ゲームエンジニアを目指すための大学の選び方!学部・学科は?

ゲームエンジニア 大学

ゲームエンジニアは非常に多くの人が目指す職業であり、採用試験での競争を勝ち抜くために専門学校よりも大学に通って学歴を付けておきたいと考える方も多いでしょう。

今回Ludusでは、ゲームエンジニアを目指すための大学選びについてお伝えしていきます。
内容は以下の通りです。

  • ゲームエンジニアとは?
  • ゲームエンジニアになるために必要なものは?
  • ゲームエンジニアを目指せる大学は?
  • 大学選びのポイントについて
  • 大学在学中に取り組むべきこと
  • ゲームエンジニアになるためのおすすめ求人サイトを紹介

大学からゲームエンジニアを目指したい方は、ぜひ一度目を通してみてください。

まつたろー
まつたろー
ゲームエンジニアを目指すなら見ることを推奨いたします。

ゲームエンジニアとは?

まずは、ゲームエンジニアについて知っておきたい基礎知識を記載していきます。

すでに内容を理解しているという方は飛ばしてしまっても大丈夫ですが、可能であれば一読しておきましょう。

仕事内容

ゲームエンジニアの仕事内容は、ゲームを開発することです。
ソフトの開発だけではなく、ハードやネットワークを扱うエンジニアもいます

家庭用ゲーム、スマホゲーム、PCゲームなどプラットフォームは様々で、使用するツールや必要なスキルはプラットフォームごとに異なってきます。

年収

求人サイトのデータによれば、ゲームエンジニア(ゲームプログラマー)の年収は487万円と出ています。
引用:ゲームプログラマーの仕事の平均年収は487万円|求人ボックス

この年収は日本人の平均年収より少し高い値ですが、持っているスキルや会社によってもバラつきは大きく、若手のエンジニアで到達するのは少し難しいかもしれません。

「ゲームプログラマー 年収」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームプログラマーの年収は?
ゲームプログラマーの年収は?年齢や地域、企業別に詳しく解説!2020年の小学生がなりたい職業ランキング1位にゲームクリエイター/プログラマーがランクインして話題になりました👏 今回は話題にも...

ゲームプログラマーとの違い

会社にもよりますが、ゲームエンジニアとゲームプログラマーは同じものとして記載していることがほとんどです。

区別している場合は、エンジニアの一部としてプログラマーを位置づけて、エンジニアの方がやや広い範囲を指す職業としていることが多いです。

この記事においては「エンジニア」と記載しますが、プログラマーをイメージしてもらえれば問題ありません。

ゲームエンジニアはきつい?

一般的にきついと言われることが多いゲームエンジニア。
実際、開発が佳境に差し掛かった繁忙期は激務となることも珍しくありません。

仕事中は同じ姿勢で長時間いることが続くので、乗り切るための体力も必要となるでしょう。

ただし、その激務を乗り切ってゲームが発売されたときは何物にも代えがたい達成感が味わえるので、ゲームに携わることが楽しいと感じられる人なら向いている職業です。

スマホゲームの発展などにより業界全体は伸びていてエンジニアの需要も増しているので、チャンスをつかみやすい仕事でもあります。

ゲームエンジニアになるために必要なものは?

この見出しでは、ゲームエンジニアになるために求められるものを紹介します。

紹介していることを意識しながら、大学選びの参考にすると良いでしょう。

経験

新卒ならゲーム作り自体が未経験でも大丈夫です。
一方、中途の場合は経験者でないと厳しい部分もあります。

新卒でゲーム作りが未経験だとしても、プログラミングをおこなった何らかの制作経験は欲しいところです。

採用試験では制作物をポートフォリオとして求められることもあるので、経験があれば応募できる企業の幅が広がります。

そのため、可能な限り制作経験を積める大学に入りたいところです。

資格

ゲームエンジニアになるための必須資格はありませんが、以下のような資格はあると役立ちやすいです。

  • C言語プログラミング能力認定試験
  • Javaプログラミング能力認定試験
  • Unity認定資格
  • 基本情報技術者

また、大卒であることも立派な資格の1つです。
ゲームエンジニアになる人は大卒である割合が高く、ある意味で必須資格と言っても良いかもしれません。

また、ゲームエンジニア入門としては以下のような本もあるので、何の資格を目指すか迷っているという方は読んでみても良いでしょう。

ゲームエンジニアを目指せる大学は?

ゲームエンジニア(プログラマー)を目指すのであれば、大学名よりも学部・学科について意識しましょう。

情報系・工学系などが代表的ですが、最近はメディア系の学部・学科も増えてきました
中には「ゲーム」と名前の付く学科も存在するので、ゲームエンジニアになれる学部・学科がある大学を探してみると良いでしょう。

例えば工学系はハードウェアが中心など、学部の系統によっても得意分野は少しずつ違っているので、自分の目指す方向に合う大学を選んでみてください。

ちなみに、その他の学部ではゲーム作りに関する経験を積むことが難しいですが、学部・学科にこだわることは必須ではありません。

マーケティングを身につけたいなら経営学部、シナリオを書きたいなら文学部、といった選び方をするのも1つの手です。

ゲームエンジニアになりたい人が大学を選ぶときのポイントは?

すぐ上で紹介したように、ゲームエンジニアを目指せそうな大学の候補が見つかったら、もう少し突っ込んで学部・学科のカリキュラムを調べてみましょう。

さらには、卒業生にゲームエンジニアへの就職者はどの程度いるかもチェックしておきたいです。
このあたりは偏差値よりも重要なポイントとなります。

加えて、ゲームに関連するサークル活動はあるかどうかも見ておきましょう。
必須ではありませんが、同じ目標を持つ人同士でコミュニティを作っておくと就活でも有利に働きやすいです。

ゲームエンジニアになりたい人が大学在学中に取り組むべきことは?

在学中の目標としては、制作物を完成させることが第一です。
できれば授業以外に1つは活動をしておきたいので、サークルがあればそちらで仲間と一緒に作る、なければ独学でもコツコツと積み重ねておきましょう。

また、言語やツールを1つ選んで関連資格を取得するのもおすすめです。
上で紹介した資格なども視野に入れておきましょう。

その他、ゲームを数多くプレイしてトレンドを調査しておく、英語が得意なら最新技術を海外のサイトで調べておくなどの活動も効果的です。

具体的な目標を持ちたいなら、就活サイトや求人サイトを早めに見ておき、企業の求める人物像を確認しておくのもいいでしょう。

ゲームエンジニアになるための求人サイト2選

記事の最後に、フリーランスとしてゲーム関係の仕事に携わりたいという方におすすめの求人サイトを2つ紹介します。

仕事をもらうためには経験が必要となる案件がほとんどですが、どちらも働き方が幅広く選べるサイトなので、会社に縛られず自由に働きたい方におすすめです。

レバテッククリエイター

1つ目のおすすめサイトは、ゲーム業界・Web業界のフリーランスクリエイターを対象にしているレバテッククリエイターです。

レバテッククリエイターは業界最大級の案件保有数を誇っており、フリーランスとして案件を探している方にはぴったりのエージェントサイトとなっています。

ここでは、交渉サポートなどをサイトの担当者が丁寧におこなってくれるため、登録者はスキルを発揮することに集中して利用することが可能です。

案件の検索は職種ごと、使えるツールごとに絞ることができるので、特定分野でスペシャリストを目指す方には特に向いています。

フリーランスになりたい方向けの相談会も実施されているので、興味のある方はチェックしてみてください。

「レバテッククリエイター」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

レバテッククリエイター
レバテッククリエイターは未経験でも可能?口コミを紹介!副業・在宅も!「これからWeb・ゲーム業界でフリーランスを目指そうと思っている方」「フリーランスとして活躍中だけど仕事が途切れがちで困っている方」と考...

クラウドテック

クラウドテックは、独立して専業で活躍したいエンジニア・デザイナーが数多く登録しているサイトです。

クラウドソーシングで有名なクラウドワークスが母体なので、安心して登録することができます。

案件の提案から締結までは在宅リモートで対応可能ですし、ほとんどの案件は実務についてもリモートワークで活動可能です。

週3日労働など、自分の裁量で働き方を決められるので会社に縛られない労働をしたい方にはうってつけとなっています。

未経験向けの案件は少ないですが、ゲームエンジニアとして経験を積んだら利用を検討してみましょう。

「クリエイター エージェント」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

クリエイター エージェント
クリエイター向け転職エージェントを紹介!未経験者向けも!クリエイターの職種やクリエイター職の探し方について、イメージが付かない人も多いと思います。 そこで頼りになるのがクリエイター職のサ...

ゲームエンジニアの大学についてのまとめ

今回Ludusでは、ゲームエンジニアを目指すための大学選びについてお届けしました。
改めて、この記事のポイントをおさらいしましょう。

  • ゲームエンジニアはゲームプログラマーはほぼ同じ意味の言葉で、ゲームを開発することが仕事
  • 長時間労働などできつい面もあるが、需要が年々増しているしやりがいもある
  • ゲームエンジニアを目指すなら就活前にできるだけ経験や資格などを得ておきたい
  • 大学は情報系/工学系/メディア系の学部・学科があるところを目指すと良い
  • 具体的なカリキュラムや、卒業生の進路なども見ておきたい
  • 採用試験でポートフォリオの提出を求められることもあるので、大学では見せられる制作物を作っておきたい
  • フリーランスとして活動したいのであればレバテッククリエイター/クラウドテックの利用がおすすめ

ゲームエンジニアを目指す上で、大学での過ごし方は非常に大切です。
大学選びは時間をかけて、慎重におこないましょう。

まつたろー
まつたろー
最後まで読んでいただき、ありがとうございます。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!