ゲーム業界の志望動機は何を書けばいい?志望動機の書き方と例文を紹介!

ゲーム業界の志望動機について

最近人気の職業の一つにゲーム業界があります。
ゲームが好きだからや、自分でゲームを作り出したいという夢がある、など志望動機は様々ですが、具体的にどのように志望理由として書けばいいのかは悩んでしまうのではないでしょうか。

そこで、今回Ludusではゲーム業界の志望動機は何を書けばいいのか、ということについて以下の内容を紹介していきます。

  • ゲーム業界にはどんな職種があるの?
  • 志望理由の書き方と例文集
  • 面接でよくある質問にどう答えればいいの?

ゲーム業界に特化した内容になっています。

さくら
さくら
ぜひ、最後までご覧ください!

ゲーム業界の職種

ゲーム業界にはいろいろな職種があります。
どの職種を志望するかによって志望動機の書き方も違ってきますので、どんな職種があるのかとどういう仕事内容なのかをしっかり把握しておきましょう。

各職種について説明していきますね。

ゲームプランナー

ゲームプランナーは、どんなゲームを作るのかという企画をし、完成までにどういったスケジュールで進めていくかをプランニングするお仕事です。

時にはプロデューサーとクライアントとの橋渡し役を行うこともあります。
開発が終わった後でも、その後の集計や分析も行うとても需要な職種です。

ゲームプログラマー

一番ゲーム業界と聞いて、イメージがしやすいのがこのプログラマーかもしれません。
ゲームプログラマーはゲームが動くようにプログラミングを組んでいくお仕事で、ゲームを制作しているという感じが出る職種の一つです。

作成途中でもバグと呼ばれる不具合が出ると、その都度対策が必要となり、急な残業なども多々ある職種です。

デザイナー

CGデザイナーやキャラクターデザイナーなど、様々な分野に分かれているデザイナーですが、主にゲーム内のキャラクターやアイテム、タイトルなどをデザインする職種です。

2Dで書かれたイラストを3Dに加工していったり、動きを付けていく職種ですね。

シナリオライター

シナリオライターは、ゲームの物語を考える職種です。
ゲームの面白さや、リピーターや人気が出るかどうかに、かなり影響される部分なので、とても責任のある職種ですね。

ゲーム業界の市場規模について詳しく知りたいという方は、こちらもあわせてご覧ください!

ゲーム業界の市場規模について
【2022】ゲーム業界の市場規模は?動向・コロナの影響・今後についてみなさんはゲーム業界の市場規模についてどれくらいご存じでしょうか? 現在コロナウイルス感染拡大防止のため、家にいる時間をゲームをし...

ゲーム業界の志望動機の書き方と例文

ゲーム業界の志望動機の履歴書やエントリーシートへの書き方と例文について説明していきます。

新卒や、ゲーム業界が未経験の方の書き方と、中途の方の場合で少し書き方が異なるので、それぞれ分けてお伝えします。

ゲーム業界を志望する理由の書き方で、どちらの場合にも書かなくてはいけない項目があります。

それは、

  • どうしてゲーム業界を選んだのかということ
  • なぜその会社を選んだのか
  • 自分が入職した時にどのような貢献ができるか

です。

ゲーム業界はたくさんの会社がありますが、志望する会社を選んだ理由を的確に伝えられることが重要です。

3つの中で新卒や未経験の方は1と2を、既卒・経験者採用の方は3をしっかり書くようにしましょう。

2の、どうしてその会社を選んだのかという項目では、志望する会社がどんなゲームに力を入れているのか、どういう部分に強みがあるのかということは、しっかり把握しておく必要があります。

この3つの構成をもとに、まずはゲーム業界の志望理由を簡単に一言で書きます。
つぎに具体的に、エピソードなどを交えて説明します。

それから、その動機と関連する志望会社の特徴や強みなどを、そういった情報と自分の志望動機と絡めて具体的に話せることが、採用の大きなポイントになります。

さらには、自分がどういう業務をしたいかということを前面に押し出すよりは、どういう部分で会社に貢献できるかということを説明するのがオススメです。

新卒・未経験の場合の例文

幼いころからゲームが好きで、御社の〇〇というゲームを友人とプレイし、楽しい時間を過ごしてきました。

友人たちと騒ぎながらゲームをしたのは良い思い出であり、ゲームで培った友情は今も続いています。

こうして数多くのゲームをプレイしていく中で、「自分もゲームで人々を楽しませたい」と思うようになりました。

ゲームを通して、人々のつながりが生まれたり、楽しい気持ちになる体験をしてきました。

こうした体験を、今度は自分が提供したいと考えています。

現在プログラミングの勉強をしながら、自作のゲームの製作に取り組んでいます。

自宅で世界の人とつながることのできる、コンシューマーゲームの開発に携わりたいと思い、御社を志望しました。

中途の場合の例文

A社では、シナリオライターとして〇年間勤務していました。
これまでに携わっていた案件は、○○ゲームのシナリオなど〇本ほどです。

いままでは、顧客のニーズに応えられるよう職務に当たっていました。

もっと自分で提案をしたり、工夫したりして納得のいくものを作りたいという思いが強くなりました。

御社は、自社タイトルを多く制作しているので、自由な発想力で制作ができると思い応募しました。

これまでの経験を活かし、御社の業績に貢献できればと思います。

ゲーム業界の面接でよくある質問と回答例

ゲーム業界での面接で聞かれることについて紹介します。

最近プレイしたゲームや好きなゲーム

ここまでで紹介した志望動機は必須の項目ですが、そのほかにも最近プレイしたゲームや好きなゲームを聞かれる場合があります。

希望するゲーム会社の製作したゲームをプレイしたことがあるか、という質問も多いので、余裕があれば希望の会社が出しているゲームをプレイしておくのもいいでしょう。

その際は、ゲームの種類ではなくタイトルを伝える方がいいでしょう。
その説明の延長で、どういったところが好きなのかという回答も用意しておくと、面接の際にも落ち着いて答えられますね。

一番好きなゲームを改善するとしたらどこ?

一番好きなゲームを改善するとしたらどこですかという質問があったという情報もあります。
この質問の意図は、自分の思い入れのあるゲームにも冷静に分析し、改善点を見いだせる能力があるかというところを把握するためです。

入職後に、自分が関わったゲームに対しても客観的に対応できるかどうかというのはとても重要です。

どこを改善するか、というだけではなく、どうして改善するのか、改善したらどうなるかまでいえると、なおいいですね。

チームで何かやり遂げたことはある?

また、チームで何かやり遂げたことはあるかということを聞かれることもあります。

これは、ゲーム業界は各職種の人たちとチームで取り組んでいかなくてはいけないため、こうした経験があるのかということを聞いてこられます。

実際に経験がある方は、苦労したことと、その時にどう対処したかを答えるのがオススメです。

もし、対処したり苦労を克服した経験がないという人は、もしそういう状況になった時にどう対処したらいいかを伝えるといいでしょう。

あなたの一番の強みは?

自分の一番の強みについての回答も用意いておきましょう。

これはゲームに関する経験ではなくても問題ありません。

何かの習い事や成績など、経験が就職した時に役立てるような具体的なエピソードとして交えるのがオススメです。

例えば、長距離走が得意だという人は、長期にわたるプロジェクトのペース配分のコツをつかむことができるという風に答えてみましょう。

ゲーム業界の面接の内容についてより詳しく知りたいという方は、こちらもあわせてご覧ください!

ゲーム業界の面接について紹介!
ゲーム業界の面接の内容は?よくある質問・服装・模範解答も紹介!将来ゲーム業界で働きたいと思っている方も多いのではないでしょうか? しかし、働きたいという熱意だけでは、ゲーム業界の面接を受けに来...

ゲーム業界に就職するなら代々木アニメーション学院!

代々木アニメーション学院

ゲーム業界に就職する場合は、専門学校がおすすめです。
大学に比べ、専門学校では、入職してからすぐに役立つスキルを習得することができるので、即戦力として活躍できます。

企業が求める人材として、こうしたゲーム関連の経験を積んでいることはとても有利です。

専門学校では代々木アニメーション学院がおすすめです。
代々木アニメーション学院では、ゲーム総合科とゲームプログラミング科という学科があります。

一年生の時には総合的な知識を、2年生になるとより専門性の高い技術を学ぶことができます。

授業の一環として自作のゲームを制作することもあるため、面接時にも具体的にゲーム制作の能力をアピールする手段を得ることができます。

また、代々木アニメーション学院では、ゲーム業界で勤務した経験のある講師が指導してくれたり、現役のプロからの講義が聞けたりもします。

卒業後の就職支援も行ってくれるのでとても安心ですよ。

ゲーム業界の志望動機についてのまとめ

今回Ludusでは、ゲーム業界の志望動機は何を書けばいいのか、ということについて以下の内容を紹介してきました。

  • ゲーム業界で活躍する職種の紹介
  • 新卒の人は志望動機のうちの希望する会社のどういうところに魅力を感じたのかを伝える。
  • 経験者は、自分の実績と入職後に会社に貢献できるところをアピールする。
  • 即戦力として働くには大学より専門学校の方がおすすめ。

ゲーム業界での志望動機は、ゲームが好きということをアピールしてしまいがちですが、しっかり具体的に志望動機を説明することが大切です。

さくら
さくら
最後までお読みいただきありがとうございました。

ゲーム業界への転職なら「マイナビクリエイター」

「eスポ」では、ゲーム業界で働きたい人・ゲームを仕事にしたい人を応援しています!

そこで、「eスポ」が最もオススメしたいWeb・ゲーム・IT業界に特化した転職エージェントのマイナビクリエイターの「評判」や「よい点・悪い点」を徹底的に調べました!

調査結果の内容は下の記事をご覧ください!

【2021】マイナビクリエイターの評判は?メリット・デメリットを紹介!

「マイナビクリエイター」ならWEB職・ゲーム業界に特化した転職支援サービスを受けることができます!

「マイナビクリエイター」は業界トップの求人保有数の転職支援サービスで、WEB・ゲーム業界出身のキャリアアドバイザーに満足いくまで無料で相談いただけます!

マイナビクリエイターのホームページはこちらからご覧ください!


「マイナビクリエイター」に申し込む!