グラフィックデザイナーの年収!独立したら?1000万稼げる?

グラフィックデザイナー 年収

日常にあふれているポスター・商品パッケージ・チラシなど様々な印刷物のデザインを担当しているグラフィックデザイナー。

思わず手にとってしまうような魅力的なデザインを見て、グラフィックデザイナー目指した方も多いのではないでしょうか?

しかし実際に目指すとなると、やはり年収・月収など収入面も気になってきますよね。

今回Ludusでは、そんなグラフィックデザイナーについて以下の内容を紹介していきます。

  • グラフィックデザイナーとは?
  • グラフィックデザイナーの地域別平均年収
  • グラフィックデザイナーの年代別平均年収
  • グラフィックデザイナーの企業規模別平均年収
  • グラフィックデザイナーの学歴別平均年収
  • グラフィックデザイナーへの転職におすすめの転職エージェントサイト
  • グラフィックデザイナーの推定生涯年収
  • グラフィックデザイナーとして年収1000万円を目指す方法
  • グラフィックデザイナーのキャリアパスについて
  • グラフィックデザイナーの福利厚生について

また記事の最後では、グラフィックデザイナーとして年収を上げる方法・未経験からグラフィックデザイナーになる方法についてもご紹介しています。

そら
そら
最後まで読んでくれたらうれしいな~

グラフィックデザイナーとは?

グラフィックデザイナーはポスター・雑誌広告・商品パッケージなど、日常生活にあふれている印刷物の広告デザインを行っている専門家です。

クライアントからの依頼を受け、デザインソフトを駆使して、人の目を惹き付ける魅力的な広告デザインの制作をおこなっていきます✨

ゲーム業界においてもゲームグラフィックデザイナーと呼ばれる職業がありますが、こちらはCGデザイナー・3Dデザイナーとも呼ばれる、ゲームの背景・キャラクター・アイテムなどのデザインを担当する職業です。

ゲームグラフィックデザイナーと一般的なグラフィックデザイナーは、名前は似ているものの違った職業のため注意しましょう。

グラフィックデザイナーの地域別平均年収

北海道・東北 382万円
関東 392万円
中部・北陸 337万円
近畿 376万円
中国・四国 375万円
九州・沖縄 376万円

引用:求人ボックス 給料ナビ

グラフィックデザイナーの全体での平均年収の中央値は正社員で424万円となっています。

こちらを確認した上で、まずはグラフィックデザイナーの地域別の平均年収を一覧で目を通していきましょう。

上記の表を確認してみると、グラフィックデザイナーの平均年収は関東が最も高く392万円、中部・北陸が最も低く337万円となっています。

北海道・東北は東京に次いで高い382万円、その他近畿等の地域は凡そ375万円程度です。

グラフィックデザイナーは中部・北陸においては、その他地域よりもかなり平均年収が低くなっていることが分かりますね👀

グラフィックデザイナーを目指している方は、こうした地域ごとの年収の違いについてもしっかりと確認しておきましょう。

グラフィックデザイナーの年代別平均年収

ここからはグラフィックデザイナーの年代別の平均年収についてご紹介していきます❗️

20代

20〜24 290万円
25〜29 346万円

引用:求人ボックス 給料ナビ

グラフィックデザイナーの20代・平均年収は、290万円〜346万円程度となっています。

令和元年における国税庁が発表した統計データによると、全体での正社員・20代前半の平均年収は264万円、20代後半の平均年収は369万円となっています👀

こちらを見てみると、グラフィックデザイナーの平均年収は20代後半では全体よりも少し低めとなっているようです。

グラフィックデザイナーの20代での年収や年収UPの方法について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

グラフィックデザイナーの年収について
【20代】グラフィックデザイナーの年収は?年収アップのコツも紹介! 華やかなイメージのあるグラフィックデザイナーは人気の職業であり、絵が描くことが得意な人やデザインに興味がある人には魅力的な職業ではないで...

30代

30〜34 409万円
35〜39 450万円

引用:求人ボックス 給料ナビ

グラフィックデザイナーの30代・平均年収は、409万円〜450万円程度となっています。

全体での正社員・30代の平均年収は、30代前半で470万円、30代後半では528万円となっています。

こちらも全体よりも平均年収はかなり低めとなっていますね👀

グラフィックデザイナーは年収面では、ほかの職業よりも差が出やすいという点に注意していきましょう。

40代

40〜44 516万円
45〜49 512万円

引用:求人ボックス 給料ナビ

グラフィックデザイナーの40代・平均年収は、516万円〜512万円程度となっています。

令和元年における国税庁が発表した統計データでは、全体での正社員・男性の平均年収は、40代前半で582万円、40代後半では629万円となっています。

正社員・女性の平均年収は、40代前半で318万円、40代後半で324万円です。

40代以降、雇用形態・役職の違いによって平均年収の男女差が激しい点に注意が必要です。

全体の統計データと差を比べながら、グラフィックデザイナーの平均年収を詳しく確認しておきましょう✨

50代

50〜54 581万円
55〜59 548万円

引用:求人ボックス 給料ナビ

グラフィックデザイナーの50代・平均年収は、581万円〜548万円程度となっています。

グラフィックデザイナーは20代〜50代にかけて、順当に給与が上昇していることが分かりますね。

令和元年における国税庁が発表した統計データでは、全体での正社員・男性の平均年収は、50代前半で681万円、50代後半では685万円となっています。

正社員・女性の平均年収は、50代前半で321万円、50代後半で297万円です。

こちらも男女間の激しい差は、雇用形態・役職の違いが大きく関わっているため注意して比較していきましょう👀

グラフィックデザイナーの企業規模別平均年収

ここからはグラフィックデザイナーの企業規模別・平均年収についてご紹介していきます❗️

小規模企業

企業規模 平均年収
10〜99人 420万円

引用:求人ボックス 給料ナビ

雇用人数10〜99人ほどの小規模企業では、平均年収420万円程度となっています。

男女別では男性・470万円、女性・368万円です👀

2019年の日本の平均年収が「432万」となっており、こちらを見ると小規模企業におけるグラフィックデザイナーの収入は少し安いですね。

中規模企業

企業規模 平均年収
100〜999人 403万円

引用:求人ボックス 給料ナビ

雇用人数100〜999人の中規模企業における平均年収は、403万円程度となっています。

小規模企業よりも平均年収が低くなっており、注意が必要です。

中規模企業の平均年収を男女別で詳細に確認してみると、男性では451万円、女性では365万円となっています👀

グラフィックデザイナーへの就職・転職を考えている方は、こうした企業規模別の平均年収の違いについてもしっかり確認していきましょう。

大規模企業

企業規模 平均年収
1000人以上 554万円

引用:求人ボックス 給料ナビ

雇用人数1000人以上の大規模企業における平均年収は、554万円となっています。

小規模・中規模企業からぐっと年収が高くなっており、グラフィックデザイナーは企業ごとによっても年収に大きな差があることが分かります。

男女別に詳細に確認すると、男性で653万円、女性で428万円です👀

しっかりとした収入をもらいながらグラフィックデザイナーとして活躍していきたいと考えている方は、こうした大規模企業への就職を目指していきましょう。

グラフィックデザイナーの最終学歴別平均年収

ここからはグラフィックデザイナーの最終学歴別・平均年収についてご紹介していきます❗️

大卒

最終学歴 平均年収(50〜54歳)
大卒 825万円

引用:平均年収.jp

最終学歴・大卒のグラフィックデザイナーの平均年収は、825万円程度となっています。

大卒の方の場合、有名な大手企業に就職し、年齢を重ねるにつれて順当に昇給を重ねている方が多く、平均年収もかなり高額ですね。

現在グラフィックデザイナーを目指しているという方は、企業へ就職後に有利に働くため、なるべく大卒の資格を取得していくようにしていきましょう✨

短大卒

最終学歴 平均年収(50〜54歳)
短大卒 620万円

引用:平均年収.jp

最終学歴・短大卒のグラフィックデザイナーの平均年収は、620万円程度となっています。

大卒の場合よりもぐっと下がるものの、平均よりも高額な収入を得る方が多いですね。

学歴による収入の差は、一般的に年齢を重ねるごとに開いていく傾向があります👀

まだ学生の方は、こちらの点もしっかり確認しておきましょう。

高卒

最終学歴 平均年収(50〜54歳)
高卒 528万円

引用:平均年収.jp

最終学歴・高卒のグラフィックデザイナーの平均年収は、528万円程度となっています。

やはり大卒・短大卒の方と比べて、平均年収に大きな差があることが分かります👀

大卒と高卒の平均年収の差は297万と、約300万円近い差があり、グラフィックデザイナーは学歴の違いによって収入が大きく変動する職業ですね。

グラフィックデザイナーを目指している方は、こうした学歴の違いによる年収差についてもしっかりと確認していきましょう。

グラフィックデザイナーとして年収を上げる方法

ここからはグラフィックデザイナーとして年収を上げる方法についていくつかご紹介していきます❗️

スキルを身につける

グラフィックデザイナーは個人のスキル・実績が重視される業界となっており、スキルを高めていくことでも年収アップを見込むことができます。

特にフリーランスのグラフィックデザイナーの場合、個人のスキルによって案件獲得数に差が出てくることが多く、収入を上げていくためにはスキルアップを目指していくことが大切です。

現在はグラフィックデザイナー向けの書籍や、Youtubeでの解説動画など、グラフィックデザイナーとしてスキルを上げるのに効果的な資料が豊富に用意されています。

こうした書籍・動画などを駆使して、スキルアップ・資格取得等を目指していきましょう✨

グラフィックデザイナーの資格について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

グラフィックデザイナーにオススメの資格
グラフィックデザイナーに有利な資格5選!独学の方法も紹介!クリエイティブな職業の代表格でもあるグラフィックデザイナーは、壁に貼られているポスターや商品のパッケージなど、日常と密接に関わっている職...

キャリアアップを目指す

グラフィックデザイナーはその後、チーフデザイナー・アートディレクターといった役職にキャリアアップする方も居ます。

チーム全体をまとめるマネジメント力が必要とされるチーフデザイナー・アートディレクターは、グラフィックデザイナーよりも収入面が良く、こうした役職へのキャリアアップを行うことでも年収を上げることができます👀

チーフデザイナー・アートディレクターへのキャリアアップも目指していきましょう。

独立する

年収を上げていきたい方はフリーランスのグラフィックデザイナーとして、企業から独立するのもおすすめです。

収入が頭打ちとなってしまうことが多い企業勤めと違い、フリーランスでは年収1000万円を超す収入を得ている有名人も居ます✨

既に企業で実績・スキルを積んでいるものの、収入が思うように上がらないと感じている方は、フリーランスとしての独立も検討していきましょう。

フリーランスとしてのグラフィックデザイナーの働き方について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

フリーランスのグラフィックデザイナーになる方法とは?
フリーランスのグラフィックデザイナーになる方法は?エージェントも紹介!グラフィックデザイナーは、ポスター・書籍・商品パッケージ・CDジャケットなどのデザインを制作するクリエイター。 デザイナー業の中で...

副業を始める

クラウドソーシングサイトには、グラフィックデザイナー向けの案件も多く取り扱っています👀

既にグラフィックデザイナーとしてのスキルを持っている方は、こうしたクラウドソーシングサイトなどを活用し、副業からの収入を得るのもおすすめです。

グラフィックデザイナーに転職したいならマイナビクリエイター

マイナビクリエイターグラフィックデザイナーへの転職を考えている方は、マイナビクリエイターの利用もおすすめです。

マイナビクリエイターはIT・Web・ゲーム業界に特化した転職エージェントサイトです。

グラフィックデザイナーの求人も豊富に取り扱っているサイトとなっており、グラフィックデザイナーへの転職を考えている方にぴったりのエージェントサイトとなっています✨

また転職までの手続きは、実際に業界での実務経験のあるキャリアアドバイザーの方が丁寧にサポートをおこなってくれるため、転職が初めての方でもスムーズに転職活動を始めやすい環境です。

グラフィックデザイナーの求人を探している方は、こちらのエージェントサイトも利用していきましょう。

下記記事ではマイナビクリエイターについて、口コミ・評判等より詳しく解説をおこなっています👀

マイナビクリエイターについて詳しく知りたい方は、こちらの記事もあわせてチェックして見てくださいね。

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

グラフィックデザイナーの推定生涯年収

推定生涯年収 23,650万円

引用:平均年収.jp

グラフィックデザイナーの推定生涯年収は約2億3000万円となっています。

日本のサラリーマンの生涯年収は約2億5000万円と言われていることを考えると、少しそれよりも低めとなっていますね👀

グラフィックデザイナーを目指している方は、こちらも確認しながらグラフィックデザイナーの平均的な収入がどの程度か測っていきましょう。

年収1000万円稼げるグラフィックデザイナーになるには?

企業勤めの場合、グラフィックデザイナーは年収1000万円を超すことは殆どありません。

そのため、グラフィックデザイナーとして年収1000万円を稼ぐにはフリーランスのグラフィックデザイナーとして活動を始める必要があります

フリーランスの場合、個人のスキル・営業能力・実績によって収入が変動しやすい点に注意しましょう。

フリーランスとして収入を安定させ、高収入を得るためには、まずは企業に勤め、スキル・実績・コネクションを作っていくことが大切です。

企業に勤めた経験があり、企業でのコネクション・経験を上手く活かすことができれば、独立しフリーランスとして仕事を始めた後も、安定した収入を得ることができます✨

グラフィックデザイナーとして年収1000万円稼ぐ方法を詳しく知りたいという方はこちらの記事も合わせてお読みください。

グラフィックデザイナーで 年収1000万稼ぐには?
グラフィックデザイナーで年収1000万は可能?フリーになる?グラフィックデザイナーは日本の広告業界を支えるにあたって必要不可欠な職業の1つです。 グラフィックデザイナーはクリエイティブ系の職...

未経験からグラフィックデザイナーになる為の近道は?

未経験からグラフィックデザイナーを目指す場合、まずはグラフィックデザイナーとしてのスキル・実績を作っていくことを考えていきましょう

現在は書籍・Youtube上の動画などグラフィックデザイナー向けの教材が豊富に存在するため、独学でも十分にグラフィックデザイナーとしてのスキルをつけていくことができます。

教材等を駆使してスキルを身につけた後は、デザイン関連のコンペ等に参加し、グラフィックデザイナーとしての実績作りに励んでいきましょう✨

こうした実績は、志望動機・実績等をまとめたポートフォリオとして提出することができ、企業への面接時に有利に働きます。

グラフィックデザイナーのキャリアパス

ここからはグラフィックデザイナーから目指すことができるキャリアパスについて簡単にご紹介していきます❗️

チーフデザイナー

チーフデザイナーはデザイナーチームをまとめあげ、デザインの方向性・段取りを決めていく職種です。

ディレクター・クライアントの意向に沿って、チームのデザイナーに上手く指示を与え教育していくことが求められます👀

アートディレクター

アートディレクターはデザイン企画の立ち上げ、プロジェクトの責任者として指揮をとっていく職種です。

ビジュアルデザイン全体の指揮をとる、ディレクション業のひとつとなっています✨

Webデザイナー

Webデザイナーは、Webサイトのデザインを担当する職種です。

こちらは印刷物のデザインを行うグラフィックデザイナーと違い、Webサイトのデザインを行うデザイナーとなっています。

グラフィックデザイナーとWebデザイナーの業務には類似している点が多く、そうした面からかグラフィックデザイナーからWebデザイナーに転向する方も多く居ます👀

UIデザイナー・UXデザイナー

UIデザイナー・UXデザイナーは、Webサイトのユーザーインターフェース(UI)、ユーザーエクスペリエンス(UX)のデザインを担当する職種です。

UIデザイナーはWebサイトの使いやすさの改善、UXデザイナーはWebサイトを利用した後のユーザーの満足感を高めることを業務内容としています。

こちらもグラフィックデザイナーから転向する方の多い職種となっています👀

グラフィックデザイナーの福利厚生は?

グラフィックデザイナーは大手企業に就職した場合、手厚い福利厚生が用意されていることが多くなっています👀

個人事務所や中小企業に就職した場合は、福利厚生があまり期待できない点に注意していきましょう。

グラフィックデザイナーの年収についてのまとめ

今回Ludusでは、グラフィックデザイナーの平均年収ランキング情報を中心として、グラフィックデザイナーという職業について以下の内容をご紹介していきました❗️

  • グラフィックデザイナーはポスター等印刷物のデザインを行う職業
  • グラフィックデザイナーの平均年収は正社員で424万円
  • グラフィックデザイナーの平均年収の水準は関東が最も高く中部・北陸が最も低い
  • グラフィックデザイナーは20代から50代までしっかりと年収が上がっていく傾向がある
  • グラフィックデザイナーは企業ごとによっても年収に大きな差がある
  • グラフィックデザイナーは大卒と高卒で平均年収に約300万円近い差がある
  • グラフィックデザイナーとして年収を上げるならスキルアップ・キャリアアップ・独立・副業がおすすめ
  • グラフィックデザイナーへの転職ならマイナビクリエイターがおすすめ
  • グラフィックデザイナーの推定生涯年収は約2億3000万円
  • グラフィックデザイナーのキャリアパスはチーフデザイナー・アートディレクターなど

グラフィックデザイナーは平均年収の水準は一般よりも少し低く、収入面には困難があります。

しかしグラフィックデザイナーから経験を経てチーフデザイナー・アートディレクターにキャリアアップしていく道もあるため、年収・月給など収入を上げていきたい方はこうした道も目指していきましょう。

グラフィックデザイナーは活躍できる業界の幅も広く、需要が尽きない将来性のある職業となっています。

今回ご紹介した内容が皆さまの参考になっていれば幸いです。

そら
そら
最後まで見てくれてありがとね~!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!