サウンドクリエイターの年収・給料は?中途からの就職方法も解説

サウンドクリエイター 年収

日本が世界に誇るコンテンツであるゲーム業界ではサウンドクリエイターと言われる職業が必要不可欠な存在です。

今回Ludusではサウンドクリエイターについて以下のことを紹介していきます。

  • サウンドクリエイターの仕事内容について
  • サウンドクリエイターの年収・給料について
  • サウンドクリエイターの年収・給料の特徴とは
  • サウンドクリエイターが年収upする方法について

他にもサウンドクリエイターに求められている能力や転職する際のオススメのエージェントなどについても触れていきます。

さくら
さくら
最後まで読んでくれると嬉しいです!

サウンドクリエイターの仕事内容について

サウンドクリエイターの仕事内容はゲーム内のBGMのみならず、効果音やテーマ曲などを作成することによってゲーム全体の雰囲気を盛り上げることが仕事です。

ゲーム内ではシーンによってはBGMや効果音が同時に発生する以外にもキャラクターが会話している時にも会話の邪魔にならないようにそれぞれの音の大きさを調整する必要もあります。

ゲームクリエイターになるためには作成した音楽をシーンに合わせて加工したり、モーションなどに合わせて効果音を付ける能力が必要です。

サウンドの制作能力だけでなくグラフィックツールなどの知識や技術も求められます。

アナログ技術とデジタル技術の両方を勉強する必要があるだけでなく、ゲーム制作はチームプレイが大切なためコミュニケーション能力についても大切になってきます。

サウンドクリエイターの年収・給料はいくら?

サウンドクリエイターの年収や給料については雇用形態や年収によって異なっており、就職したての若い世代ほど給料は低い傾向にあります。

また、所属している企業の規模によっては平均年収よりも多い年収を稼ぐこともできれば、規模によっては平均年収よりも少ない年収になることもあります。

フリーランスでの場合は個人能力によっては平均年収の何倍も稼げる可能性もありますが、反対にアルバイトよりも稼げないこともあります。

あくまで平均年収は目安であると考えてください。

雇用形態別の年収

サウンドクリエイターの雇用形態別の平均年収は以下の通りです。

雇用形態 平均年収
正社員(インハウス) 400万円から608万円ほど
アルバイト 172万円から230万円ほど
フリーランス 200万円から1000万円以上

年齢別の年収

サウンドクリエイターの年齢別の平均年収は以下の通りです。

年齢 平均年収
20代 329万円から406万円ほど
30代 334万円から449万円ほど
40代 384万円から566万円ほど

サウンドクリエイターの年収・給料の特徴について

サウンドクリエイターの年収・給料には様々な特徴があるため収入額の上と下とで大きく幅があります。

収入額の幅が広い

サウンドクリエイターは収入額の幅が広いのが特徴の1つです。

平均年収では他業種の同年代と大きく差がないかもしれませんが、勤めている会社が大企業なのか中小企業なのかによっても大きく収入額は変わってきます。

また、雇用形態によっても収入額は異なっているため同じ会社の同期などでも雇用形態によって収入額は増える場合もあれば減る場合もあります。

サウンドクリエイターは収入額についてはこのような理由で幅が広くなっています。

音楽制作ソフトにより収入額が下がりつつある

音楽制作ソフトの発展によって、過去に比べて音楽の制作に関しての専門性が低くなってきているので、サウンドクリエイターの収入額は下がっている傾向にあります。

音楽ソフトの扱い方についても簡単になってきているため、サウンドクリエイター以外の素人でも簡単な音源であれば制作できるようになっています。

そのため状況によってはサウンドクリエイター以外がゲームの音源を制作することがあります。

こういった背景からサウンドクリエイターの収入額は下がりつつあります。

サウンドクリエイターとして年収UPする方法は?

サウンドクリエイターの年収・給料については幅が広いですが、その中でサウンドクリエイターが年収upするには様々な方法があります。

今回はその中から2つサウンドクリエイターとして年収upする方法について紹介していきます。

給与額の高い企業に転職する

給与額の高い企業に転職するのも年収upの代表的な手段の1つされており、サウンドクリエイターとしての実績や業界内で話題の作品に携わっていれば、他の企業からスカウトやヘッドハンティングされることもあります。

サウンドクリエイターとしての能力を証明するために資格や検定について積極的に取得することもオススメです。

サウンドクリエイターになるために必要な資格や検定はありませんが、ゲーム制作していく中で様々なグラフィックツールを使いこなす必要があります。

他にも様々な知識を持っているアピールとして資格や検定を取得しておくことによって転職の際にも有利になります。

フリーランスとして活躍する

フリーランスとして独立するのもサウンドクリエイターが年収upにはオススメの方法です。

企業に勤めている場合には毎月決まった給料が発生しますが、どれだけ実績を残しても一定の給料しかもらえません。

フリーランスでは自分自身の能力や実績によってはどこまでも稼ぐことができます。

しかし、フリーランスでは案件獲得の営業や経理管理などすべてにおいて自分自身で営業と事務作業を行う必要があるのでサウンドクリエイター以外の能力も求められます。

その一方で自分自身の能力や実績が直接的に年収・給料に繋がっているのでクオリティの高い仕事をやり続けることができれば。年収は大幅upすることも可能です。

その分仕事に対する責任が企業に勤めている場合よりも重くなることは覚悟することが大切です。

自分自身の能力に自信があるのならば独立をオススメします。

サウンドクリエイターの転職にオススメのエージェント

サウンドクリエイターの転職に強いオススメのエージェントについて2つ紹介します。

それぞれのエージェントによって、得意としている部分が異なるので自分に合うと思ったほうを利用するか、両方とも利用することをオススメします。

マイナビクリエイター

マイナビクリエイターサウンドクリエイターとして転職したいのならば、マイナビクリエイターを利用するのをオススメします。

マイナビクリエイターではクリエイティブ系職業の転職に対して非常に強い転職サイトになっているため、求人数なども国内でもトップクラスの数があります。

また、マイナビクリエイターでは一人一人にエージェントがついてくれるので初めての転職などでもしっかりとサポートをしてくれます。

それぞれにあった企業なども紹介してくれるだけでなく、企業側との交渉などもサポートしてくれるので、少しでも疑問があれば相談すれば解決策を一緒に考えてくれます。

転職を考えているのであればマイナビクリエイターへの登録をしてみてください。

G-JOBエージェント

ゲーム業界に特化したエージェントを探しているのであればG-JOBエージェントがオススメです。

ゲーム業界に特化したエージェントであるため、サウンドクリエイターの転職についても求人が多いだけでなく状況を理解してくれる求人が多いのが特徴です。

ゲーム業界では雇用形態ついて様々な形がありますが、G-JOBでは正社員や派遣社員、業務委託など、それぞれ多数の求人を揃えています。

キャリアアップの相談も親身になってアドバイスをくれるので、いまどうしていいかわからない場合でも解決策を提示してくれます。

そのため自分自身が求める働き方を見つけやすいと言われています。

興味のある方は是非とも登録してみてください。

G-JOBエージェントについて詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

G-JOBエージェントの評判について紹介!
【2022】G-JOBエージェントの評判は?未経験でも転職できる?「個人でゲーム制作をしていてゲーム会社に転職したくなった」「ゲーム会社で質の良い求人を紹介してくれる転職サイトはないか」と、ゲーム業界に...

フリーランスのサウンドクリエイターにオススメのエージェント

フリーランスのサウンドクリエイターにオススメのエージェントはレバテッククリエイターです。

レバテッククリエイターではそれぞれに担当者がついてくれるので、気軽に相談できるような環境づくりをしてくれます。

また、案件に関しても自分自身の能力合った案件を紹介してくれるほかにも、希望の案件があれば積極的に相談すれば探してくれます。

フリーランスに特化したエージェントのため、フリーランスの特徴についてもしっかりと把握してくれているためオススメです。

案件単価や納期などについても、担当者が代わりに交渉してくれるので作業に集中しやすくなるので、交渉事が苦手な場合なら精神的負担が軽くなります。

興味があれば一度相談してみるのをオススメします。

サウンドクリエイターの年収についてまとめ

今回Ludusでは以下について紹介してきました。

  • サウンドクリエイターは様々な音源を作るのが仕事
  • サウンドクリエイターの年収・給料についての一覧
  • サウンドクリエイターの年収・給料の特徴
  • サウンドクリエイターの年収upには転職か独立がオススメ

サウンドクリエイターは様々な音源を作らなければならないので、グラフィックツールなども複数のものを扱えなければなりません。

当然、音楽に関する感性も必要であるためサウンドクリエイターになるためには様々な能力が求められます。

また、年収・給料についても雇用形態や年代によって幅が広いため自分自身の能力に大きく左右される部分でもあります。

今回の記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

さくら
さくら
最後までお読みいただきありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!