CGデザイナーに絵が下手でもなれる?おすすめの資格も紹介!

cgデザイナー 絵が下手

CGデザイナーとは、CGソフトを用いて魅力的なグラフィックを制作する職業です。

イラストを描く仕事というイメージがありますが、絵が下手でもなれるのでしょうか。

今回Ludusでは、CGデザイナーについて以下の内容を中心にご紹介します。

  • CGデザイナーについて紹介
  • CGデザイナーは絵が下手でもなれるのか解説
  • CGデザイナーに大事なこととは
  • CGデザイナーにおすすめの資格や身に着けておきたいスキル

絵が下手だからといってCGデザイナーを諦めている方に向けて、今回は徹底的に解説していくのでぜひ最後までご覧ください。

さくら
さくら
楽しんでくれると嬉しいです!

CGデザイナーとは?

CGデザイナーとは、CGソフトを駆使して2D・3D問わず様々なグラフィックを作成する職業です❗️

アニメやゲーム、映画を作る際に活躍する仕事と思われていますが、現在は建築や車関係の仕事で活躍するCGデザイナーも増えてきています。

原画をもとにキャラクターや建物、背景を描くほか、より魅力的なデザインになるよう設定を施してオリジナリティ・リアリテを持たせるといった作業に取り組みます。

CGデザイナーは、そのままだとただのイラストで終わってしまう原画を形状データに起こし、映像の世界に取り込んでいくのです。

イラストを3Dにしたあとは、より自然な仕上がりにするために人間の関節を意識した点を設置したり、動きや色を付けたりします。

非常に細かい作業を要する仕事であり、光になる部分・影になる部分の調節や人間のように滑らかに動くための設定などを施さなければいけません。

1つの作業を全て1人で行うのではなく、様々な工程を複数のCGデザイナーが力を合わせて進めていきます。

CGデザイナーは絵が下手でもなれる?

CGデザイナーは絵が下手でもなることができます❗️

先ほども紹介した通り、CGデザイナーの仕事は非常に多岐にわたります。

イラストを3Dに起こすことはもちろん、現実感が出るような質感を与えたり動きや色を加えたりと、様々なことをこなす必要があるのです。

そのため、実際に画力が求められるのは原画に携わる仕事をする時であり、その他の仕事はCGソフトの使い方や効果的な色の付け方、奥行への理解と言った部分が求められます。

もちろん絵が上手いに越したことはありません。

しかし、絵が上手いだけではCGデザイナーになれないというのもまた事実です。

実際に絵が下手でもCGデザイナーになったという人もいます。

絵が描けなくても、経験を積んでいくことで押さえるべきポイントやルールが分かってきます。

それを仕事に反映していけば、リアルなグラフィックを完成させることができます。

現場で即戦力として働いていくには、絵を描く以外の能力も非常に重要です。

原画やデザインをよく観察し、色んな要素を見逃さないようにしてください。

CGデザイナーに重要なのは忠実に模写すること

CGデザイナーにとって最も重要なのは、忠実に模写することです。

CGデザイナーは原画に関わることもありますが、アニメーターやイラストレーターが作った資料やデザインを見ながらそれを3Dデザインに落とし込みます。

つまり、絵を描く時の独創性やどうすればキャラクターの魅力が引き立つかということを考える訳ではありません。

渡されたデザインをそのままきちんと模写し、より魅力的になるよう自然な立体感を持たせるのです。

また、絵を描ける人でなくてはどこの部分をどう描けは立体的に見えるか分からないでしょう。

しかし、CGデザイナーはCGソフトを使って仕事をします。

CGソフトの使い方を習得すれば、どのような操作をすればイラストに陰影や奥行を出せるか分かります。

そうして経験を積んでいくことで、キャラクターをより魅力的にすることが可能です。

原画を忠実に模写して、人物や建物、背景など、対象となる物体の特徴をしっかり掴んでください

それが、絵が下手でもCGデザイナーとして活躍できる近道だと言えます。

さくら
さくら
それぞれ求められる役割が違っているんですね!

「アニメーター イラスト」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

アニメーターのイラストの描きかた
アニメーターのイラストの描き方紹介!イラストレーターとの違いは?アニメに興味のある方なら、アニメのイラストがどのように作られているか気になりませんか? 今回Ludusではアニメーターのイラストの...

CGデザイナーにおすすめの資格

絵を描く能力はもちろん重要ですが、絵が下手でもCGデザイナーになることができます。

また、資格を取っておくことで就職や実際に仕事をする際に役立つケースも。

おすすめの資格を4つ紹介します。

CGクリエイター検定

CGクリエイター検定とは、その名の通りCGを駆使するデザイナーやクリエイターの能力を図る検定です。

デザインや2DCGの基礎の部分から、カメラワークや構図など映像制作に関する知識、モデリングやアニメーションなど3DCGの関する技術から幅広く出題されます。

この検定に合格しているということは、CGに関する知識や映像表現の技術、CGソフトウェアの使い方を習得しているということです。

知識を図るベーシックと知識をもとにCGを作成する能力も測るエキスパートという2つの難易度があります。

Photoshopクリエイター能力認定試験

世界的なグラフィックツールであるPhotoshopを扱う能力の認定試験です。

Photoshopを使った画像処理方法や課題の指示文を見て作品を作り上げる能力などが問われます。

どの現場でもほとんどの確率で導入されているPhotoshopに関する一定の知識・技術を身に着けておくことは、CGクリエイターにとって非常に重要です。

様々な仕事に携わっていきたいと考えているのであれば、スタンダートではなくエキスパートの方を取得しておきましょう。

Illustratorクリエイター能力認定試験

上記のPhotoshopクリエイター能力認定試験のIllustrator版です。

どちらのソフトも主要なツールなので、取得しておくことをおすすめします。

Illustratorを使うスキルだけでなく基礎的な知識を身に着けると、より効率的に作業を進められるようになると言えます。

色彩検定

色彩検定は色に関する知識や適切な組み合わせを問われる検定です。

CGクリエイターはモノクロ、または大まかな配色以外決まっていない原画を渡されることもあります。

そんな時色の効果的な組み合わせや効果を把握していれば、自分でより魅力的なグラフィックを作成することが可能です

「クリエイター デザイナー」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

クリエイターとデザイナーの違いとは?
「クリエイター」と「デザイナー」の違いは?仕事・職種などで比較!企業では同じように、ものづくりに関わる仕事をおこなっているクリエイターとデザイナー。 クリエイターとデザイナーは、イメージ的になん...

CGデザイナーに必要なスキル・能力

CGデザイナーに必要なスキル・能力について解説していきます。

CGソフトを扱うスキル

CGデザイナーにとって最も重要なスキルです。

どんなにデザインやグラフィックに関する知識が豊富でも、CGソフトを扱えなければ仕事を進められません

主要ソフトの使い方はあらかじめ習得しておきましょう。

入社した会社の特別なソフトなども、使い方をいち早く覚えておけば即戦力と見なされ、活躍の場が広がっていきます。

コミュニケーションスキル

CGクリエイターは、自分1人の力で仕事を進めるのではありません。

他のCGクリエイターやプロデューサー、ディレクターなど、様々な職種の人と話し合いながら1つの作品を作り上げていきます。

自分の思っていることや考えを正確に伝え、相手の意図を汲み取るコミュニケーションスキルは必要不可欠です。

集中力

1枚の原画をモデリングするのに長い時間を要することもあります。

その間もきちんと集中力を持続させておかなければ、後からミスが見つかって修正が必要になり、納期に間に合わなくなるかもしれません。

1つ1つの作業に集中して取り組んでください。

体力・精神力

CGデザイナーは、サラリーマンのように働く時間が決まっていません。

納期によっては早朝や深夜にも仕事をする可能性もあります。

急な納期の変更による拘束時間の増加なども考えられます。

それを乗り越えられる体力・精神力をしっかり身に着けておきましょう。

観察力

1つのデザインを見て、咄嗟にどの部分をどう処理していくか判断していきます。

そうすると作業効率が良くなり、仕事が早く終わることに繋がります。

資料やデザイン画から何を求められているかを見抜く観察力はとても大切です。

さくら
さくら
色んなことが求められる大変な職業なんですね…!

CGデザイナーの年収は?

キャリアによっても年収は異なりますが、だいたい年収は平均300万円から500万円程度だといわれています。

引用元:東京コミュニケーションアート専門学校

CGデザイナーの平均年収は300~500万円です👀

CGデザイナーとしての経験年数や雇用形態にもよりますが、日本の会社員の平均年収は約430万円であり、やや低いかほぼ同程度の水準だと思われます。

駆け出しのころはもっと年収が低く、アルバイト程度の収入しか得られないかもしれません。

しかし、大きな企画やイベントに携わって仕事を成功させたり、フリーランスとしての名が売れたりすると、より大きな仕事に関わって実績が生まれ、どんどん年収も上がっていくことでしょう。

自分の収入を上げるのは自分の仕事次第です。

焦らず着実に自分の仕事をこなし、CGクリエイターとしての能力を磨いてください。

CGデザイナーの将来性は?

CGデザイナーはとても将来性のある仕事です。

現在、日本のアニメや映画、ゲームは世界的に認められてきています。

そのため、今後もどんどんグラフィックや3DCGを作成できる人物の需要が高まるはずです。

VRなど立体的な映像を使ったコンテンツに力を入れていく企業も増えていくことが予想され、CGデザイナーの需要も高まっていくことが予想されます。

ただ、その分CGデザイナーの数が増え、より高いスキルが求められていくでしょう

自分の能力を磨き、幅広いスキルを身に着けていくことが重要です。

さくら
さくら
夢を叶えるために頑張りましょう!

CGデザイナーを目指すなら代々木アニメーション学院がおすすめ!

代々木アニメーション学院

CGデザイナーを目指すなら、代々木アニメーション学院に入学することをおすすめします😍

もともと絵を描くことが苦手な人も、ここで描写力やデッサン力、デザイン力を身に着けることができます

デザインに関する能力もしっかり磨いておくことで、原画方面の仕事を任されることになっても安心です。

もちろん各イラスト制作ソフトの使い方や背景に関する知識など、CGデザイナーになるうえで欠かせない能力を磨いていけます。

実際にPhotoshopの使い方もプロの講師から教えてもらえるという豪華な授業内容が魅力的です。

学習面・授業料といった部分だけでなく、就職や卒業後もしっかりサポートしてくれます。

代アニの授業内容や校風が気になるという方は、まず無料の資料請求をしてみてはいかがでしょうか?

「代々木アニメーション学院」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

代々木アニメーション学院
代々木アニメーション学院とは?学費・学科や評判についても徹底解説!今回、Ludusでは代々木アニメーション学院について、下記の内容について紹介していきます! 代々木アニメーション学院とは?...

絵が下手でもCGデザイナーになれるのかについてまとめ

今回Ludusでは、CGデザイナーは絵が下手でもなれるのかということについて以下の内容を中心にご紹介しました。

  • CGデザイナーはグラフィックを作成する仕事
  • 絵が下手でもCGデザイナーになれる
  • CGデザイナーにとって重要なのは忠実に模写する力
  • CGデザイナーにおすすめの資格は「CGクリエイター検定」「Photoshopクリエイター能力認定試験」「Illustratorクリエイター能力認定試験」「色彩検定」
  • CGデザイナーに必要なスキル・能力は「CGソフトを扱うスキル」「コミュニケーションスキル」「集中力」「体力・精神力」「観察力」

デザイナーと聞くと、絵が下手な人には無縁の仕事のように思うかもしれません。

しかし、実際に重要なのは模写する力やCGソフトを正確に扱うスキルです。

絵が下手な人でもアニメやゲームの仕事に携わることができるチャンスだと言えます。

将来性も高く、その分高いスキルや処理能力が求められます。

ソフトやグラフィックに関する正しい知識・技術を身に着け、どんどんCGデザイナーとしての地位を上げていきましょう。

一流のCGデザイナー目指して頑張ってください。

それでは、最後までお読みいただきありがとうございました。

さくら
さくら
ぜひまた遊びに来てください!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!