アニメプロデューサーの平均年収・給料は?意外と○い?

アニメプロデューサーの平均年収

日本が世界に誇る文化であるアニメ。

そんなアニメを制作する上で要になる職業があります。
それがアニメプロデューサーです。

アニメプロデューサーはアニメ制作の指揮を取り、予算内でより良い作品を作るために大事な職業となります。

アニメプロデューサーが一つのアニメを企画から制作までの指揮をしていることで、クオリティの高いアニメが制作できているというわけですね

そんな激務なアニメプロデューサーの年収はいくらぐらいか気になりませんか?

そこで今回eスポではそんなアニメプロデューサーの年収についてを主に、以下の内容でご紹介していきます。

  • アニメプロデューサーの平均年収
  • アニメプロデューサーに就職するためのおすすめの方法
  • アニメプロデューサーの仕事内容

その他、有名なアニメプロデューサーやアニメプロデューサーに求められるスキルについてもご紹介していきます。

さくら
さくら
ぜひ最後まで見てくださいね〜!

アニメプロデューサーの平均的な年収

アニメプロデューサーの年収は、平均しておよそ550万円となっています。

引用:デジタルアーツ東京

こちらの引用元の記事を参照するとアニメプロデューサーの平均年収は約550万円となります。

これは一般的なサラリーマンの平均年収に比べると約100万円ほど高く、高収入な部類に入りますね。
もちろん大手のアニメ会社かそうでないかで年収の振れ幅は大きく変わってくるのは事実です。

アニメ業界は全体的に収入が低い傾向にありますが、アニメプロデューサーとなるとアニメ制作の核となるため重い責任がつきまといます。

自分の力量でアニメの成功、失敗が決まるのはプレッシャーがかかりますが、その分収入も高めだということが言えるでしょう。

すごいヒットアニメのプロデューサーさんですと年収1000万を超える方もいらっしゃるのだとか?

そんなアニメプロデューサーには制作進行などを経験しながらキャリアアップしていくのが一般的です。

経験を積んで作品をヒットさせると収入も上がっていくので、とてもやりがいのある仕事と言えるでしょう。

さくら
さくら
アニメプロデューサーの年収は高めなんですね〜!

有名なアニメプロデューサー

続いてはアニメプロデューサーの中でも有名な

  • 船越雅史さん
  • 竹田青滋さん

についてご紹介します。

船越雅史

船越雅史(ふなこしまさし)さんは元日本テレビのアナウンサーです。

アナウンス部から異動になった後、2013年から日本テレビのアニメ事業の全般に関わるようになり、テレビアニメ「ガッチャマンクラウズ」の企画にも関わっています。

竹田青滋

竹田青滋(たけだせいじ)さんは1984年に毎日放送に入社後、報道局と営業局を経て1996年に「ウルトラマンティガ」の制作に携わりました。

その後は平成ウルトラマンシリーズの4作品に携わり、2002年には機動戦士ガンダムSEEDにも携わり、特撮・アニメプロデューサーとして活躍されました。

アニメプロデューサーに転職するなら転職エージェント!

アニメプロデューサーへの転職は自分一人の力ではなかなか難しいものがあります。

そこでアニメプロデューサーに転職で採用してもらう際におすすめなのが転職エージェントです。

実際に転職エージェントを使ってアニメ業界に転職した方はたくさんいます。

続いてはアニメプロデューサーになるためにおすすめの転職エージェントである

  • マイナビクリエイター
  • G-JOBエージェント

2つをご紹介します。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイター

最初に紹介するのはマイナビクリエイターです。

マイナビクリエイターはWEBIT、ゲーム業界専門の転職エージェントです。

マイナビクリエイターに登録するとキャリアアドバイザーが専任してくれて、面接の対策や個別カウンセリングの実施など転職のお手伝いを無料でしてくれます。

そんなマイナビクリエイターにもアニメプロデューサーの求人はあるので、無料で転職のサポートをしてくれながら就職活動ができるというアニメプロデューサーを目指したい方にはもってこいのサービスとなっています。

そんなマイナビクリエイターの評判や口コミを詳しく知りたいという方はこちらの記事を参考にしてみてくださいね。

https://espo-game.jp/article/game-jobs/36495/

G-JOBエージェント

続いて紹介するのがG-JOBエージェントです。

G-JOBエージェントはゲーム業界への転職を専門とした人材エージェントです。

ゲーム業界専用のエージェントの中ではトップの求人数を誇ります。

  • ゲーム会社人事経験3年以上
  • ゲーム開発現場のマネジメント経験
  • 国家資格キャリアコンサルタント

のいずれかが当てはまる経験豊富なコンサルタントがサポートしてくれるため、転職する際はぜひ活用したいエージェントですね。

アニメプロデューサーの仕事とは?

アニメプロデューサーは主に2つの種類に分けられます。

アニメの計画を担うプロデューサーとアニメの制作を担うプロデューサーです。

中にはこの2つを統括して行う場合もありますが、基本的には分担して行うのが一般的でしょう。

より詳しく知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

アニメプロデューサーの仕事内容
アニメプロデューサーの仕事内容とは?どういうスキル・資格が必要?アニメ制作の現場において、アニメプロデューサーは最も重要なポジションといっても過言ではありません。 ですが、実際のアニメプロデュー...

主な仕事内容

まず企画を担うアニメプロデューサーの場合は、そのアニメの企画・発案からアニメ制作の資金調達までさまざまな仕事を行います。

アニメがヒットするかどうかはこの企画を担うアニメプロデューサーにかかっていると言っても過言ではないでしょう。

続いてはアニメの制作を担うアニメプロデューサーです。

制作を担うアニメプロデューサーはその名の通りアニメ制作を統括するプロデューサーです。

納期に間に合うようにスケジュールを立てたり、予算やスタッフの管理を行います。

決められた予算内でどれだけ利益を上げることが出来るかが制作を担うアニメプロデューサーの腕の見せ所と言えるでしょう。

求められるスキル・能力

アニメプロデューサーは一つの作品をまとめる統括力・リーダーシップが必要になります。

その他スケジュールや予算の管理能力も必要になってくるでしょう。

アニメプロデューサーは作品のヒットを担う大切な役割なのでその分責任も重くなります。

キャリアアップ

アニメプロデューサーはとても重要で責任の重い職であるため、すぐにその座に就くことはできません。

まずは制作進行としてキャリアをスタートさせていく必要があります。

制作進行はアニメ制作を順序よく回していくための調整を行う仕事です。

まずはこの制作進行から始めてキャリアアップしてアニメプロデューサーになれるように努力していきましょう。

アニメプロデューサーに就職するなら専門学校!

アニメプロデューサーとして就職するには専門学校で学ぶのがおすすめです。

続いてはeスポがおすすめする二つの専門学校、

  • 代々木アニメーション学院
  • アミューズメントメディア総合学院

をご紹介します。

専門学校だけでなく、アニメプロデューサーになる方法を知りたい方はこちらの記事を参考にしてください。

アニメプロデューサーになる方法とは?
アニメプロデューサーになるには?4つのステップを紹介!アニメ制作の現場において欠かせない存在であるアニメプロデューサー。 そんなアニメプロデューサーになるには、どんな方法があるのでしょ...

代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院

まず代々木アニメーション学院はアニメやエンターテイメント専門の学校です。

全国に拠点を8つ構えており、地方からでも通いやすいのが特徴です。

その中でもアニメ監督・演出科では長年に渡り活躍し続ける人財の育成をモットーとしてアニメ業界のリーダーを輩出する専攻です。

この科ではアニメ監督、アニメ演出家はもちろん、アニメプロデューサーも目指せるので、アニメプロデューサー志望の方にはとてもおすすめとなっています。

授業ではその職業のプロから就職のために必要なスキルや知識を教えてもらえることができます。

企画から納品まで実際の業務で行う作業を授業で学ぶことができるので、就職すると同時に即戦力として活躍することができるでしょう。

気になった方はぜひ資料請求からしてみてくださいね。

アミューズメントメディア総合学院

続いて紹介するのがアミューズメントメディア総合学院です。

東京と大阪に拠点を構えるアミューズメント総合学院はクリエイター・アーティストを育てるための専門学校でアニメ、ゲーム、CGなどを学ぶことができます。

講師は全員現役のプロなので、現場で必要となる知識やスキルを直接学ぶことができるでしょう。

制作・プロデューサー専攻ではチームでアニメーション制作をしていくことで、実際の仕事の流れを掴むことができます。

アニメプロデューサーに必要なスケジュール管理能力も身につけることができるでしょう。

1からアニメプロデューサーを目指したい方はこのアミューズメントメディア総合学院がおすすめです。

こちらも気になった方はぜひ資料請求をしてみてください。

アニメプロデューサーの年収についてのまとめ

今回eスポではアニメプロデューサーの年収について紹介してきました。

それでは今回の内容をまとめてみましょう。

  • アニメプロデューサーの年収は約550万円
  • アニメプロデューサーに転職するなら転職エージェントがおすすめ
  • アニメプロデューサーは企画を担当する人と、制作を担当する人に分かれる

アニメプロデューサーの年収は約550万円ほどで、他のアニメ業界の職種に比べると高めだと言うことが分かりましたね❗️

アニメプロデューサーはアニメ制作のリーダーと言っても過言ではない責任の重い仕事です。

そのためまずは制作進行などで経験を積む必要があり、なかなかその職に就くのは容易ではないでしょう。

しかししっかりと学んで経験を積めば必ずアニメプロデューサーになれると思うので、目指している人はぜひ頑張りましょう!

さくら
さくら
最後まで見てくれてありがとうございました〜!

 

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!