Webクリエイターとは?デザイナーとの違い・仕事内容などを紹介!

Webクリエイターとは?

今や日本で最も勢いのある業界の一つがIT業界です。

そんなIT業界の中で人気があるWebクリエイターについて知っていますか?

ITについて少し知識のある人でもWebクリエイターとWebデザイナーの違いを言える人は多くないのではないでしょうか?

そこで今回eスポでは日本のITを担うWebクリエイターについて以下の内容で紹介していきます❗️

  • WebクリエイターとWebデザイナーってどう違うの?
  • Webクリエイターはどういう仕事をするの?
  • Webクリエイターに転職したい人に向けておすすめの転職エージェントについて
  • Webクリエイターの平均年収は?

その他Webクリエイターになるために職業訓練に通うためのメリットやデメリットについてもご紹介します。

さくら
さくら
最後まで読んでくれると嬉しいです!

WebクリエイターとWebデザイナーの違いとは?

WebクリエイターとWebデザイナーは似たような職種ではありますが、明確な違いがあります。

それはWebクリエイターはWeb全体のコンテンツ作成を行うのに対してWebデザイナーは主にWebサイトのデザイン、もしくはデザインとコーディングを請け合う人のことを言います。

つまりWebクリエイターはWebデザイナーが行う業務で仕事を行うので、Webクリエイターの方が仕事の幅が広いと言えます。

つまりWebクリエイターはWebデザイナーであり、Webディレクターであり、エンジニアでもあるというわけですね。

Webクリエイターの方がWebデザイナーよりも必要になる知識やスキルが多いので、WebデザイナーからスキルアップとしてWebクリエイターになるという方も少なくありません。

さくら
さくら
Webクリエイターってお仕事がたくさんあるんですね!

Webクリエイターの仕事とは?

では具体的にWebクリエイターはどのような仕事をしているのでしょうか?

続いてはWebクリエイターの仕事について詳しく見ていきます。

主な仕事内容

Webクリエイターは先程話した通り、Webコンテンツ全般を作っていきます。

そして、そのようなWebクリエイターの主な仕事内容は、クライアントがどのようなWebコンテンツを作りたいかをヒアリングして、クライアントと作業者のギャップをなくしながらクライアントの求めるWebコンテンツを作るのが仕事となります。

コンテンツ作成までの工程は細かく分けられ、サイト設計からデザイン、コーティング、プログラミングなどがあります。

その中でWebデザイナーや、プログラマーなどと手を組んで一つのコンテンツを作り上げていくのが一般的です。

やりがい

Webクリエイターのやりがいの一つは自分が作った作品やコンテンツが世に出ることにあるでしょう。

その他にもクライアントが求めるものを納品できたときに、感謝されることの喜びは正解のないものを一から作り上げるWebクリエイターならではのものと言えるでしょう。

求められるスキル

WebクリエイターはWebを専門とするためWebの知識はもちろん、その他にも必要となる知識・スキルがあります。

  • デザイン知識
  • コーディングスキル
  • CMSのスキル
  • プログラミングスキル

その他にもクライアントの要望に応えるためにSEOの知識などもあった方が良いでしょう。

このようにWebクリエイターには様々な知識とスキルが求められます。

しかしこれらのスキルを身につけることが出来ればWebクリエイターとして更にスキルアップすることができるでしょう。

将来性・キャリアアップ

インターネットやスマートフォンの発達により、IT業界の需要は年々高まっています。

さらに今後IT業界の成長が見込めるということで、Webクリエイターも将来性のある仕事と言えるでしょう。

しかし、昔に比べてWebクリエイターとしてのスキルを無料や低価格で学べるようになったこと、コロナ禍で働き方に縛られないIT業界への転職を考えている人が増えたことにより、業界内での競争は激化されることが考えられます。

その中で生き残るためにはやはりスキルの向上は不可欠です。

スキルが高まるとWebクリエイターからWebディレクターへとスキルアップも出来るので、常に学習を続けていく必要があります。

Webクリエイターに向いている人とは?

Webクリエイターに向いていると言えるのは以下のような人たちです。

  • 0から作品を作り上げるクリエイティブなことが好き
  • パソコンを触るのが得意
  • 働く場所や時間にとらわれないフレキシブルな働き方を実現したい
  • 将来フリーランスとして働きたい

Webクリエイターはパソコンがあれば簡潔できる仕事と言えるので、将来フリーランスになりたい人や時間や場所にとらわれない働き方をしたい方におすすめの職業になっています。

その他クリエイティブなことが好きな人も向いている言えるでしょう。

Webクリエイターの平均年収

Webデザイナーの仕事の平均年収は約449万円。日本の平均年収と比較すると高い傾向にあります。

引用元:求人ボックス

Webクリエイターの年収情報が少なかったので参考程度にWebデザイナーの平均年収をご紹介します。

Webデザイナーで約449万円ということはでスキルがあるというWebクリエイターの方であれば、もう少し年収は高いでしょう。

一口にWebクリエイターといっても企業に属するWebクリエイターとフリーランスで働くWebクリエイターがいるので、働く形によっても年収は大きく変わるでしょう。

Webクリエイターに転職したい人にオススメのエージェント2選

続いてはWebクリエイターに転職を考えている人におすすめのエージェントである

  • マイナビクリエイター
  • G-JOBエージェント

の二つをご紹介します。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター最初に紹介するのはマイナビクリエイターです。

マイナビクリエイターはWebIT業界、ゲーム業界専門の転職エージェントです。

マイナビクリエイターは無料で利用でき、登録すると専任のキャリアアドバイザーがついてくれます。

そのキャリアアドバイザーの指導のもと、面接の対策やポートフォリオの添削など、Web業界に転職するために必要なサポートを行ってくれます。

特にWebIT業界は未経験での転職は難しいものがあるので、転職サポートをしてくれるキャリアアドバイザーがいてくれるのはとても心強いですよね。

WebIT業界専門だからできるアドバイスを受けることができるので、他の転職エージェントを利用するよりも転職がしやすいのは間違いないでしょう。

気になった方は無料で登録できるので、ぜひ登録してみてくださいね。

G-JOBエージェント

続いて紹介するのはG-JOBエージェントです。

G-JOBエージェントはゲーム業界に特化した転職エージェントです。

G-JOBエージェントに登録すると専任のエージェントがついてくれるのですが、そのエージェントになる条件が

  • ゲーム会社の経験3年以上
  • ゲーム開発のマネジメント経験者
  • 国家資格のキャリアコンサルタント

とかなり厳しい条件になっていることが分かります。

そのためゲーム業界を知り尽くした人しかエージェントになれないので、その道のプロに転職のサポートをしてくれるというわけですね。

肝心の求人もゲーム業界最多の数を誇るなど、ゲーム業界に転職を考えている人にはとてもおすすめの転職エージェントとなっています。

こちらも登録及び利用する際の料金はかからないので、気になった方はぜひ登録してみてくださいね。

Webクリエイターにおすすめの資格

Webクリエイターになるために必要な資格は存在しません。

つまり資格がなくてもWebクリエイターになれるというわけですね。

しかし、資格があると転職や実際の業務に役立つのは間違いありません。

ということで続いてはWebクリエイターにおすすめの資格をご紹介します。

Webクリエイター能力認定試験

Webクリエイター認定試験はWebクリエイターとしての能力を証明することができる試験です。

スタンダードとエキスパートの2種類があり、主に実技試験で行われます。

Webクリエイターとしての能力を測れる良い資格なので、勉強の意味でも取得を目指してみるのも良いでしょう。

ウェブデザイン技能検定

ウェブデザイン技能検定はウェブデザインに関する資格の中で唯一の国家資格です。

3級から1級まであり、将来Web関係の仕事をしたい人は取っておくと就活のときに有利に働くでしょう。

Webデザイナー検定

Webデザイナー検定はWebデザインにおいて決められた条件のもと、制作やテスト、運用を行うための知識やスキルを問われます。

こちらの検定はベーシックとエキスパートの2種類があり、この検定に合格するとWebデザインの総合的な知識やスキルを持っているという証明になるでしょう。

Webクリエイターの職業訓練とは?

Webクリエイターを目指すならハローワークの職業訓練を利用する手もあります。

続いては職業訓練に通う方法とメリット・デメリットについてご紹介します。

職業訓練に通う方法

職業訓練に通うにはハローワークで手続きを行う必要があります。

手続きを終えると書類選考や筆記試験、面接を経て合格すれば職業訓練に通うことができます。

メリット

それでは職業訓練に通うメリットを見てみましょう。

条件に当てはまればお金をもらいながら通える

一定の条件を満たせば失業保険を受給しながら職業訓練に通うことができます。

本来ならお金がかかる勉強をお金をもらいながらすることができるのが職業訓練に通う大きなメリットです。

学費がかからない

職業訓練に通う際に学費はかかりません。

教科書代などは別途かかる場合がありますが、基本は無料で訓練を受けられます。

学割が使える

職業訓練に通っている期間は学生という身分になるので、学割が使えます。

Webクリエイターで言えば、仕事をする上で必須なPhotoshopIllustratorといったツールが学割料金で購入できるというメリットがあります。

デメリット

続いては職業訓練に通うデメリットを紹介します。

週に5日通学しなければいけない

職業訓練といっても普通の学校と同じように週5日通わなければなりません。

しかし職がまだ見つかっていない状態で週に5日勉強に時間を費やせるのはメリットと捉えることもできますよね。

Webクリエイターに就職するなら専門学校がオススメ!

Webクリエイターに就職するなら職業訓練もいいですが、専門学校で学ぶのが一番おすすめです。

そこでおすすめするのが総合学園ヒューマンアカデミーITカレッジです。

こちらの専門学校ではITを始め、アニメやゲームさまざまな学習分野の開講を行っています。

特にIT分野では全くの未経験でも卒業後すぐに就職先が見つかるようにマンツーマンでサポートしてくれます。

講師は現役で働くプロだからこそ、現場で必要なスキルや知識を効率よく身につけることができるでしょう。

独学ではなかなか勉強を続けられる自信がないという方には専門学校という選択肢はとてもおすすめです。

少しでも気になったという方はぜひ資料請求を行ってみてくださいね。

Webクリエイターについてのまとめ

今回eスポではWebクリエイターについて以下の内容をご紹介してきました。

  • WebクリエイターはWebのデザインやコーディング、プログラミングなどを全般的に扱う仕事
  • WebクリエイターはIT業界の成長と共に将来性も見込める仕事
  • Webクリエイターになるために資格は必須ではない
  • Webクリエイター(Webデザイナー)の平均年収は約449万円

WebクリエイターはWeb全般のコンテンツの作成をするWebのプロフェッショナルとも言える仕事だということがわかりましたね

働き方に縛られないWebクリエイターは今とっても人気のある職業と言えます。

Webクリエイターになるには必要な資格などはないので、就職や転職を考えている人は自身で問題週を買ったり、専門学校に通ったりして、頑張って目指してみてくださいね❗️

さくら
さくら
最後まで読んで読んでくれてありがとうございました

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!