サウンドクリエイターになるには?知識0の未経験からなる方法を解説!

サウンドクリエイターになるには?

映画やゲーム、CMなど様々なコンテンツのBGM・SEを制作するサウンドクリエイター。

特にゲーム業界ではBGM・SEの印象・重要性が高く、ゲーム音楽が好きで、サウンドクリエイターを目指すようになったという方も多いですよね。

しかし実際にサウンドクリエイターになるには、一体どうしたらいいのでしょうか?

今回Ludusでは、そんなサウンドクリエイターという職業について以下の内容を紹介していきます。

  • そもそもサウンドクリエイターとは?
  • サウンドクリエイターになるには?
  • サウンドクリエイターを目指す方におすすめの教育機関
  • 音楽経験なしからサウンドクリエイターを目指す方法
  • サウンドクリエイターへの転職を考えている方におすすめの転職サイト
  • サウンドクリエイターに必要な知識・資格について
  • サウンドクリエイターに向いている人の特徴
  • サウンドクリエイターの仕事内容・年収・将来性について

記事の最後では、サウンドクリエイターと作曲家の違いについても詳しくご紹介しています。

そら
そら
最後まで読んでくれたらうれしいな~

サウンドクリエイターとは?

まずはサウンドクリエイターがどういった職業なのか、簡単にご紹介していきます。

サウンドクリエイターはゲーム・映画・CMなど、さまざまなコンテンツ上でそれぞれの場面にあったBGM・SEを制作する専門家です。

サウンドクリエイターはその仕事内容から、音響機器を扱う技術・知識はもちろん、何よりも音楽的なセンスが重要な職種となっています👀

近年はアプリゲームなどの登場によって、さらに活躍の場は広くなりました。

サウンドクリエイターになるには?

サウンドクリエイターになるには基本的に、専門学校・美大・音大といったサウンドクリエイター向けの専門的な教育・指導をおこなっている場所に通い、知識・技術を身につける必要があります。

一部の専門学校・美大・音大といった場所では、将来サウンドクリエイターを目指しているという方に向けた専門教育をおこなっています。

まずはこうした学校へ通い、サウンドクリエイターに必要な作曲に関わる基礎知識・DTMの操作技術・業界の基本を学んでいくことが大切です。

基本的な専門技術を学校で学んだあと、サウンドクリエイターの募集をおこなっている企業へと就職しキャリアを始めていきます✨

サウンドクリエイターになるなら代々木アニメーション学院

代々木アニメーション学院

サウンドクリエイターを目指している方は、代々木アニメーション学院への入学もおすすめです。

代々木アニメーション学院はアニメ・声優・マンガ・イラスト・ゲームなど、最先端のエンタメコンテンツに関わる教育をおこなっている専門教育機関です。

学科にはサウンドクリエイターに必要な音響に関する教育をおこなっている「アニメ音響科」などもあり、こちらではコンテンツ内の音楽・効果音の作成技術を学ぶことができます✨

講師陣にはアニメ・ゲームの編曲家として実際に活動している方が在籍しており、実践的な知識・技術をしっかり身につけることが可能です。

これからサウンドクリエイターを目指していきたいと考えている方は、ぜひ無料の資料請求をしてみてください!

「代々木アニメーション学院」についてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

代々木アニメーション学院
代々木アニメーション学院とは?学費・学科や評判についても徹底解説!今回、Ludusでは代々木アニメーション学院について、下記の内容について紹介していきます! 代々木アニメーション学院とは?...

音楽経験なしからサウンドクリエイターになるには?

基本的に音楽経験が求められているサウンドクリエイターですが、音楽経験なしからサウンドクリエイターになるにはどうしたらいいのでしょうか?ここでは、音楽経験なしからサウンドクリエイターを目指す方法をご紹介していきます❗️

音楽制作ソフトを購入する

サウンドクリエイターの楽曲制作は基本的に音楽制作ソフト(DAWソフト)を用いて、行います。

まずはこうしたソフトを購入し、実際に楽曲作りができる環境を整えていきましょう。

DAWソフトの価格帯は5万円台〜数十万円程度と、かなり高額な点に注意が必要です。

無料で利用できるソフトなども中には存在しますが、ソフトごとに操作感が異なるため、無料ソフトの操作方法を覚えても、そうした知識を別のソフトで活かすことは難しくなっています。

プロが実際に使用しているDAWソフトなど、最終的な目標としているDAWソフトがあれば、出来る限りそちらを購入し操作技術を身につけていきましょう❗️

教本やYoutube上の解説動画などを確認しながら、DAWソフトの基本的な使い方をマスターしていきます。

コード進行の勉強をする

つづいてコード進行など、楽曲の構成に関わる基本的な知識を学習していきましょう。

コード進行は楽曲を構成している、基本的な音の流れのパターンです👀

殆ど全ての楽曲は一定のコード進行のパターンで作られており、こうしたコード進行の知識を身につけることで、違和感を感じさせない曲制作が可能になります。

こうした音楽理論の学習を行い、サウンドクリエイターとしての基礎を作っていきましょう。

有名な曲の打ち込みをする

DAWソフトを購入し、ある程度音楽理論についても学んだ後は、有名な曲の打ち込みをしていきましょう。

まずは有名曲のコード進行・メロディをそのまま打ち込み、その曲がどういった構成で成り立っているのか、どんな特徴があるのか分析していきます✨

こうした練習をしておくことで、自身のコード進行の引き出しを増やし、さらに楽曲制作に関するノウハウを養っていくことが可能です。

人気な曲を参考にしてオリジナルの曲を制作

有名曲の打ち込みを通して、どのコード進行がどんな感情を呼び起こすのか、ある程度理解が深まってきたら、今度は有名曲・人気曲を参考にしてオリジナルの楽曲制作に移っていきましょう。

有名曲や人気曲のコード進行を少し改変し、オリジナルのメロディを付け加え、自分の思うオリジナル曲に仕上げていきます✨

ほかの楽曲のコード進行も参考にしながら、徐々にオリジナルの形を作り上げていきましょう。

オリジナルの楽曲を作り楽曲制作のコツを掴むことができたら、今度は自作曲をWebに公開したり、コンクール等に応募するといった活動で自分の実力を測っていくことが大切です。

コンクール等への応募はサウンドクリエイターとしての実績作りにもなるため、サウンドクリエイターになりたい方はぜひ積極的に応募していきましょう。

未経験からサウンドクリエイターになるならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

サウンドクリエイターへの転職を考えている方は、マイナビクリエイターの利用もおすすめです。

マイナビクリエイターはIT・Web・ゲーム業界における求人数では業界トップを誇っている転職サイトで、サウンドクリエイターの求人についても多く取り扱っています。

また転職までの手続きについても、実際に各業界での実務経験のあるキャリアアドバイザーが丁寧に手順のサポートをおこなってくれるため、初めて転職する方でもスムーズに転職活動を始めることができます。

サウンドクリエイターの求人を探している方、サウンドクリエイターへの転職を考えている方は、こうしたマイナビクリエイターの活用も検討していきましょう✨

下記記事ではマイナビクリエイターについて、口コミ・評判などより詳しい解説を行っています。

マイナビクリエイターについてもっと詳しく知りたいという方は、ぜひこちらもチェックしてみてくださいね。

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

サウンドクリエイターになるのに必要な知識は?

サウンドクリエイターになるために必要な知識にはどういったものがあるのでしょうか?

サウンドクリエイターはその仕事内容から、まず何より楽曲制作・楽器についての知識が必要不可欠です。

サウンドクリエイターを目指す方向けの教本や、音楽関連の書籍を読み込み、専門知識を身につけていきましょう✨

またクラシックから民謡など、人よりも幅広い音楽ジャンルの知識をもっていると、楽曲制作の際によりバラエティーに富んだ表現が可能になります。

さまざまなジャンルの音楽についても触れておくことが大切ですね。

またサウンドクリエイターは映画・ゲーム・CM等のさまざまな業界の音響に携わります。

日頃からそれぞれ入りたい業界のBGM・SEをよく注意して聴き込み、自分が業界に入った際に活用できるよう知識を深めていきましょう。

独学に限らず、本格的にサウンドクリエイターの勉強ができる大学についてはこちらの記事で解説していますので合わせてご覧ください!

サウンドクリエイターの勉強ができる大学
サウンドクリエイターの勉強ができるオススメの大学は?選び方は?ゲーム業界には沢山のサウンドクリエイターが仕事として働いており、例えば、任天堂のサウンドクリエイターにも沢山の有名人がいる職業です。 ...

サウンドクリエイターになるのに資格は必要?

サウンドクリエイターには、特に必須とされている資格はありません

そのためサウンドクリエイターとして企業に就職、またはフリーランスとして仕事を始めれば、誰でもサウンドクリエイターとしてのキャリアを始めることができます👀

必須の資格はないと覚えておきましょう。

しかし企業への就職時には、MIDI検定など音響関係の資格を取得しておくと、スキルを示すことができ有利に働きます。

専門知識を学ぶためにも検定資格の取得は良い方法となっているため、こうした資格取得についても目指していくのがおすすめです。

サウンドクリエイターに向いている人の特徴は?

ここからはサウンドクリエイターに向いている人の特徴についてご紹介していきます❗️

ゲーム・音楽に対する情熱がある

サウンドクリエイターには、何よりも映画・ゲームなどコンテンツに対する情熱があり、そして音楽が好きであることが求められます。

サウンドクリエイターは仕事上、常にコンテンツ・音楽と向き合っていくことになります。

仕事内容も大変な面が多く、こうしたコンテンツがあまり好きではなかったり、音楽が嫌いな人は仕事を続けることが難しく、成長も望むことができません👀

個人の能力が評価されやすく、ほかのクリエイターと競うことも多いサウンドクリエイターは、仕事の中で成長し続けなければ残っていくことは難しくなっています。

こうした面から、サウンドクリエイターはまず何よりコンテンツ・音楽に対する情熱をもっていることが第一条件と言えます。

コミュニケーション能力が高い

サウンドクリエイターはクライアント・関係者との密なコミュニケーションが必要となる職業です。

依頼者の要望・イメージ通りの楽曲を作ることを求められているサウンドクリエイターは、必ず相手の考えている要望やイメージを、会話を通して上手く引き出す必要があります。

クライアントの中には、自分の中でも欲しい楽曲のイメージが漠然としていて、固まっていない人もいるため、こうした人から具体的なイメージを引き出すことも求められますね👀

こうした面からコミュニケーション能力が高く、話術に長けている人はサウンドクリエイターに向いていると言えます。

想像力・発想力が豊か

サウンドクリエイターは楽曲を作る専門家ということで、感性の高さも求められますね。

サウンドクリエイターの作る楽曲は、楽しいシーン、悲しいシーン、戦うシーンなど様々な状況ごとにあった豊富な種類の楽曲を作る能力が必要です。

そのため想像力や発想力が豊かで、一辺倒ではない多彩な表現ができる方がより向いていると言えます✨

その他のクリエイター職に必要なスキルや適性について詳しく知りたいという方は、こちらの記事も合わせてご覧ください!

クリエイターの適正について
クリエイターの仕事に適性がある人とは?必要な能力なども紹介!クリエイター職に憧れを抱く方も多いです。 クリエイター職は幅広い職種があり自分だけでもの作りをする、全体をまとめるクリエイターの職...

サウンドクリエイターの仕事内容は?

サウンドクリエイターの具体的な仕事内容についても確認していきましょう。

サウンドクリエイターはまず、楽曲制作の依頼を受けたクライアントと、作成する楽曲のイメージを打ち合わせするところから仕事が始まります👀

どういった雰囲気の楽曲が必要で、どういった場面で使われるのか等、打ち合わせを通してクライアントが求める楽曲のイメージを固めていきます。

その後基本的にはDAWソフトなどを用いて楽曲制作に移り、サンプルを作成、クライアントとやり取りしながら要望に応じて細部を調整していきます。

修正等を通して、上手くクライアントの要望通りの楽曲を制作することができれば完了です。

サウンドクリエイターは基本的にこういった形で、クライアントとコミュニケーションしながら、仕事をしていくこととなっています。

サウンドクリエイターの年収はいくら?

サウンドクリエイターの平均年収は、正社員の場合で400万円〜600万円程度が多いようです。

やはり大手企業に勤める方の平均年収が高く、中小企業の場合には低くなります。

また契約社員の場合はこれよりも低く、300万円〜400万円程度となっています👀

サウンドクリエイターはフリーランスとして働いている方も多く、こうしたフリーランスの方の年収はかなりバラつきがあります。

フリーランスの場合、個人の能力によって年収が大きく変わるため、アルバイト程度の収入しか得られない方がいる一方、1000万円以上の高収入を得る方も居ます。

こちらも確認しておきましょう。

サウンドクリエイターの将来性は?

サウンドクリエイターは映画・ゲーム・CMなど、幅広い業界に需要があり、活躍の場は広い職業です。

しかし一方で技術の向上によってDTMの敷居が下がったことで、全体のサウンドクリエイターの数も増加しました。

そのため競争は厳しくなっており、個人の実力・実績が重視される面が大きくなっています

将来性には厳しさがあり、有名ゲーム・有名映画のBGM・SE制作に携わるというやり甲斐をもって地道に能力を高め、自身のポジションを確立していく必要がありそうです👀

サウンドクリエイターと作曲家の違いとは?

サウンドクリエイターは楽曲制作に携わる職業ということで、作曲家と混同されてしまいがちですが、しっかりとした違いがあります。

サウンドクリエイターは作曲家と違い、映画・ゲーム・CMなどのコンテンツがあり、それらのコンテンツにあったBGM・SEを作る職業です。

提供されたコンテンツのイメージにあったサウンドを制作することがサウンドクリエイターの仕事となっており、完全にオリジナルの状態で楽曲を制作する、作曲家とは違いがありますね👀

サウンドクリエイターは作曲家以上に、コンセプトにマッチした楽曲制作が求められる職業となっています。

サウンドクリエイターになる方法のまとめ

今回Ludusでは、サウンドクリエイターになるまでの具体的な方法を中心として、サウンドクリエイターという職業について以下の内容をご紹介してきました!

  • サウンドクリエイターはコンテンツのBGM・SEの制作を担当する専門家
  • サウンドクリエイターになるには専門学校・大学等で知識をつける必要がある
  • サウンドクリエイターを目指すなら代々木アニメーション学院がおすすめ
  • 音楽経験なしからサウンドクリエイターになるには実際に楽曲制作を始めることが大切
  • サウンドクリエイターへの転職にはマイナビクリエイターの利用がおすすめ
  • サウンドクリエイターには楽曲制作・楽器・幅広い音楽ジャンルの知識が必要
  • サウンドクリエイターに必須の資格はない
  • サウンドクリエイターに向いているのはコンテンツへの情熱がある人など
  • サウンドクリエイターの平均年収は正社員で400万円〜600万円程度
  • サウンドクリエイターの将来性には難しい面がある
  • サウンドクリエイターは作曲家と違いコンテンツにあったイメージの楽曲を制作する

サウンドクリエイターはコンテンツの中でも印象を大きく左右する、BGM・SEの制作に携わる専門家です。

映画・ゲームなど自身の関わったコンテンツは多くの人の目に触れるため、自分の作った音楽を多くの人に楽しんでもらうことができ、やりがいも多いにあります

サウンドクリエイターは競争が激しくなっているなど困難な面も大きい職業ですが、こうした魅力を見ると、夢のある職業だと言えますね✨

今回ご紹介した内容が皆さまの参考になっていれば幸いです。

そら
そら
最後まで見てくれてありがとね~!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!