グラフィックデザイナーになるために英語は必要?メリットも紹介!

グラフィックデザイナー 英語

グラフィックデザイナーといえば、広告やWEBサイトで国内外問わず活躍している職業です。
海外で活躍するグラフィックデザイナーに憧れている人も、多いでしょう。

グラフィックデザイナーになりたい場合、英語力が必要なのでしょうか。
そこで今回Ludusで、下記の内容について紹介していきます。

  • グラフィックデザイナーに英語は必要か?
  • グラフィックデザイナーは英語ができると何が有利なのか?
  • グラフィックデザイナーが英語力を身に着けるにはどうすればいいのか?
  • グラフィックデザイナーの将来性は?

この記事を読めば、グラフィックデザイナーに英語は必要なのか理解できるようになるでしょう。

そら
そら
ぜひ最後まで見ていってね!

グラフィックデザイナーを英語で表すと?

英語では、graphic designerと表記します。
発音もほぼ日本語と同じで、覚えやすい単語です。

graphicは画像、designerは設計士という意味があります。
海外のグラフィックデザイナーの名刺に記載されていることもあるので、覚えておくと便利です。

グラフィックデザイナーとは?

グラフィックデザイナーとは、広告やサイトに掲載するデザインを考える職業のことです。
依頼主が伝えたいことを、デザインにして表現します。

以前は雑誌やポスターのデザインが中心でしたが、現在はネットでの活躍も増えてきました。
作成したデザインが多くの人の目に留まれば、クライアントの売り上げアップに貢献できます。

グラフィックデザイナーを目指す人も多く、人気の職業といえます。

グラフィックデザイナーに英語は必要?

英語は、グラフィックデザイナーに必須の能力ではありません。
しかし近年、英語力のあるグラフィックデザイナーの需要が高まっています。

グラフィックデザイナーは、以下の能力が主に求められる仕事です。

  • デザインの基礎知識
  • アプリケーションソフトの知識や使いこなす技術
  • 美的センス
  • コミュニケーション能力

グラフィックデザイナーになるには、まずは必須の能力を伸ばすようにしてください。
英語ができなくても、グラフィックデザイナーを目指すことは可能です。

ただ英語ができた方が、仕事の幅が広がります。
世界でオンライン化が進み、日本にいても海外の仕事に簡単に対応できるようになってきました。

今までは国内のグラフィックデザイナーがライバルでしたが、今後は世界中のグラフィックデザイナーと仕事を奪い合う可能性があります。
英語ができないと魅力的な条件の仕事ができないこともあるでしょう。

後悔しないためにも、グラフィックデザイナーの基本的な能力の勉強に加えて英語の学習も始めてみることをおすすめします。

グラフィックデザイナーは英語ができると何が有利?

英語ができるグラフィックデザイナーは何が有利なのかを詳しくご紹介していきます。
今からグラフィックデザイナーを目指す方は、参考にしてみてください。

英語力が求められる求人に応募できる

英語ができれば、英語力が必須の仕事にチャレンジできます。
クライアントが外国の方や英語圏向けの広告の場合、英語力が必要です。

応募できる仕事の数が増えれば、収入アップも期待できます。
英語力を活かした求人に応募すれば、仕事の選択肢も増えます。

グラフィックデザイナーのキャリアにもプラスになって、国内の仕事も受注しやすくなるでしょう。
グラフィックデザイナーとして長く活躍したいなら、英語を学習しておいた方がいいです。

英語の説明書の意味が訳さなくても分かる

グラフィックデザイナーは、説明書が英語であるソフトや機材を利用する機会が少なくありません。
英語ができれば、説明書を読めばすぐに使い方が分かります

英語力が無ければ、わざわざ翻訳したり、日本語の説明書を取り寄せたりと手間が掛かります。
英語ができるグラフィックデザイナーは、海外のソフトもすぐに導入できるでしょう。

英語の説明書が読めると、仕事をスムーズに進められます。
海外の魅力的な機材を使えば、今よりもクライアントから評価されるデザインを作成することも夢ではありません。

今まで英語の説明書を敬遠して評判のソフトを利用しなかったという方は、この機会に英語の学習をおすすめします。

英語表記のデザインを生み出せる

英語があれば、英語表記のデザインが生み出せます。
日本語しか知らないグラフィックデザイナーよりも、デザインの選択肢が増えるでしょう。

デザインの幅が広がれば、グラフィックデザイナーの評価も高くなります。
また英語表記のデザインであれば、国内だけでなく海外も視野に入れた活動も視野に入れて活動できます。

デザイン力を上げたい方も、英語を学ぶといいでしょう。

海外で働くことができる

海外で働きたいなら、英語力は必須です。
海外の有名グラフィックデザイン会社の多くは、英語圏や英語が共通語です。

国内よりも海外の方が給料や待遇が良く、国内で実績を積んでから海外で活躍するグラフィックデザイナーも増えつつあります。

フリーランスの場合は英語ができると、国内にいながら海外の仕事を受注できる可能性も高くなるでしょう。

海外も視野に入れている方は、英語力を向上させるよう勉強を続けてください。
今は海外での仕事を考えていないという方も、スキルアップに繋がる可能性が高いので学習をおすすめします。

グラフィックデザイナーが英語力を身に着けるには?

グラフィックデザイナーが英語力を身に着けるにはどうすればいいのかをご紹介していきます。

TOEICを受ける

TOEICは、英語のコミュニケーションとビジネス能力を確認する試験です。
グラフィックデザイナーの仕事で使う英語も多く出題されるので、TOEICを受けることをおすすめします。

TOEICを受験する際に補助を貰える大学や専門学校、会社もあるので、活用してみるといいでしょう。

英会話教室に通う

英語教室に通えば、効率的に英語学習ができます。
英会話教室の中には個人かグループか、外国人の先生や日本人の先生を選べる場所もあって、初心者にもおすすめです。

費用は掛かりますが、短期間で英語が取得できるでしょう。

参考書を使って勉強する

独学で英語を取得したい場合、参考書を使って勉強することもできます。
コストを抑えて英語が学びたい方におすすめの学習法です。

自分のペースで学習したい方にも、参考書を使った学習方法は便利です。
目標を設定してから参考書を使った勉強法を試すと、やる気も持続しやすいものです。

参考書で学習して、TOEICで好成績を目指すこともいいでしょう。

グラフィックデザイナーが英語力以外に求められる能力・スキル

グラフィックデザイナーが英語力以外に求められる能力やスキルをご紹介していきます。
英語力の前に、基本的な能力やスキルを身に付けておくといいでしょう。

デザイン力

デザイン力は、グラフィックデザイナーに必須の能力です。
構図や配色、フォントといったデザインの基礎知識は、仕事で求められます。

基礎や応用して利用できるように、学習を続けてください。
独学で取得することもできますが、専門学校を上手く利用して効率的に学習することをおすすめします。

コミュニケーションスキル

円滑に仕事をするには、コミュニケーション能力は必須です。
グラフィックデザイナーは、他のスタッフと共同して仕事を行う機会が多くなっています。

周囲の人と円滑に仕事ができれば、グラフィックデザイナーの評価も高くなるでしょう。
コミュニケーションスキルを磨き続けるようにしてください。

情報収集力

グラフィックデザイナーはオリジナルのデザインを考えるだけでなく、流行にあったデザインを作成する必要があります。
グラフィックデザイナーは、流行のデザインを常にチェックしないといけません。

世間で今何が受けているのかを、調べる力が求められます。
また情報収集には、人脈があった方が有利です。

コミュニケーション能力を磨きつつ、上手く情報収集する方法を模索してください。

デザインソフトを扱うスキル

グラフィックデザイナーは、デザインソフトを使って仕事をします。
デザインソフトやパソコンが使えないと、活躍が難しいでしょう。

新しいデザインソフトも次々と発売されているので、新しいソフトを使いこなす必要があります。
デザインソフトの勉強は、重点的に行ってください。

グラフィックデザイナーの将来性は?

グラフィックデザイナーの仕事は、紙媒体からネットを中心にしたものに変わりつつあります。
将来的には、サイトやWeb広告の仕事の方が多くなる見込みです。

Webマーケティングスキルやネット表現に関する知識が、求められるようになるでしょう。
また国境の垣根を越えて、仕事する可能性も高くなっています。

同じチームに英語圏の人がいる仕事も、増えていくでしょう。
的確なコミュニケーションをとるためにも、英語の学習を続けてください。

グラフィックデザイナーになるなら総合学園ヒューマンアカデミー

総合学園ヒューマンアカデミーのデザインカレッジには、グラフィックデザイン専攻があります。
今からグラフィックデザイナーを目指すなら、総合学園ヒューマンアカデミーがおすすめです。

総合学園ヒューマンアカデミーでは、少人数制のカリキュラムが用意されています。
きめ細かな教育が受けられるので、0からグラフィックデザイナーを学ぶ方も安心です。

グラフィックデザイン専攻では、以下のようなカリキュラムで学べます。

  • アナログ
  • デジタル
  • 企画・運営のノウハウ

グラフィックデザイナーに必要な能力の多く学べて、効率的です。
さらに総合学園ヒューマンアカデミーの就職サポート設けられるので、独学よりも就職活動を有利に進められるでしょう。

総合学園ヒューマンアカデミーでグラフィックデザイナーの夢を叶えてみたいなら、まずは無料の資料請求がおすすめです。
少しでも興味を持ったという方は、資料に目を通してみてください。

グラフィックデザイナーに英語は必要なのかまとめ

今回Ludusでは、グラフィックデザイナーに英語は必要なのかについて以下の内容を中心にご紹介しました。

  • グラフィックデザイナーに英語は必須ではない
  • 近年英語ができるグラフィックデザイナーの需要は高まりつつある
  • 英語ができるグラフィックデザイナーはキャリアアップが期待できる
  • グラフィックデザイナーはデザインのスキルが必須である
  • 今後ネットを中心とした仕事になる可能性がある
  • 総合学園ヒューマンアカデミーデザインカレッジにあるグラフィックデザイン専攻の利用がおすすめ

グラフィックデザイナーは英語ができなくても、活躍の機会があります。
ただし英語ができた方がスキルアップをしやすく、仕事の幅も広がるでしょう。

グラフィックデザイナーの基本的なスキルの学習に加えて、英語の学習もおすすめです。
英会話教室や参考書を上手く利用して、自分のペースで学習してみてください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

そら
そら
絶対また読みに来てね~!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!