イラストレーターが「多すぎ」と言われる理由|業界での生き残り方とは?

イラストレーターが多すぎるといわれる理由について

子どものころから絵を描くのが好き!という方なら、一度はイラストレーターになりたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

スマートフォンやタブレット端末でも手軽に絵を描けるようになり、イラストレーターの数も増えてきています。

イラストレーターになりたいけれど、競争率の激しいイラストレーター業界で生き残れるか不安な方も多いかと思います。

今回Ludusでは、多すぎるイラストレーターの中で生き残る方法について、以下の内容を紹介していきます。

  • イラストレーターとはどんな職業なのか
  • イラストレーターが多すぎるといわれる理由
  • イラストレーター業界で生き残る方法
  • イラストレーターになるには?

イラストレーターとして活躍するにはどうすれば良いのか分からないという方もいらっしゃるかと思います。

本記事では、イラストレーターを目指す方におすすめのサービスについても紹介していきます。

花音
花音
必ず最後まで読みなさい!

イラストレーターとは?

イラストレーターとは、雑誌やWebサイト、ゲームなどで使われるイラストを描く人のことを指します。

主な仕事内容は、クライアントの依頼に応じてポスターやWeb上で用いられるイラストをデザインし、提供することです。

イラストレーターの中にもさまざまなジャンルがあり、工業製品のマニュアルに掲載する図柄などを描く「テクニカルイラストレーター」や、医療関係に特化した「メディカルイラストレーター」などもいます。

イラストレーターが多すぎるといわれる理由とは?

近年、スマホゲーム等の普及により、ゲームで用いられるイラストをデザインできるイラストレーターの需要が急激に増えてきています。

また、副業等でネットを通してデザインの仕事をやりやすい状況になってきていることから、デザイナーの数も増えています。

イラストレーターが多すぎといわれる具体的な理由を3つ紹介します。

スマホゲームの増加

1つ目は、スマホゲームの増加です。

スマホゲームの普及により、そのゲーム内で用いられるイラストをデザインできるイラストレーターの需要が高まっています。

特にカードイラストをメインにしたゲームは増え続けており、1つのゲームに必要とされるイラストの数が増えています。

また、武器やアイテム以外のキャラクターのイラストでは、イベント毎に追加されていくため継続した需要が高まっています。

イラストのクオリティーが高いゲームはプレイヤーからの人気も高いですよね。
イラストの質はゲームの人気に大きく影響するので、多くの企業が技術の高いイラストレーターを求めています。

Webデザインを伴う仕事の増加

2つ目は、Webデザインを伴う仕事の増加です。

Webデザインへの移行が進んでおり、デジタルデザインを描くことができる人材への需要が高まってきています。

老若男女が理解しやすいイラストや、Webデザインに沿った雰囲気のあるイラストなどが求められています。

ピクトグラムやアイコンなどをイラストレーターが手掛けることもあります。

PhotoshopやIllustratorといったデジタルデザインに使用するソフトも進化してきています。

アナログだけでなく、デジタルでもデザインができる人材が求められるようになってきています。

イラストレーター人口の増加

3つ目は、イラストレーター人口の増加です。

クラウドソーシング等のアプリが増加し、副業としてイラストやデザインの仕事がしやすくなってきています。

デザインやイラストを気軽に仕事にできるようになってきたことから、イラストレーターの数が急激に増加しています。

パソコンやタブレットの普及にともないデジタル作画に慣れた若年層の活躍も目立ちます

ゲームのデザインに限らず、SNSのアイコンや似顔絵などの仕事を請け負うイラストレーターも多くいます。

競争の激しいイラストレーター業界で生き残るには?

人口が多く、競争の激しいイラストレーター業界では、絵が上手いだけでは生き残るのは難しいです。

まずは、イラストを描くスピードと質を高めることが重要です。

特にスマホゲームは次々と新作が発表されており、競争率が激しくなっています。

そのため、質の高いイラストを早く描けるイラストレーターが求められているのです。

また、スマホのみならず、他の分野でもイラストが描けるようになると変化が大きい時代においても対応できる可能性が高くなります。

イラストレーターになるならマイナビクリエイターがオススメ

マイナビクリエイター

 

イラストレーターを目指すなら、マイナビクリエイターに登録するのがおすすめです。

マイナビクリエイターは、WEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスです。

業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談することができます。

Ludusでは、Web・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントであるマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調査しています✨

下のリンクをクリックして、調査結果をご覧ください👀

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

イラストレーターの数は多すぎる?今後の展望についてのまとめ

今回Ludusでは、「イラストレーターが多すぎといわれる理由」や「イラストレーター業界で生き残るためにはどうすれば良いか」というテーマについて、以下の内容を紹介してきました。

  • イラストレーターとは、クライアントの依頼に応じてポスターやWeb上で用いられるイラストをデザインし、提供する職業である
  • イラストレーターが「多すぎ」といわれる理由は、スマホゲームの普及やWebデザインを伴う仕事の増加、副業としてデザインの仕事がしやすくなっていること
  • イラストレーター業界で生き残るためには、スピードや質を高めるのはもちろんのこと、変化の激しい時代に対応できる力が必要
  • イラストレーターを目指すなら、マイナビクリエイターへの登録がおすすめ

かなり競争率の高いイラストレーターですが、ゲーム業界等からの需要も高い職業です。

クラウドソーシング等でイラストの仕事がしやすくなっているのも、チャンスといえるでしょう。

時代に合わせた技術を身につけて、イラストレーター業界での生き残りを目指しましょう✨

下記の記事では、「イラストレーターになる方法」について詳しく紹介しています!
ぜひ、こちらの記事もあわせてご覧ください!

イラストレーターになるには
イラストレーターになるには?独学の方法や資格・専門学校について紹介!ゲーム、小説、その他広告などイラストレーターを必要とする場面が増えています。 絵を描くことが好きな方にとっては特に、絵を描いて稼ぐなん...
花音
花音
スキルアップして生き残りなさい!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!