ゲームプログラマーの仕事内容・なり方をわかりやすく解説!

ゲームプログラマー 仕事内容

ゲームプログラマーが普段どのような仕事をしているか、どれだけ具体的にイメージできますか?

実はメイン業務であるプログラミング以外にも、数多くの仕事が存在しています。

Ludusがお届けする今回の記事は、ゲームプログラマーの仕事内容についてです。
内容は以下の通りとなっています。

  • ゲームプログラマーとは?(前提)
  • ゲームプログラマーの仕事内容(記事のメイン)
  • ゲームプログラマーになるためのルート
  • ゲームプログラマーに必要な資格
  • ゲームプログラマーにおすすめの本
  • その他、やりがいや年収など
  • 専門学校(総合学園ヒューマンアカデミー)や転職エージェント(G-JOBエージェント)の紹介

ゲームプログラマーの業務についてあまり知らない方も、この記事を見て勉強していきましょう。

まつたろー
まつたろー
最後までご覧になることをおすすめいたします。

ゲームプログラマーとは?

ゲームプログラマーとは、名前の通りゲーム制作に携わるプログラマーのことを指します。
「ゲームエンジニア」と同義で使われることもありますが、エンジニアの方はプログラマーに限らない広範囲を指す言葉として使われることが多いです。

C言語やJavaといったプログラミング言語を使って、プランナーが作成した仕様書にもとづいてゲームの処理を実装させます。

処理を実装させるためには、グラフィックデザイナーが作ったキャラクター、サウンドクリエイターが作ったBGM、シナリオライターが書いたスクリプトといった素材が必要になるため、仕事をするためには各チームとのコミュニケーションも大事な要素です。

ゲームプログラマーの仕事内容

ここからは本題です。
気になる仕事の内容について、分かりやすく具体的に見ていきましょう。

プログラミング

仕事内容の1つ目はプログラミングです。
プログラマーのメイン業務であり、一番イメージしやすい仕事内容でしょう。

プログラムの内容は仕様書に沿う形で実装されます。
プログラマー同士での役割分担もあるので、互いの認識合わせは欠かせません。

プログラミングに使われる言語は様々ですが、家庭用ゲームであればC++、スマホアプリであればJavaなどが代表的となっています。

プログラミングには速さ・正確性が求められることはもちろんですが、どれだけ多くの言語を習得しているかも、プログラマーのスキルにおいては1つの指標となります。

デバッグを行う

バグ・不具合の発見は、デバッガーと呼ばれる別メンバーに任せることが多いですが、バグの修正は多くの場合プログラマーの領分となります。

また、仕様に精通しているプログラマーがデバッガーの仕事を兼業することも珍しくありません。

デバッグ作業はゲームの納期ぎりぎりまで何度も繰り返されるので、一度プログラミング作業が終わっても気を抜けない体制が続きます。

デバッグ作業に備えて誰が見ても分かりやすく、原因箇所を見つけやすいプログラムを書くことも、プログラマーにとっては重要なスキルです。

企画ミーティングへ参加する

プログラマー全員というわけではありませんが、ゲームの企画を練るミーティングにプログラマー代表として参加することもあります。

1人のメンバーとして企画に意見を言うのはもちろんですが、企画がある程度固まった後に実装の可否を判断する必要もあり、技術的な側面からミーティングのサポートをします。

ここで自分の意見、プログラマーチームとしての意見を言っておかないと後になって揉める原因になることもあるので、ミーティング参加は非常に重要な仕事です。

その場においては、プログラミングの知識やコミュニケーション能力が求められるでしょう。

開発環境の整備をする

こちらはあまり目立たない仕事ですが、プログラミングを開始する前にやることとして、環境の整備が挙げられます。

家庭用ゲームであれば「Unreal Engine」、スマホゲームであれば「Unity」といったゲームエンジン・ミドルウェアを環境として用意するなど、作業を円滑に始められるよう準備することが重要です。

また、それ以外にも、ゲーム制作をするためには様々なツールを用意したり、スペックを満たしたPCを準備したりする必要があります。

環境の整備は全てプログラマーの仕事ではありませんが、自分たちがより良い状態で仕事をするためにも、気を配らなければならない要素の1つです。

ゲームプログラマーになるには

この見出しでは、プログラマーへのなり方を簡単に見ていきましょう。

専門学校で基礎を学ぶ

制作経験がゼロの状態でプログラマーになるのは難しいので、仕事でも役立つ基礎的な知識・スキルを身に付けられる専門学校はおすすめです。

プログラミング専用のコースが設けられているところもたくさんあるので、2~3年間みっちりと学習することができるでしょう。

大学で学ぶ

専門学校ほど特化してはいませんが、大学でもプログラミングを学ぶことはできます。
プログラミング以外にも幅広く講義を受けられるため、就職の選択肢を多く持っておきたい方にはおすすめです。

学部では情報系・工学系などを探すと良いでしょう。
近年需要が増えている分野なので、該当学部のある大学も多いです。

独学で学ぶ

プログラミング関連の書籍はとても充実しているため、独学でもある程度のスキルを身につけることができます。

また、「CODEPREP」「CodeMonkey」「Code Studio」といった学習ツールを使うことも有効です。

100%独学で就職を目指すことは難しいかもしれませんが、これらのアイテムも上手く活用していきましょう。

「ゲームプログラマーになるには」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームプログラマーなるには
ゲームプログラマーになるには?独学・専門学校・大学からの進路を徹底比較!スマートフォンの普及によって、大人から子供まで、誰でも場所を問わずゲームを楽しめる時代がやってきましたね。 これまで以上にゲーム業...

ゲームプログラマーに必要な資格や試験

「持っていないとプログラマーになれない」という資格はありませんが、あると仕事で役立てられる資格を4つ厳選して紹介します。

基本情報技術者試験

IT・情報系の資格は世の中に数多くありますが、中でも基本情報技術者試験は最もオーソドックスな資格です。

プログラミングをする上での基礎的な知識も身につけられますので、プログラマーを目指す場合でも取っておいて損は無いでしょう。

上の難易度や下の難易度に位置する資格もありますが、就職前に取得するのであればこの資格を最初に狙うのがおすすめです。

試験は年2回(4月、10月頃)開催されています。
IPA 独立行政法人 情報処理推進機構:基本情報技術者試験

C言語プログラミング能力検定試験

C言語プログラミング能力検定は、名前の通りC言語を使ったプログラミング能力を認定する資格です。

C言語は家庭用ゲームの開発でもいまだによく使われる言語なので、ゲームプログラマーを目指すなら取得しておきたいところです。

試験は1級~3級まであり、2級,3級は選択式の形式ですが、1級はパソコンを使っての実技が問われるようになっています。

開催は年3回(1月、6月、9月頃)です。
C言語プログラミング能力認定試験

Unity認定試験

近年スマホゲームなどで活用が広まっているゲームエンジン、Unity
ゲーム業界を目指す上では学んでおきたいツールの1つです。

Unityの活用範囲はプログラミングだけに限りませんが、このUnity認定試験にはプログラマーの分野に絞った受験項目も存在します。

レベル別に4つの受験項目が用意されているので、まずは初心者向けの「ユーザー」から取得を目指しましょう。

受験は全国のテストセンターで随時受付をおこなっています。
Unity 認定試験 | ゲームデザインと開発の認定試験でキャリアアップする

Java™プログラミング能力認定試験

Java™プログラミング能力認定試験は、上で紹介したC言語プログラミング能力検定試験と同じ団体が実施しているため、概要は共通しています。

Javaはスマホゲームの開発などによく用いられており、プログラミングでは代表的な言語の1つなので、こちらの資格も要チェックです。

ゲームプログラマーの仕事のやりがい

プログラマーは楽しいばかりではなく大変な仕事ですが、以下のようなやりがいもあり、プログラマーという職種の志望理由としても挙げられます。

  • ゲームが完成したときの達成感を味わえる
  • こだわりを入れたプログラムを作れる
  • ユーザーから喜びの声を聞ける

ゲームが完成してユーザーから生の声を聞いたときには、感動もひとしおでしょう。

プログラムは他のメンバーにも見やすく作ることが大前提ですが、その範囲内で自分の納得できるコーティングが作れたときには小さな達成感を味わえます。

ゲームプログラマーの平均年収

求人サイトのデータを参考にすると、ゲームプログラマーの平均年収は499万円です。
参考:ゲームプログラマーの仕事の平均年収は499万円/求人ボックス

この数値は、日本全体における平均年収や、一般的なプログラマーの平均年収よりも高くなっています
参考:プログラマーの仕事の平均年収は438万円/求人ボックス

また、分布としては300万円~700万円まで広がっており、年代やスキルによってもバラつきがあると推測されます。

「ゲームプログラマー 年収」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームプログラマーの年収は?
ゲームプログラマーの年収は?年齢や地域、企業別に詳しく解説!2020年の小学生がなりたい職業ランキング1位にゲームクリエイター/プログラマーがランクインして話題になりました👏 今回は話題にも...

ゲームプログラマーにおススメの本

ここでは、ゲームプログラマーを目指すためにおすすめの本を5冊紹介します。

ゲーム作りで学ぶ はじめてのプログラミング

こちらはプログラミング経験の無い方におすすめの本です。
Javaをベースにしたプログラミングを、ゲーム作りをしながら楽しく勉強することができます。

パソコンを使いながら実践的な内容が学べるので、手を動かしながら必要な知識を覚えたい方には最適な一冊です。

ゲーム開発のための数学・物理入門改訂版

ゲーム作りに必要な部分だけを抜き出して数学・物理が勉強できる一冊です。
例題とサンプルコード(C/C++等)も付いているため、実践的なコードも学べます。

解説はものすごく丁寧なので、学校では数学・物理が苦手だったという人にこそおすすめです。

ゲームの作り方改訂版 Unityで覚える遊びのアルゴリズム

こちらは、Unityについてある程度基礎を学習した方向けの本です。
初心者の方には少し情報量が多すぎるかもしれません。

付属としてサンプルゲームが10個用意されているため、あらゆるシチュエーションに対応したプログラムを見ることができます。

※Amazonのレビューには「ダウンロードサイトの使用期限が終了している」と書かれていますが、SB クリエイティブのオフィシャルページからダウンロード可能です(2022年3月時点)。

ゲームプログラマのためのC++

こちらは中~上級ゲームプログラマー向けの一冊です。
C++におけるテクニックやノウハウが512ページにわたって詰め込まれています。

値段もかなり高めではありますが、独学でスキルを極めたいという方はいかがでしょうか。

created by Rinker
¥4,334
(2022/05/27 12:19:47時点 Amazon調べ-詳細)

ゲームコーディング・コンプリート

こちらは「グランツーリスモ」のシリーズプログラマである手島 孝人氏が監修したバイブル本です。

ゲーム開発の現場を知る人が監修しているため、チーム開発をおこなう上で役立つテクニック・ノウハウがたっぷり入っています。

まるで現場の空気感も一緒に伝わってくるような一冊です。

ゲームプログラマーを目指すなら総合学園ヒューマンアカデミー

この見出しではおすすめの専門学校を紹介します。

今回紹介するのは総合学園ヒューマンアカデミー ゲームカレッジで、ゲームに特化した専攻(コース)が数多く用意されている専門学校です。

コースの1つとしてプログラマー専攻もあるため、ゲームプログラマーを目指す方はぜひチェックしておきましょう。

ヒューマンアカデミーでは担任制&少人数制を敷いておりサポート体制は手厚いですし、就職にも強く、場合によっては即面接・即内定も出るチャンスも設けられています。

気になった方は、無料の資料請求をしてみましょう。
また、学校見学の申し込みもおこなっていますので、あわせて確認してみてください。

ゲームプログラマー転職するならG-JOBエージェント

こちらの見出しではおすすめの転職エージェントを紹介します。
紹介するのはG-JOBエージェントです。

G-JOBエージェントはゲーム業界だけに特化したエージェントサイトで、クリエイターへの転職をコンサルタントが全力でサポートしてくれます。

G-JOBエージェントでコンサルタントになるためには「ゲーム会社での人事経験3年以上」「ゲーム開発現場のマネージメント経験」「国家資格コンサルタント所有者」いずれかの条件を満たす必要があるため、どの担当者も知識が豊富です。

有名企業からの求人も数多くあるため、ゲーム業界1本に絞って転職を目指すのであれば登録しておいて間違いはありません。

Webページにはゲーム業界に関するコラム記事も掲載されているので、まずは気軽にページを覗いてみてはいかがでしょうか。

「ゲームプログラマー 転職」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームプログラマー転職
ゲームプログラマーに転職するには?年収や仕事内容も解説!「ゲームプログラマーに転職するにはどうすればいいの?」「未経験者からゲームプログラマーになれるの?」 ゲームプログラマーに転職した...

ゲームプログラマーの仕事内容のまとめ

今回Ludusでは、ゲームプログラマーの仕事内容について紹介してきました。
この記事のポイントを改めておさらいしましょう。

  • ゲームプログラマーは仕様書にもとづいてゲームの処理を実装させる職種
  • プログラミングのほかにデバッグ、企画ミーティングへの参加、開発環境の整備といった仕事があり、コミュニケーション能力も必要
  • プログラマーになるためには大学・専門学校・独学などの手段がある
  • 独学では、本やツールを使って学習するのもおすすめ
  • 必須の資格は無いが、言語に関する資格や情報系の資格を持っていると役立つ場面もある
  • プログラマーはゲームが完成してユーザーからの声が聞けたときなどにやりがいを感じられる
  • ゲームプログラマーの平均年収は約500万円で、会社員の平均や一般的なプログラマーと比較しても高い
  • 専門学校や転職エージェントの利用もおすすめ

プログラマーになりたいと思ったきっかけは人それぞれでしょうし、どのようなプログラマーになりたいかも人それぞれです。

自分のやりたい仕事ができる働き方を目指してみてください。

まつたろー
まつたろー
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!