデザイナーの勉強がしたい人へ

この見出しでは、絵が下手でもグラフィックデザイナーを目指したい方へ、おすすめの専門学校を2つ紹介していきます。

総合学園ヒューマンアカデミー

1つ目のおすすめ専門学校は、総合学園ヒューマンアカデミーです。

ここでは分野ごとに通うカレッジが分かれていて、さらにその中でより専門的に専攻が分かれているのですが、今回一番おすすめなのはデザインカレッジのグラフィックデザイン専攻です。

ここでは1年間をかけてデジタル・アナログ両方のデザインを学ぶことができますし、商品企画やイベント運営といった実務的なカリキュラムも含まれています。

デジタルではPhotoshopやIllustratorといったツールの習得もできますし、アナログではデッサンやイラストなどを基礎から学ぶこともできます。

ここの学生におこなったアンケートでは「絵を描くのが得意ではない」という回答が71%だったという結果も出ているので、絵に自信が無い方でも全く問題はありません。

また、総合学園ヒューマンアカデミーではゲーム作りを通して2DCG・3DCGのスキルが習得できるゲームカレッジ:CGデザイナー専攻もあるので、ゲーム作りに興味があるという方はこちらも要チェックです。

気になるところがあった方は、それぞれ資料請求をしてみましょう(無料です)。

アミューズメントメディア総合学院

2つ目のおすすめ専門学校はアミューズメントメディア総合学院です。

こちらはゲームやアニメ、マンガなどのエンタメ分野について学べる専門学校で、おすすめなのはゲームとアニメの制作を同時に学べるゲーム・アニメ3DCG学科です。

カリキュラムでは実践的なスキルの習得が重視されており、1年目には2回のゲーム開発実習、2年目には2回のアニメ制作実習という形でグラフィックデザインの技術を発揮する機会が設けられています。

エンタメ業界での就職を目指しているという方にとっては、まさにうってつけの専門学校と言えるでしょう。

2020年度卒業生における業界就職率は94%という高い数字ですし、今後さらなる伸びが期待できる3DCGの分野にカリキュラムを絞ったことによって、就職後の活躍にも期待できます。

こちらも資料請求は無料なので、気になった方は公式ページを覗いてみてください。

「アミューズメントメディア総合学院」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

アミューズメントメディア総合学院
アミューズメントメディア総合学院の評判・学費・入試制度は?プロゲーマー専門学校紹介アミューズメントメディア総合学院とは 近年ゲームやアニメに関する仕事も増え、これらの仕事に関わりたいと思う方も増えているのではないでし...

「グラフィックデザイナー 専門学校」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

グラフィックデザイナー志望者にオススメの専門学校
グラフィックデザイナーにオススメの専門学校12選|学費・選び方も解説グラフィックデザイナーを目指せる専門学校には、どんな学校があるのでしょうか? 専門学校ごとにどんな違いがあるのか気になりますよね。 ...

グラフィックデザイナーだけど絵が下手のまとめ

今回Ludusでは、絵の下手なグラフィックデザイナーが活躍する方法を紹介しました。
改めてこの記事のポイントをおさらいします。

  • グラフィックデザイナーは絵を描くことだけが仕事ではなく、自分で絵を描く以外にも方法はあるため、絵が下手でも活躍できる
  • デザインに関するスキルやセンスを磨けば、より活躍できるチャンスが広がる
  • どうしても絵を描かされる機会はあるので、最低限のデッサンは身につけておくと良い
  • グラフィックデザイナーに向いているのは、自由な発想を持ちつつもクライアントには論理的に考えを説明できる人
  • 逆に向いていないのは、クライアントとのコミュニケーションで衝突を繰り返してしまうような人
  • デザインスキルを学びたいなら専門学校もおすすめ

絵が下手でも堂々と胸を張って、1つずつスキルを習得していきましょう。

まつたろー
まつたろー
ここまでお付き合いいただき、ありがとうございました。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!