未経験でゲーム業界に転職するのは難しい?転職方法も徹底解説!

ゲーム業界 転職

ゲーム業界は、就職や転職を希望する人が多い職種です。
実際に別の業種からゲーム業界に転職し、活躍している方もいます。

しかし、ゲーム業界への第二新卒や転職は難しいという意見も少なくありません。
ゲーム会社の就職は未経験や年齢によって左右されるものなのか、実際のところはどうなのでしょうか?

そこで、今回Ludusではゲーム業界への転職について以下の内容をお伝えします。

  • ゲーム業界の代表的な職種
  • 未経験でゲーム業界への転職は難しいのか
  • 経験者が転職するハードル
  • ゲーム業界に転職するための準備
  • おすすめのエージェント

この記事をご覧になれば、ゲーム業界への転職について詳しく知ることができます。
ゲーム業界への転職を考えているという方は、進路を決定する手助けになるでしょう。

またおすすめのエージェントをご紹介しているのでので、ゲーム業界への転職を検討中している方は参考にしてみてください❗

まつたろー
まつたろー
最後まで記事をご覧になることを推奨します。

ゲーム業界にはどんな職種があるの?

まずは、ゲーム業界にはどのような職種があるのかを業務内容と平均年収と共にご紹介していきます。

職種 業務内容 平均年収
ゲームプロデューサー ゲーム開発の予算や人員編成、進行計画を立てる 692.5万円
ゲームディレクター ゲーム開発のリーダーとして現場をまとめる 800万円前後
ゲームプランナー ゲームの内容を考える人 700万円前後
ゲームプログラマー ディレクターやデザイナーの要望をプログラミングする 300〜800万円
ゲームシナリオライター ゲームの内容を考えて台本を作成する 350万円前後
サウンドクリエイター ゲームで使用される曲の制作やコントロールをする 500万円前後
ゲームデザイナー キャラクターや背景などゲーム内のデザインを行う 約496万円
ゲームデバッガー ゲームの問題点を見つけ出し、品質を確認する 約300万円

引用元:CREATIVE VILLAGE
引用元:CREATIVE VILLAGE
引用元:マイナビクリエイター
引用元:レバテック
引用元:憧れクリエイターのお仕事図鑑
引用元:平均年収.jp
引用元:クリ博ナビPRO
引用元:CREATIVE VILLAGE

一口にゲーム業界といっても、数多くの職種があります。
一般企業と同じくSEや経理、営業、マーケティングといった作品作りとは関係のない仕事をしている人も少なくありません。

職種によって、年収にも差がある所も特徴的です。
転職する前にどの職種を希望するか、転職後のキャリアはどうするのか考えておくことをおすすめします。

「ゲーム業界 職種」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーム業界の職種一覧を紹介!
ゲーム業界の職種一覧!年収や仕事内容・未経験にオススメな職種も紹介!最近注目の集まるゲーム業界ですが、実はたくさんの職種があるのは知っていますか? プログラマーなど、実際にゲームを作っている人はイメージ...

未経験でゲーム業界転職は難しい?

未経験からゲーム業界へ転職することは難しいのかを、年齢別にご紹介していきます。

20代の場合

20代の未経験者の場合は、難しいものです。
ゲーム業界の転職活動では、ポートフォリオの提出が求められます。

20代の未経験者はポートフォリオの制作自体が難しく、書類審査の時点で落ちてしまうケースが少なくありません。
特に大手ゲーム会社は、面接まで進めない20代の未経験者が大半です。

まずはポートフォリオを作成できるように、学習を続けることをおすすめします。

30代の場合

30代未経験の場合は、20代の時よりもさらにゲーム業界への転職が難しくなります。
ゲーム業界は年齢層が若く、20代から30代が中心です。

30代で未経験の場合は、選考の時点で上手く行かないことが少なくありません。
ただし、ソーシャル・モバイルゲーム系をはじめとするゲーム業界の中には、常に人手不足という分野があります。

人手不足の分野は求人数が多く、30代未経験でも採用されやすいです。
転職サイトでの就職活動が上手く行かないという場合は、求人数の多いゲーム会社に絞ることも検討してください。

40代の場合

40代の転職は、職種によって転職が難しいケースもあります
20代や30代と比較すると、40代の中途採用はプランナーやディレクターの職種の求人が多い傾向です。

今までのキャリアで管理経験があれば、管理者としてゲーム会社に就職しやすいでしょう。
しかしゲームの製作に直接携わるような職種への就職は、難しいものです。

ゲーム会社で何がしたいのかを、今一度考えてみるといいでしょう。

「ゲーム業界 未経験」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーム業界へ未経験から飛び込むことはできる?
未経験からゲーム業界への転職は無理⁉新卒・第二新卒のケースも紹介「ゲーム業界に入りたいけど、ゲームを作ったり業界で仕事をした経験は無い」という方は非常に多いはずです。 中には「この年から頑張って...

経験者がゲーム業界で転職するハードルは?

ゲーム業界でアルバイトや正社員などをしていた経験者が、もう一度ゲーム業界に転職する際に起こりやすいハードルをご紹介していきます。

20・30代の場合

20・30代の場合は、なぜ前職を退職したのかという理由がハードルになります。
ゲーム業界は出入りが多いので、スキルや実績、資格があれば転職しやすいものです。

ただし前職でトラブルを起こした、スキルや実績不足が指摘され退職した場合、転職の妨げになることがあります。
面接の際になぜ前職を退職したのか聞かれることが多いので、上手く答えられるように考えておきましょう。

40代~の場合

40代以上の場合は、給料面や条件面でのこだわりがハードルになりやすいです。
今の職場よりも良い待遇を求めすぎると、企業とのミスマッチが起きやすく失敗してしまいます。

経験者であっても、今の会社と同じような給料が出るとは限りません。
自分の実績を過信すると、転職活動は上手く行かないでしょう。

転職理由になったこれだけは譲れないという条件以外は、柔軟になることをおすすめします。

ゲーム業界に転職するための準備

ゲーム業界に転職しようと決めたら、まずは下準備が必要です。
ステップを踏めば、効率的に転職活動を進められます。

1.スキルの棚卸をして希望の職種を絞る

まずは、自分のスキルを確認してください。
ゲーム業界には、未経験であってもスキルがあれば転職できる職種があります。

考えられるスキルとしては、

  • プログラミング
  • デザイン
  • サウンド制作

といった実務的なものがあれば書類選考で有利になります。
また実務経験がなくても、

  • ゲームのバグを発見したことがある
  • ゲームの大会で優勝したことがある
  • やり込んだゲームがある

といったスキルもゲーム業界で評価されることがあります。

2.転職エージェントへ登録しわからないことは何でも相談

ゲーム業界に転職は、転職エージェントへの登録がおすすめです。
経験豊富な転職エージェントなら、ゲーム業界の事情に精通しています。

分からないことがあれば、些細なことでも相談してください。
自力では見つけられなかった求人情報を教えてくれるといったメリットもあります。

3.ポートフォリオ作成(職種による)

職種によっては、ポートフォリオの制作が必須です。
会社がポートフォリオの書式を指定している場合は、指示に従って制作してください。

書式が指定されていないなら、ネット上のポートフォリオの見本を制作すると効率的です。
ポートフォリオはゲーム会社が採用者を決める大事な資料になるので、丁寧に作成します。

未経験でポートフォリオの制作が困難であれば、

  • デバッガー
  • ゲームプランナー
  • ゲームプログラマー

といった実績を問われにくい職種を選んで応募することもおすすめです。

4.志望動機を明確にして応募書類作成

志望動機は、どのゲーム会社を希望する際にも問われます。
まずは応募書類になぜそのゲーム会社なのかを分かりやすく記載しましょう。

志望動機が思い浮かばない場合は、企業の事業内容を深堀する方法がおすすめです。
企業が手掛けているゲームやコンテンツを試すと、企業の特徴や風土が感じられます。

自分の大切にしたい軸と募集企業の特徴から志望動機を見つけてください。

5.事前に対策していざ面接

面接対策は、事前に考えておきましょう。
転職エージェントによっては、面接練習をサポートするサービスを提供している所もあります。

一人では面接対策が難しい場合は、転職エージェントに質問する、失敗例を教えてもらうなどして上手く活用してください。
転職理由も聞かれることが多いので、上手く説明できるように準備しましょう。

ゲーム業界転職におすすめのエージェント

ここからは、ゲーム業界の転職に強いエージェントをご紹介していきます。

G-JOBエージェント

G-JOBエージェントは、ゲーム業界に特化したエージェントです。
業界最多の求人数を取り扱っているので、他では見つけられない会社も見付けられます。

また経験豊富なコンサルタントは、転職活動をサポートしてくれます。
正社員の求人だけでなく、アルバイトや契約社員といった幅広い業種に対応しているので、自分のライフスタイルに合った仕事が見つけられるでしょう。

サービスの利用は無料で、気軽に利用できる所も大きなメリットです。

「G-JOBエージェント」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

G-JOBエージェントの評判について紹介!
【2022】G-JOBエージェントの評判は?未経験でも転職できる?「個人でゲーム制作をしていてゲーム会社に転職したくなった」「ゲーム会社で質の良い求人を紹介してくれる転職サイトはないか」と、ゲーム業界に...

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターはゲーム業界だけでなく、WebとIT業界に強いエージェントです。
ゲーム業界以外にもアニメーターやIT営業などに興味があるという方に利用しやすいでしょう。

メリットや特徴は以下の通りです。

  • 業界に精通したキャリアアドバイザーからのサポートが受けられる
  • ポートフォリオの作成ツールが無料で利用できる
  • 都心部の求人に強い

東京や大阪で大手のゲーム業界に転職したいと考えている方は、マイナビクリエイターの活用がおすすめです。

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、年収アップの実績が多数ある転職エージェントです。
エンジニアに特化した15年の実績があります。

キャリアアドバイザーが書類や面接対策をサポートしてくれるので、不安なことがあればすぐに相談できます。
転職相談すれば非公開の人気求人も利用できるので、転職の選択肢も広がるでしょう。

ゲーム業界転職についてのまとめ

今回Ludusではゲーム業界転職について以下の内容をお伝えしました。

  • ゲーム業界には複数の職種がある
  • どの年代でも未経験でゲーム業界転職は難しい
  • 経験者も転職にはハードルがある
  • ゲーム業界に転職するための準備が大切
  • エージェントの利用がおすすめ

ゲーム業界の転職は難しいですが、下準備やエージェントを活用することで成功に近づけます。
ポートフォリオや志望理由は、よく考えておくといいでしょう。

気になるエージェントがあったという方は、この機会に登録してみてください。

まつたろー
まつたろー
最後まで記事をご覧くださり、ありがとうございました。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!