ゲーム業界の年収は低い?高い?平均年収を上げる方法も紹介!

ゲーム業界の年収って高いの?

最近は初心者でも手軽にできるものから、本格的でプロゲーマーに人気な作品など、さまざまなジャンルのゲームが開発されています。

それにより、プレイヤーの人口も増えてきていますね。

ゲームが好きな方なら、一度はゲーム業界で働いてみたいと思ったことがあるのではないでしょうか?

今回Ludusでは、ゲーム業界の年収について、以下の内容を紹介していきます。

  • ゲーム業界とは?
  • ゲーム業界の平均年収はどのくらいか
  • ゲーム業界で年収をアップさせる方法
  • ゲーム業界で求められている人材について
  • ゲーム業界に転職するには?

ゲーム業界で働いてみたいけれど、きちんと稼げるのか、転職するにはどうすれば良いのか分からないという方も多いと思います。

本記事では、ゲーム業界で年収を上げる方法や転職におすすめの専門学校についても紹介していきます。

さくら
さくら
ぜひ最後まで読んでみてください!

ゲーム業界とは?

ゲーム業界は、娯楽の商品やサービスを提供する業界です。

任天堂やソニー・インタラクティブエンタテインメントといった家庭用ゲーム機で有名な企業や、グリーやディー・エヌ・エーといったソーシャルゲームを中心とした企業など、日本のゲーム業界には世界中から注目されている企業がたくさんあります

ゲーム業界は、今後も成長が期待されている産業の一つです。

ゲーム会社の中にもさまざまな職種があります。

ゲームのアイデアを考える仕事、デザイン、サウンドの仕事、ソフトウェア開発、翻訳やプロモーションに関わる仕事もあります。

ゲーム業界というとプログラマーのような仕事を思い浮かべる方が多いかもしれませんが、事務系の仕事も多くあります。

ゲーム業界の平均年収は?

ゲーム業界の平均年収は400~600万円といわれており、会社の規模や制作物によって異なります。

ゲームメーカーの平均年収は約480万円、スマホゲームのメーカーは約460万円です。

市場規模の成長に伴い、平均年収も以前より増加している傾向にあります。

大卒初任給の目安は21万円前後で、他の業界とあまり変わりません。

能力次第で年収が変わる場合もあります。

平成26~27年現在、ゲーム業界で最も平均年収が高い企業は株式会社スクウェア・エニックス・ホールディングスで、平均年収は1,374万円です。

ゲーム業界の平均年収ランキング2位であるバンダイナムコホールディングス株式会社は938万円で、企業によってかなり差があることが分かります。

一般的には大手企業に入社したほうが年収が高く、技術職よりもプロデューサーやディレクターのほうが年収が上がりやすい傾向にあります。

さくら
さくら
企業や職種によって年収も違うみたいです!

ゲーム業界で働いていて年収をアップさせるには?

ゲーム業界では、企業や職種、役職によって平均年収にかなり幅があるようです。

ここでは、年収をアップさせる方法についてご紹介します。

スキルアップ

ゲーム業界は能力主義で、高い技術力をもっていればその分、高い報酬を得られる可能性があります。

フリーランスの場合でも、難しい案件であればあるほど報酬も高くなるので、スキルアップのための勉強や情報収集などは常に必要です。

役職を得る

企業の中でも、管理職になるほど年収はアップする傾向にあります。

企画やプロジェクトの責任者であるゲームプロデューサー、ゲーム開発の監督を行うゲームディレクターなどの平均年収は、700万円ほどです。

役職に就くことで手当がつき、年収も上がっていきます。そのためには、少しずつ経験を積み、成果を残していくことが必要です。

転職する

会社の規模によっても年収には大きな差があります。

規模の大きい会社に転職すれば、年収も上がる可能性が高いです。

大手であれば労働環境が整っている場合も多く、休日出勤や残業をしても振替休日や代休などで調整されることがほとんどです。

ゲーム業界で求められているのはどんな人材?

ゲームが好きだからゲーム業界で働きたいという方がほとんどかと思いますが、ゲームが好きなだけでは採用してもらうのは難しいです。

ゲーム業界で求められている人材について把握し、転職に役立ててみてください。

ゲーム作りへの熱意がある人

ゲーム業界で働く人の多くはゲーム好きですが、実際に仕事をする上では「より良いゲームを作りたい」という熱意も必要です。

ゲーム制作では、細かいチェックや修正を繰り返し行います。

より良いものを作るために、粘り強く作業に取り組める人材が求められています。

コミュニケーション能力が高い人

ゲームを製作する上で、さまざまな部署の人とやり取りをしながら協力して仕事をすることは必要不可欠です。

ゲームは完成までの工程が長く、関係者も多いので、コミュニケーションがうまくいかないと仕事に悪影響を及ぼします。

また、外部の人とやり取りをする機会もあるので、ゲーム業界で働く人にはコミュニケーション能力の高さが求められます。

プログラミングの知識がある人

ゲームプログラマーはもちろんプログラミングの知識がないといけませんが、ゲームの企画をする人もプログラミングの知識が必要です。

プログラマーに具体的な指示をするためには、指示する側もプログラミングについて知っておかなくてはなりません。

ゲームプログラマーを志望しない場合でも、プログラミングの知識をもっていれば就職にも有利になりますし、実際の仕事も進めやすくなります。

創造力・表現力に長けている人

ゲームの製作には、豊かな創造力が必要です。

新しいゲームのアイデアを出すのは難しいことなので、高い創造力をもった人材は即戦力になります。

また、アイデアを実際に形にしたり、チームに伝えたりするための表現力も重要な能力の一つです。

ゲーム業界で年収UPするならマイナビクリエイター

マイナビクリエイター

ゲーム業界への転職を考えている方におすすめなのが、マイナビクリエイターです。

マイナビクリエイターは、Web・ゲーム・IT業界に特化した転職支援サービスです。

株式会社スクウェア・エニックスや株式会社コナミデジタルエンタテインメントなど、大手企業の求人情報やポートフォリオ制作ツール、キャリアアドバイザーによるサポートを無料で提供しています。

Ludusでは、マイナビクリエイターの評判や口コミを徹底的に調査しました。
調査結果については、下の記事をご覧ください👀

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

ゲーム業界の年収についてまとめ

今回Ludusでは、「ゲーム業界の平均年収はどのくらいか」「平均年収を上げるためにはどうすれば良いか」というテーマについて、以下の内容を紹介してきました。

  • ゲーム業界にはさまざまな職種がある
  • ゲーム業界の平均年収は約400~600万円だが、企業や職種などによって差がある
  • スキルアップをしたり役職に就いたりすると年収が上がりやすい
  • 大手企業に転職することで、年収アップの可能性もある
  • ゲーム業界では、ゲーム作りに対する熱意やコミュニケーション能力、プログラミングの知識、創造力、表現力などが求められている
  • ゲーム業界に転職するなら、マイナビクリエイターがおすすめ

ゲーム業界では、自分の努力次第で年収をアップさせることができます✨

興味がある方はゲーム業界への転職を考えてみてはいかがでしょうか?

さくら
さくら
最後までご覧いただきありがとうございます!

「ゲーム業界の職種」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

ゲーム業界の職種一覧を紹介!
ゲーム業界の職種一覧!年収や仕事内容・未経験にオススメな職種も紹介!最近注目の集まるゲーム業界ですが、実はたくさんの職種があるのは知っていますか? プログラマーなど、実際にゲームを作っている人はイメージ...

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!