グラフィックデザイナーへの転職を成功させる方法!

グラフィックデザイナーに転職するには?

 

近年では、eスポーツが徐々に普及しており、大きな盛り上がりを見せています。
eスポーツの競技タイトルに選ばれているゲームは、どれもグラフィックが綺麗で迫力のあるものばかりです。

そんな凄いグラフィックの数々は、グラフィックデザイナーによって作られています。
最近は、グラフィックデザイナーを目指すための就職先や転職を考えている人も増えてきています。

そこで今回は、下記の内容について紹介していきます。

  • グラフィックデザイナーとはどんな仕事をするの?
  • グラフィックデザイナーとして稼ぐことは可能なの?
  • 未経験からでもグラフィックデザイナーになれるの?

その他にも、グラフィックデザイナーに必要なスキルやおすすめの資格について紹介していきます。

さくら
さくら
是非とも最後までご覧になって下さい

グラフィックデザイナーとは?

グラフィックデザイナーとは、主にポスターや商品のパッケージ、新聞広告、CDジャケットなどの印刷物デザインを行う仕事のことです。

どれも私達が普段の生活で見る機会の多い物ばかりで、それらは全てグラフィックデザイナーの手によって制作されています。

近年では、グラフィックデザイナーの需要も高まってきており、30代~40代でも転職を考えている人もいます。

グラフィックデザイナーの主な仕事内容

グラフィックデザイナーの主な仕事内容はどうなっているのでしょうか?
仕事内容の詳細について紹介していきます。

クライアントからヒアリング

最初に出版社や広告代理店などから依頼を受け、デザインの希望やコンセプト、お目当てのターゲットなどを確認します。

最初の段階でそれらの確認をしっかり行っていないと、クライアントの要望と違うと指摘され、後々トラブルになりかねません。

まずは、クライアントとのヒアリングをしっかりと行う必要があります。

デザインに必要なスタッフと打ち合わせ

ヒアリングを行った後は、デザインするために必要なスタッフを集めて、仕事の流れなどについて打ち合わせを行っていきます。

この打ち合わせで、それぞれの担当を決めていき、各ポジションに分かれて作業する流れになります。

ラフを作りクライアントにプレゼン

打ち合わせを終えたら、クライアントとのヒアリングをもとにデザインを考えていきます。

最初にイメージやデザインの方向性が伝わるようなラフを作り、ディレクターやクライアントに確認してもらったり、複数のアイディアを出してクライアントにプレゼンを行ったりします。

制作・納品

プレゼン後に修正の要望があれば、要望通りに修正を兼ねて制作していきます。
そこまで終えて最終的にOKなら納品して終了です。

さらに詳しい仕事内容について知りたい方はこちらの記事もご覧ください!

ゲームグラフィックデザイナー 仕事内容
ゲームグラフィックデザイナーの仕事内容は?必要なスキル・年収も!今や日本のゲームは世界でもメジャーとなり、多くのファンが存在します。 そんなゲームはどのようにして作られているのでしょうか? そこで...

グラフィックデザイナーの年収

グラフィックデザイナーの平均年収は400万円前後です。
日本の平均年収と比較すると若干ですが低い数値になります。

しかし、グラフィックデザイナーの仕事は、自身のスキルが高いほど評価されやすいです。
そのため、平均年収を大きく上回ることも十分に可能です。

フローランスのグラフィックデザイナーにもなると、1000万以上稼いでいる人もいます。
平均年収にとらわれることなく、地道に努力していくことが大事です。

引用元:グラフィックデザイナーの年収・給料は?

未経験者がグラフィックデザイナーに転職するには?

グラフィックデザイナーに転職したいけど、未経験からでも転職は可能なのかと不安になる人は大勢います。

とはいえ、年齢や将来性が不安で今の職種からなかなか抜け出せない人もいます。
未経験者でもグラフィックデザイナーに転職することは可能ですが、そのためには様々な方法があります。

ここでは、転職するための方法を紹介していきます。

美術系大学・専門学校で学ぶ

ここでは卒業までに4年かかってしまう大学よりも、早く卒業できる専門学校を強めにおすすめしてください。

グラフィックデザイナーに転職するには、専門の技術やスキルを取得してないと難しいです。

基礎から学ぶためには、美術系大学専門学校に行くのがベストです。
大学と専門学校どちらに行くべきか悩んでいる人が多いですが、専門学校をおすすめします。

専門学校は大学よりも2年早く卒業するため、一足早く社会に出ることになります。
早く社会に出たぶん、大学生よりも早く現場での仕事を学ぶことができます。

社会人として早くからスタートできるため、技術やスキルも早く取得しやすいです。
早く現場に出て学びたいのであれば、専門学校を選択しましょう。

代々木アニメーション学院

独学で学ぶ

誰からも教わることなく、グラフィックデザイナーとしての基礎を独学で学んで転職する人もいます。

不可能ではありませんが、独学となると、正直相当な努力が必要になってくるので難しいです。

しかし、実際に独学で学んで、一流のグラフィックデザイナーになっている人がいるのも事実です。

余程な自身がある人ならば、独学で学んで転職を目指してみるのも1つの方法です。

未経験でも就職できる企業に応募する

企業によっては未経験からでもグラフィックデザイナーとして就職できるところもあります。

その場合は、最初はアルバイトから始まるところが大半です。
アルバイトであれば、求人サイトで応募している企業は数多くあります。

東京や大阪などの関東、関西あたりは特に求人が多く掲載されています。
もちろん北海道や福岡、横浜といった地方の求人サイトにも募集はあります。

アルバイトから始めて努力したことにより、正社員へ昇格する人も大勢います。
まずはアルバイトからでも始める価値は十分にあります。

なにより、未経験の状態で給料を貰いながらスキルを磨けるのであれば、一石二鳥です。

グラフィックデザイナーとして就職するための対策

グラフィックデザイナーとして就職するためには、それなりの対策が必要になってきます。
事前対策を怠った状態で就職活動を行っても、採用される可能性は低いです。

グラフィックデザイナーとして就職するための対策を紹介していきます。

スキルの棚卸をする

転職するとなると、自分にはどのような強みがあるのか、自分が相手の企業に対してどのような貢献をできるのかなどのアピールが重要になってきます。

そのためには自分の持っているスキルを棚卸して、自分にはどのようなスキルがあるのか整理する必要があります。

スキルの棚卸を行ったうえで、自分の強みや今後どのように貢献していくかをアピールできれば採用の確率は上がります。

転職の際には、まず最初にスキルの棚卸を行うことをおすすめします。

志望動機や理由を明確にする

就職の際には、当然ながら志望動機が必須になります。

何故グラフィックデザイナーを目指しているのか、数多くある企業のなかで何故その会社を選んだのかなど、しっかりとした理由を考えておかなくてはなりません。

この志望動機が明確になっていないと、企業側にも熱意が全然伝わらずに終わってしまいます。

そうなってしまっては、採用される確率は極めて低いです。
志望動機の例文などを読んで、どのような動機なら認めてもらえるか事前に何度も練習しておく必要があります。

転職理由を自分の頭の中で整理して、しっかりとまとめたうえで挑むことをおすすめします。

マイナビクリエイター

目指す企業の特徴や強みを押さえる

グラフィックデザイナーとして働くことのできる企業は数多く存在します。
そんな数多くある企業の中でも、自分が選んだ企業の特徴強みは知っておいた方が色々と有利になります。

自分がグラフィックデザイナーを目指すうえでも、他の企業と差別化できる特徴や強みがあれば、自身のスキルアップにも役立ちます。

自分にとって将来性があるかどうか確認したうえで、転職する企業を選んでいきましょう。

質の高いポートフォリオを制作する

ポートフォリオは、就職や転職の際に非常に重要な作品になります。

このポートフォリオの完成度によって、自分が目指している企業の採用に大きく左右されると言っても過言ではありません。

ポートフォリオの完成度が高いだけで、大きな評価に繋がります。
グラフィックデザイナーを目指すのであれば、質の高いポートフォリオを制作しましょう。

転職エージェントを活用してグラフィックデザイナーに転職する

グラフィックデザイナーへの転職を考えているのであれば、転職エージェントを活用してみるのも1つの対策です。

転職エージェントならば、自分が目指している職業に対しての的確なアドバイス無料で行ってくれます。

履歴書の書き方やポートフォリオの作り方、面接の仕方など、あらゆる面での対策を教えてもらえます。

ここでは、おすすめの転職エージェントを紹介します。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

グラフィックデザイナーを目指している人はマイナビクリエイターを活用することをおすすめします。

マイナビクリエイターはWebやゲーム関連を特化した転職支援サービスであり、求人大手企業が運営しているという強みがあります。

もちろん、グラフィックデザイナーの転職支援にも適しており、現役のアドバイザーが質の高いポートフォリオの作り方なども教えてくれるので、安心して頼ることができます。

ポートフォリオだけでなく、履歴書の作成も指導してもらえるので、書類選考に自信がない人とってもありがたいです。

また、マイナビクリエイターではポートフォリオを無料で作成可能なMATCH BOXというサービスも存在します。

MATCH BOXは登録さえ済ませれば誰でも無料で利用することができ、PCとスマホ両方で活用可能です。

掲載したい実績の素材があれば簡単にポートフォリオを作できるのでおすすめです。
気になる人は、マイナビクリエイターをチェックしてみて下さい。

レバテックキャリア

レバテックキャリアは、IT関連デザイナーの転職に力を入れている転職サイトです。
各業界に詳しいキャリーアドバイザーが、個人に合いそうな新たな転職先の紹介やアドバイスをしてくれます。

グラフィックデザイナーの仕事も数多く揃っており、転職を考えている人にはありがたい環境です。

転職先を紹介するだけでなく、その企業に対応する面接の対策も教えてもらうことができます。

また、職務経歴書や質の高いポートフォリオの作り方まで、現役のデザイナーが徹底的に指導してくれます。

転職に関するあらゆる面で全力サポートしてくれるので非常に心強いです。
採用後も転職先の企業と年収交渉や入社日の調整までサポートしてくれる面倒見のよい転職サイトです。

グラフィックデザイナーに必要なスキル

グラフィックデザイナーの仕事をするには、ある程度必要になってくるスキルもあります。
どのようなスキルが必要になってくるか紹介していきます。

傾聴力・説明力

グラフィックデザイナーは相手から様々な要望をされたり、よい作品に仕上げるための技術を説明する機会があります。

その際に、相手の意見を聞き入れる傾聴力や、相手に上手く伝えるための説明力が必要になってきます。

いい意見がもらえても聞き入れなかったり、自分の説明が上手くいかなかったりすると、それだけで相手からの印象も悪くなってしまいます。

いい作品に仕上げることも困難になってしまうので、傾聴力や説明力は必須なスキルです。

時間管理力

グラフィックデザイナーとして仕事するには、時間の管理も重要になってきます。
期限や納期に間に合わないと、他の部署に多大な迷惑をかけてしまいます。

そういったトラブルを避けるためにも、常に時間を気にしながら仕事を行っていきましょう。

マーケティング能力

グラフィックデザイナーの仕事では企画提案などを行って、相手に納得してもらう機会もあります。

そのようなマーケターとしての役割を果たすマーケティング能力も必要になってきます。
これはグラフィックデザイナーに限らず、どの仕事においてもマーケティング能力が必要になる場面は多いです。

今後のことも考慮したうえで、マーケティング能力を上げておくと役に立ちます。

芸術への高い興味・関心

グラフィックデザイナーの仕事をしている人は、いい作品や独自性の強い作品に仕上げようという職人気質の人が多いです。

実際にレベルの高いグラフィックデザインを作るためには、芸術への高い興味や関心が無いと思うように仕上がらないです。

常日頃から、芸術に対しては興味を持って行動しましょう。

コミュニケーション能力

どの仕事でも同じことが言えますが、グループ内で仕事をするとなると、コミュニケーションも必要になってきます。

グループ内でのコミュニケーションが取れていないと、お互いに情報交換ができていない状態で、大きなミスを犯してしまう恐れがあります。

普段からコミュニケーションを取っていないと、そのようなトラブルが起きやすいです。
そういったことを無くすためにも、コミュニケーション能力は必要になってきます。

グラフィックデザイナーを目指す際におすすめの資格

グラフィックデザイナーになるために、これといって必要な資格というものはありません。
しかし、未経験でグラフィックデザイナーを目指す人が取得した方が有利な資格は存在します。

ここでは取得しておくと有利になるおすすめの資格を紹介します。

Illustratorクリエイター能力認定試験

世界基準のグラフィックツールと言われているIllustratorの活用能力を評価する資格検定試験です。

与えられた指示に従ってグラフィックデザインを作り上げるといった試験であり、取得しておくと便利な資格です。

Photoshopクリエイター能力認定試験

グラフィックデザイナーが必ず触れると言われるソフトウェアAdobe Photoshopに大きく関係した資格です。

この資格を取得した人は、さらに高度な技術力を披露できたり、作業スピードが速いといったことを証明できます。

グラフィックデザイナーにとっては、かなり評価が高い資格です。

Adobe認定エキスパート

Adobe社がリリースするソフトウェアの専門的な知識スキルを有している人に認められる資格です。

この資格は、単一製品認定・スペシャリスト認定・マスター認定の3つのランクがあります。

取得すると自身のポートフォリオのクオリティを高めたり、優れたデザイナーとして信頼されるので、転職の際には有利です。

DTPエキスパート認証試験

PCを使用した出版物などをデザイン・編集・製版・印刷・加工する技術や知識を認定する資格です。

デザイン関係の技術も要するため、グラフィックデザイナーを目指している人にも役立つ資格です。

色彩検定

色の基礎や配色技法といった専門分野における利用方法など、色に関しての理論を認定する検定です。

グラフィックデザイナーの仕事は、デザインの際に色の使い方も重要になってきます。
色彩検定の資格を取得すれば、そのための色の知識を体系的に学ぶことができるのでおすすめです。

総合学園ヒューマンアカデミー デザインカレッジでグラフィックデザインを学ぶ

グラフィックデザイナーを目指すのであればヒューマンアカデミーデザインカレッジで学ぶことをおすすめします。

ヒューマンアカデミーでは、デザインの知識やスキルが無い人でも、基礎からしっかり学ぶことができる環境が揃ってます。

生徒一人一人に対して講師がバックアップしてくれるので、それぞれの個性や感性を成長させるのに最適です。

指導してくれる講師達は、各業界で活躍している現役のプロなので、現場で役立つ知識やスキルを学ぶことができます。

また、企業から直接依頼された課題に取り組むことができ、就職後の仕事に近い作業を在学中に経験することができます。

気になる人は、ヒューマンアカデミーのホームページで資料請求ができるので、一度ご覧になってみることをおすすめします。

グラフィックデザイナーの転職まとめ

今回はグラフィックデザイナーの転職について紹介してきました。

  • グラフィックデザイナーの作品は身近な場所で多く使われている
  • グラフィックデザイナーは努力次第で稼ぐことができる
  • 未経験からでもグラフィックデザイナーに転職することはできる

数多くあるデザイナーの仕事の中でも、グラフィックデザイナーを目指す人は増えてきています。
日本でもeスポーツが徐々に流行ってきている影響で、グラフィックデザイナーの需要も高まってきています。

専門的な分野であるため、一流のグラフィックデザイナーになれず苦労している人は大勢います。しかし、努力を積み重ねていけば結果は出せるので、諦めずに継続していくことが重要です。

グラフィックデザイナーへの転職を考えている皆さんが、目標達成できるのを願っています!

さくら
さくら
最後までご覧いただきありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!