ゲームグラフィックデザイナーの仕事内容は?必要なスキル・年収も!

ゲームグラフィックデザイナー 仕事内容

今や日本のゲームは世界でもメジャーとなり、多くのファンが存在します。

そんなゲームはどのようにして作られているのでしょうか?

そこで今回eスポではゲーム作成に欠かせない職業「ゲームグラフィックデザイナー」について以下の内容でご紹介いたします

  • ゲームグラフィックデザイナーについて
  • ゲームグラフィックデザイナーはどのような仕事をする?
  • ゲームグラフィックデザイナーになるためにおすすめの専門学校
  • ゲームグラフィックデザイナーに必要な資格

その他にもゲームグラフィックデザイナーに求められるスキルについてもあわせてご紹介します❗️

そら
そら
ぜひ、最後まで見てね〜!

ゲームグラフィックデザイナーとは?

ゲームグラフィックデザイナーとは、ゲーム内のキャラクターやアイテムなどのグラフィックを手がける人のことを言います。

ゲームグラフィックデザイナーといっても2Dを手がけるか3Dを手がけるかの違いがありますが、現在ではCGを使用するのが主流となっているので、3Dもできるゲームグラフィックデザイナーが多くなっています。

ゲームグラフィックデザイナーが働けるのは主にゲーム制作会社です。

自社で制作から販売までを行う大手の会社からゲーム制作のみを請け負う会社までさまざまです。

その他にも今ではアプリ開発に力を入れているIT会社にも需要があり、ゲームグラフィックデザイナーはさまざまな場所で活躍ができるでしょう。

ゲームグラフィックデザイナーの主な仕事内容

続いてはそんなゲームグラフィックデザイナーの主な仕事内容について見ていきましょう。

タイトル画面

ゲームを起動したら最初に表示されるタイトル画面もゲームグラフィックデザイナーの担当です。

ゲームの世界観を印象付ける大切な工程です。

背景

ゲームの背景もゲームグラフィックデザイナーが担当します。

ディテールまでリアルに表現することでプレイヤーが本当にその世界に入り込んだかのような印象を持たせることができます。

キャラクター

キャラクターのグラフィックはそのゲームのメインと言っても過言ではない重要な要素です。

魅力的なキャラクターを作ることはゲームグラフィックデザイナーの腕にかかっています。

モーションデザイン

モーションとは動きのあるものの動作のことです。

キャラクターのモーションをレベルの高い作り込みができれば、その場で本当に動いているようなリアル感を演出することができます。

エフェクトデザイン

ゲーム中の攻撃時の細かな演出だったり、風で枯葉が揺れる演出だったり、エフェクトデザインはゲームの世界をよりリアルに表現させるために欠かせない要素です。

そんなエフェクトデザインもゲームグラフィックデザイナーの手によって作り出されています。

ムービー

ゲームを盛り上げるムービーもゲームグラフィックデザイナーが作成します。

3Dグラフィックで手を加えることで映画のような臨場感を演出できます。

グラフィックデザイナーを目指す人にオススメの専門学校3選

ゲームグラフィックデザイナーを目指すなら以下の3つの専門学校がおすすめです。

  • 代々木アニメーション学院
  • 総合学園ヒューマンアカデミーゲームカレッジ
  • アミューズメントメディア総合学院

それでは、それぞれの特徴について詳しく見ていきましょう。

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院はアニメやエンターテイメント関係の職につくための専門教育機関で、通称「代アニ」と呼ばれています。

それぞれの業界で活躍する、有名な声優やアニメーターなどを数多く輩出している実績があります。

アニメの専門学校として随一の知名度を誇り、その徹底的な就職サポートなどからこれまでの卒業生は12万人を超えており、信頼の高い専門学校だということがわかりますね。

今ではアニメやゲームはもちろん、YouTube科やesports実況科など時代に即したコースもあるので、アニメ・エンターテイメント系の職につきたい方にはおすすめです。

気になった方はぜひ資料請求をしてみてくださいね。

総合学園ヒューマンアカデミー ゲームカレッジ

総合学園ヒューマンアカデミーゲームカレッジはゲーム専用の専門学校です。

ゲームグラフィックデザイナーはもちろん、ゲームプログラマーやゲームプランナーなどゲームに関するさまざまな職を目指すことができます。

ゲームの開発の基礎知識はもちろん、企業の研修が受けられるインターシップ制度なども導入しており、就職を目的としたカリキュラムで勉強を進めることが可能です。

実際の現場で働くプロの講師から学べるので実務で必要なスキルであったり、考え方などこの学校でしか学べないこともたくさんあるでしょう。

気になった方はぜひ資料請求をしてみてくださいね。

アミューズメントメディア総合学院

アミューズメントメディア総合学院はクリエイターやアーティストの育成を専門とした専門学校です。

大阪府に拠点を構える通称「AMG」は1993年に設立された比較的新しい学校です。

ゲームはもちろん、アニメや漫画などのコースもあり、クリエイター・アーティスト育成に特化してるのが分かりますね。

AMGでは2年でプロになるための技術を身につけるカリキュラムで、卒業生のゲーム業界への就職率は94%を誇ります。

AMGはそれぞれの業界と強いパイプがあり、学校に在籍中からプロの現場で実践的な学びを行えます。

講師も実際の現場で働くプロの講師なので、その点も心強いですよね。

気になった方はぜひ資料請求をしてみてくださいね。

「アミューズメントメディア総合学院」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

アミューズメントメディア総合学院
アミューズメントメディア総合学院の評判・学費・入試制度は?プロゲーマー専門学校紹介アミューズメントメディア総合学院とは 近年ゲームやアニメに関する仕事も増え、これらの仕事に関わりたいと思う方も増えているのではないでし...

ゲームグラフィックデザイナーに求められるスキル

ゲームグラフィックデザイナーになるために必要なスキルはどういうのがあるのでしょうか?

一つずつ見ていきましょう。

CG表現スキル

ゲームグラフィックデザイナーに欠かせないのがCG表現スキルです。

最近のゲームでは3Dで作られるのが一般的なため、CGで物やキャラクターをリアルに表現する力を求められます。

グラフィックデザインの知識

グラフィックデザイナーとしてやっていくにはもちろんグラフィックデザインの知識が必要です。

就職を目指すなら先程紹介した専門学校などでグラフィックデザインの知識を身につけておく必要があるでしょう。

発想力

ゲームの世界は現実とは異なります。

魅力的なゲームを作るためには独創的で柔軟な発想力が必要となるでしょう。

発想力が高いとゲームの表現の幅が広がるので、色々経験を積んで発想力を磨いていきましょう。

デッサン力

グラフィックデザインは平面のイラストを立体的に起こすので、その基礎となるデッサン力を求められます。

デッサン力が高いと物体をリアルに捉える力が身につくのでグラフィックデザインにも生かされるでしょう。

コミュニケーション能力

ゲームグラフィックデザイナーは一人でゲームを作るわけではもちろんありません。

たくさんの工程があり、それぞれの意見をまとめるためにコミュニケーション能力は必要不可欠です。

ゲームグラフィックデザイナーに向いている人って?

ゲームグラフィックデザイナーに向いている人は、ずばりゲームが好きで抽象的なイメージを具現化するのに長けた発想力の持ち主です。

現実の世界と異なる世界観を作り上げるゲームグラフィックデザイナーはこれらのスキルを身につけていると有利になるのは間違いないでしょう。

グラフィックデザイナーに必要な資格はある?

ゲームグラフィックデザイナーになるためにはこの資格がないとなれないというような資格はありません。

そのため資格がなくてもゲームグラフィックデザイナーにはなれますが、仕事をする上で資格があるにこしたことはないでしょう。

特にCGクリエイター検定と色彩検定の2つは、ゲームグラフィックデザイナーにおすすめです。

CGクリエイター検定は映像表現の技術やCGの知識を問われ、合格するとそれらの能力があるという証明になります。

ゲームグラフィックデザイナーとしてCGの技術を証明できるのは仕事で役に立つこと間違いないでしょう。

色彩検定は色彩に関する知識や技術を証明できる検定です。

色の配色などの知識が必要になってくるゲームグラフィックデザイナーにとっても、あると便利になる資格と言えるでしょう。

これらの資格があると就職にも有利になるので、取れるなら取っておきたいというところですね。

「グラフィックデザイナー 資格」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

グラフィックデザイナーにオススメの資格
グラフィックデザイナーに有利な資格5選!独学の方法も紹介!クリエイティブな職業の代表格でもあるグラフィックデザイナーは、壁に貼られているポスターや商品のパッケージなど、日常と密接に関わっている職...

グラフィックデザイナーの年収ってどれくらい?

グラフィックデザイナーの仕事の平均年収は約424万円。日本の平均年収と比較すると低い傾向にあります。

引用:求人ボックス.com

こちらのサイトの引用になりますが、グラフィックデザイナーの平均的な年収は約424万円となるようです。

国税庁の調査によると日本人の平均年収は461万円となっており、こちらの平均よりは少し下回る年収ですね。

「グラフィックデザイナー 年収」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

グラフィックデザイナー 年収
グラフィックデザイナーの年収!独立したら?1000万稼げる?日常にあふれているポスター・商品パッケージ・チラシなど様々な印刷物のデザインを担当しているグラフィックデザイナー。 思わず手にとっ...

ゲームグラフィックデザイナーの仕事内容についてのまとめ

今回eスポではゲーム作成にグラフィックデザイナーの仕事内容について以下の内容を紹介してきました。

  • ゲームグラフィックデザイナーとはゲーム内のキャラクターやアイテムのグラフィックを手がける人
  • ゲームグラフィックデザイナーの仕事内容はキャラクターや背景、モーションデザインなどさまざま
  • ゲームグラフィックデザイナーになるために必要な資格はない
  • ゲームグラフィックデザイナーの平均年収は約424万円

ゲームグラフィックデザイナーはゲーム全般のグラフィックを手がけているということが分かりましたね。

ゲームグラフィックデザイナーになるために資格は必要ないので、なりたいという方は専門学校などで学んで努力すれば必ずなれると思うので頑張ってみてくださいね❗️

そら
そら
最後まで見てくれてありがとうね〜!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!