ゲームプロデューサーになるには?必要なスキル・資格なども紹介!

ゲームプロデューサーになるには?

ゲーム作りの総責任者であり、ゲームクリエイターの中でトップに位置するのがプロデューサーという職種です。

ゲームクリエイターになるならプロデューサーを目指したいという方も多いのではないでしょうか。

今回Ludusでは、ゲームプロデューサーになる方法について以下の見出しで紹介します。

  • そもそもゲームプロデューサーとは
  • ゲームプロデューサーになるには?
  • ゲームプロデューサーに必要なスキル
  • ゲームプロデューサーの平均年収は?
  • ゲームプロデューサーに転職するならマイナビクリエイターがおすすめ

間違えやすい「プロデューサーとディレクターの違い」などにも触れながら、1つずつ丁寧に説明していきます。

まつたろー
まつたろー
ぜひ、最後までご覧ください。

ゲームプロデューサーとは

ゲームプロデューサーは制作の責任者であり、一般的に名前が知られている有名な方も数多く存在しています。

ここでは、具体的な仕事内容や役割について見ていきましょう。

ゲームプロデューサーの仕事内容

ゲームプロデューサーは企画の立案からゲーム作りに携わることが多く、企画・人員や予算・スケジュールなど、主要な要素を一通り決定する立場にあります。

また、メーカーやゲームタイトルの顔としてイベントに参加したりインタビューに答えたりといった業務をすることも多く、ユーザーとのコミュニケーションも仕事の1つです。

一方、プロデューサー自らが現場で開発作業をおこなうことはまず無く、管理業務に特化した存在となっています。

「ゲームプロデューサーの仕事内容」についてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲームプロデューサーの仕事内容
ゲームプロデューサーの仕事内容は?必要スキルや就職・転職の流れも紹介!ゲーム制作に関わる職種の中でも有名な職業、ゲームプロデューサー。 ゲーム業界を目指す人の中には、ゲームプロデューサーに憧れている人...

ゲームプロデューサーとゲームディレクターの違い

混同されることもありますが、プロデューサーとディレクターは役割が違います。

上で記載したように、プロデューサーは人員・予算・スケジュールなどゲーム制作の環境を整えることが主な仕事です。

一方でディレクターは、与えられた環境の中でゲーム制作の現場を上手く回すことがメイン業務となっています。

一般的な開発体制ではトップであるプロデューサーのすぐ下にディレクターが位置しており、その下には現場のプログラマー・プランナーといったチームのリーダーが存在します。

ディレクターは「現場の総責任者」とも言えるポジションです。

ゲームプロデューサーの仕事内容について、より詳しく知りたいという方は、こちらの記事も参考にしてみてください!

ゲームプロデューサーの仕事内容
ゲームプロデューサーの仕事内容は?必要スキルや就職・転職の流れも紹介!ゲーム制作に関わる職種の中でも有名な職業、ゲームプロデューサー。 ゲーム業界を目指す人の中には、ゲームプロデューサーに憧れている人...

ゲームプロデューサーになるには?

ゲーム会社に就職して、いきなりプロデューサーを任されることはまずありません。

有名な一流大学を卒業し、就職前にある程度のスキルを身に付けていたとしても、ゲームプランナーなどの企画職から入ってキャリアアップしていく流れが一般的です。

プロデューサーになるためには、ゲーム開発における基礎知識とマネジメント能力の両方を持つことが必須とされています。

そのため、現場での経験を十分に積んだ後で、ディレクター職を経てプロデューサーになることが望ましいです。

現場のことを理解しつつ予算やスケジュールにも気を配る必要があるため、プロデューサーは容易な仕事ではなく、実力のある人でも就くまでには長い時間がかかります。

最初からプロデューサーを目指してゲームメーカーに就職すると、目標が高すぎて挫折してしまう恐れもありますのでご注意ください。

プロデューサーはキャリアアップを積み重ねてなる職種であることを、まずは頭に入れておきましょう。

ゲームプロデューサーに必要なスキル

ここからは、ゲームプロデューサーに必要なスキルを具体的に見ていきましょう。

これらのスキルを普段から意識して鍛えることで、プロデューサーへの道が徐々に見えてくるでしょう。

絶対に必要な資格はある?

プロデューサーになるために取らなければならない資格というものは存在しません。
それよりも、直近でおこなっている仕事に必要な資格取得を目指したほうが良いでしょう。

強いておすすめを挙げるのでであれば、ITに関する基礎知識を身につけられて汎用性の高い「基本情報技術者」や、デザインの基礎が身について企画書の作成にも役立つ「Photoshop/Illustratorクリエイター能力認定試験」などは取得しておいて損はありません。

身につけておきたいスキルは?

続けて、資格とは別に必要な能力やパーソナルスキルについて見ていきます。

どれも一朝一夕では身につかないスキルなので、明らかに足りないものがありそうな方は、普段の生活から気をつけてみてください。

コミニュケーション能力

プロデューサーに限った話ではありませんが、コミュニケーション能力はやはり大事です。

特にプロデューサーの場合は自社のメンバーだけではなく、イベントなどで他社のクリエイターと話をする機会も自然と多くなります。

場合によっては海外で開催されるイベントに参加することもあるため、英語力を磨いておけばさらに完璧です。

マネジメント能力

上でも書きましたが、プロデューサーになるためにはマネジメント能力が必須です。

クリエイターとしては優秀でも管理業務は苦手、という方は山のように存在するので、他とは全く別の能力と考えたほうが良いでしょう。

プロデューサーになる前にはチームリーダーやディレクターなどを経験することが多いはずので、プロデューサーになる過程で勉強をおろそかにしないことが重要です。

ゲーム制作に関する知識

プロデューサーになってしまうとゲーム制作に直接関わる機会は限定されますが、それでも管理者として現場を知っておくことは必要です。

ゲーム制作の実情を知っておけば的確な指示を出せますし、指示を出された方のモチベーションも多少は高くなるでしょう。

また、仮にプロデューサーになった後も、現場の知識や意見を吸収し続ける姿勢が重要になってきます。

問題解決能力

プロデューサーはゲーム制作における総責任者なので、現場で解決しきれなかった大きな問題が降り掛かってくることもしばしばです。

最終的には自らの力で問題を解決することが求められるため、秀でた問題解決能力が必要になってきます。

また、普段からチームメンバーとコミュニケーションを取っていたり、現場の知識を吸収しておくことも、問題解決能力の助けになるでしょう。

判断力

問題解決能力とも似ていますが、時にはゲームの売上や会社の業績を左右するような大きい判断を迫られることもあるでしょう。

その時点では答えが無いと思われることに対しても、何らかの道標を示して他の社員に意見を伝えなければなりません。

こればかりは場数によって培われる部分もあるので、プロデューサーになるまでの経験を無駄にしないよう心がけましょう。

ゲームプロデューサーの平均年収は?

少し古い資料ではありますが、2010年におけるゲームプロデューサーの平均年収は692万円であるという調査結果があります。

(参考:ゲーム開発者の平均年収、既婚率は 初の実態調査: 日本経済新聞

これはゲームクリエイターの中では最も高い金額となっており、責任の重さや業務の大変さにも見合う額と言えるでしょう。

ちなみに当時におけるゲームクリエイター全体の平均年収は518万円、民間での会社員全体の平均は429万円となっております。

ゲームプロデューサーに転職するならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

ここまでゲームプロデューサーになる方法を紹介してきましたが、「これならプロデューサーになれそう」と自信満々の人はさすがに少ないでしょう。

転職でゲーム業界を目指そうとしている方も多いと思いますので、さらに具体的なイメージを持ちたい方は、一度マイナビクリエイターをチェックすることをおすすめします。

マイナビクリエイターは、ゲーム・Web・IT業界に特化した転職サイトとなっており、業界に特化している分だけ手厚いサポートを受けることができます。

また、業界の情報・ノウハウも豊富に揃っていますので、ゲーム業界を目指す方にはぜひチェックして欲しいサービスです。

さらにマイナビクリエイターでは、キャリアアドバイザーと呼ばれる担当者も付いてくれるため、個人に合わせた的確な意見をもらえます。

プロデューサーを目指したいという将来のキャリアプランも含めて、プロのアドバイザーによる効果的なアドバイスが期待できます。

また、マイナビでこれまでに培ったコネクションを活かして、企業による説明会や面談等のイベントも数多く開催されています。

マイナビクリエイターの評判や口コミについては、Ludusでも調査記事も掲載していますので、マイナビクリエイターについてもっと知りたいという方は、こちらも参考にしてください。

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

ゲームプロデューサーになる方法についてのまとめ

今回Ludusでは、ゲームプロデューサーになる方法について紹介してきました。

  • ゲームプロデューサーはゲーム制作における総責任者
  • 現場における総責任者であるゲームディレクターに指示を出す立場
  • プロデューサーは、プランナー → ディレクターといったルートからキャリアアップする職種で、就職していきなり就けることはまず無い
  • プロデューサーになるために必須の資格は無いが、ITやデザインに関するものを取得しておくと役立つ可能性は高い
  • 必要なスキルとしては「コミニュケーション能力」「マネジメント能力」「ゲーム制作に関する知識」「問題解決能力」「判断力」などが挙げられる
  • プロデューサーの平均年収は692万円で、ゲームクリエイターの中で最も高い
  • 転職でプロデューサーを目指すならマイナビクリエイターの利用もおすすめ

プロデューサーになる道は決して簡単ではありませんが、まずはゲーム業界への就職を目指して一歩ずつ前進していきましょう。

まつたろー
まつたろー
最後までご覧いただき、ありがとうございました。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!