ゲームプランナーとは?未経験でもなれる?仕事内容・年収も紹介!

ゲームプランナー とは

ゲームクリエイターには様々な職種がありますが、中でも企画職であるゲームプランナーは人気職種の1つです。

今回Ludusでは、ゲームプランナーについての基礎知識を紹介します。
お届けする内容は以下の通りです。

  • ゲームプランナーとは?
  • ゲームプランナーの仕事内容
  • ゲームプランナーに必要なスキル・向いている人
  • ゲームプランナーのキャリアパス
  • ゲームプランナーの年収・将来性
  • ゲームプランナーを目指す人におすすめの本
  • おすすめのエージェントサイト、専門学校を紹介

「仕事内容についてよく知らない」という方から「ゲームプランナーを目指したいけどなり方が分からない」という方まで、この記事を見ればより理解が深まるはずです。

まつたろー
まつたろー
最後までご覧になることを推奨します。

ゲームプランナーとは?

ゲームプランナーを簡単に言うと、ゲームの企画を作る人です。
会社によってはゲームデザイナーとも呼ばれることがあります。

年齢・性別といったターゲットや最近のトレンドなどを分析しつつ、ゲームソフト(アプリ)のテーマ・世界観・設定などを決めて企画書に起こします。

「ゲームプランナーとゲームクリエイターの違い」を疑問に持っている方もいるかもしれませんが、ゲームクリエイターの中にある1つの職種がゲームプランナーです。
ゲームクリエイターには、他にもプログラマー・デザイナーといった職種が存在します。

ゲームプランナーの仕事内容

ここからはゲームプランナーの仕事内容や役割について説明をしていきます。

企画の立案をする

プランナーにとって、プロジェクトで最初の仕事となるのは企画の立案です。

多くの場合、ターゲットや開発規模などの大枠は、予めプロデューサーやクライアントによって決められているため、その範囲内でテーマやコンセプト、ゲームの世界観などを決めることになります。

関係者の要望を満たしつつ世間のトレンドも取り入れ、なおかつ自身の独自性も出すことが求められるので、慣れないうちは難しいかもしれませんが、その分やりがいのある作業です。

仕様書を作成する

企画が通って関係者に作品のイメージを共有できた後は、仕様書の作成に移ります。

仕様書は、プログラマー・デザイナーなどがゲーム制作時に見る資料となるため、誰が見ても認識のズレが発生しないように作ることが必要です。

仕様書の作成時は分かりやすい言葉を使うことが大前提ですが、時には専門用語を入れて記載することも求められるため、他の職種に関する知識をある程度把握しておくことも大事になります。

プロジェクトを進行させる

上記2つでプランナーの大きな役割は片付きましたが、プロジェクトの進行中にも気を抜くことはできません。

プログラマーやデザイナーが仕様書を見て疑問を持ったときには具体的な指示を出し直す必要がありますし、途中で方針の転換があった際には仕様書を一部作り直すこともあるでしょう。

チーム全体が同じ方向を向いてゲーム制作が進められるように、舵取りのような役目を果たし続けることが求められます

分析・運用を行う

ゲームが発売された後もプランナーの仕事は終わりません。
制作中の反省点やユーザーからの意見を洗い出して、発売されたゲームの改善点を探ります。

最近のゲームは発売後もアップデートを繰り返すことが一般的なので、しばらくは分析→改善の繰り返しが待ち受けることとなるでしょう。

ソーシャルゲームであればアップデートが数年間続くこともあるため、絶えず分析・改善・運用を繰り返しているプロジェクトも珍しくありません。

ゲームプランナーに必要なスキル

続いては、ゲームプランナーになるにはどういったスキルが求められるかを紹介します。

企画力

まず、ゲームプランナーには絶対的に必要とされるのが企画力です。

具体的には、思いついたことを企画書として資料にまとめる力や、資料として説得力を持たせながら人に説明する力が問われます。

アイデアは自分の頭にあるだけでは価値が無い状態なので、それをいかに企画として落とし込めるかがプランナーとしての腕の見せ所です。

論理的思考力

よくプログラマーに必要とされる論理的思考力ですが、これはプランナーにも不可欠な能力です。

企画書をプレゼンする際、プログラマーと話をする際などは、相手に自分のイメージを漠然と話すのではなく、論理的に筋道を立てて伝えなくては話が進みません。

プランナーにはプログラマーのメンバーと話をする機会もたくさんあるので、アルゴリズム的な考え方を身につけておく必要もあるでしょう。

トレンド分析力

発想力・企画力の源になるのはトレンド分析力です。

普段から情報を収集して、年代・性別ごとにどのようなものが流行っているのか把握しておくことで、より良い企画を作ることが可能になります。

さらには、もう一歩進んで今後流行りそうなものを予測する能力も、プランナーとしてキャリアを積み重ねていくうえで求められるスキルです。

コミュニケーション能力

プランナーは、他のチームメンバーと会話をする機会が多いので、コミュニケーション能力は必須スキルの1つです。

ここで言う「コミュニケーション」とは雑談を盛り上げる能力ではなく、色々な職種の人と共通言語で話をする力のことを指します。

例えば、プログラマーやデザイナーの間で使われている専門用語を勉強することも、コミュニケーション能力の強化に繋がります。

発想力

現実に存在しないものをゲームの世界に誕生させるプランナーには、人より優れた発想力が求められます。

この発想力は才能・センスが問われる分野でもありますが、日頃からゲームについて考え続けることで伸びる能力でもあります

上で紹介したトレンド分析力を鍛えたり、ゲーム業界の知識を幅広く得たりすることで発想力の元になってくれるでしょう。

ゲームプランナーのキャリアパス

まず、ゲームプランナーになるためには特別な資格・スキルは必要無いため、未経験でも採用の可能性がある職種です。

ただそれだけに人気のある職種でもあるので、倍率が高く狭き門ではあります。

プランナーとしての実力を付けたいという方は、企画のコンテストに応募するという方法もあり、そこから就職に繋がるケースも珍しくありません。

プランナーとして就職したあとは、マネジメントのスキルを身につけてディレクターやプロデューサーへとキャリアアップをしていくルートを目指すのが一般的です。

「ゲームプランナー 未経験」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームプランナー 未経験
未経験からゲームプランナーに転職可能?仕事内容や必要スキルも紹介!「未経験からゲームプランナーになるにはどうすればいいの?」「ゲームプランナーに必要なスキルは何があるの?」 ゲームプランナーになり...

ゲームプランナーの年収

求人サイトの参考数値ですが、ゲームプランナーの平均年収は約500万円となっており、会社員の平均年収よりも高いです。
参考:ゲームプランナーの仕事の平均年収は500万円/求人ボックス

年収の分布は横に大きく広がっているため、企業やスキルによっても大きな差があることが読み取れます。

「ゲームプランナー 年収」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームプランナーの収入は?
ゲームプランナーの平均年収は?収入を上げる方法も紹介!世界的にもeSportsが注目されている中、ゲームをプレイするだけじゃなくゲーム作りに関わりたいと思っている方も多いです。 ゲーム...

ゲームプランナーに向いてる人

ゲームプランナーに向いているとされるのは、以下の特徴を多く持っている人です。

  • ゲームがとにかく好き
  • 協調性がある
  • 辛抱強く作業を続けられる

まず、ゲームが好きな人は普段から自然にトレンドをチェックできるので、企画職であるプランナーに向いていると言えます。

また、プロジェクト内で話し合いや調整が絶えずおこなわれる職場においては、協調性や辛抱強さが求められることも多いです。

ちなみに、理系・文系についてはほぼ関係ありません
プランナーの内容的には文系の方がやや近いですが、他の職種に対する理解も必要になるため、理系の知識を活かす場所も必ず存在します。

ゲームプランナーの将来性

かつて、専業のプランナーという職業は存在しませんでした。

しかし、今では家庭用ゲームの制作に開発費も期間も大きくかかるようになり、一方でソーシャルゲームは大量にリリースされるようになり、プランナーの重要性・需要が高まっています

一部では「無能な人が多い」とか「プランナーという職業はいらない」という声も聞かれますが、将来的にも十分な需要が見込まれる職種だと考えられます。

ゲームプランナーになりたい人におススメの本

続いては、ゲームプランナーに関して色々な種類のおすすめ本を紹介します。

プランナーや業界についての知識が付くのはもちろん、面接やESのヒントにも繋がるはずです。

ロジカルシンキング

この本では、論理的思考力を鍛えることによって「ロジカル・コミュニケーション」を身につけられて問題解決に繋がる、と説いています。

直接プランナーの仕事に結びつく本ではありませんが、上でも紹介した論理的思考力およびコミュニケーション能力を向上させるために有効な一冊です。

created by Rinker
¥2,420
(2022/10/02 08:32:11時点 Amazon調べ-詳細)

ゲームプランナー入門 アイデア・企画書・仕様書の技術から就職まで

こちらは比較的新しい2019年の本で、ゲームプランナーに必要とされる基礎知識や過去のゲーム研究、発想力や企画力を鍛えるための方法などが記載されています。

さらには、就職のための知識や活動内容にも触れられているので、就活対策本としても効果が期待できます。

プロになるためのゲームプランニングの教科書

ゲームの企画書・仕様書を書くための基礎知識が、タイトル通り「教科書」のように一から丁寧に書かれています。

企画書のサンプルなども載っているので、現場の雰囲気を掴むのに大きく役立つでしょう。

ゲームクリエイターの仕事 イマドキのゲーム制作現場を大解剖

スマホゲームの立ち上げや業界の新人研修に関わってきた著者が書いた、現場目線の解説本です。

ゲームプランナーの一日がイメージできるような仕事内容の紹介もありますし、プランナーに必要な知識とスキルが書かれている章もあります。

ゲームプランナーに転職したい人にオススメのエージェント2選

この見出しでは、ゲームプランナーへの転職を目指す方におすすめのエージェントサイトを2つ紹介します。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

おすすめエージェントの1つ目は、Web・ゲーム・IT業界専門の転職支援サービスであるマイナビクリエイターです。

専任のキャリアアドバイザーは大手ゲーム会社にも精通しているので、ゲーム業界の転職に役立つノウハウやスキルをしっかりと教えてくれます。

さらに、日程の調整や企業への連絡も担当者が代行してくれるので、転職活動にかかる労力を大きく削減することが可能です。

また、これまで新卒就職サイトとして培ったマイナビのコネクションを活かして、マイナビクリエイターでも幅広い企業からの案件を拾い上げることができます。

セミナーや説明会なども多く実施しているため、求人を見ただけでは分からない情報を収集したいときにも有効でしょう。

ぜひ登録しておきたいエージェントサイトの1つです。

G-JOBエージェント

もう1つ紹介するエージェントサイトはG-JOBエージェントです。

G-JOBエージェントは、ゲーム業界のクリエイターへ転職することに特化しているエージェントサービス

業界に特化している分だけ担当のコンサルタントは知識が豊富ですし、G-JOBエージェントでコンサルタントになるためには「ゲーム会社での人事経験3年以上」「ゲーム開発現場のマネージメント経験」「国家資格コンサルタント所有者」のいずれかに該当する必要があります。

また、正社員・派遣社員といった雇用形態を絞った検索もできるため、ユーザーの要望に適した求人を簡単に探せます。

有名企業からの求人も数多くあるため、ゲーム業界への転職を目指すのであれば登録しておいて間違いはありません。

ゲームプランナーを目指すならアミューズメントメディア総合学院

こちらではおすすめの専門学校について紹介します。

アミューズメントメディア総合学院は、ゲームやアニメ、マンガなどの分野について学べる専門学校です。

ここには「ゲームクリエイター学科」を中心に「ゲームプログラマー学科」「ゲーム・アニメ3DCG学科」「キャラクターデザイン学科」などがあり、ゲームクリエイターを目指す人向けに様々な選択肢が用意されています。

アミューズメント総合学院の強みは「産学共同」での教育体制を敷いていることで、在学しながら市場に作品を出すチャンスもあります。

さらにはゲーム業界への就職率は94%を誇っており、就職サポートにも強い専門学校です。

資料請求は無料なので、まずはチェックしてみてください。

「アミューズメントメディア総合学院」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

アミューズメントメディア総合学院
アミューズメントメディア総合学院の評判・学費・入試制度は?プロゲーマー専門学校紹介アミューズメントメディア総合学院とは 近年ゲームやアニメに関する仕事も増え、これらの仕事に関わりたいと思う方も増えているのではないでし...

ゲームプランナーとは?のまとめ

今回Ludusでは、ゲームプランナーの基礎知識について紹介してきました。
最後に、この記事のポイントを整理します。

  • ゲームプランナーはゲームの企画を作る人。ゲームクリエイターに含まれる職種の1つで、ゲームデザイナーと呼ばれることもある
  • ゲームプランナーは企画の立案、仕様書作成、プロジェクトの進行、運用・分析・改善などを仕事としている
  • ゲームプランナーになるためには企画力、論理的思考力、トレンド分析力、コミュニケーション能力、発想力などが求められる
  • プランナーに向いている人の特徴は「ゲームがとにかく好き」「協調性がある」「辛抱強い」など
  • ゲームプランナーは特別な資格などを必要としないが、それだけに目指す人も多く倍率は高めで、需要も伸びている職種
  • 平均年収は会社員平均よりやや高いが、企業やスキルなどによってバラつきが大きい
  • 本を読んでプランナーに関する知識を得ることも重要
  • 転職エージェントや専門学校を利用しながら就職を狙うのもおすすめ

楽しいことを追い求めるだけではなく、時にはやりがいをパワーに変えられる人がゲームプランナーには向いていると言えるでしょう。

また、見出しでは紹介しませんでしたが、下記のように企業がおこなっているインターンシップなどに参加してみるのも有効な手段の1つです。
セガインターンシップのご案内 | SEGA

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!