未経験でグラフィックデザイナーになるのは厳しい?資格も紹介!

グラフィックデザイナー 未経験

グラフィックデザイナーはスキルや実績が物を言う世界とされていますが、未経験でも就職することは可能なのでしょうか?

今回Ludusでは、未経験から目指すグラフィックデザイナーについて特集します。
内容は以下の通りです。

  • 未経験からグラフィックデザイナーになるのは無理ではない
  • 未経験でグラフィックデザイナーになる方法
  • グラフィックデザイナーを目指すためにおすすめの資格
  • ポートフォリオを作成して就活を有利に進めよう
  • グラフィックデザイナーへの転職を目指すなら副業スタートもあり
  • おすすめエージェントサイト「クラウドテック」を紹介

グラフィックデザイナーを目指す方がこの記事を読めば、今後の方針を決めるのに役立つはずです。

学生の方にも社会人の方にも参考になる情報をたっぷりお届けします。

まつたろー
まつたろー
ぜひ、最後までご覧ください。

未経験でグラフィックデザイナーになるのは厳しい?

早速本題に入りますが、デザイン関連の経験や実績を積まないでグラフィックデザイナーになるのは難しいのでしょうか?

結論から記載すれば、未経験でも無理ではありません
グラフィックデザイナーを目指したい方は、諦めずに活動を続けていきましょう。

ただ、デザイン業界は専門的な知識・スキルが求められるところなので、特に中途採用は即戦力となる経験者が優遇されるのも確かです。

30代を超えて40代に近づくと「経験者のみ」の求人が多数になってくるので、未経験で転職を狙うのであれば、30代前半までがおすすめとなります。

未経験でグラフィックデザイナーになる方法

続いては、未経験からグラフィックデザイナーに就職するための方法を4つ紹介します。

あなたが学生か社会人かによっても取るべき行動は変わってくるので、自分に合った方法を選択してみてください。

新卒で就職する

まずは正攻法である新卒入社から紹介します。

あなたがまだ学生であれば、新卒での就職を目指しましょう。
新卒は中途採用に比べれば採用へのハードルが低いので、デザイン関連の実績が無くても就職の可能性が十分あります。

Ludusではゲーム会社への就職を中心に案内していますが、それ以外にも広告代理店、デザイン事務所などが就職先として一般的です。

仕事内容や職場の雰囲気を具体的にイメージしたいという場合は、事前にインターンを経験しておくのも有効でしょう。

未経験者歓迎の求人に応募する

求人を見る際は「応募要件」を良く見て、必ず未経験者でも資格を満たしているところに応募してください

当然ですが、経歴を偽ってしまうと後で採用が無効になることもありますので、自分の経験・スキルに見合った企業を目指しましょう。

中途で探そうとするとアルバイト・派遣などの案件が多いと思いますが、正社員の求人もあるはずです。
まずは希望する雇用形態に絞って探し、徐々に範囲を広げるようにしましょう。

また、未経験者OKの求人であれば入社後の研修なども手厚いことが期待できるので、採用された後も安心です。

専門学校に通う

特に高校生以下の方であれば、専門学校に通うことは有効な選択肢の1つです。

専門的な知識・スキルを身につけることができますし、学校によっては本格的な設備を使っての実践的な授業を受けられるところもあります。

また、社会人になっている方が入れる専門学校も数多くあるため、すでに大学を卒業している方が働きながら通うことも可能です。

長期間は厳しいという方は、短期のスクールでスキルを身につける方法もありますので、期間や予算とも相談して、自分に合ったやり方で専門知識・スキルを習得しましょう。

資格を取得する

グラフィックデザイナーになるために必須の資格はありませんが、未経験者が就活でアピールするためには資格の取得もある程度有効になってきます。

特にデザイン関連のアプリ・ツールに関連した資格は実践的なものが多く無駄になることはないのでおすすめです。

おすすめする具体的な資格名は次の見出しで紹介しているので、そちらも一緒にチェックしてみてください。

未経験でも取得できる!グラフィックデザイナーにおすすめの資格4選

グラフィックデザイナーを目指す方におすすめの資格を4つ厳選してお届けします。

それぞれ合格のための本なども出版されているので、気になる方はチェックしてみましょう。

アドビ認定エキスパート

アドビ認定プロフェッショナルは、Photoshop、Illustratorといったアドビ製品に関する知識・操作を問う資格です。

公式ページはこちら
アドビ認定プロフェッショナル

出題形式としては、選択式に加えてソフトウェアを実際に操作する問題もあり、実務にも活かしやすい形式となっています。

こちらは国際資格なので、海外での展開を考えている方にもおすすめです。
取得しておけば、グラフィックデザイナーからWebデザイナーへ方針転換といったこともやりやすくなるでしょう。

Photoshopクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験は、アドビ製品であるPhotoshopの活用能力を問う資格です。

公式ページはこちら
Photoshop®(フォトショップ)クリエイター能力認定試験

難易度はスタンダード・エキスパートの2段階に分かれているので、まずは基本が学べるスタンダードから挑戦するのが良いでしょう。

試験には、画像ファイルの作成や作品制作など実技形式の問題が含まれているため、実践にも役立つ内容となっています。

DTPエキスパート認証試験

DTPエキスパート認証試験は、印刷の強みを活かして価値を生み出せる人を育成するため作られた資格です。

ちなみにDTPとは、パソコン上で印刷物のデータを制作してプリンターで出力することを指します。

公式ページはこちら
DTPエキスパート | JAGAT

DTPに関する資格の中でも歴史がある人気資格なので、取得できればグラフィックデザイナーの就職に有利に働くでしょう。

色彩検定

色彩検定は、その名の通り色彩に関して幅広い分野の知識を問う資格です。
文部科学省後援の試験でもあり、デザイン系では非常に高い知名度を持ちます

公式ページはこちら
色彩検定協会/カラーコーディネーター

試験は1級~3級、およびUC級に分かれており、3級はマークシートのみの解答形式ですが、級が上がると記述問題が入ります。

ちなみにUC級とは色のユニバーサルデザインに関する内容が問われる級で、他とは独立した立ち位置です。

「グラフィックデザイナー 資格」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

グラフィックデザイナーにオススメの資格
グラフィックデザイナーに有利な資格5選!独学の方法も紹介!クリエイティブな職業の代表格でもあるグラフィックデザイナーは、壁に貼られているポスターや商品のパッケージなど、日常と密接に関わっている職...

「クリエイター 資格」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

クリエイターにオススメの資格を紹介
クリエイターにオススメの資格12選|難易度・費用・試験形式も紹介これからクリエイターを目指す人、現在クリエイターとして頑張っている人のための資格は数多く存在します。 今回Ludusでは、クリエイ...

未経験でもポートフォリオがあれば就活に有利になる

グラフィックデザイナーを目指して就職活動をするためには、ポートフォリオを作成して見せることが一般的です。

デザイン業界におけるポートフォリオとは、これまでの経歴や作品、自らのスキルなどをまとめた冊子のようなもので、20ページ前後が目安の分量と言われています。

場合によっては履歴書代わりとなって自分のスキルを効果的にアピールできるので、見せることで即戦力になると判断してもらう指標にもなります。

例文を参考にしたような志望動機を書くよりも確実にスキルをアピールできるツールなので、デザイン業界を志望する方は必ずポートフォリオの書き方を研究しておきましょう。

未経験なら副業としてグラフィックデザイナーを始めるものあり!

グラフィックデザイナーはスキルが物を言う仕事であるため、就職できたとしても最初から収入を安定させることは非常に難しいです。

半分フリーターような状態になり年収が低いケースも珍しくないため、まずは副業として始めてみて将来的に専業を目指すというやり方も良いでしょう。

この見出しではグラフィックデザイナーとしての副業の始め方を紹介します。

アシスタントのアルバイトから始めてみる

分かりやすく言えば弟子入りのような形で、デザイナーの元でアシスタントのアルバイトをするという方法があります。

目の前でプロの作品に触れることができますし、勉強しながら給与ももらえるため一石二鳥と言えるでしょう。

スケジュールはデザイナーの方に合わせる必要があるため副業の働き方に合うかどうかは難しいかもしれませんが、検討してみる価値はあるはずです。

知人に声をかけ仕事を提供してもらう

デザイン業界は縦よりも横の結びつきが強い分野なので、知人に業界の人がいるのであれば確実に声をかけるようにしましょう。

上のようにアシスタントから始めるのも良いですし、一度声をかけておけば何かあったときに仕事をもらえる可能性も高まります。

最近はSNS経由で仕事を取るのも一般的ですので、オンライン上の知人とも積極的にコミュニティを形成するようにしておきましょう。

お店に自ら営業をかける

昔ながらの方法ですが、お店や事務所に直接営業を仕掛けることが効果的な場合も依然としてあります。

働きたい職場がある、気に入った作品があるといった場合には、関係する企業や主要デザイナーにコンタクトを取ってみましょう。

当然押し売りのようなことをしても逆効果なので、ホームページやSNS上などに開かれている経路で連絡を取るようにしてください。

クラウドソーシングを利用する

副業という形態であれば、クラウドソーシングの活用は非常に適しています。

時給よりも成果報酬の案件が多いのでスキマ時間で収入を得ることができますし、自分のペースで仕事を受け取ることが可能です。

最初のうちは大きく稼ぐことが難しいかもしれませんが、時間をかけて実績を重ねていけば本業並みに収入を得ることができるかもしれません。

グラフィックデザイナーの求人を探すならクラウドテック

この記事最後の見出しとして、フリーランスの方が利用するエージェントサービスのおすすめ、クラウドテックを紹介します。

こちらは専業として働く人をメインターゲットとしているサイトなので、上で紹介したような副業をしばらく続けた後、独立して利用するのに最適です。

また、クラウドテックでは仕事の応募から契約の締結まではオンラインで完結するため、ハローワークなどに通って仕事を探すような手間はかからず在宅リモートで対応ができます。

仕事の案件も大部分がリモート対応可能となっており、フルリモート不可の案件であっても東京、大阪、神奈川(横浜)、福岡、愛知(名古屋)など大都市の求人は多数あります。

全く場所に影響されない働き方ができるので、フリーランスを視野に入れている方はぜひ一度チェックしてみてください。

未経験のグラフィックデザイナーについてのまとめ

今回Ludusでは、未経験から目指すグラフィックデザイナーについて紹介してきました。
最後に、この記事のポイントを整理しましょう。

  • 未経験でもグラフィックデザイナーにはなれるが転職のハードルは高め
  • 専門学校に通う、資格を取得するなどした後、未経験者歓迎の求人に応募するのが確実
  • 資格は「アドビ認定プロフェッショナル」「Photoshopクリエイター能力認定試験」「DTPエキスパート認証試験」「色彩検定」がおすすめ
  • ポートフォリオをしっかり作れれば就活でも有利になる
  • 最初は副業としてアルバイトやクラウドソーシングなどを利用するのも効果的
  • フリーランスになるならクラウドテックの利用がおすすめ

高校生・大学生・社会人など、あなたの立場によって適した進路をお選びください。
まずは専門学校、資格の取得などでしっかりしたスキルを身につけるのがおすすめです。

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!