ゲームプロデューサーの平均年収は600万?仕事内容や役割も紹介!

ゲームプロデューサーの年収

ゲームプロデューサーはゲーム開発についての予算や人員などを統括します。
仕事の範囲も内容も多いので楽な仕事ではありません。

指揮がメインになるのでキャリアアップした経験豊富な方が務めることが多いですが、年収など気になりますよね。

Ludusではゲームプロデューサーの年収や年収を上げる方法をご紹介します。

  • ゲームプロデューサーの年収ってどれくらい?
  • ゲームプロデューサーが年収を上げるにはどうすればいいか
  • 他業種と比べてゲームプロデューサーの年収水準は高いのか
  • ゲームプロデューサーになるために何をすればいいのか
  • ゲームプロデューサーに必要なスキル

ゲームプロデューサーになる方法や仕事内容、必要なスキルについてもご紹介します。

さくら
さくら
ゲームプロデューサーについて知りたい方は最後まで読んでくれると嬉しいです!

ゲームプロデューサーの年収

ゲームプロデューサーの年収は働く企業の規模や業績、経験によっても変わります
ゲーム制作をまとめる立場になるため比較的、年収は高い傾向にあります❗️

中規模以上のゲームメーカーやゲーム開発会社に勤務する場合、平均年収は400万円~600万円程度が相場とされています。

引用:キャリアガーデン

ゲームプロデューサーの年収は雇用形態によっても変動します。
平均年収は400万円~600万円です。

企業規模別の平均年収

ゲームプロデューサーとして働く企業の規模でも年収に差があります。

小規模ゲームプロデューサー 390万円~
中規模ゲームプロデューサー 430万円~
大規模ゲームプロデューサー 520万円~

引用:平均年収.jp

どの業種で働くかでもゲームプロデューサーの年収に差が出ます。

ゲームメーカー 480万~
ゲーム開発会社 450万円~
スマホアプリ開発会社 440万円~
スマホゲームメーカー 460万円~

引用:平均年収.jp

大手のゲームメーカーでゲームプロデューサーとして活躍することができれば年収も高くなります。

年齢別の平均年収

ゲームプロデューサーは経験や実績、知識があればなることができます。

20代 年収:250万円~320万円/月収:16万円~20万円
30代 年収:5250万円~400万円/月収:20万円~25万円
40代 年収:320万円~500万円/月収:28万円~32万円
50代 年収:430万円~535万円/月収:34万円前後
60代 年収:260万円~535万円/月収:23万円前後

引用:平均年収.jp

年齢はあまり関係なく幅広い年代のゲームプロデューサーが活躍しています。

雇用形態別の平均年収

ゲームプロデューサーは雇用形態でも平均年収が変わります。

正社員 年収約546万円
派遣社員 時給1798円前後
アルバイト 時給1200円前後

引用:キャリアガーデン

フリーランスの場合はキャリアや実績、知名度で大きく変わります。
高い技術があれば活躍しやすく年収も高いです。

ゲームプロデューサーが年収を上げる方法

ゲームプロデューサーはクリエイターのスキルを上げるというよりはマネジメント管理能力スキル、リーダーとしての素質などが重要になります。
また、手掛けた作品がヒットすれば評価も上がり年収を上げることもできます。

年収を上げるためにはゲーム制作の知識やスキルの向上、現場での実績や経験が必要です。

さらに、売れるゲーム制作をするためのマーケティング視点、独創的な考えができる人はゲームプロデューサーとしてユーザーを楽しませるゲーム作りができ、年収も上げることができます。

ゲームプロデューサーとして年収を上げるためには実績や経験、スキルの向上が必要です❗️

さくら
さくら
ゲームプロデューサーになるには経験や実績、スキル向上が重要です!

ゲームプロデューサーに転職するならエージェントがオススメ

ゲームプロデューサーの仕事内容や役割は幅広くやりがいのある仕事です。
スマホの普及によりゲームで遊ぶ機会も増え、需要も増えているのでゲームプロデューサーの仕事は増えつつあります。

また、スキルアップや年収アップしたい方は転職をすることで経験や実績を積むことができます。

ゲームプロデューサーの転職にオススメの転職エージェントをご紹介します。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターゲームプロデューサーの転職にオススメのエージェントはマイナビクリエイターです。
キャリアサポートも充実していて担当するアドバイザーはゲーム業界やIT出身者なので的確なサポートを受けることができます。

転職が初めてのゲームプロデューサーでも安心して転職ができるように面接対応やアドバイスも受けることができます。

自分のスキルや経験に合う求人紹介を行ってくれる点もマイナビクリエイターはオススメです。

Ludusではマイナビクリエイターの評判や口コミを調査しています。

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

転職をする前にチェックしたい方は参考にしてください。

G-JOBエージェント

ゲームプロデューサーの転職にはG-JOBエージェントもオススメです。
G-JOBエージェントはゲーム業界の求人数や雇用形態も豊富なのが特徴です。
フリーランスでゲームプロデューサーの転職を考えている方にもオススメです。

G-JOBエージェントは業界に精通しているアドバイザーが在籍しているのでキャリアアップを望む方にも安心です。

G-JOBエージェントでは大手ゲーム制作会社の求人も多いです。
大手企業や有名タイトル開発会社に転職をしたい方にピッタリです。

有名ゲームプロデューサーの年収は?

ゲームプロデューサーは有名になると、どのくらいの年収を見込めるのでしょうか。
有名ゲームプロデューサーの年収についてご紹介します。

宮本茂

宮本茂さんは知っている人がいない位、有名なマリオを生み出したゲームプロデューサーです。
ドンキーコングやゼルダも宮本茂さんが生みの親です。

任天堂株式会社代表取締役フェローであり年収は億超えと言われています。
ゲームプロデューサーとして活躍していた頃の年収予想は任天堂平均月収の935万円前後だと思われます。

任天堂の平均年収は935万円(平均年齢39.2歳)です。

親会社だけではなく、子会社も含む平均年収は637万円。

これだけ年収が高い理由は、長く愛されるハードやソフトを生み出しているからです。

引用:キャリアピックス

実際には売れるゲームを輩出しているのでもっと高いかもしれません。

中裕司

ソニック・ザ・ヘッジホッグを生み出したゲームプロデューサーが中裕司さんです。
このゲームは日本よりも海外で売れたゲームです。

現在は株式会社プロペの代表取締役社長になった後、スクエア・エニックスに移籍しています。

平社員クラス平均は500~700万円です。
ここ数年での年収推移は614万円(最低)~2,168万円(最高)となっています。

引用:平均年収.JP

中裕司さんも売れるゲームを制作しているゲームプロデューサーなので平均年収の最高に近い金額ではないでしょうか。

田尻智

ポケモンの産みの親とされるのが田尻智さんです。
ポケットモンスター金・銀を最後に、開発を離れています。

現在は株式会社ゲームフリークの代表取締役社長です。

20代半ば:700万円
30代前半:850万円

引用:doda

株式会社ゲームフリークスのクリエイター・クリエイティブ職の平均年収を参考に考えると田尻智さんはポケモンの産みの親ということもあり、30代前半の年収よりは高いのではないでしょうか。

ゲームプロデューサーの年収水準は高い?

ゲームプロデューサーの年収はゲーム業界の職種と比べても高い傾向にあります。
キャリアアップすることで日本の平均年収を超えることもあります。

ゲームプロデューサーの仕事の平均年収は約547万円。日本の平均年収と比較すると高い傾向にあります。
月給で換算すると46万円程度が相場のようで、派遣社員では平均時給が1,802円となっています。

引用:求人ボックス

ゲームプロデューサーは勤務先や雇用形態でも年収に差があり、実績を上げることでも年収は高くなります❗️

ゲームプロデューサーの仕事とは?

ゲーム制作に関わる様々な業種をまとめるのがゲームプロデューサーです。
ゲームプロデューサーはスケジュールや制作するメンバー、開発費に関わるものなど役割は幅広いです。

ゲームプロデューサーの役割や仕事内容をご紹介します。

主な仕事内容

ゲームプロデューサーとはゲーム制作現場の管理の仕事です
プログラマーやデザイナーと連携しチームになりゲームを制作します。

そのさいの、スケジュール、制作費、ゲームのクオリティなどを管理します。
実際に制作業務を行うことはあまりありません。

業務の機会は少ないですが、ゲーム開発知識は必要になります。

ゲームディレクターとの違いは?

同じような仕事内容の職種にはゲームディレクターがいます。
ゲームプロデューサーはゲーム制作の全体的な統括を行うのに対して、ゲームディレクターは現場の統括が主な仕事内容になります

ゲームディレクターは制作自体が円滑に進むために、ゲームプロデューサーは現場が、効率よくゲーム制作ができるようにするので、似ているようで統括する部分が違います。

「ゲームプロデューサーの仕事内容」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームプロデューサーの仕事内容
ゲームプロデューサーの仕事内容は?必要スキルや就職・転職の流れも紹介!ゲーム制作に関わる職種の中でも有名な職業、ゲームプロデューサー。 ゲーム業界を目指す人の中には、ゲームプロデューサーに憧れている人...

ゲームプロデューサーになるには?

有名ゲームプロデューサーになると年収も高くなり、好きなゲームに携わる仕事なので憧れる人も多いでしょう。

ゲームプロデューサーになるには特別な資格がいらないですが、就職して直ぐになれる職種ではありません

特別な資格がいらないので専門学校じゃなく、大学卒業でも経験や実績を積み、スキルを磨くことができればゲームプロデューサーになることができます。

経験が乏しいままでゲームプロデューサーになればゲーム制作の現場で問題が起きた時に対応ができず最悪の事態になることも想定できます。

ゲームプロデューサーになりたい人は実績や経験、スキルを磨くことでなることができます

どうすればゲームプロデューサーになれるのか、詳しく知りたいという方はこちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームプロデューサーになるには?
ゲームプロデューサーになるには?必要なスキル・資格なども紹介!ゲーム作りの総責任者であり、ゲームクリエイターの中でトップに位置するのがプロデューサーという職種です。 ゲームクリエイターになるな...

ゲームプロデューサーに求められるスキル

ゲームプロデューサーになるためには特別な資格は必要ありませんが求められるスキルはあります。

スキルがあれば仕事も円滑に進むのでゲーム業界でディレクターを目指している方はスキルについてチェックしておきましょう。

マネジメント能力

ゲームプロデューサーはゲーム制作がスムーズに進められるようにマネジメント能力スキルが必要です。

スケジュールやスタッフの能力を見極め、仕事を振り分ける、スケジュールが予定通りに進んでいるかなどマネジメント能力スキルにより、大きく変わります。

管理能力スキルが高ければ仕事は予定通り進みます。

問題解決力

制作中に問題が起きないことが一番ですが、問題が発生した時に問われるのは問題解決力スキルです。

適切な対応ができれば問題は迅速に解決できます
落ち着いて物事を考えられる能力は必要です。

コミュニケーション能力

ゲームプロデューサーは企画のプレゼンテーションをする機会も多く、仕様書をまとめるなどの仕事も行います。

ゲーム制作を行う時にはスタッフ間でのやり取りも多いのでコミュニケーション能力スキルがないと仕事が円滑に進みません

コミュニケーション能力だけじゃなく、国語力スキルも仕様書を書く時に役立ちます。

ゲームプロデューサーの年収についてのまとめ

Ludusではゲームプロデューサーの年収や年収を上げる方法をご紹介しました。

  • ゲームプロデューサーの平均年収は400万~600万円
  • 年収を上げるためには経験や実績、スキルが必要
  • ゲームプロデューサーの年収水準は高い
  • ゲーム制作に関わる様々な業種をまとめる仕事
  • ゲームプロデューサーになるためには経験、実績、スキルを磨く
  • 必要なスキルはマネジメント能力、問題解決力、コミュニケーション能力が必要

ゲームプロデューサーの年収は同じゲーム業界の職種と比べても高い傾向にあります。
就職したから直ぐになれるものではなく、実績や経験、スキルが必要です。

また、ゲームプロデューサーとして年収を上げたい方も経験や実績、スキル向上が重要になります。

ゲームプロデューサーの能力でゲーム制作の出来が左右されやりがいのある仕事です。

さくら
さくら
最後まで読んでくれてありがとう~

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!