グラフィックデザイナーになるには大学?専門学校?なり方を紹介!

グラフィックデザイナーになるには

グラフィックデザイナーは商品パッケージ・雑誌広告など、身近に溢れている広告デザインを制作しているデザイナーです。

デザイナーの中でもポピュラーなことから人気の職業となっており、現在目指しているという方も多いのではないでしょうか?

しかし実際にグラフィックデザイナーになろうと思うと、具体的にどういった方法があるのか分からない方も多いですよね👀

そこで今回Ludusでは、そんなグラフィックデザイナーについて以下の内容を紹介していきます。

  • グラフィックデザイナーの仕事内容
  • グラフィックデザイナーになる方法
  • 社会人からグラフィックデザイナーを目指す方法
  • 中学生・高校生のうちからグラフィックデザイナーを目指すには
  • グラフィックデザイナーを目指している方におすすめの学校
  • グラフィックデザイナーに必要なスキルについて
  • グラフィックデザイナーにおすすめの検定資格
  • グラフィックデザイナーに向いている人の特徴

また記事の最後では、グラフィックデザイナーの平均年収についても詳しくご紹介しています。

そら
そら
最後まで読んでくれたらうれしいな~

グラフィックデザイナーとは

グラフィックデザイナーは、ポスター・商品パッケージ・雑誌広告といった、身近に溢れている印刷物の紙面をデザインしている専門職です。

クライアントからの依頼を受けて、打ち合わせを繰り返しながら、商品・サービスにしっかり合わせたデザインを制作していきます👀

グラフィックデザイナーは商品・サービスの魅力がひと目で分かり、多くの人に受け取ってもらえるような、目を引く魅力的な広告デザインを制作することが求められている職業です。

またよく似た名前の職業に「ゲームグラフィックデザイナー」がありますが、こちらはゲームに登場するグラフィックのデザインを担当している別の職業です。

名前から混同してしまいがちですが、グラフィックデザイナーとは違った職業のため注意していきましょう。

グラフィックデザイナーになるには

実際にグラフィックデザイナーになるには、どういった方法があるのでしょうか?ここからはグラフィックデザイナーになるまでの具体的な方法について、詳しくご紹介していきます❗️

大学に通う

グラフィックデザイナーになるには、大学に通うのもおすすめです。

大学には、デザインの専門的なスキルについて指導している学科もあります。

こうした大学の学科に通うことで、グラフィックデザイナーに必要とされている専門スキルを身につけることができ、グラフィックデザイナーを目指していくことが可能です✨

また大学では卒業後に大卒(学士号)の資格を取得することができるため、卒業後は大手企業への就職も視野に入れることができます。

大手企業への就職を目指したい方、グラフィックデザイナーと他の職種でまだ迷っているという方は、卒業後の進路の幅が広い大学に通う方法がおすすめです。

専門学校に通う

グラフィックデザイナーになるには、専門学校に通うのもおすすめです。

デザイン系の専門学校では、グラフィックデザイナーを目指している方に向けた専門教育を行っている学校もあります。

大学同様にこうした専門学校でグラフィックデザイナーに必要なスキルを身につけることでも、グラフィックデザイナーを目指していくことが可能です。

大学・専門学校はそれぞれメリット・デメリットが明確に異なるため、どちらがより自分に合っているか調べた上で選択していきましょう👀

広告会社に就職する

一部の広告会社では、未経験からでも応募することができるグラフィックデザイナーの求人を出しているところもあります。

こうした求人に応募することでも、グラフィックデザイナーとしてキャリアを始めていくことが可能です✨

グラフィックデザイナーとして就業しながら、実践的なスキル・実績を身につけていくことができます。

こちらは求人数が少なく、就職先を見つけることが難しい点に注意していきましょう。

独学で学ぶ

グラフィックデザイナーは必要とされているスキルを独学で学び、広告会社へ就職、またはフリーランスのグラフィックデザイナーとして仕事を始めていくことも可能です。

現在はグラフィックデザイナーを目指している方に向けた書籍・オンライン講座なども豊富に登場しています。

こうした書籍・オンライン講座などを駆使することで、グラフィックデザイナーに必要なスキルを独学で身につけていきます。

独学でグラフィックデザイナーを目指す場合は、就職の面接時やフリーランスのクライアント開拓時に必要となる実績づくりも大切です。

資格取得を目指す・コンペに応募するなど、スキル学習とあわせてポートフォリオに記載することができる実績作りを行っていきましょう✨

「グラフィックデザイナー フリーランス」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

フリーランスのグラフィックデザイナーになる方法とは?
フリーランスのグラフィックデザイナーになる方法は?エージェントも紹介!グラフィックデザイナーは、ポスター・書籍・商品パッケージ・CDジャケットなどのデザインを制作するクリエイター。 デザイナー業の中で...

社会人からグラフィックデザイナーになるには?

社会人からグラフィックデザイナーを目指していく場合、まずは専門学校・専門スクールや独学用の教材等を駆使して専門スキルを身につけていきます。

その後、未経験でも雇ってくれる企業への転職や、フリーランスのグラフィックデザイナーとしての活動を目指していきましょう

転職時だけでなくフリーランスとして活動を始める上でも、ポートフォリオとして提出できるグラフィックデザイナーとしての実績作りが大切です👀

そのため専門スキルをある程度身につけた後は、資格取得やコンペへの応募、クラウドソーシングサイト等で募集されている案件をこなすなど、グラフィックデザイナーとしての実績づくりに励んでいきましょう。

中学生・高校生のうちからグラフィックデザイナーを目指すには?

まだ中学生・高校生で、進路としてグラフィックデザイナーを目指している方の場合、大学・専門学校に通う方法がおすすめです。

大学・専門学校では、グラフィックデザイナーに必要とされている専門スキルを丁寧に指導しているため、グラフィックデザイナーとしての能力を在学中にしっかりと身につけることができます✨

また卒業後の就職先の幅も広いため、豊富な企業から自身の就職先を決めることができます。

現在中学生・高校生だという方は、大学・専門学校への入学を検討していきましょう。

グラフィックデザイナーになるには代々木アニメーション学院がおすすめ

代々木アニメーション学院

グラフィックデザイナーになるには、代々木アニメーション学院への入学もおすすめです。

代々木アニメーション学院はアニメ・マンガ・声優・ゲーム・イラストなど、最新のエンタメコンテンツに関わっているクリエイターの育成を行っている専門教育機関となっています。

デザイン関係の学科・コースも多く抱えており、また講師陣には現役デザイナーの方も在籍しています✨

在学中にしっかりとデザインに関する基礎を学ぶことができ、現役デザイナーの方からの実践的な指導を受けることができます。

現在グラフィックデザイナーを目指しているという方は、こちらの代々木アニメーション学院への入学も一度検討していきましょう。

公式サイトからは無料の資料請求が可能となっています👀

興味のある方はまずはこちらからチェックしていきましょう。

グラフィックデザイナーになるために身に着けておきたいスキルは?

ここからはグラフィックデザイナーになるために身につけておきたいスキルについて、簡単にご紹介していきます❗️

デザイン力

グラフィックデザイナーは商品・サービスの広告デザインを担当する職業となっているため、見る人を惹き付ける魅力的なデザインを制作するスキルが必要です。

写真・文字を効果的に配置するレイアウト、文字の読みやすさに関わるフォント、全体のイメージを決める配色など、紙面デザインに関する様々な知識・技術が必要となってきます👀

グラフィックデザイナーを目指している方は、まずはこうしたデザインに関する専門知識・技術を身につけていきましょう。

制作ソフトを扱うスキル

グラフィックデザイナーの業務では、基本的に「Photoshop」・「Illustrator」といったデザインソフトを使用していきます👀

そのためグラフィックデザイナーには、こうしたデザインソフトを効果的に扱うスキルについても必要です。

まずはデザインソフトの基本的な操作方法を身につけ、こうしたソフトウェアを使ったグラフィックデザインの技法についてしっかりと学んでいきましょう。

コミュニケーション能力

グラフィックデザイナーはデザイン分野の職業ということで、人との関わりが薄い職業と思われてしまいがちですが、実際にはクライアントやチームメンバーとの密なコミュニケーションを取る必要がある職業です。

実際の業務では、クライアントやチームメンバーとしっかりコミュニケーションをとり、制作するデザインのイメージを共有している必要があります👀

グラフィックデザイナーはコミュニケーション能力も重要とされているスキルのひとつです。

マーケティングスキル

グラフィックデザイナーは基本的に商品・サービスの広告デザインを担当する職業となっているため、マーケティングスキルも重要とされています。

今の流行はなんなのか、商品・サービスのユーザーは何を求めていて、それに応えるデザインはどういったものがあるのか、といったマーケティングスキルについても磨いていきましょう✨

グラフィックデザイナーになるためにおすすめの資格

ここからはグラフィックデザイナーにおすすめの資格について、いくつかご紹介していきます❗️

Photoshopクリエイター能力認定試験

Photoshopクリエイター能力認定試験は、サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が主催している、グラフィックツール・Photoshopの活用能力を測る検定試験です👀

グラフィックデザイナーが業務でよく利用するPhotoshopの活用能力を示すことができる検定資格となっており、グラフィックデザイナー業界で広く利用されています。

こちらの試験は業務上で頻繁に使用するPhotoshopの操作方法を覚えるのにも適しているため、Photoshopの操作技術を身につけたい方も、こちらの資格取得を検討していきましょう。

Illustratorクリエイター能力認定試験

Illustratorクリエイター能力認定試験は、サーティファイソフトウェア活用能力認定委員会が主催するグラフィックツール・Illustratorの活用能力を測る検定試験です👀

こちらもグラフィックデザイナーがよく利用する「Illustrator」の活用能力を示すことができる検定資格となっており、グラフィックデザイナーとしてのスキルアップを目指している方におすすめです。

色彩検定

色彩検定は公益社団法人色彩検定協会が主催している、色に関する幅広い専門知識・技術を測る検定試験です👀

色ごとの特徴・効果や、配色の基本的なルールといった専門知識が求められる試験となっており、デザイン業界で広く利用されている検定試験となっています。

Adobe認定プロフェッショナル

Adobe認定プロフェッショナルとは、Photoshop・Illustrator・InDesignといったデザイン業界で頻繁に使用されるAdobeソフトの専門知識・スキルを示す検定資格です👀

Adobe製品群に対する一定の知識・活用能力を示すことができる資格となっており、デザイナー・クリエイター業界で幅広く利用されています。

「グラフィックデザイナー 資格」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

グラフィックデザイナーにオススメの資格
グラフィックデザイナーに有利な資格5選!独学の方法も紹介!クリエイティブな職業の代表格でもあるグラフィックデザイナーは、壁に貼られているポスターや商品のパッケージなど、日常と密接に関わっている職...

グラフィックデザイナーになるのに向いている人は?

ここからはグラフィックデザイナーに向いている人の特徴について、簡単にご紹介していきます❗️

デザインが好きな人

グラフィックデザイナーはデザイン職のため、まず何よりもデザインが好きな方が向いています👀

業務では常に様々なデザインと向き合い、制作していく必要があるため、デザイン制作自体があまり好きではないという方は続けることが難しいですね。

オリジナルのイラスト・デザインを制作することが好きで、毎日制作していても苦にならないという方は、グラフィックデザイナーに向いています✨

感性が豊かな人

グラフィックデザインは常にオリジナリティのある作品を制作することが求められているため、感性が豊かで様々な表現ができる方もグラフィックデザイナーに向いています

クライアントの要望にあわせて多彩な表現を使い分けることができれば、他のデザイナーとの差別化を図りやすく、グラフィックデザイナーとして活躍していくことができます✨

流行に敏感な人

グラフィックデザイナーは時には、デザインに流行を取り入れることも求められるため、こうした流行に敏感な人もグラフィックデザイナーに向いています

最新の流行にいち早く乗り、自身のデザインに取り入れることで、新鮮でオリジナリティのあるグラフィックデザインを生み出すことができます✨

根性がある人

グラフィックデザイナーの業務では、一旦完成した作品であっても、クライアント・アートディレクターなどから修正依頼が入ると、何度も根気よく修正していく必要があります👀

やり直しになっても何度も取り組む根気強さが必要となってくるため、グラフィックデザイナーは根性のある人も向いています。

グラフィックデザイナーの平均的な年収は?

雇用形態 平均年収
正社員 424万円

引用:求人ボックス 給料ナビ

グラフィックデザイナーの正社員・平均年収は424万円となっています。

2019年に公開されている日本の平均年収が「432万円」となっていることを考えると、グラフィックデザイナーの平均年収は少し低めとなっています。

全体の給与幅は304〜742万円とかなり幅広くなっており、企業ごと・個人のスキルの有無によっても収入が変動しやすい職業です👀

グラフィックデザイナーを目指している方は、こうした点についても注意して確認していきましょう。

グラフィックデザイナーは正社員以外にも、フリーランスとして働いている方も多く存在します。

こちらは個人のスキル・営業能力の差によって収入の変動が大きく、アルバイト程度の収入しか得られない方から、年収1000万円以上の高額な収入を得る方もいます。

グラフィックデザイナーを目指している方は、こうしたフリーランスとして働く道もあるため、こちらも検討していきましょう。

「グラフィックデザイナー 年収」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

グラフィックデザイナー 年収
グラフィックデザイナーの年収!独立したら?1000万稼げる?日常にあふれているポスター・商品パッケージ・チラシなど様々な印刷物のデザインを担当しているグラフィックデザイナー。 思わず手にとっ...

グラフィックデザイナーのなり方についてのまとめ

今回Ludusでは、グラフィックデザイナーになるにはどういった方法があるのかという疑問を中心として、グラフィックデザイナーについて以下の内容を紹介していきました❗️

  • グラフィックデザイナーは雑誌広告・ポスター・商品パッケージの広告デザインを制作する専門職
  • グラフィックデザイナーになるには大学に通う・専門学校に通う・就職する・独学で学ぶ方法がある
  • 社会人からグラフィックデザイナーを目指すならスキルを身につけて転職・フリーランスとしての活動を考える
  • 中学生・高校生からグラフィックデザイナーを目指すなら大学・専門学校に通うのがおすすめ
  • グラフィックデザイナーを目指すなら代々木アニメーション学院への入学もおすすめ
  • グラフィックデザイナーに必要なスキルはデザイン力・コミュニケーション能力・マーケティングスキルなど
  • グラフィックデザイナーにおすすめの資格はAdobe認定プロフェッショナル・色彩検定など
  • デザインが好きな人・感性が豊かな人・根性がある人はグラフィックデザイナーに向いている
  • グラフィックデザイナーの平均年収は424万円

グラフィックデザイナーは身近な商品のデザインを担当する職業となっているため、多くの人に自身が制作したデザインを見て楽しんでもらうことができる、やりがいのある職業です。

デザインが好きで、自身の制作したデザインを多くの人に楽しんでもらいたいという方は、グラフィックデザイナーになることを一度検討してみてはいかがでしょうか?

今回ご紹介した内容が皆さまの参考になっていれば幸いです。

そら
そら
最後まで見てくれてありがとね~!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!