エフェクトデザイナーになるための勉強方法を解説!専門学校も紹介!

エフェクトデザイナーになるための勉強方法を解説

日本ではゲーム業界が毎年成長していっているためゲーム業界において重要な仕事であるエフェクトデザイナーの需要は高まっています。

今回Ludusではそんなエフェクトデザイナーについて以下のことを紹介してきます。

  • エフェクトデザイナーとは
  • エフェクトデザイナーになるための勉強方法について
  • エフェクトデザイナーの仕事内容について
  • エフェクトデザイナーになるには
  • エフェクトデザイナーの年収について

上記のことについて紹介していきます。

さくら
さくら
ぜひ最後まで読んでください!

エフェクトデザイナーとは?

エフェクトデザイナーとはゲームの演出において爆発・光・水など言われるエフェクトについてゲームを盛り上げるための演出をデザインすることが主な仕事です。

エフェクトはゲームプレイヤーがゲームに没頭するためには必要不可欠な要素となっているだけでなく、臨場感や爽快感などにも直接影響を及ぼすのでエフェクトデザイナーの腕がゲームの完成度には重要となっています。

ゲーム業界では3DCGによるゲーム製作が主流となっているので、これからさらにエフェクトデザイナーの需要は高まっていくと言われています。

エフェクトデザイナーの勉強方法

エフェクトデザイナーになるための勉強方法は様々な方法があります。
今回はエフェクトデザイナーの勉強方法について5つ紹介していきます。

自分自身に合うと思う方法で勉強していくことがオススメです。
行き詰っているのならば途中で勉強方法を変更するのも方法の1つです。

エフェクトデザイナーは他の職業と比べた際に求められる基本的であり最低限のスキルが高い傾向にありますが、1つのグラフィックツールを使いこなせればよいわけではなく、複数のグラフィックツールを組み合わせて使うことが求められます。

また、使用できるグラフィックツールが多ければ多いほどエフェクトデザインの種類が増えていくため、1つのグラフィックツールを極めるよりも様々なグラフィックツールを一定のレベル以上で使えるようにすることをオススメします。

大学へ通う

クリエイティブ系のが学部がある大学に進学するのも勉強方法であり、大学によってはエフェクトデザイナーの授業以外にも、グラフィックデザイナーやCGクリエイターなどの授業を受けることができる場合があるので幅広い知識を学ぶことができます。

在学期間が4年間と他の勉強方法に比較して長いので大学の授業だけではなく、他の生徒との技術や意見の交換をすることもコミュニケーション能力の育成のために大切です。

専門学校へ通う

専門学校ではエフェクトデザイナーとしての知識や技術を専門として学ぶので、最短2年間で卒業できる以外にも常に最先端の技術を取り入れたカリキュラムを組んでいるので就職した際に即戦力として働くことができます。

専門学校ではグループでの課題なども組まれているのでより実践的な状況でのエフェクトデザインの勉強をすることが可能です。

就職実績についてもしっかりと残している専門学校も多いので就職実績から自分の興味のある会社を探してみるのも良いでしょう。

専門のスクールで学ぶ

専門のスクールでは、平日の昼間以外にも夜間や土日での授業も開催しているほかにもオンライン課題が出されるなど、既にクリエイティブ系以外の学部に進学している場合や社会人として違う業種で働いている場合などにはオススメです。

専門スクールでは比較的時間に融通がきくことが多いので、自分のペースである程度勉強を進めることができます。

独学で勉強する

独学で勉強する際には書籍やインターネットなどを参考にして勉強する事になるので、わからないことがあっても試行錯誤を繰り返しながら自分なりに理解していくことが必要です。

独学で勉強したエフェクトデザイナーは独創性をもったエフェクトデザインができるようになると言われています。

参考にする書籍についても1冊だけを参考にして勉強をするのではなく、複数の書籍を参考にしながら勉強する事によって能力を偏りを防ぐことにも繋がります。

アルバイトとして入って現場で学ぶ

実際にエフェクトデザイナーが働いている企業などでアルバイトすることによって、現場でエフェクトデザインについて学ぶ方法です。

この勉強方法の魅力的な点は、プロのエフェクトデザイナーに直接疑問などを聞けることができるのでプロの技術を習得することができます。

アルバイトしては働いている間から、能力や将来性について認められればそのままアルバイト先の正社員として採用されることもあるため、狙いの会社がある場合にはアルバイトから始めるのもオススメです。

エフェクトデザイナーの勉強なら代々木アニメーション学院がオススメ

代々木アニメーション学院

エフェクトデザイナーの勉強なら代々木アニメーション学院がオススメです。

理由として代々木アニメーション学院では日本国内でも最大手の専門学校であるため、常に最新の技術が学べるようにカリキュラムが構成されているからです。

実際に現場で働いているプロの講師の方が授業などを行ってくれるので現場の生の声を聞くことができるほかにも、就職の際には代々木アニメーション学院が就職の支援をしてくれる点も魅力的です。

在学中から就職に有利な資格を取れるため就職の際に焦って資格を取りなおす必要がなく、真面目に授業に参加していれば資格やスキルについてはエフェクトデザイナーに十分なものを取得することができます。

興味のある方は一度資料請求をしてみることをオススメします。

代々木アニメーション学院についてより詳しい情報について知りたいという方は、下記の記事もあわせてご覧ください!

代々木アニメーション学院
代々木アニメーション学院とは?学費・学科や評判についても徹底解説!今回、Ludusでは代々木アニメーション学院について、下記の内容について紹介していきます! 代々木アニメーション学院とは?...

フェクトデザイナーの主な仕事内容

エフェクトデザイナーの主な仕事内容としてはゲーム内での様々なバトルシーンや演出シーンにおいて様々なエフェクトを付けることによって、ゲーム内で臨場感や爽快感について演出することによってゲームクオリティをあげることが主な仕事内容です。

エフェクトには様々な種類があるためエフェクトによって得意不得意が生じてしまいますが、全てのエフェクトについて最低限の知識とグラフィックツールを使いこなす技術が必要とされています。

エフェクトデザイナーになるには?

エフェクトデザイナーになるためには様々なグラフィックツールを使いこなす必要がありますが、能力が求められれば未経験者でもエフェクトデザイナーになる事は可能です。

エフェクトデザイナーはこれから需要が高まってくると言われているため、求人などについても積極的に行われています。

また、クリエイティブ系職業によく言われる実力社会であるため、新卒や未経験などは採用に関しては、あまり関係なく実力を証明するほうが重要視される傾向にあります。

また、採用試験時にはポートフォリオと言われる自身の作品集の提出が必要なことが多いため、普段から様々な作品を意識して制作するようにしてください。

下記の記事では、エフェクトデザイナーが不足している問題について紹介しています。
ぜひ、こちらもあわせてご覧ください!

エフェクトデザイナーが不足している理由とは?
エフェクトデザイナーが不足している理由とは?今後の将来性も解説!日本のゲーム業界が進化することによって生まれた職業であるエフェクトデザイナーですが、人材不足が問題視されています。 今回Ludus...

エフェクトデザイナーの年収は高い?

エフェクトデザイナーの年収はどれくらいなのでしょうか。

他のクリエイティブ系の職業の平均年収と比較しながら紹介していきます。

エフェクトデザイナーの平均年収

各クリエイティブ系の職業の平均年収とはこのようになっています。

エフェクトデザイナー およそ500万円
グラフィックデザイナー およそ330万円
WEBデザイナー およそ360万円

表から見てもわかるようにエフェクトデザイナーの平均年収は、他のクリエイティブ系の職業と比較しても高めの平均年収となっています。

これはエフェクトデザイナーが需要に対して不足していると言われているため平均年収が他に比べて高くなっています。

年収を上げる方法

エフェクトデザイナーの年収をあげる方法としてはいくつかありますが、主な方法として現在所属している会社で経験や実績を積んで昇格するか、フリーランスとして独立することの2つが挙げられます。

しかし、エフェクトデザイナー自体が不足しているため、、これからも人材不足が続けばエフェクトデザイナーの平均年収は上がり続けると言われています。

エフェクトデザイナーとしての能力に自信があるのであれば、フリーランスとして独立してエフェクトデザイナーの平均年収よりも遥かに高い年収を稼ぐことも夢ではありません。

エフェクトデザイナーの年収についてのより詳しい情報は、下記の記事で詳しく紹介しています!

エフェクトデザイナーの年収について
エフェクトデザイナーの年収は高い?給与UPにオススメな資格・スキルも紹介!エフェクトデザイナーとは、ゲームを作るうえで欠かせない役割を果たす職業です。 今回Ludusでは、エフェクトデザイナーの年収につい...

エフェクトデザイナーの勉強についてのまとめ

今回Ludusではエフェクトデザイナーについて以下のことについて紹介してきました。

  • エフェクトデザイナーはゲーム演出において必要不可欠な存在
  • エフェクトデザイナーになるための勉強方法は様々ある
  • エフェクトデザイナーはゲームにエフェクトをつけて演出することが仕事
  • エフェクトデザイナーになるためにはグラフィックツールを使いこなす必要がある
  • エフェクトデザイナーの年収は他に比べて高くなっている

エフェクトデザイナーになるためには様々なグラフィックツールを使いこなす必要があるだけでなく、ゲーム業界で新しい技術が導入されればそれについて詳しく勉強する必要があるなど常に新しい技術を身につけなければなりません。

一方で人材不足であると言われているためグラフィックデザイナーとして最低限の能力を示すことができれば、これからもさらに需要が高まっていくと予想されます。

この記事が少しでも参考になれば嬉しいです。

さくら
さくら
最後までお読みいただきありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!