キャラクターデザイナーの年収は高いの?給与・収入UPの方法も紹介!

キャラクターデザイナ―の年収はいくら?

ゲームやアニメに関わった仕事をやりたいという人達は、現代社会において大勢います。

それらの仕事の中には、専門職の1つのキャラクターデザイナーとして働いている人もいます。

そこで今回はキャラクターデザイナーに関する下記の内容について紹介していきます。

  • キャラクターデザイナーとはどんな仕事なの?
  • キャラクターデザイナーの年収はどれくらい?
  • 地域や年代によって年収も変わるの?

その他にもキャラクターデザイナーになるための方法や資格についても紹介していきます。

さくら
さくら
是非とも最後までご覧になって下さいね!

キャラクターデザイナーの仕事内容は?

キャラクターデザイナーというのは簡単に説明しますと、ゲームやアニメの中に登場するキャラクターの絵を描くという仕事です。

内容によってはキャラクターの設定なども自分で考えて、オリジナルのキャラクターを作り出す事もあります。

なので、絵を描く技術だけでなく、想像力なども必要になってくる仕事と言えるでしょう。

勤務先としては、主にアニメ制作会社やゲーム会社などが挙げられます。

その他にはフリーで働くキャラクターデザイナーの方もいます。

フリーで働いている人の中には自身のオリジナルキャラクターだけでなく、ストーリーの設定なども考えて制作する人もいます。

オリジナル作品に製作に関わりたいという人には非常にやりがいのある仕事ではないでしょうか。

キャラクターデザイナーの平均年収はいくら?

では、気になるキャラクターデザインの年収について話していきましょう。

いくら好きな仕事とはいえ生活できる程の稼ぎが無いとやっていけませんよね?

ここでは地域別と年代別の平均年収をそれぞれ細かく説明していきます。

地域別平均年収

まずは地域別の平均年収から話していきます。

地域別と題してはいますが、どちらかというと勤めている勤務先の事業所の規模によって大きく変わると思った方がいいようです。

10~99人規模の事業所の場合は平均年収が約400万、100~999人規模の事業所の場合は約480万、1000人以上の規模にもなると約650万にもなるようです。

あくまで平均年収ですが、規模の大きさによっては200万以上変わるみたいですね。

また、規模の大きい事業所となると都心部のほうが比較的大きなとこが多いと考えられます。

そう考えると、やはり東京や大阪といった地域のほうが平均年収は高いかもしれませんね。

年代別平均年収

次に年代別で見たキャラクターデザイナーの平均年収です。

先に全年代の平均年収を言っておくと約460万となっています。

年齢 年収
20代 290~350万
30代 400~500万
40代 500~540万
50代 550~600万

その中でも1番平均年収の高い年代は50代前半(約600万)の人達です。

やはり、長年勤めているベテランのキャラクターデザイナーとなると、平均年収はかなり高くなっているみていですね。

とはいえ、比較的平均年収が低い方である20代でさえも300万近くの年収になります。

なので、一般サラリーマンと比較しても高いほうだと言えます。

もちろんこれも地域や勤めている規模によって変わってくるかもしれません。

それでも、それなりに稼げる仕事だと考えていいでしょう。

キャラクターデザイナーの年収は高くない?

キャラクターデザイナーの平均年収について説明しましたが、他の仕事と比較しても平均年収は決して低い方ではないです

もちろん自分自身の年収を上げるには己の努力次第で変わってくるでしょう。

逆に言えば努力次第で大幅に年収を上げる事も可能だという事です。

先程は1番高い平均年収が約600万とお伝えしました。

しかし、それ以上に稼いでるキャラクターデザイナーの中には600万を超えるもいるようです。

そこまで稼ぐには相当な努力が必要だと思いますが、非常にやりがいのある仕事であることに間違いないでしょう。

キャラクターデザイナーで年収を上げる方法

「キャラクターデザイナーの大まかな平均年収は分かったけど、自分は頑張ってもっと稼ぎたいんだ」そう思っている人もいるでしょう。

では、年収を上げるにはどうしたらいいのでしょうか。

そのことについて説明していきます。

大手企業に転職する

キャラクターデザイナーを雇っている企業は全国に多く存在しています。

その中でも、やはり有名企業や大手企業の会社に入社するのが年収を上げるための1番の近道と言えるでしょう。

どの業種でも中小企業の会社より大手企業のほうが、給料や待遇面でも優遇なのは間違いないです。

キャラクターデザイナーに関しても例外なく大手企業に勤めたほうが給与が高いことでしょう。

とはいえ、いきなり大手企業に就職するのは難しいことなのでおすすめできません。

最初のうちは規模の小さい企業でもいいので、そこで少しずつ実力を付けていくといいでしょう。

そうした地道な努力を続けて、もっと規模の大きい企業に転職するというのも1つの方法です。

独立する

キャラクターデザイナーとして稼いでいる人の中にはフリーランスとして独立している人もいます。

企業に属している社員と違って会社に守られているわけではないので、それなりのリスクはあります。

ですが、実力や人脈を身に付けていれば一般企業に勤めている時より稼ぐことも可能です。

人によってはフリーランスとして独立した結果、年収が1000万を超えたという人もいるみたいです。

自作のオリジナル作品があるという人はポートフォリオとして企業に提出するのもいいかもしれません。

そうすることによって有名企業などに高く評価されれば独立への近道にもなることでしょう。

しかし、最初からいきなり独立して始めるというのは難しいやり方でしょう。

最終的に独立を目指すという人も、まずはどこかの企業に勤めることから始めたほうがいいです。

そのほうが安心して実力を付けることも出来るし、人脈も広げていくことは十分に可能です。

キャラクターデザイナーで年収を上げるための資格はある?

キャラクターデザイナーの年収を上げるための必要な資格はあるのでしょうか?

企業にもよるとは思いますが、年収を上げるための資格というものは特にはありません。

というのも、キャラクターデザイナーになること自体に特別な資格が必要ないからです。

ですが、基本的なデッサン力やセンス、想像力といったものは必要になってくるでしょう。

デザインの知識を身に付けるために色彩検定やCGクリエイター検定といった資格は取得してもいいかもしれません。

それで年収が上がるかどうかは別の話ですが、企業によっては昇給してくれるところもあるかもしれません。

また、場合によっては海外の企業と仕事をする機会もあったりします。

その際のやりとりで英会話などといった英語力が必要になってくることもありえるでしょう。

そのための英語の技術を身に付けるのもいいでしょう。

それによって仕事の幅がさらに広がり年収アップに繋がるかもしれませんね。

キャラクターデザイナーの年収アップならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

キャラクターデザイナーの年収アップを目指すなら、マイナビクリエイターに登録するのをおすすめします。

Webやゲーム、IT業界の転職支援に特化しており、求人大手企業が運営しているのが強みです。

また、ゲーム業界出身のアドバイザーがポートフォリオの作り方なども指導してくれるため、非常に心強いです。

より詳しく知りたいという人は、下記のURLにアクセスしてマイナビクリエイターの素晴らしさを知っていただきたいです!

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

キャラクターデザイナーの現状と将来性

近年のキャラクターデザイナーは、2Dモデルだけでなく、3Dモデルのイラストが作成されることが増えてきています。

ただ単に絵が上手ければいいというわけでは無く、立体的なデザインができるキャラクターデザイナーが求められているようです。

また、イメージ通りのキャラクターや、相手の求めているキャラクターを提供できているかも大事です。

想像力を働かせた自分自身のオリジナリティも重要なので、そういったスキルが優秀であれば、将来的にもやっていけるでしょう。

キャラクターデザイナーになるには?

では、実際にキャラクターデザイナーになるにはどうすればいいのでしょうか。

キャラクターデザイナーを目指す人のための方法をいくつか紹介します。

大学へ通う

大学では本格的なキャラクターデザインを学ぶことは難しいかもしれません。

ですが、デザイン学科などに入学すれば高い画力を身に付けることは可能だと思います。

また、キャラクターデザイナー以外の道も考えているという人には他の選択肢も選べるという意味でいいかもしれません。

自分の将来を色々考えているなら大学をおすすめします。

下記の記事では、キャラクターデザイナ―を含むクリエイターを目指せる大学を紹介しています。

ぜひ、こちらも参考にしてみてください!

クリエイターの勉強ができる大学
クリエイターを目指せる大学一覧|私立・国公立・専門学校を紹介オリジナリティに溢れたモノ・コンテンツを創作し、ユーザーを様々な形で楽しませてくれるクリエイター。 自分もクリエイターになってみた...

専門学校へ通う

基本からしっかり学びたいという人は専門学校に行くこともおすすめです。

専門コースとして「アナログイラスト」と「デジタルイラスト」があります。

フォトショップやイラストレーターといった画像専用ソフトの使い方や、色彩感覚、着色技術といったものも身に付きます。

基本から入りたい人は専門学校がいいでしょう。

下記の記事では、キャラクターデザイナ―を目指せる専門学校の代々木アニメーション学院について紹介しています。

ぜひ、こちらもあわせてご覧ください!

代々木アニメーション学院
代々木アニメーション学院とは?学費・学科や評判についても徹底解説!今回、Ludusでは代々木アニメーション学院について、下記の内容について紹介していきます! 代々木アニメーション学院とは?...

専門のスクールへ通う

こちらも専門学校と同様に、キャラクターデザイナーを目指すための基本的な技術を学ぶことができるでしょう。

専門スクールと専門学校、どちらがいいかは個人によって変わると思いますので、よく考えてから選ぶといいでしょう。

独学で学ぶ

キャラクターデザイナーとして働いている人の中には独学で学んで技術を身に付けたという人もいます。

ですが、このやり方は相当な努力とセンスがないと非常に難しいことです。

余程な技術がない限りはおすすめできません。

自信があるという人は挑戦してみてもいいのではないでしょうか。

アルバイトから入る

求人などでキャラクターデザイナーの募集をしている企業もあるようです。

それなりの技術は必須になってくると思いますが、キャラクターデザイナーの仕事を経験したいという人にはおすすめします。

そこから企業に気に入ってもらい、正社員に昇格したという人もいるのではないでしょうか。

画力や技術に自信のある人はアルバイトから始めるのもありでしょう。

キャラクターデザイナーの年収についてのまとめ

今回はキャラクターデザイナーの年収について主に紹介させていただきました。

  • キャラクターデザイナーは一般サラリーマン以上に稼げる
  • 地域や年代によって年収は変わる
  • 人によっては年収1000万以上稼いでいる人もいる

キャラクターデザイナーは画力や想像力がないと目指すのは難しいかもしれません。

ですが、初心者からでも努力次第で十分にやっていける仕事です。

そのために、学校などで技術を学んでスキルアップを目指していくといいでしょう。

自分の描いたイラストがゲームやアニメで使用されるのは非常に嬉しいことですよね。

キャラクターデザイナーになりたいという人は是非とも頑張って下さい!

さくら
さくら
最後まで読んでいただきありがとうございました!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!