ゲームデバッガーとは?なり方・必要なスキルや資格・年収なども紹介!

ゲームデバッガーとは

ゲームデバッカーは開発中のゲームにバグがないか等の動作チェックを行う仕事です。
発売前のゲームに触れられることもあり、ゲーム好きな方やゲーム制作に関わりたい方に人気の職業です。

ゲームデバッカーはバグのチェックや正常に動くかだけじゃなくゲームの難易度が適切かなど様々な業務を行います。

ゲームデバッカーの仕事について知らない事も多くデバッグ作業は欠かすことのできない仕事です。

Ludusではゲームデバッカーについて、やり方、必要スキルなどについてご紹介します。

  • デバッガーとは?
  • デバッガーになる方法について
  • デバッガーの年収について
  • デバッガーの資格・スキルについて

ゲーム制作に欠かせないゲームデバッカーについて解説します。

そら
そら
最後まで読んでくれると嬉しいな!

デバッガーとは?

デバッガーとはゲームが仕様通りに動くかどうかをチェックする作業を行う人の事です。
ゲームプログラマーやゲームデザイナーなどに比べると作業も地味で注目されることも少ない職種です。

ですが、バグがあると画面が止まってしまう、壁にキャラクターが埋まってしまった等ゲームの不具合が出てしまい、故障の原因にも繋がるので大事な仕事です。

企画書に基づき様々な職種が関わり動作できるまでの状態のソフトウエアができあがります。
この状態はただ、動く状態のゲームというだけで、どんな不具合が起こるか分からない状態です。

ゲームデバッガーは正常に動作するようにバグがないか検証しプログラムを修正します。

ゲームの品質を良くするためには欠かせない作業なので、ゲーム開発では縁の下の力持ち的な存在位置にいます。

ゲームの難易度が適切かなどバランス調整を行うこともあります。

バグとは?

バグとは仕様書通りに動かないプログラム内の不具合の事です。
思った通りに動かないプログラムがあれば、バグがあると言います。

バグとは一般的に虫を意味するbugと表現します。
なぜ虫と表現されるようになったかというと、1940年に開発されたHarvard Mark Ⅱというコンピューターの故障の原因が入り込んだ虫だったことが起源だと言われています。

コンピューターができた初期のこの現象からプログラムなどの不具合をバグがあるというようになりました。

デバッグとは?

ゲームはプログラミングをして作られています。
一つのプログラミングだけじゃなく、いくつも組み合わせて作られています。

複数のプログラミングがうまく紐付けされていれば正常に動きます。
そこにバグがあると上手く動かすことができません。
最悪の場合には故障してしまうこともあります。

このバグを見つけて修正する作業をデバッグと言います。

デバッガーとテスターの違いは?

デバッガーと似た作業を行うのがテスターです。

テスターの仕事は条件や仕様書などに基づいてバグがあるか、ないかに関係なくテストの記録を作成しレポートを提出します。

デバッガーは、プログラムのバグを修正するのが主な仕事です。
テスターはバグに関係なく記録を作成し、デバッガーはバグを見つけ修正します。

テスターは、バグに関係なく記録を取るのでバグを発見しても修正は行いません
ですが、案件などによってはデバッグとテスターを行うこともあり、まとめてデバッガーと呼ぶこともあります。

別の場合にはテスターがテストプレイをした後にデバッガーに報告する流れになります。

デバッガーになる方法とは?

ゲームが好きな方はゲームを開発する仕事を目指す方も多いです。

デバッガーはアルバイトのイメージが強いですが、求人には正社員雇用の募集もありますし、フリーランスも可能です。

デバッガーになるためには必ず取得しなければならない資格がありません
そのため、求人があれば未経験でも転職が可能な職種です。

デバッガーには正社員、アルバイト、フリーランスの道があります。

正社員として採用される

アルバイトのイメージが強いデバッガーですが、正社員としての求人もあります。
正社員として働くためにはゲームデバッガーとしての優秀な能力が必要になるため、未経験からの転職は難しいです。

正社員の場合にはコミュニケーション能力や提案力、プログラミング知識などの能力がないとなることが難しいです。

また、デバッガーとして実績を積むことでキャリアアップも望めます。

  • ゲームプランナー
  • ゲームディレクター
  • プログラマー

ゲームデバッガーはゲームの仕様書に基づいてバグを探し修正します。
そのため、ゲームについての専門知識を身に着けることができ、転職する際にも有利になります。

フリーランスとして働く

フリーランスでゲームデバッガーを行うことも可能です。

フリーランスは業務委託になり、実力や信頼がないと仕事がもらえない事も多いので未経験では難しい場合もあります

務める会社によって勤務時間も変わり3時間ほどのアルバイトくらいの時間から正社員と同じように8時間勤務の所もあります。

時間の選択も可能でゲームデバッガーの作業も在宅でできる場合もあります。

アルバイトで働く

アルバイトでゲームデバッガーをする方は実績や経験を積みたい方も多いです。
キャリアアップやゲーム制作について学びたい方がアルバイトとして働きます。

求人によって変わりますが、未経験でもプログラミングの知識があれば採用されることもあります。

時間も3時間~6時間が多く、プログラマーの勉強をしながらアルバイトとして働く人もいます。

アルバイトの場合には会社により、深夜帯で募集している所もあります。

デバッガーの平均年収

ゲームデバッガーは、ゲーム制作にかかわる職種の中でも年収は低めです。
アルバイトでの短期契約の場合も多く、時給1,000円ほどが相場です。

正社員やフリーランスで働くことも可能です。
ゲームデバッガーの平均年収は150万から450万円です。

経験を積み他のデバッガーが見るけることができない複雑なバグを見つけられるようになれば年収500万以上を目指すことも可能です。

年収を上げたい方はデバッガーの管理を行うリーダーになることでも年収が上がります❗️

「デバッガーの年収」についてより詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

デバッガーの年収について紹介
デバッガーの年収はいくら?年収アップのコツやオススメの資格も紹介!デバッガ―は、ゲームを発売するうえで欠かせない仕事をする職業です。 今回Ludusでは、デバッガーについて以下の内容を中心にご紹介...

デバッガーになるならマイナビクリエイター!

マイナビクリエイター

デバッガーは開発者が予期しない不具合を見つけ正しく動かすためにサポートする職種です。

需要も多く、縁の下の力持ち的な存在で責任があるやりがいのある仕事です。

デバッガーとして働きたい方も多いですがゲーム業界の求人を探すのは大変です。
ゲームデバッガーにおすすめなのがマイナビクリエイターです。

マイナビクリエイターはweb業界、IT業界、ゲーム業界の転職支援を専門に行っています。

経験豊富でゲーム業界に詳しいキャリアアドバイザーが居るので未経験で転職をしたい方のサポートも万全です。

ゲーム業界の求人数も多く、ゲームデバッガーならアルバイト、正社員の情報にも出会えます。

口コミや評判もよいマイナビクリエイターですが、初めての利用には不安がつきものです。
Ludusではマイナビクリエイターの口コミや評判を調査しています。

実際に利用してみての感想なども分かるのでチェックしておくと安心です❗️

マイナビクリエイター
【2022】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!マイナビクリエイターはWeb・ゲーム・IT業界に特化したクリエイティブ職特化の転職支援サービスです。 自分の好きなことや得意なこと...

デバッガーに資格は必要?

ゲームデバッグの仕事には必要な資格はありません。
デバッグの仕事としてパソコンでの仕事が多くなります。
ゲームの仕様書などはExcelやWordで作成されることもあるのでオフィス系の資格があると役立ちます❗️

また、報告書の作成を行うこともあるのでタイピングを学んでおくと便利です。
デバッガーには特別な資格はいりませんが、作業に役立つ資格やプログラミングに関する知識があると有利です

そら
そら
ゲームデバッガーには特別な資格は必要ないよ!

「未経験からデバッガーになる方法」について詳しく知りたいという方は、こちらの記事もあわせてご覧ください!

未経験からデバッガーになることはできるの?
未経験でデバッガーになれるの?なる方法やおすすめの資格も紹介!スマホアプリの台頭などがあり、最近はデバッガーという仕事に対する需要が以前より大きくなっています。 しかし「未経験でゲーム業界に入...

デバッガーに必要なスキルは?

ゲームデバッカーのなるためには必須の資格はありません。
未経験からでも転職が可能な職種になります。

ですが、ゲームデバッガーになるために持っていると働きやすくなるスキルがあります。
ゲームデバッガーを目指している人は必要なスキルが何かが分かれば、日頃から身に着ける努力をすることができ、ゲームデバッガー以外の職種の方にも役立ちます。

集中力

ゲームデバッガーには集中力が必要です。
集中力がある人はデバッガーに向いています。
高い集中力があればバグを探す作業も無理なく続けることができます。

ゲームデバッガーの仕事はアルバイトが多く、短期の場合も多いです。
仕事がまわってきた時に直ぐに集中して作業ができる人は重宝されます。

集中力を切らさずに業務を進められるスキルはゲームデバッガーに必要です。

洞察力

ゲームデバッガーはバグを探す作業ですが、ただバグを探すだけじゃなく洞察力も必要です。
常に考えて作業を行なうことで他のデバッガーとの作業に差が出ます。

洞察力があり自ら考えて作業を行なうことで、評価も上がりキャリアアップにも繋がります。

忍耐力

ゲームデバッガーには忍耐力も必要なスキルです。
ゲームのバグを探す作業は何時間も繰り返して行います。
1度、行ったからと言って終わりではありません。

昨日はなかったのに、今日はバグがいっぱいという事もあります。
バグを探しては修正しての繰り返しなので忍耐力がなければ作業を続けることはできません。

コミュニケーション能力

ゲームデバッガーは1つのゲームに対して複数で作業を行うことが多いです。
チームで作業を行なうため、コミュニケーション能力が必要になります。
デバッガー同士でも必要ですし、バグを見つけたらプログラマーに報告します。

接客業ほどの高いコミュニケーション能力が必要な訳ではありませんが、社内の人と円滑に話せるコミュニケーション能力スキルは必要です。

デバッガーについてのまとめ

今回、Ludusではゲームデバッガーとは?やり方や必要なスキルや資格についてご紹介しました。

  • デバッガーはプログラムを正常に動かすために不具合(バグ)を探す仕事
  • デバッガーになるためには特別な資格は必要ない
  • 必要なスキルは集中力、忍耐力、コミュニケーション能力
  • デバッガーの年収は150万から450万

ゲームデバッガーは特別な資格はいりません。
未経験者でも知識がある程度あればデバッガーとして働くことができます。

あると便利、役立つ資格やスキルがあるので取得しておくと仕事が有利に進みます。
ゲームデバッガーは地味な仕事で集中力、忍耐力が試されます。
基本的にはゲームが好きという気持ちがないと辛くて続かない事もあります。

プログラミングの知識があればゲームデバッガーからゲームプランナーやゲームディレクター、プログラマーにスキルアップも可能です!

そら
そら
最後まで読んでくれてありがとう!

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!